スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 普通の若者が多重債務になってしまう危険度は?
Page: 1/53   >>

普通の若者が多重債務になってしまう危険度は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金を借りる」というのは、昔はそんなに簡単ではなかったですよね。

 

とは言え、私でさえ、すでに物心ついた時からキャッシングのようなものはありましたから、「金融業者からお金を借りる」というのは、すでに特別なことでは無くなっていた、ということ。

 

今や、ひとり一台持っているスマホで、思いついたらキャッシングができるというのは、便利でもあり怖くもあり、というところです。

 

「バイト先のコンビニですすめられてクレジットカードを作ったら、ATMであまりにも簡単にお金が引き出せるので、1万円単位でキャッシングしているうちに、気がついたら多重債務になっていました。」

という、学生さんの話を聞いたことがあります。

 

コンビニでバイト-債務整理体験談

 

大学進学と同時に東京で一人暮らし。

 

親は普通のサラリーマンで、そんなに生活に余裕があるわけではないのに、学費やアパートなどの費用を出してくれた、という気持ちがあったので、真面目に大学の勉強とバイトを頑張る日々でした。

 

厳しい家計の中から仕送りもしてくれていたので、遊ぶお金は無かったけど、生活に困ることは無く、むしろ「恵まれている」と感じていたとのこと。

 

だから、バイトで稼いだお金は、なるべく貯金して、少しでも親に返そうと思っていたんだそうです。

 

だけど・・・

 

「このカードを使うと、店で買ったものすべてにポイントが付くから」と言われて作ったクレジットカードが、彼にとっては魔法のカードのように思えたんですね。

 

子どもの頃から、「あれ買って、これ買って」というようなわがままは言ったことはなく、むしろ弟や妹がお菓子やおもちゃを欲しがるのをたしなめているような子どもだったのに。

 

やっぱり「お兄ちゃんだから」と我慢していたこともあったのでしょう。

 

それと、親もクレジットカード払いを「借金だから」と嫌い、ほぼ現金のみでの生活だったため、カードに対する免疫が無かったということもあったと思います。

 

まずは、ショッピング枠10万円を、欲しかった洋服や外食に使ってしまい、キャッシング枠にだけは手を付けまいと思っていたのですが・・・

 

カードを使えば、当然請求が来ますが、月末に5万、3万と引かれることさえわかってなかったと言います。

 

当たり前のように、生活費も足りなくなり、両親に泣きつくことなんてできないから、今度はキャッシング枠の10万円から、数万づつ借りることに。

 

ショッピング枠の支払いだけでもできなかったのに、新たな借入をしてしまったわけですから、支払えるわけもなく。

 

スポンサーリンク

 

 

とうとう消費者金融からもお金を借りるようになったところで、「自分はいったいいくら借りているんだろう?」となったそうです。

 

その時には、すでに100万円を超える借金になっていたとか。

 

本当に、借金って、利息が付くので、実際に借りた金額よりもどんどん膨れ上がってくるのです。

 

それはもう、魔物のように、目の前で不気味なくらい大きくなっていくのですから、世間知らずの若者を飲み込むのなんて時間の問題でしょう。

 

結局、多重債務を意識したところで、先輩に相談し、最終的には親に理由を話し、ものすごく怒られたけど、なけなしの貯金を全部はたいて肩代わりしてくれた、ということ。

 

それからは、以前にも増して、勉強に励んでいるということですから、すんでのところで思いとどまって良かったですね。

 

それと、こういった金銭トラブルを誰かに相談するのは勇気がいることですが、早めに相談できたことで、最悪の事態を免れたと思うんです。

 

「まだ大丈夫」と思っているうちに、とんでもない金額になってしまうのが借金の怖さなんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理中でもお金借りて大丈夫なのでしょうか?

債務整理中でもお金借りて大丈夫なのでしょうか?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理中でもお金借りても大丈夫なのでしょうか?」というご質問ですが、大丈夫だと思いますか?


もちろん、答えはNo.ですよね。

大丈夫というよりも、まずお金を貸してくれるところが無いでしょう。

債務整理中に融資が必要になること自体「間違っている」と言わざるを得ないのですが、債務整理中は、思ったよりも生活が苦しいです。

「思ったより」というのは、やはり「借金返済が無くなる」ということで、過度の期待をしているということです。

考えてみれば、「破綻」したのですから、生活が苦しいことに変わりは無いのです。

借金が無くなっても「食べていかなくてはならない」のですから。

債務整理を決めた時には、もう手元にはほとんど現金が残っていない状態でしたから、たとえ借金がなくなったとしても生活は楽にはなりません。



ましてや、債務整理直後には仕事さえ無い状態でしたから、まさにお手上げ。

どこかからの融資が無くては生きていけないのです。

幸い、ネットでの副業の収入が少しありましたので、必要最低限の生活はできていましたが・・・

債務整理中、または債務整理後でも融資をしてくれる消費者金融というのは少し前までは、結構存在していました。

名の知れた消費者金融の中にも、「事情を話して相談すれば融資してくれる」というところがあったのも確かです。

今でも融資してくれる金融会社は存在していると思います。

ただ・・・

審査が非常に厳しくなっていると思われます。

可能性があるとすれば、債務整理後でしょうね。

自己破産の場合でも、免責がおりた後なら、借金はゼロですから、「再スタートを応援します」という形で貸してくれるところもあるようです。

でも、現在はかなりハードルは高くなっているようです。

スポンサーリンク

 


プロミスなど有名な消費者金融でも一時は赤字になったことがあるわけですから、「できれば金融事故者」にお金は貸したくないというのが当たり前ですよね。

ただ、業者としても、「貸したお金が返ってくるのなら」借りてもらった方がいいわけですから、首の回らなくなった多重債務者よりは、借金をきれいにした状態の債務整理者の方が貸しやすい現状もあるかもしれません。

いずれにしても言えることは、多重債務者にとっても債務整理をした人にとっても、さらに厳しい時代になっているということです。

総量規制施行後は、「今まで借りられていたところからも断られた」なんていうことが多発しています。

もともと多重債務者をこれ以上増やさないための措置が、逆に多重債務者を苦しめることになっているのですね

結局は債務整理するしかない状況に追い込まれ、それでも生活していけなくて、また融資先を探すという悪循環になってしまう。

私も経験しているだけに、なんとかならないのかと思います。

 

自分で「お金を稼ぐ力」を身につけるしか無いのかもしれませんが、「働きたくても働けない」という人もいらっしゃいますからね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理を弁護士に頼むとどのくらいの費用がかかるの?

債務整理を弁護士に頼むとどのくらいの費用がかかるの?

JUGEMテーマ:借金返済
 

債務整理はしたいけれど、費用について心配だという方もいらっしゃいますよね。

私もそうでした。

今は、弁護士事務所や司法書士事務所でホームページを持っているところなら、具体的な金額を明示されているところもありますが、私が債務整理を決心した頃には、ほとんどなかったですから。

とは言え、依頼する弁護士あるいは司法書士事務所によって、債務整理費用の金額はかなり違ってきます。

弁護士費用

私の場合は、市で紹介された弁護士事務所だったので、費用は安かったと思います。

それと、収入によっては、「法テラス」に申請して認められれば立替え制度により分割払いもできますので、月々5,000円くらいでも大丈夫です。

債務整理費用は、平均すると総額20万円くらいということになるかと思うのですが、基本料金が安く設定されて、プラス諸経費というところや、最初から総額を提示されるところなどもあります。

いずれにしても、相談時にはっきり料金体系のことを聞いておくことをお勧めします。

債務整理費用がネックになって、なかなか債務整理に踏み切れない、なんていう方も多く、「夜逃げ」や「闇金融」に走る方も多いです。



そこまでの決断をするくらいなら、時間と手間はかかりますが、「弁護士に依頼せず自分で債務整理する方法」を取る方が良いでしょう。

手続きは簡単ではありませんが、可能だと思います。

特に債務整理の中でも特定調停を選んだ場合、裁判所に直接行って手続きをするだけですので、自分でもできます。

というか、特定調停の場合は自ら手続きをすることになります。

費用も数千円で済みますから、借金金額がまだそんなに多額になっていなければ、この方法が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 


自己破産などの債務整理については、個人で手続きをするのは並大抵ではありませんが、本屋さんに書籍や手引本などもありますので、勉強すればできると思います。

ただし、個人事業主など自営業の場合や、自己破産で何か特別な事情がある場合などは、裁判所によっては「予納金」を請求される場合があります。

この「予納金」も、裁判所によって金額が違ってきますが、だいたい20万〜50万円で、原則として分割はできません。

それでも、最近では「生活保護世帯については分納も受け付ける」というところもあるようですので、諦めずに「とにかく調べてみる」ということをお勧めします。

例え自力で債務整理できたとしても、この予納金は収めることになっています。

「予納金」については、「金銭面で破綻している人からお金を取るのは問題ではないか」という声も、一部では上がっているようですので、もしかしたら今後は見直されるかもしれませんね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して