スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも
Page: 1/55   >>

債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務に陥っている人にとって、債務整理をすることはとても勇気の要ることです。

どんなに借金で首が回らなくても、「できれば債務整理をしないで自力で借金を返したい」というのが本音ですから。

借金を抱えて二進も三進も行かない人にとって、債務整理は最後の手段であり、できれば「何とかして返したい」という思いが強いのは言うまでもありません。

社会的制裁を受けるということもありますし。

ただまあ、借金を借金で返すようになったら、もう債務整理しかないと思ってください。

そうなると、そこからどんどん借金の金額が増えて来ます。

それはもう、ものすごい速いスピードで増えていくので、「雪だるま式」という意味を肌で知ることになります。

私の場合も最初は何とか返せていたのですが、数社から借り入れをするようになってからは、もう「知らないうちに」どんどん借金が増えて行ってしまいました。

当時は、消費者金融はおろか信販会社でも金利は29%くらいというのがざらにありましたから、借金が増えるのも時間の問題だったんですよね。

とにかく、13,000円返しても、約3,000円は利息という滅茶苦茶な状況です。

それでも「何とか返そう」と思い、仕事を増やしたりしたんですけど・・・・

いくら稼いでも、本当にあっという間に借金返済に消えていくんですよ。

まるで、底に穴の開いたコップに水を入れるように

それに、生きていれば当然生活費もかかりますから。

最後は、「借金を返済するため」の借金ばかりが増えて行く状態でした。

収入もやっと借りられたお金も、すべて借金返済に消えてしまうのでは生活できるわけがありません。

自分達だけの生活ならまだしも、子ども達のことを考えると、このままの状態で良いわけがないのです。

子どもの給食費ですらままならない時があったのも事実です。

給食費を払わない親-債務整理体験談

それで、ついに債務整理を決心したのですが・・・

債務整理をすることに決めても、ネックになるのが弁護士費用ですね。

やはり15万円から数十万はかかるでしょう。

特定調停なら数万円で済みますが、自己破産や自己再生だと債権者の数によりますが、場合によっては30万円以上かかることも。

お金が無くて債務整理もできない」という方の気持ちもわかります。

ただし、「法テラス」で立て替えてもらい、月々少額のお金を返していくと言う方法もあります。

 

法テラスは、国の法的な相談所という位置づけなので、法律相談や弁護士費用などの立て替えをしてもらえるのです。

 

スポンサードリンク

 



収入制限があり、審査の結果制度が利用できないこともありますが、国が設定している制度なので、積極的に利用したいですね。

また、弁護士事務所でも分割払いを受けてくれるところもあります。

だいたい月々5,000円くらいからということになると思いますが、借金返済の額に比べれば、出せない金額ではないですよね。

弁護士や司法書士の方に頼む時、最初に確認しておくと、良いでしょう。

借金で相談しに来るのですから、お金がないのは当たり前、ということはわかってくれます。

それでも、相談する司法書士や弁護士事務所によっては、一括で費用を支払うことを要求される場合もあるので、やはり最初にきっちりと確認しておくことが必要でしょう。

とにかく、債務整理費用のこともそうですが、何かとお金がかかることは確かです。

ただ、借金を続けていけば、生活が立ち行かなくなるのは目に見えていますから、やはり決断するならできるだけ早くした方が良いと思いますよ。

泥沼から抜け出すのは、まだ足が見えているうちじゃないと、難しくなりますから。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 多重債務の原因は生活費の不足だった?

多重債務の原因は生活費の不足だった?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金地獄におちいる原因は何だと思いますか?

 

一番最初に思いつくのが、「個人経営の会社が経営難になった」とか、「親の借金を肩代わりしてしまった」とか。

 

だいたいは、不可抗力というか、突然多額の借金を背負わなければいけなくなったからなのかな?と。

 

さまざまな理由が考えられますが、なんと、債務整理の相談内容で意外と多いのが「生活費が足りなくてお金を借りたのですが、あっという間に金額が大きくなってしまった」ということなんだそうです。

 

確かに、普通に生活していて多額の借金を抱え込む、という状況にはなかなかならないものですが、その割には借金にあえいでいる人が多すぎるような気がします。

 

借金苦にあえぐ男性

 

「だけど、どうして生活費が足りないだけで借金苦になるの?」と思うでしょう?

 

これは、経験しているからわかるのですが、月々の支払いに対して収入が足りないと、節約してももうどうしようも無いことが多くなります。

 

例えば、月に15万円の収入で暮らしている世帯があるとします。

 

親子4人で15万円ってありえないでしょ?と思われるかもしれませんが、手取りだとこれくらい、なんていう家庭はたくさんあるんですよ。

 

現代社会で暮らしていくのには、かなり無理のある収入なのですが、節約、節約でなんとか乗り切ろうと努力するでしょう。

 

それでも、旦那さんが病気になったり、奥さんのパート先が突然倒産したり、なんていうことは日常茶飯事で。

 

スポンサーリンク

 

 

私の知り合いなんて、かなり切り詰めた状態で暮らしていましたが、旦那さんがハードな仕事を掛け持ちして、なんとか子どもの学費まで出していたのですが・・・

 

ついに原因不明の腰痛になり、そのまま起き上がれないほどに。

 

どこの病院に行っても「治らない」と言われ、切羽詰まった奥さんが、今まで借りたことのなかった消費者金融からお金を借りたそうです。

 

そしたら、たまたま借りたところがたちの悪い闇金まがいの金融業者で、最初に5万円借りたところ、返済時には法外な金利のために10万円になっていた、ということ。

 

「このままここで借りていてはダメだ」と、親戚に泣きついて10万円借りて、なんとか事なきを得たそうですが、一時は、病院と家との往復や生活費の工面で疲れ果てているところに、毎日かかってくる執拗な取立て電話に、身も心もズタズタになってしまったことでしょう。

 

一昔前なら、嫁入りの時に持ってきた着物を質屋に持って行ってお金を作る、という感じだったのでしょうが、今やスマホでも簡単にお金を借りられる時代です。

 

先程のケースでは、闇金融からお金を借りてしまったために、とんでもない目に遭いましたが、普通にキャッシングしているつもりでも、月々の生活費が足りなくて借りた場合、同じ様な末路をたどることになるかもしれません。

 

結局、生活費が足りなくてお金を借りていたら、今度は返済のためにもっとお金が足りなくなって他から借りる、の繰り返し。

 

この負のスパイラルにはまってしまうと、もう抜けられなくなり、100万、200万の借金なんてすぐにできてしまうんですよ。

 

法律事務所の債務整理相談でも、もっともポピュラーな相談内容だそうです。

 

考えてみたら、夫婦で一生懸命働いているのに、必要最低限の収入に満たないなんて(生活保護費以下)、社会が間違っているのでは?と言いたいくらいですが、世間から見たら「言い訳に過ぎない」のですよね。

 

そうならないためには、「お金を借りない」ことしか方法は無いのですが・・・



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務の時は精神状態が不安定で、すでに「どこからいくら借りたのかもわからない」なんていうことにもなりかねません。

 

だいたい、借金の総額もわからなくなるなんて、もう社会人としてあるまじきことですよね。

 

普段のお金の貸し借りでも、「10円借りたから返さないと」という些細な貸し借りまで覚えているのが当たり前ですから。

 

だから、債務整理を決心するひとつの目安として、「借金を返すために借金をするようになったら」とか「自分がいくら借りているかわからなくなったら」というのがあるのです。

 

となると、もしかしたら「ようやくお金が借りられたA社という消費者金融があるのだけど、考えてみたらまだ一度も返済してなかった」ということもあるかもしれません。

 

借金で借金を返すようになると、返済日前には、「もうどこでも構わないからお金を貸してくれるところは無いか?」なんて、探し回るものです。

 

お金が無くて貸してくれるところを探し回る

 

たいていが中小の消費者金融になるのですが、債務整理を決心する頃というのは、「B社の今月の返済金額が2万円なので、2万円以上貸してくれるところ」という切羽詰まった状況になるのです。

 

で、例えば中小の消費者金融で5万円貸してもらったとしましょう。

 

「1万円づつ返してもらえばいいから」ということで借りても、他社の借金返済に使ってしまえば、すでに手元に現金は無い場合が多く、最初の返済日には返せないので、「次の月にはまとめて返そう」と思うのです。

 

とは言え、1万円返せない人が、次の月に2万円返せるわけもなく、仕方がなくそのまま放置しているうちに、もうどうしようも無くなって、債務整理を決断した、というのは充分考えられます。

 

いざ債務整理するとなった時に、「そう言えば、この消費者金融には一度も返済していなかった」と愕然とするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に、一度も返済していない消費者金融があったとしても、債務整理はできるのでしょうか?

 

結果から言えば、自己破産を含め債務整理をすることは可能です。

 

債権者側からみれば、「もうすぐ完済する」というくらい長く返済していれば別ですが、数カ月分払っている人と、一度も支払いをしていない人では、そう違いは無いでしょうから。

 

だけど、問題は残ります。

 

まず、「もともと返済する気が無いのにお金を借りたのではないか?」と疑われること。

 

確かに、一度も返済していなければ、疑われても仕方がないことですし、悪質だと判断された場合には詐欺罪で訴えられることも。

 

自己破産の場合、債権者から免責決定に異議申し立てされることもあるのです。

 

もし、異議申し立てされた場合には、すみやかに裁判所に行き事情を説明する義務が生じます。

 

※現在は、簡素化が進められ、書面による説明文の提出となっている裁判所が多いようです。

 

幸い、異議申し立てが認められることはほとんど無いようですが、「借りた時には返すつもりだった」ということが、きちんと説明されないと、非常に不利になることは明らかです。

 

ましてや、本当に「債務整理するんだから、返さなくても大丈夫」なんていうつもりで滞納していたら、悪質とみなされて、訴えられてしまいますよ。

 

結局、悪意が無いことが証明されるなら、そう問題にはならない、ということですね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して