スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産してから何年でクレジットカードを持てた?
Page: 1/1138   >>

自己破産してから何年でクレジットカードを持てた?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産後の実態というか、本当にどうなっちゃうの?という不安はいつもつきまといます。

実際のところどうなんだろう?と。

自己破産したら、もうクレジットカードは持てないしローンも組めないことはわかっています。

それでも、何年くらい経ったら持てるようになるのだろう?ということは、ものすごく気になりますよね。

多重債務に陥っている時は、「自己破産したら、もう一生クレジットカードは持てないんだろうな」思っていました。

それでも仕方がない、これからは現金だけで乗り切るぞ、という意気込みはありましたけど。



落胆とも決心とも違う気持ちで、「なんとか乗り切るしかない」という気持ち。

切羽詰まったような、半ば諦めたような不思議な気持ちなんですよ。

それでも、一度クレジットカードを持ってしまうと、無くなったら予想以上に不便なことに気がつくのです。

買い物に関しては、一括払いしかできませんがVISAデビットカードで何とかなります。

これだって、本当に有難いことと感謝していますよ。

だって、現金しか使えないよりも100倍便利ですから。

それでも、会社勤めをしていたり自営の仕事をしていたりすると、社会的信用を示すためにもクレジットカードが必要な場面が何度も出てくるのです。

そんな時はクレジットカードの代わりにはなりませんからね。

デビットカードはそれ以上でもそれ以下でもないということなんです。

わかっていても、ないものねだりをしてしまって、「ブラックでもなんとかクレジットカードを取得する方法はないものか」とあちこち探しまわったりするわけです。

だけど、結局は免責後数年経って「個人信用情報」から「事故歴」が消えない限りダメなんですよね。

で「自己破産後何年くらいでクレジットカードが作れたのか?」ということを調べたのですが、実にさまざまな事例がありました。

スポンサードリンク


一番早い方では5年も経たないうちに取得できたそうです。

まあ、いつも書いていますが、ネット上でのデータで匿名性があるので、どこまで信ぴょう性があるかということはありますが、それでも数件は見つけました。

ただし、やはり収入や勤務先、勤務年数、持ち家などの属性が飛び抜けて良い場合ということが絶対条件みたいですね。

逆に属性が良くないと、10年以上経っても取得できないとか。

平均すると、だいたい7年から10年という方が多いようですが、個人差がかなりあるようです。

ということは、自己破産しても晴れて喪明けになるまでに、できるだけ属性を上げていくということしか方法はないのかもしれません。

特に収入面ですよね。

とかくネガティブになりがちな債務整理後の生活ですが、「少しでも収入を増やす」という目的のために頑張るしかないということです。

すぐにお金を作る方法の裏にあるものは?

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン