「スゴ運」宝くじで6億円当てたスゴい方法を実践すれば高額当選する?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金返済の裏ワザ中の裏ワザと言えば、宝くじに高額当選すること、ですよね。

 

何しろ、どんなに高額の借金があっても、1億円、いや、5億や7億も当たれば、余裕で返せますから。

 

で、最近こんな本を読んだんですよ。

 

 

スゴ運。 リストラされて全財産4419円だった僕が宝くじで6億円当てたスゴい方法


もうすぐ年末、で年末と言えば「年末ジャンボ宝くじ」ですよね。

 

買った方は、もう今からそわそわワクワクで・・・

 

そんな宝くじにで6億円当てた男性が書かれた本なのですが、なんと、宝くじに当選する前までは無職だった、ということ。

 

なんでも、派遣社員として働いていたのですが、突然リストラに遭い、所持金も合わせた全財産が4419円だった、と言いますから、私達ブラックにとっては、他人事とは思えない話です。

 

派遣切りされた男性が宝くじで6億当てた

 

だけど、単なる「運が良かった男性が宝くじに当たった」という話ではないんです。

 

この方、東洋占術を長年研究されていて、その研究結果から導かれた行動をとることで、見事に宝くじ(totoBig)で6億円当選した、ということ。

 

決してまぐれではなかったんですよ。

 

考えてみたら、何も考えずに「無職になってお金が無かったから、一発逆転で宝くじを購入したら、たまたま6億円当選しました。」だったら、最初の何行かで終わってしまいますから。

 

リストラされてお金が無くなった後に購入されたTOTOくじで高額当選!ということは、まさにマイナスからの逆転劇で、しかも「あること」をしたら当選した、というのですから、相当覚悟の要ることをされたのでは、と思うでしょう?

 

すること自体は、とても簡単なことなのです。

 

●自分の運気が今どういう状態なのかを調べ、良いサイクルになったら吉方向に行くこと

 

だそうです。

 

だから、宝くじを購入する時には、東京からわざわざ福岡まで行って購入したんですって。

 

と聞くと、「おいおい、そこまではできないよ」となってしまうのですが、やはり、そこは「まずは行動することから始まる」と考えれば納得できるかもしれません。

 

距離が遠ければ遠いほど効果が高まる」と言われれば、なるほどとは思うのですが、なかなかそこまで行動に移すことはできないですよね。

 

それをやってのけることのできる人だからこそ、幸運を手に入れられたのかもしれません。

 

この方、ラスベガスのカジノで大当たりしたり、株の大儲けしたりと、宝くじ以外でも幸運を手にしているので、やはりホンモノなのかな?という気はします。

 

私達にも真似できることは無いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

さすがに、宝くじを購入するために遠征までできる人は少ないですよね。

 

●西に黄色いものを置く(できるだけ西側を覆うくらいの物の方が好ましい。カーテンなど)

 

●東には、自然界をイメージする青い物を置いたり、ポスターなどを飾る

 

というような、風水的な運気アップの方法でも良いそうですよ。

 

これなら、すぐにでもできそうです。

 

とは言え、その前に、きちんと整頓されたきれいな部屋で無いと、運気も停滞してしまいますから、結局は、日頃から掃除に勤しむ、ということが前提なのです。

 

多重債務時代に、一番部屋が散らかっていたように、気持ちと経済状況が落ち込んでいると、部屋は乱れがちになります。

 

まずは、そこから正さないといけないですね。

 

他には

 

●利益を得たら社会に貢献する

 

●神社に行く時には、身なりを整え、午前中の早い時間に行く(参拝者が少ない内に行かないと、神社のパワーをもらえない)

 

●トイレや水回りの掃除をこまめにする

 

●宝くじを購入したら、北西の高い位置に青い封筒に入れて保管する(冷たい場所が良いので、冷蔵庫でも可)

 

だそうです。

 

まだまだ、真似できることだけでも細かい点も含めてたくさんあるのですが、実践してみた方の結果はどうなのか?気になりますよね。

 

本当に宝くじで高額当選した方もいれば、なかなか当たらないけれど実践し続けている、という方も。

 

人によって、実践の方法も違うでしょうし、完璧にコピーできたからと言って、必ず高額当選するものでもないでしょう。

 

とは言え、結局は、生活態度を見直し自分の運周りを知ることが基本なので、実践して悪いことは何も無いですよね。

 

それに、「もしかしたら宝くじに高額当選できるかもしれない」と思えば、楽しくなってくるはず。

 

何事も考え方次第ということではないでしょうか?

宝くじ高額当選者の特徴は?どうすれば当てられるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

年末が近くなると「そろそろ年末ジャンボ宝くじの当選発表だ!」と思いませんか?

 

だけど、当たり前だけど買わなきゃ当たらないんですよ。

 

今年2018年は、12月21日まで売り出されるそうですので、「買うの忘れてた」という方はあと二週間ちょっとの間に、どの売場で買うか決めないといけないので、ちょっと焦りますね。

 

今年は収益金の一部が西日本豪雨や大阪北部地震、北海道胆振東部地震の支援に充てられる、ということなので、買ってみようかな?という方も多いのでは?

 

年末ジャンボ宝くじで借金を返す?

 

当選金額が、びっくりするなかれ、一等前後賞合わせて10億円ですって。

 

ちなみに、一等が7億円で前後賞が1億5千万円ということ。

 

もう、前後賞だけでいいですよね。

 

特に借金を抱えている人にとっては、心の底から「宝くじに当たりたいーーー!」と叫びたくなるくらい、もう喉から手が出るほど欲しいですよ。

 

私だって、まだブラックの身でギリギリなんとか生活できている感じですから、もう1億とは言わず1,000万円でもいいから当選したいところ。

 

だけど、周りに高額当選したっていう人も居なければ、そんな話聞いたこともありません。

 

一体、どのくらいの確率で当選するのでしょうか?

 

1等の当選確実は、発表されているもので2000万分の1なんだそうです。

 

もう、これを聞いただけで、一攫千金を夢見る気分から奈落の底に突き落とされた気分ですね。

 

だけど、宝くじに高額当選した人って、どんな運命を持っているの?

 

当選後はどんな暮らしを送っているのだろう?と気になります。

 

スポンサードリンク

 

 

実は同じ高額当選者でも(寸前でなれなかった人も)、運命は天と地ほどに分かれるのです。

 

時効寸前で、ただの紙切れになる直前に大金を手にした人。

 

宝くじ売り場で、後ろのご婦人に順番を譲ったがために、高額当選できなかった人。

 

会社が倒産して、解雇を告げられた日に買った宝くじが2億になり、経営者になり成功した人。

 

いつもは通らない道なのに、なぜかその日は通ってみたくなり、たまたま見つけた宝くじ売り場で買ったくじで1億当てた人。

 

などなど。

 

悲喜こもごもとはこのことで、大金を手にした後も、それこそ破産してしまったりと波瀾万丈の人生を送ることも。

 

では、宝くじで高額当選する方法ってあるのでしょうか?

 

あるのならぜひとも知りたいものですよね。

 

統計で見ると、当選者は断然60歳以上の方が多いんですね。

 

よく「地道に買い続けている人が当たる確率が高い」と言いますが、若いころからコツコツ買い続けている方に運命の女神も微笑むということでしょうか?

 

また当選者の宝くじ購入の仕方では、バラと連番半分半分で買った人がほとんどで、中には、方角や保管場所、買う日や時間などを研究して、数年後に見事1億当選した方も。

 

結局は、「諦めないで買い続ける」ことが一番なのだと思います。

 

あとは「信じるものは救われる」じゃないですが、「高額当選する」という自信のようなものが無いとだめなのかな?

 

まあ、「無欲の勝利」ということもありますけどね。

 

私のようにローンや借金に追われ、「当たるわけ無いけど、とりあえず宝くじでも買ってみるか」なんていう邪悪な気持ちでは当たらないということなのかもしれません。

借金返済のボランティア?無料相談するならどこがいい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済のボランティアって聞いたことありますか?

 

「あるある。よく求人広告とかに載っているアレでしょう?」と思った方。

 

すべてでは無いでしょうが、それは整理屋・紹介屋と呼ばれる悪徳業者であることが多いです。

 

求人広告を見るということは、今現在職が無いか、お給料に不満を持っている人が考えられるので、「お金に困っている人」がほとんどなんですよ。

 

お金に困っている人-債務整理体験談

 

まあ、「職場の人間関係に疲れた」なんていう人も居るでしょうが・・・

 

で、借金を抱えている人も多い、ということで、悪徳業者もはびこるんですよね。

 

弁護士や司法書士でも無いのに「あなたの借金を減らす手続きを代行します」とか「保証人無しでお金を貸してくれるところをご紹介します」なんて書いてあったら要注意ですよ。

 

だいたいは、闇金融を紹介して紹介料を受け取るのが目的なので、自分から罠にはまりに行っているようなものですから。

 

とは言え、NPO団体など、借金返済に関する手助けをボランティアで行っているところがあるのも事実です。

 

借金返済を苦にして自殺をしてしまう人が後を絶たない時代。

 

不景気でお給料が下がり、消費者金融からお金を借りたけれど、返済できずにどんどん借金が膨らんで、どうしようも無くなった挙げ句に自分の命を絶つなんて、悲しい限りです。

 

借金返済でこのような悲しいことが起きないために、立ちあがったボランティアの団体は、総量規制前には結構たくさんありました。

 

匿名で借金返済に関するメール相談をしたり、債務整理が必要な場合の手続きについて相談に乗るというような細やかな対応をしてくれています。

 

中には、アニマルセラピーといった色々な精神的な癒やし効果で、借金返済で疲れ果てた心をほぐしてくれるところもあったということ。

 

総量規制以降、多重債務者の数が少なくなったということで、このようなボランティア団体も減ってきているみたいですが、「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」のように、30年近くも地方自治体や弁護士会などと手を組み、相談窓口を設けているところもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

グレー金利廃止や総量規制で年収の1/3までしか借金ができないことで、表面的には多重債務者は減ったようですが、違法スレスレのところや闇金融で借りてしまって困っている人たちは、増えているのでは?と思うんですよ。

 

本当は、今こそ借金返済のボランティア団体が必要なのでは?という気さえします。

 

まあ、考え方を変えれば、今は弁護士や司法書士事務所が、ホームページなどで借金の無料相談を行っている場合もありますし、スマホさえあれば匿名でメール相談することもできるので、そういった意味では以前より恵まれているかもしれません。

 

借金返済に関する悩みを抱えていても、親兄弟、家族にはかえって相談ができないというケースは多いでしょうから、匿名で相談できるのは助かりますよね。

 

唯一気をつけらければいけないのが、弁護士や司法書士を語って「無料相談」という形にして個人情報を抜き取ろうとする悪徳業者もある、ということ。

 

ネット犯罪も増えている今、メールアドレスだけの入力ならまだ大丈夫ですが、事細かに個人情報を入力しなくては答えてくれない場合は、「本当に信頼できるサイト?」ということを吟味しなくてはなりません。

 

すでに名のしれた弁護士・司法書士事務所なら、その点はクリアできるでしょう。

 

あとは、各市町村で行われている「借金無料相談」に参加するのが、一番安心なのですが、狭い田舎などでは、行くだけで借金があることがバレてしまう、なんていうこともあるかもしれません。

 

とにかく、あなたが一番やりやすい方法を見つけて、まずは相談することで、気持ちが少しでも軽くなれば良いですよね。