スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 年末に借金を抱えていると「ブラックでも融資」の文字が刺さります
Page: 1/1198   >>

年末に借金を抱えていると「ブラックでも融資」の文字が刺さります

JUGEMテーマ:借金返済

もうなんだか、世の中年末ムードで。

街にはクリスマスやらお正月用品がすでに並び、否が応でも年末を意識してしまいます。

冬の支度ができていないキリギリスのような身としては、頭がいたいです。



まあ、圧倒的にお金の問題があるのですが・・・

ブラックになると、この時期ただでさえお金が無いのに、全くお金を借りられないというのがプレッシャーになりますね。

ブラックや自己破産者でも借りられる融資というと、とにかく胡散臭い情報ばかりという印象があります。

ただ、その中でも「もしかしたら、ここなら貸してもらえるかも」というような民間の金融業者があるのも事実。

それでも、いろいろなサイトでの情報をかき集めると、「ブラックや自己破産の方でも安心して借りられる民間の金融業者」を特定するのは難しいですね。

以前ならあったのですが・・・

今は、非正規業者との線引きが、非常に難しくなっています。

運悪くヤミ金融に借りてしまうと、それこそ20万円の借金があれよあれよと言う間に50万にも100万にもなってしまいますから。

法外に高い金利だとしても、例えば29,9%くらいの金利ということであっても、金利が固定していて、とにかく返済さえきちんとしていれば、借金が減っていくというところなら良いのですが・・・

いわゆる一時期の消費者金融ですよね。

「サラ金」とも言われ、「こんなところで借りたら終わりだ」とも思われていたのに、今では金利も安くなり大手銀行と提携している消費者金融も少なくありません。

ただ、私も含めて、グレーゾーン金利廃止以前に消費者金融からお金を借りた人は、多重債務に陥っている確率が高いのでは、と思います。

とにかく、金利が29%では、返しても返してもなかなか元金が減らないのですから。

過払い請求という形でお金が戻ってきた方も居るでしょうが、なかなか請求通りにすんなり支払われる、のは難しいようです。

スポンサーリンク



だから、例え問題なく借りられたとしても、金利が高い金融業者から借りてしまうと、元の木阿弥になる可能性が大ということになります。

そうなると、公的資金である「社会福祉協議会の生活福祉資金」が頼りということになるのですが、体験談を読んでも、本当に各自治体ごとに、対応はマチマチのようです。

それでも、

保証人をつければ金利はゼロで、保証人がなくても1〜3%で借りられるということ

据え置き期間6ヶ月。最長20年かけて返済できるということ

ブラックや多重債務者でも申し込める可能性があるということ(多重債務者の場合、先に債務整理することを勧められることが多いようです。喪明け後は可)

という条件を考えれば、多少の難関はあっても、トライしてみる価値はあるでしょう。

 

とにかく、街の浮かれた雰囲気に不似合いな自分を悲観して落ち込むよりも、少しでも前に進むことを考えた方が良いですものね。

 

能天気と言われようが、「なるようになる」と一度腹をくくってしまった方が、のちのち楽に生きられるような気がします。

 

もちろん、立ち直るための努力は必要ですが、気持ちが落ち込んでいては、何もできないですから。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど