スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 即金獲得は断捨離から!ゴミ捨て場から9億円?
Page: 1/32   >>

即金獲得は断捨離から!ゴミ捨て場から9億円?

JUGEMテーマ:借金返済

 

随分前の話ですが、9億円当選している宝くじ券を紛失してしまい、あちこち探し回った挙句、ゴミ捨て場で見つかった、なんていうニュースを見たことがあります。

 

だいたい、宝くじを紛失してしまった時点で、相当慌てたでしょうね。

だけど、ゴミ捨て場で見つかったとは、まさに間一髪。

 

ゴミ箱をあさるホームレス

多重債務生活をしていた時は、「もし宝くじに当たったら」という妄想を何度も描いてしまいました。

先程の話はもちろん海外でのことなので、日本なら3億から5億円ですよね。

当たった場合に、「何に使おうか」とひたすらシュミレーション。

悲しいことに、最初に浮かぶのが「借金返済

まあ、それしかなかったですね。

それと、心配をかけた親に何かしたいということ。

このニュースの当選者は、グループで買ったということですから、分け前は6,000万円ほどなんですね。

3億よりも、少しは現実味があるかも。

それでも、6,000万円ほどの大金が急に舞い込んできたら、人生変わるでしょうね。

「借金」の心配をしなくても良いだけでなく、年収300万円の方だったら、約20年分の稼ぎを先にもらったも同然なんですから。

気が大きくなって、最初は贅沢をしてしまいそうですから、もうちょっと短いかな?

それにしても、宝くじの存在は、一般の方にとっても多重債務者にとっても「夢」なんですよね

当選確率を考えると天文学的な数字なんでしょうが、それでも「一攫千金」の夢は持ちたいものです。

 

スポンサーリンク

 

 

と、ゴミ捨て場で思い出しましたが、このお盆休みにどこにも行けなかったので、家で断捨離をしていたんですよ。

 

そしたら、もう着なくなったジャケットの内ポケットから、宝くじではなかったのですが、一万円札が出てきました

 

これはラッキーと思いましたが、もう内ポケットに手を入れなければ、そのまま処分していたでしょう。

 

そう考えると、常に整理整頓して自分の持ち物を把握している人って、それだけでお金が貯まるというのもわかります。

 

そう言えば、「ここにあったはず」と思って散々探し回った挙句に見つからず、すぐに必要なものだったので、買いに走ったら・・・

 

ある日、ひょんなところから出てくるということはよくあります。

 

こういう無駄なことをしているからお金が貯まらないんだなー、と反省しきりでした。

 

あっ、これは嬉しいことなのですが、昔趣味で集めていたものが出てきたんですよ。

 

多重債務時代にほとんどお金に替えてしまったのですが、「これだけは」と残していたんでしょうね。

 

今となっては、趣味から遠ざかって久しいので、その時の心情さえ忘れてしまいましたが。

 

オークションに出品したら、今でもマニアの間では希少なものだったらしく、結構高値で売れました。

 

出品したその日に売れて、落札者の方がすぐにお金を振り込んでくれたので、即金で数万円になりましたよ。

 

やっぱり、家をきれいにすると、良いことがあるんですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> すぐにお金が必要になったら?即金を手に入れる方法?

すぐにお金が必要になったら?即金を手に入れる方法?

JUGEMテーマ:借金返済

 

すぐにお金が必要」という切羽詰った言葉で検索されている方が、最近多いようです。

 

やはり多重債務に陥っている時も、債務整理中または債務整理後の方も、一番の問題が「すぐにお金が必要」と言うことでしょう。

 

いつも書いているように、今の時代「生活費が足りなくて借金を重ねるケース」がかなり多いと思います。

 

この間雑誌の記事で読みましたが、大卒なのに定職に就けなくて、漫画喫茶で寝泊まりしている「隠れホームレス」の方も増えているとか。

 

漫画喫茶で寝泊まりしている隠れホームレス

 

一応決まったアルバイトはあって、毎日真面目に働いているということなのですが、都会での暮らしはトラブルも多いですからね。

 

アルバイトでもらうお給料からなんとか支払える賃貸料では、シャアハウスのような形で家賃を折半するしか無く、同室の人に嫌がらせを受けたり、トラブルを起こされたりして、それがトラウマになって借りられないとか。

 

そのトラブルというのが、「どうしてもと言われ、なけなしのお金を貸してあげたら、そのまま戻ってこなかった」というのですから、お気の毒というかなんと言うか・・・

 

まあ、シャアハウスでは無い安くて良い物件を見つけたとしても、月々の家賃支払いはできても、新規契約の時には敷金や礼金がかかったりしますから、なかなか今の生活から抜け出せない、というのもわかる気がします。

 

ギャンブルでの借金やFXとか株に投資したための借金、事業が立ち行かなくなったための借金、保証人になってしまったための借金を抱えている方も、いらっしゃるかと思いますが、今は「お金がな無くて」借金を重ねてしまう人の方が多いのではないでしょうか?

 

貧困」なために借金をしてしまい、その支払いに追われてまた借金を重ねてしまう、そして気が付いたら雪だるま式に借金が増えてしまった、というケースが一番増えているような気がします。

 

「どうしてそうなったのか?」と言われれば、自分の収入や返済能力をオーバーしていても借りられていたシステムもその一因だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

だからこそ、数年前に総量規制が行われ、貸金業法が改正されたわけです。

 

ただ、収入が低過ぎて、人間として生活して行く最低限の暮らしですら確保できないとしたら?

 

そして、そんな収入の人でも借り入れができたとしたら?

 

負のスパイラル」に陥るのは百も承知で借りてしまうでしょうね。

 

借金には追われるけれど、当座の暮らしは保証されるという、一見矛盾したサイクルの中でも、一度回ってしまえば「当たり前」になってしまう怖さ。

 

それが、総量規制による収入制限が始まり、借りられなくなったわけですから、世の中に「すぐにお金が必要」な方が増えてしまっても不思議ではないですよね。

 

その後、お金を借りられなくなった人が、ソフト闇金などに流れるケースが増えた、としても不思議ではありません。

 

「貸すほうが悪いのか?借りるほうが悪いのか?」ということですが、どちらも悪いし、一生懸命働いても最低限の生活さえ保証されない社会も悪いのでは?という気もします。

 

いずれにしても、今は「自分でお金を作る」以外の選択肢は無い、と思ったほうが良いでしょう。

 

ネットで即金で稼ぐなら、「せどり」や「オークション」があります。

 

出品した物がその日のうちに売れれば、即金を手に入れることができるのです。

 

継続的に稼ぐのは無理でも、やってみる価値はありますね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 宝くじで3億円当選した派遣社員はどうなった?

宝くじで3億円当選した派遣社員はどうなった?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

宝くじで3億円当選 強運をつかんだ派遣社員の末路」という記事を読みました。

 

宝くじ高額当選と聞いただけでも反応してしまう私としては、「末路」という言葉にいささかの不安を抱きつつ読み進めてみましたが・・・

 

やっぱり、「宝くじを買うなんて愚の骨頂」というような内容でしたね。

 

確かに、お金持ちは宝くじは買わないだろうし、「買うだけ時間の無駄」と切り捨てるのもわかります。

 

だけど、庶民の夢としては「いつかは億万長者」という気持ちは持ち続けていたいんですよ。

 

そりゃあ、「買っても当選するのは交通事故に遭う確率よりも低い」とか「3000円買って必ずもどってくるのは300円だけ。効率悪すぎ。」とか言われれば、「そうなんだけど〜」とは思うのですが。

 

しかも、 控除率という、胴元にいくらお金が入るのか?という割合が、競馬やパチンコなどと比べても高い、ということ。

 

スマートボールにハマる男性-債務整理体験談

 

まあ、胴元と言っても、宝くじの場合は地方自治体であることが多いので、「寄付も兼ねている」と思えば良いのかもしれませんが・・・

 

それに、競馬やパチンコに行く、というのは多少でも興味が無いと敷居が高いし、ハマりすぎると依存症になる可能性もありますが、宝くじは購入するだけですからね。

 

で、購入した時から当選日までの間、「当たったら何に使おう?」とあれこれ妄想するのが楽しいのですよ。

 

だから、結局は自分次第なんだと思います。

 

とは言え、この「宝くじで3億円当選した派遣社員の末路」は、さもありそうで、ちょっと胸が痛みました。

 

真面目な派遣社員だった30代の女性が、3億円の宝くじに当選した途端、ブランド物を買い漁ったり、高級マンションまで購入してしまい、会社もサボるようになったとか。

 

3億円も持っていたら、真面目に働くのが嫌になる気持ちはわかります。

 

スポンサーリンク

 

 

たいていは、「生活のため」に嫌なことも満員電車も我慢して勤めているのですから。

 

そこまではわかるのですが、最終的には周りの人や友人も下に見るような態度で接し、気がついたら彼女の周りには「おこぼれにありつこう」とするお金に汚い人たち以外は寄り付かなくなった、という。

 

そして、なんと3億円もあった貯金も、仕事もせずに贅沢三昧していたら、あっという間に無くなってしまったのだそうです。

 

悪い男に引っかかったりしたら、加速度的に無くなるでしょうから。

 

そう言えば、宝くじで高額当選しても生活を変えないで、今までの仕事も真面目に続けている人は、身を持ち崩すこともあまり無いようですよ。

 

何億円というお金があっても、「あぶく銭」なんですね。

 

それをわかっていて、少しの贅沢にとどめておくか?生活を一変させてしまうか?で人生が狂うかどうかが決まってくるのかな?

 

庶民の夢」は夢だから良いのか?と考えると、悲しくなってしまいます。

 

一度借金を抱えた身としては、「人生一発逆転」の選択肢のひとつとして、有効であると信じたいんですけどね。

 

夢は夢として、現実もしっかりと見るということさえ忘れなければ、悪いことでは無いと思うのですが。

 

「そんな甘い考えだから、いつまでも貧乏なままなんだよ。」という声が、どこかから聞こえるくるような気もします。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!