スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理する直前の壮絶な体験談
Page: 1/54   >>

債務整理する直前の壮絶な体験談

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務になると、借金に追われる日々が続きます。

夢の中でまで「借金返済日なのに返せなかった」シーンや、家に借金の取り立てが来る場面が出てきたりします。

私も、何度も夜中に自分の叫び声で起きることがありました。

夫も同じで、夫婦揃って叫んでいたことも。

こうなると、もう精神が病んできます。

借金でうつ病になる

それでも、子どもの前では平静を保つように努力していました。

だって、子どもって親の気持ちに敏感じゃないですか。

親が動揺すれば子どもも動揺しますから。

それでも、何となくうっすらとは気が付かれていたようですが・・・

そんな精神状態が長く続くと、「もうダメだ」「自己破産しか無い」と決心するのですが、なかなか行動には移せないものです。

どうしても「債務整理後の生活」の青写真が見えてこないのです。

もっと言えば「自己破産なんてしたら、人生終わってしまう」と本気で思っていました。

スポンサードリンク

 


そんな時、MIXIだったかで、自己破産した方の日記を発見し、貪るように読んでいました。

そこに書かれていたのは? 生々しい借金地獄からの生還劇だったのです。

この方は、夜逃げまで経験されていました。

 

「夜逃げ」については、ある方の体験談で、「夜逃げして5年間放置された部屋に入ったことがあるけど、悪臭はするし、冷蔵庫の中には化石と化した食べ物が入っているという、生活感が生々しくておぞましい感じがしました。」と。

 

どういう経緯だったかはわかりませんが、止むに止まれず、住んでいる場所を突然移さなければならなくなった家族の悲惨さが、伝わってくるようですね。

国民健康保険料が支払えず、何年もお医者さんにかかれない時もあったようです。

それでも、奥さんも子どもさんを守るために借金を返済しようと、必死で働かれていたのですが、ある日糸がプツンと切れるように、「何もかもが嫌になってやる気が無くなってしまった」ということ。

いわゆるうつ病ですね。



借金うつとでも言いましょうか。

それで自己破産を決意されたようです。

その後もご自身の病気との闘いや、債権者に裁判所に訴えられたりとさまざまな困難に見舞われたそうですが、今は娘さん一家と一緒に生活できて幸せに暮らされているということ。

「あのまま借金地獄の中に居たら、孫の顔を見ることもなかったでしょう」という文章を読んで、私も債務整理に踏み切る決心ができました。

自己破産ではなかったのですが、債務整理したのだから同じようなものです。

今でも借金を返せなかったことは後悔していますから、安易に債務整理を選ぶことはおすすめしません。

でも「もうどうしようもなくなった」と思われるのなら、今が決心をするチャンスなのかもしれません。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理は弁護士に依頼しなくてもできる?

債務整理は弁護士に依頼しなくてもできる?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理したいけど、弁護士費用が無くて夜逃げして各地を転々としている、なんていう方もいらっしゃいます。

そう。債務整理をするにもお金がかかるのです。

借金で夜逃げ?

多重債務で、「もうどこからも借りられない」状態になって、ようやく債務整理を決心したのに、「お金が無くて」債務整理すらできない、という場合もあります。

債務整理費用というのは、債務整理しようとする人を拒むように、結構高いんですよね。

大体どれ位?と思うでしょうが、やはり頼む方によって、また依頼する方の収入などによっても違ってきます。

ある程度収入の少ない方は、「法テラス」で相談し審査で認められると、自己破産の場合15万円くらいで何とかなるみたいなんですね。

しかも、月々5,000円の分割払いも可能ですから、やはり専門家に頼むのが一番だと思います。

審査は結構厳しいですが、書類を出して正直に今の状況を説明すれば、認められる可能性は高いです。

それでも、生活費もままならない時に、月々5,000円でも辛い、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、最低限これくらいはかかります。

弁護士や司法書士によっては50万円くらいかかることも。

また、自営業者の方が自己破産する場合は、「予納金」などが必要になることもあります。

これがまた、数十万円。

本当に、お金が無くて債務整理するのに、結局はお金が必要だなんて・・・

矛盾しているようですが、仕方のないことなんですね。

だから、ひとりで書類を揃えて、裁判所に提出する方もいらっしゃいます。

まあ、確かに、書類を書いて、裁判所に提出するだけなのですが、これがかなり分厚い書類ですから、きちんとひとりで書くのはかなり骨の折れることだと思いますよ。

それでも、「ひとりで債務整理する方法」というような書籍もありますし、法律に詳しい方に相談できるような環境にあれば、ひとりで手続きすることも不可能ではないと思います。

スポンサードリンク


やはり、一番いけないのは、「お金がないと債務整理すらできないのか」と諦めてしまうこと。

夜逃げして転々とと書きましたが、そうそう逃げられるものではありません。

それに、引越しするのにもお金はかかります。

借金に悩んだらまずは相談」というCMがありましたが、そこから始まると、私も思います。

ネットで調べると、「債務整理無料相談」をメールで受け付けてくれるところもありますし、最初は匿名で相談できるところも。

ただ、お願いする前に、多少の予備知識は持っているに越したことは無いので、自分なりに勉強する気持ちは大切ですよね。

書籍やネットなどで得られる情報には限りがありますが、どんな債務整理方法があるのか?自分にはどれが合っているか?などはわかっていたほうが良いと思いますよ。

 

「知ったかぶり」はいけませんし、お願いする法律事務所を決めたら、弁護士や司法書士の方を信頼してお任せするわけですが、「何も知らない」と質問すらできませんから。

 

それと、借金という「他人にはあまり言いたくないこと」なので、「これは言わなくても良いか」と勝手に判断してしまいがちですが、「包み隠さず言う」ということも心がけたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 借金整理の相談はメール?電話?それとも法テラス?

借金整理の相談はメール?電話?それとも法テラス?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金をかかえていると、もう一年中お金のことしか考えていないくらいなのですが、今の時期、そう年末が一番「支払いどうしよう?」となることが多いです。

 

あまりにもお金のことを考えすぎて、わけがわからなくなり、現実逃避というか、わざとテレビを見たり、DVDを借りてきたり。

 

「こんなことしてる場合じゃないのに」と思いながらも、好きなドラマや映画を観ていると、一瞬だけでも忘れるんですよね。

 

考えてみたら、多重債務のこの時期、アルバイトを掛け持ちしながらヘトヘトになっていたにも関わらず、一番映画を観ていたかもしれません。

 

まあ、完全に忘れるなんてできませんから、なんとなく、観ているような観ていないような・・・でしたけど。

 

映画で現実逃避-債務整理体験談

 

現実に引き戻されると、「今度はどこからお金を借りようか?」と思うのですが、もうそんな時期はとっくに過ぎていて、「闇金融から借りるしか手立てはないか?」というところまで来ていました。

 

以前も書いたように、私が債務整理の決断をしたのは、「紹介屋」と言われる、表向きは消費者金融で、「こいつはお金を返せないな」と思ったら、闇金融を紹介して紹介料を受け取るような業者に出会ったからです。

 

もう確かめようが無いので、本当に闇金融を紹介しようと思ったかどうかは、定かではありませんが、多分手口から考えてそうだろうなー、ということ。

 

一時は、紹介されたところからお金を借りようとしたこともあったけど、「最初に10万円振り込んでください」と言われたくらいから「おかしいな」と感づき思いとどまったのですが・・・

 

あの時、わずかながら予期せぬ臨時収入が入らなかったら、間違いなく借りていたと思います。

 

で、債務整理を決心するも、「どこで相談したら良いのだろう?」と。

 

ネットで検索するのですが、今のように、「メールでも相談に乗ります」というような弁護士事務所はあまりなく、市の無料相談を利用し、その後紹介された弁護士事務所に依頼する、という流れでした。

 

スポンサーリンク

 

 

今は、「初回のメール相談は無料」とか「借金総額や住んでいる所などを入力するだけで、近くの法律事務所が検索できるサービス」などもあり、気軽に相談できる環境が整っていますね。

 

ただ、便利な分、名ばかりの悪徳業者が参入しやすい、ということもあるので、最初は匿名でメール相談ができるというようなところを探し、少しでもおかしいと思ったら、他を当たるなどした方が良いでしょう。

 

「今は、借金返済で疲れ果てていて、頭も混乱しているし、正しい判断ができづらい」という場合は、住んでいる場所の地方自治体が開いている「借金無料相談会」に参加するのが安心です。

 

また、日本司法支援センター主催の法律相談サービスである「法テラス」に相談するというのも、ひとつの方法です。

 

意外と気が付かないかもしれませんが、私が住んでいるような田舎町にもあるので、主要都市には、どこかに「法テラス」の事務所があるはず。

 

スマホで調べれば簡単にわかると思うので、まずは電話やメールで確認をして、相談に乗ってもらうことを決断したら、早めに行くことをおすすめします。

 

法テラスで債務整理をお願いする場合、自分で法律事務所を選べないとか、一定の条件に当てはまる人じゃないと利用できない、というデメリットはありますが・・・

 

それでも、債務整理費用の立て替え制度などもあるので、私達のように「お金は無いけど債務整理したい」という人にとっては、まさに救世主になるでしょう。

 

「債務整理をどこで相談するか?」は、個人個人によって違うでしょうが、大切なのは、「決断したら1日も早く相談に行く」ことです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して