スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 子どもの学資保険に手を出すようになったら終わり?
Page: 1/52   >>

子どもの学資保険に手を出すようになったら終わり?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってしまったら、とよく言いますが、本人は意外と気が付いていないものなのです。

 

借りては返すの繰り返し。

 

借りても返す当てなどないんでしょ、と思われますが、借りた時は当たり前ですが、ちゃんと返すつもりで借りるんですね。

 

サラリーマンの方だと、お給料が決まっていますから、これ以上は返せないなというのがはっきりしますが、自営業だと、頑張って業績を伸ばせば何とかなると思ってしまうんです。

 

まあ、考えてみれば、業績が悪いから借りるんですけど、過去の栄光にすがるというのかな?

 

ついつい業績の良かった頃に、頑張れば近づけるのではないか?と。

 

それも、失敗したところを自分自身で冷静に分析し、どこを改善すれば良くなるのか?がわかった上での頑張りなら良いのですが、どうしても支払いに追われてしまうと、ただがむしゃらに仕事を取りに行くということになってしまいます。

 

商売に焦りは禁物ですから、余計に顧客を逃してしまう、という悪循環に。

 

しかも、時代は確実に不況という波に飲み込まれていますから、今まで通りの頑張りではどうにもならないんですよね。

 

サラリーマンの方でも副業を持てば、なんとか返せるのではないか?と思うかもしれません。

 

副業で成功したサラリーマン

 

今はネットで副業をしている方も多いですが、普通に昼間働いて、夜だけでお給料と同じだけ稼いでいる方も、実際にいらっしゃいます。

 

そんな情報とかを見たりすると、収入さえ増えれば簡単に返せると信じてしまうのです。

 

もう1ヶ所仕事を増やせば、合計いくらになるとか。

 

取らぬ狸の皮算用」とでも言いましょうか・・・

 

だけど、自分で「まだ大丈夫」と言い聞かせるかのように、何となく「返せる」と思ってしまう。

 

数十万円の借金で「もうダメだ」と思って、容易に自己破産を考える人も居る中で、「頑張ろう」とすることは決して悪いことではないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、やはり「債務整理」を考えるひとつの目安が、「借金を返すために借金をするようになったら・・・」ということでしょうね。

 

だんだん、いろいろなお金に手を付けるようになりますから。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんのために貯めた学資保険とか。

 

子どもが生まれた時に入った学資保険って、小学生になっていれば、すでに10年以上も払い続けているんですよね。

 

「子どもが教育を受けられないと困るから、将来のために」とコツコツ払い続けてきた尊いお金。

 

そんな大事なものですら、気が付いたら解約していたりします。

 

「まだ小学生だから、そのうち家計に余裕ができたらまた加入すればいい」と思うでしょうが、途中からだと掛け金も大きくなって、結局進学する時に慌てることになるのです。

 

教育ローンも組めれば良いですが、大学進学の場合、全額ローンだと厳しいですから。

 

かといって、奨学金を借りられても、子どもが苦労して返すことになってしまいます。

 

いえ、教育ローンや奨学金は上手く利用すればありがたいシステムなのですが、せっかく積み立ててきた学資保険を使ってしまうと、そこに頼るしか無くなる、というのが問題なんですよね。

 

お子さんの将来のためにも、そこまで来たら、債務整理を決断する時期かもしれませんよ。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 金持ちはうつ病にならない?借金かかえてうつ病になってしまったら?

金持ちはうつ病にならない?借金かかえてうつ病になってしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金持ちはうつ病にかからない?かどうかはわかりませんが、裕福な方は少なそうですよね。

 

まあ、精神疾患ですから、お金に余裕があってもかかる方はいらっしゃるでしょうが・・・

 

よく耳にするのが、うつ病で働けなくなって、借金を抱えてしまい自殺まで考える、というパターン。

 

債務整理を経験した私にとっては、とても他人事とは思えません。

 

多重債務からうつ病を引き起こす方は、非常に多いようですね。

 

これは、よくわかります。

 

あの多重債務で月々の支払いが困難になった時の、精神状態は尋常じゃありませんから。

 

電話の音に怯え、訪問者に怯え、来客の度に吠える犬の声にまで反応する始末。

 

なにしろ、過去に、

 

◯年金の未納分の催促

 

◯NHK受信料の取り立て

 

◯国民健康保険料滞納による財産差し押さえ事前調査

 

◯債権者に裁判を起こされたことで、裁判所からも財産を隠していないかの調査が入る

 

◯公共料金滞納で、電気代とガス代の取り立て

 

集金人の取り立て-債務整理体験談

 

を経験しているので、玄関を開けることさえためらわれる時期もありました。

 

だんだん外にでかけるのも怖くなり、おっくうになってきて、ますます引きこもりに。

 

何とか収入を増やさなくては、と思いながらも、あまりにも額が大き過ぎて、逆にやる気がなくなってしまうのです。

 

そのうち、開き直って、それがバネになってやる気を起こせば良いのですが、もうどーにてもなれという気持ちが強くなり、何にもしなくなってくる。

 

そうすると、どんどん気分も落ち込んで、泥沼に入り込んでしまうんですね。

 

気がついた時には「うつ病」と診断されていた、というようなことに。


もともとお金が無い上に、働けなくなったら、もうどうしようもありませんから、やはり精神的なケアは、自分でなんとか行っておくしかありません。

 

借金は必ず返さなければならないものですが、万が一返せなくても方法はいろいろあるのです。

 

事態が急に変わって・・・というような虫の良い話はありえませんが、生きていれば、良いことも向こうからやってきます。

 

とにかくマイナス思考になりがちな頭を、プラス思考に変えるように努力しましょう。

債務整理という道も残されていますし。

 

ただ、この債務整理をするにも気力が必要になってきますから、うつ病になってしまったりすると、難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

その場合は、まず借金無料相談会のようなところから始めるのが良いと思いますよ。

 

または、「法テラス」で相談するのです。

 

ここでは、3回まで弁護士が無料で相談に乗ってくれるので、どの債務整理方法が良いか?じっくりと探せますね。

 

債務整理を弁護士に頼むことになっても、最低限の費用で受けてもらえますし、月々の支払額も数千円からなので、なんとか払えるのではないでしょうか?

 

すでに生活保護を受給している場合は、弁護士費用も無料になるので、助かりますね。

 

借金さえ無くなればうつ病が治る、なんて簡単なものではないですが、少なくとも今よりは状況は良くなると思います。

 

治療費に関しても、お金が無ければ「無料低額診療」を利用することもできるのです。

 

まずは治療を続けながら、お金の問題も解決していけば、「死ぬしか無い」と思いつめることも無くなるのではないでしょうか?


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 借金滞納のまま失踪したら?夜逃げ体験談は思った以上に悲惨だった

借金滞納のまま失踪したら?夜逃げ体験談は思った以上に悲惨だった

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金を返さないで逃げ切る方法」とか「借金をかかえたまま失踪するには?」という、穏やかでない情報を探している方が多いようです。

 

このブログでも夜逃げについて書いたりはしていますが、やっぱり悲惨ですよね。

 

まず、「他人に気づかれないで引っ越しをする」ということが容易ではありません。

 

まあ、夜逃げともなれば、タンスなどの家具や電化製品はそのままで、身の回りのものだけをボストンバッグに詰めて、ということになるのでしょうが・・・

 

それでも、子どもが居れば、いくら「黙っていなさい」と言っても、不安な気持ちから、かえって言葉数が多くなるもの。

 

中には、「お父さん、お母さん、僕達これからどこに行くの?」なんて言ってしまう子も居るでしょう。

 

いくら、近隣づきあいが希薄になっているとは言え、夜遅くに子どもの声がしたり、慌ただしく出かける様子を見かけたら、「もしかしたら・・・」と気づくではないでしょうか?

 

中には、「思いとどまりなさい」なんて、親切に忠告してくれるおじさんやおばさんも居るでしょうし。

 

それに、借金取りが家まで来ているような状況だと、すでに家に見張りが付いていることも考えられます。

 

で、やっとの思いで逃げ出せたとして、当座の暮らしはどうするのでしょう?

 

やはり、友人や知人、親戚の家などを転々とするという方が多いのですが、その間車中泊では長くは続きません。

 

車の中で寝袋で寝る-債務整理体験談

 

だけど、よっぽど広い家に住んでいるとかじゃないと、居候するなんてことはできないですよね。

 

結果、親は車中泊で、子どもだけ親戚の家に寝泊まりさせてもらい、住民登録もして学校に通う、ということになるようです。

 

とは言え、闇金融とかで借金をしていれば、すでに親戚の住所もバレているなんていうこともありますから、八方塞がりということも。

 

だからと言って、「アパートを借りる」にしても、住民票は必要になってきますから。

 

夜逃げともなると住所は移せませんから、住民票も取れず、保険証も持てないのでお医者さんにもかかれず、アルバイトやパートの職にだって就けません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

例外として、あまりにも闇金融の取り立てがひどければ、一時的に難を逃れるというのはアリだとは思います。

 

そのまま居続ければ何をされるかわからない、なんていう場合には、とにかくどこかに身を隠して安全な場所を確保してから、弁護士などに相談する方が良いでしょう。

 

でも、そこまで深刻じゃなかったら、まずは信頼できそうなところで借金相談をした方が良いのでは無いでしょうか?

 

債務整理を決心するのも、迷惑をかけることを考えたり、その後の生活を考えれば、結構勇気のいることなのですが、逃げるよりは数十倍マシです。

 

「どちらが生活を立て直すためには良いのか?」ということをよーく考えればわかりますよね。

 

と、こんなことを書いていますが、多額の借金を抱えてしまうと、どうしても「この場から居なくなりたい」という気持ちが強くなるものです。

 

「借りたお金は返さなくてはいけない」と真面目に考える人ほど、もう何もかも投げ出して居なくなってしまいたい、と思ったりするのです。

 

そんな時には、ほんの少しでもお金のことを考えない時間を持てれば、冷静になれるはず。

 

「思い詰めてるな」と思ったら、危険信号ですよ。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode