スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 「借りては返す」の恐ろしさを経験したある女性の体験談
Page: 1/1185   >>

「借りては返す」の恐ろしさを経験したある女性の体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金地獄におちる」とか、「借金まみれ」などなど、お金を借りるということが当たり前の世の中になってもなお、多重債務にまでなってしまうのは、「特別な人」というイメージがあります。

 

私も、実際に任意整理を経験するまではそう思っていました。

 

「普通の主婦でローン地獄におちいる人って、よっぽど精神的にダメージを受けて買い物に走ったりした結果ではないか?」と。

 

だけど、自分で経験したからこそわかるのが、「誰だって借金地獄に落ちる可能性はある」ということ。

 

いや、「誰でも」というのは言い過ぎですが、しっかりとお金の管理をして、計画性を持って買い物したり、自分を律することができる、また突発的な出来事にも動じない強い心を持っている人。

 

そんな方なら、大丈夫でしょう。

 

ただ、「そういう人間にならないと回避できない」と思うより、「自分もいつ借金まみれになるかもしれないから、お金のことについて学び、管理できるようにしておかなければ」と危機感を持っていたほうが良いと思います。

 

少なくとも、私が一番後悔しているのは、「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があったがために、「借りては返す」の悪循環に陥っていたことです。

 

ローン地獄-債務整理体験談

 

ここで、私と同じような経験をされた方の体験談を書きますね。

 

"借りたものは返すのが当たり前とばかりに、カードローンの返済を他所からの借り入れで賄い、そんな自転車操業を繰り返しているうちに気がつけば負債総額が240万円にも。

 

月々の返済額は10万円前後となり、とても主婦が一人で返済できる金額ではなくなっていました。

 

まだ数十万円の借金であれば、主人に打ち明けることもできるけど、何故、こんなに借金まみれになるまで相談しなかったのかと悔みました。

 

既に金額が大きすぎたのです。

 

借金を打ち明けたところで、主人に立て替える資力がないことは分かっていましたので、本来は私が負わなければならない返済の苦しみを主人に一方的に味合わせるだけになるので、こうなってしまっては何もかも手遅れでした。

 

それでも何とかしたい、何とか自分の人生を取り戻したい一心で弁護士に相談。

 

弁護士事務所に伺い、借金の清算方法として一通りの債務整理の説明を受けたのですが・・・

 

その説明の途中、自己破産という言葉が弁護士の口から出てきた時は、「ついにこんな所まで来てしまった」という気持ちで、まるで弁護士事務所の一室が奈落の底のように感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

そして説明が終わる頃には、「私は自己破産するんだ、させられるんだ」という恐怖で顔がこわばってしまったほど。

 

実際に、弁護士から提案された私の債務整理の手段は、任意整理というものでしたが、その時の恐怖は未だに覚えています。

 

その提案が何であれ、私はもう弁護士にすがるしかなく、半ば私の責任を押し付けるようにその場で債務整理を依頼しました。

 

そして書類作成をしながら、弁護士の先生に「じゃあ、もうクレジツトカードは使えませんからハサミを入れて使えなくしましょうか」と促された時、はじめて債務整理という形で自分の借金生活、いや借金まみれの人生にピリオドを打てたような気がしました。

 

クレジットカードにハサミを入れた時の感触は、任意整理の支払いが残り半分となった今も忘れられない苦い記憶です。"

 

ということ。

 

この経験談のように、特に贅沢をしたとかでなくても、「借りては返す」を繰り返していれば、借金総額240万円という金額になるのは、あっと言う間なのです。

 

いくらグレー金利が廃止になったとはいえ、通常は10%以上の金利がかかるのですから。

 

それに、今話題になっているカードローンだと、結構主婦でも貸してくれたりしますよね。

 

最初は気軽な気持ちで借りて、そのうち借り入れ枠が増えたら、だんだん気が大きくなって借りてしまう。

 

返せなくなっていることに気がついた時には、もう後戻りできない、という図式です。

 

この体験談を他人事と思うか、誰にでも起こりうることと思うかで、同じ道をたどってしまう可能性が相当違ってくると思いますよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して