スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 借金返済の近道、すぐお金になる副業とは?
Page: 1/33   >>

借金返済の近道、すぐお金になる副業とは?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理について書いていますが、ほとんどの方が「借金を返したい」という願望が強いのではないでしょうか?

その上で、「どうしても返せない」となったら、体と心がボロボロになる前に債務整理を決心する方が良いですよね。

そこで、借金返済の近道って?を考えてみました。

「これが近道です」なんて正解があるわけではないのは、みなさんわかっていますよね。

どこまでも続く借金完済への遠い道

だけど・・・

自分が今後地道に働いて稼ぐであろう金額というのは、だいたいわかっているので、それ以上の借金がある方は、どうしても一攫千金を狙ってしまいます。

これって、危険な反面、原動力になることもありますよね。

例えば、平凡なサラリーマンの方が、株で大損して莫大な借金を背負ってしまった場合。

たとえエリートサラリーマンで、普通の社員よりもお給料が格段に良くても、数千万単位の借金はそう簡単に返せるものではありません。

生活費ゼロなら何とかなるかもしれませんが、生きている以上不可能です。

極限まで切り詰めても、必要最低限のお金はかかります。

だから、副業を持つかサラリーマンを辞めて起業するかしかないんですよね。

ただ、ゼロからの出発ではなく、マイナスからの出発になりますから、起業すると言っても難しい問題があります。

何を始めるのにも、コストはある程度かかりますからね。

起業の構想を確実なものにし、裏付けまで取れるようなら、新たに借金を増やして、一か八かで始動することも可能ですが・・・

「借金星」の話ではないですが、「くわがたの幼虫飼育」などといった怪しいビジネスに手を染めて、新たな負債を抱えることになるかもしれません。

この辺は、見極めが難しいのです。

最初はほとんどお金を使わずに始められるのが、ネットビジネスです。

スポンサードリンク

 


ここで言うネットビジネスは、オークションやアフィリエイトなどで地道に稼ぐこと。

よくある「ねずみ講」のようなビジネスとは違います。

アフィリエイトは、最初稼ぎ始めるまで時間がかかりますが、ある程度軌道に載せられれば、サラリーマン以上の収入を得ることも夢ではありません。

現にサラリーマン時代の何倍も稼いでいる方はたくさんいらっしゃいます。

数百万もあった借金を副業で完済して、その上マイホームまで建ててしまった、という方も。

すぐに結果が出るものではないので、最初は地道な努力が必要ですが、本業の他にアルバイトを2つも3つも掛け持ちして体を壊すよりはずっと楽です。

 

いや、本当は、アルバイトをして現金を稼ぎつつ、ネットでの副業も続けるというのが理想なんですけどね。

ただ、オークションなどは「すぐに」現金を手にすることは可能なので、継続して稼ぐためにも、最初は手持ちのものを売るところから始めるのが良いでしょう。

 

とにかく、「何事もコツコツと」努力する事を忘れなければ、どんなことをしても、生活を立て直すことはできるということです。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> ブラックでもその日のうちにお金を作る方法2018

ブラックでもその日のうちにお金を作る方法2018

JUGEMテーマ:借金返済

年が明けて2018年になりましたが、相変わらずお金の工面に追われている方も多いのではないですか?

お正月気分なんてもう忘れた、というくらいお正月も暗い気分で居る方も多いことと思います。



私もそうでした。

ブラックになると、お金が無い=お金を借りる、という考えしか浮かばなくなります。

そして、常にお金が無い状態が続いているので、いつもお金を借りなければならなくなり・・・という悪循環に。

お金を作る」という意欲が失われるような気がするのは、多分「すぐにお金が必要だから」だと思います。

いや、個人差はあると思いますが・・・

私の場合はそうでしたね。

すでに多重債務時代の「借りては返す」生活に、脳細胞が侵されてしまってるのでしょう。

多重債務になるまでは、「不安定な仕事なので、なるべくローンは使わず現金で済ませよう」と心に決め、クレジットカードですらあまり利用しなかったくらいなのに。

考えてみれば、そのストイックさがあだになったのかもしれません。

例えて言うならば、一度も恋愛経験のない女性が、悪い男に騙されてしまうような・・・

最初に生活に困って、クレジットカードのキャッシングを利用した時に、「こんなに簡単にお金が手に入るのか?」とビックリしたのを覚えています。

それでも、最初はその時にお金が無くても、収入が入ってくれば次の月には返せたのですが、そのうち返せなくなり、そのままズルズルと・・・という感じに。

スポンサーリンク


最初から、クレジットカードやキャッシングの知識があり、きちんと月々の支払額を計算した上で、一番利息がかからない方法で借りられていたら、もしかしたらここまでのお金のトラブルにはならなかったのかもしれません。

と同時に、お金が足りない時に「どうやってお金を借りるか?」ではなく「どうしてお金を作るか?」ということを考える習慣を作ることも大切です。

私も含めて、たいていの方はお金=どこかに勤めて収入を得る、あるいは自営で業績を上げる、ということしか考えられません。

いや、それはとても大切なことで、生活の基盤となる収入は、そういう安定したものでなくては困るのですが・・・

今や、勤め先が急に倒産するとか突然解雇される、また自営の業績が急に激減するなんていうことが一夜にして起きてしまうのです。

となると、「とりあえず生活できるだけのお金を常に貯金しておく」か「いつでもすぐにお金を作るスキルを磨いておく」ということがとても大切になってきます。



貯金に関しては私が書くまでもないことですが、「いつでもすぐにお金を稼ぐ方法」もしくは、「その日のうちにお金を作る方法」については、何度か書いていますね。

どれも、その気になれば誰にでもできる方法なので、試してみられると良いでしょう。

ブラックでもすぐにお金を作る方法はある?

ただし、金や貴金属に関しては、足元を見てものすごく安く買い叩かれることもあるようなので、信頼できるお店で買い取ってもらった方がいいですよ。

金を売ろうと思って査定を頼んだら、実際の相場よりもずっと安い値段を提示された、という経験談もあるくらいですから。

できれば、購入したお店で相談するのが良いでしょう。
 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 宝くじに高額当選した人のその後の運命は?

宝くじに高額当選した人のその後の運命は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

12月半ばというと、多重債務時代は、本当に金策に走り回っていた頃です。

 

走り回ると言っても、どこか当てがあるわけではないのですが、居てもたってもいられないという感じですね。

 

あー、こんな時に宝くじに当選したら」と何度思ったことか。

 

実際には、宝くじを購入するお金すら無かったわけですが・・・

 

だいたい、宝くじに高額当選する確率ってどのくらいか知っていますか?

 

よく「乗っている飛行機が墜落する確率より低い」と言いますが、その通りで、飛行機の場合が20万分の1で、ジャンボ宝くじで1等に当選する確率は1,000万分の1だそうです。

 

宝くじに高額当選する確率は飛行機事故より低い

 

まあ、貧乏生活をしていると、飛行機に乗ること自体チャンスが無いわけで、現実味が無いとも言えますが。

 

「あらまー、これじゃあ、いくら買っても当たるはずがない」と思うか、「なかなか当たらないから夢があるんだよ」と思うか?

 

考え方次第ですよね。

 

ただ、「宝くじに当たるための努力をする」というのは、お金で苦労をした身としては、良いことなのかな?と。

 

高額当選者の特徴を見ても

 

◯こまめな掃除を心がけている人

お金は汚い環境を好まないそうなので(人間と同じですね)、質素な生活でも、小ぎれいにしている家に集まるということ

特に、トイレの掃除をすると金運恵まれる、というのは昔から言われています。

 

◯財布の中がきちんと整理され、レシートなど余計なものが入っていない

お札の向きを揃えるとか、小銭を必要以上に持ち歩かない。

また、お金がないからと言って、古いボロボロの財布を使っていては、お金も居心地が悪くで居着いてくれないということですね。

 

◯他人に親切にしたり、仕事に励んだりして得を積んでいる

別に「宝くじに当選したいから」という理由で、他人に親切になるわけではなく、日頃から、困っている人を見たら放っておけないタイプとか、「働くことが好き」という真面目なタイプの人が、幸運を引き寄せるということ。

 

結局は、「宝くじでも買って楽しよう」なんていう考えで、ただ購入するだけでは、幸運の神様は見向きもしないということなのでしょう。

 

ならば、少しでもそういう人間に近づくようにと、少しづつでも生活を変えるというのは、決して無駄なことでは無いはず。

 

たとえ宝くじに当選しなくても、そうすることで得られるものは大きいですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、そんな「得を積んだまじめな人」でも、高額当選してしまうと、まさに「人が変わった」ようになることもあるのです。

 

ある男性は、会社が業績悪化で倒産寸前に追い込まれ、それでも会社のためになんとか立て直せないかと、寝る間を惜しんでお得意先を周り、資金繰りに走っていたそうです。

 

そんな時に、ふと目に入ったのが「年末ジャンボで1等出ました!」という宝くじ売り場ののぼり。

 

なんとなく、吸い込まれるように売り場に行き、なけなしの3,000円で10枚購入。

 

その後は忙しさにまぎれて、購入したことさえ忘れていたそうですが、当選発表の新聞を見て思い出し、カバンの中に入れていた宝くじを恐る恐る照合してみると・・・

 

なんと、見事に1等高額当選していたんだそうです。

 

そうなると、数十万の契約やお金のために、ペコペコ頭を下げている自分が虚しく思え、「俺は大金を手にしているんだ」というおごりから、リストラされる同僚にも傲慢な態度で接するようになったとか。

 

結局、会社は持ち直したそうですが、男性の周りから親しい人は去り、お金だけが残ったということ。

 

「でも、お金があればなんでもできるでしょう?」と思うのは、大金を持ったことの無い私達の意見で、周りの人たちに嫌われひとりぼっちになった時に、お金は癒やしにはならないんですよね。

 

ただ、この方の場合、その後転職して新しい仕事に就き、宝くじに高額当選したことは忘れ、新たな人間関係が築けたそうなので、まだ良かったです。

 

中には、友達だけでなく、親戚や兄弟、親との関係も悪化し、精神的に追い詰められて、人生破滅したなんていう方もいらっしゃるのですから。

 

お金を敵に回すのも味方につけるのも、結局は自分次第ということになりますね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!