宝くじ高額当選者の特徴は?どうすれば当てられるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

年末が近くなると「そろそろ年末ジャンボ宝くじの当選発表だ!」と思いませんか?

 

だけど、当たり前だけど買わなきゃ当たらないんですよ。

 

今年2018年は、12月21日まで売り出されるそうですので、「買うの忘れてた」という方はあと二週間ちょっとの間に、どの売場で買うか決めないといけないので、ちょっと焦りますね。

 

今年は収益金の一部が西日本豪雨や大阪北部地震、北海道胆振東部地震の支援に充てられる、ということなので、買ってみようかな?という方も多いのでは?

 

年末ジャンボ宝くじで借金を返す?

 

当選金額が、びっくりするなかれ、一等前後賞合わせて10億円ですって。

 

ちなみに、一等が7億円で前後賞が1億5千万円ということ。

 

もう、前後賞だけでいいですよね。

 

特に借金を抱えている人にとっては、心の底から「宝くじに当たりたいーーー!」と叫びたくなるくらい、もう喉から手が出るほど欲しいですよ。

 

私だって、まだブラックの身でギリギリなんとか生活できている感じですから、もう1億とは言わず1,000万円でもいいから当選したいところ。

 

だけど、周りに高額当選したっていう人も居なければ、そんな話聞いたこともありません。

 

一体、どのくらいの確率で当選するのでしょうか?

 

1等の当選確実は、発表されているもので2000万分の1なんだそうです。

 

もう、これを聞いただけで、一攫千金を夢見る気分から奈落の底に突き落とされた気分ですね。

 

だけど、宝くじに高額当選した人って、どんな運命を持っているの?

 

当選後はどんな暮らしを送っているのだろう?と気になります。

 

スポンサードリンク

 

 

実は同じ高額当選者でも(寸前でなれなかった人も)、運命は天と地ほどに分かれるのです。

 

時効寸前で、ただの紙切れになる直前に大金を手にした人。

 

宝くじ売り場で、後ろのご婦人に順番を譲ったがために、高額当選できなかった人。

 

会社が倒産して、解雇を告げられた日に買った宝くじが2億になり、経営者になり成功した人。

 

いつもは通らない道なのに、なぜかその日は通ってみたくなり、たまたま見つけた宝くじ売り場で買ったくじで1億当てた人。

 

などなど。

 

悲喜こもごもとはこのことで、大金を手にした後も、それこそ破産してしまったりと波瀾万丈の人生を送ることも。

 

では、宝くじで高額当選する方法ってあるのでしょうか?

 

あるのならぜひとも知りたいものですよね。

 

統計で見ると、当選者は断然60歳以上の方が多いんですね。

 

よく「地道に買い続けている人が当たる確率が高い」と言いますが、若いころからコツコツ買い続けている方に運命の女神も微笑むということでしょうか?

 

また当選者の宝くじ購入の仕方では、バラと連番半分半分で買った人がほとんどで、中には、方角や保管場所、買う日や時間などを研究して、数年後に見事1億当選した方も。

 

結局は、「諦めないで買い続ける」ことが一番なのだと思います。

 

あとは「信じるものは救われる」じゃないですが、「高額当選する」という自信のようなものが無いとだめなのかな?

 

まあ、「無欲の勝利」ということもありますけどね。

 

私のようにローンや借金に追われ、「当たるわけ無いけど、とりあえず宝くじでも買ってみるか」なんていう邪悪な気持ちでは当たらないということなのかもしれません。

借金返済のボランティア?無料相談するならどこがいい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済のボランティアって聞いたことありますか?

 

「あるある。よく求人広告とかに載っているアレでしょう?」と思った方。

 

すべてでは無いでしょうが、それは整理屋・紹介屋と呼ばれる悪徳業者であることが多いです。

 

求人広告を見るということは、今現在職が無いか、お給料に不満を持っている人が考えられるので、「お金に困っている人」がほとんどなんですよ。

 

お金に困っている人-債務整理体験談

 

まあ、「職場の人間関係に疲れた」なんていう人も居るでしょうが・・・

 

で、借金を抱えている人も多い、ということで、悪徳業者もはびこるんですよね。

 

弁護士や司法書士でも無いのに「あなたの借金を減らす手続きを代行します」とか「保証人無しでお金を貸してくれるところをご紹介します」なんて書いてあったら要注意ですよ。

 

だいたいは、闇金融を紹介して紹介料を受け取るのが目的なので、自分から罠にはまりに行っているようなものですから。

 

とは言え、NPO団体など、借金返済に関する手助けをボランティアで行っているところがあるのも事実です。

 

借金返済を苦にして自殺をしてしまう人が後を絶たない時代。

 

不景気でお給料が下がり、消費者金融からお金を借りたけれど、返済できずにどんどん借金が膨らんで、どうしようも無くなった挙げ句に自分の命を絶つなんて、悲しい限りです。

 

借金返済でこのような悲しいことが起きないために、立ちあがったボランティアの団体は、総量規制前には結構たくさんありました。

 

匿名で借金返済に関するメール相談をしたり、債務整理が必要な場合の手続きについて相談に乗るというような細やかな対応をしてくれています。

 

中には、アニマルセラピーといった色々な精神的な癒やし効果で、借金返済で疲れ果てた心をほぐしてくれるところもあったということ。

 

総量規制以降、多重債務者の数が少なくなったということで、このようなボランティア団体も減ってきているみたいですが、「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」のように、30年近くも地方自治体や弁護士会などと手を組み、相談窓口を設けているところもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

グレー金利廃止や総量規制で年収の1/3までしか借金ができないことで、表面的には多重債務者は減ったようですが、違法スレスレのところや闇金融で借りてしまって困っている人たちは、増えているのでは?と思うんですよ。

 

本当は、今こそ借金返済のボランティア団体が必要なのでは?という気さえします。

 

まあ、考え方を変えれば、今は弁護士や司法書士事務所が、ホームページなどで借金の無料相談を行っている場合もありますし、スマホさえあれば匿名でメール相談することもできるので、そういった意味では以前より恵まれているかもしれません。

 

借金返済に関する悩みを抱えていても、親兄弟、家族にはかえって相談ができないというケースは多いでしょうから、匿名で相談できるのは助かりますよね。

 

唯一気をつけらければいけないのが、弁護士や司法書士を語って「無料相談」という形にして個人情報を抜き取ろうとする悪徳業者もある、ということ。

 

ネット犯罪も増えている今、メールアドレスだけの入力ならまだ大丈夫ですが、事細かに個人情報を入力しなくては答えてくれない場合は、「本当に信頼できるサイト?」ということを吟味しなくてはなりません。

 

すでに名のしれた弁護士・司法書士事務所なら、その点はクリアできるでしょう。

 

あとは、各市町村で行われている「借金無料相談」に参加するのが、一番安心なのですが、狭い田舎などでは、行くだけで借金があることがバレてしまう、なんていうこともあるかもしれません。

 

とにかく、あなたが一番やりやすい方法を見つけて、まずは相談することで、気持ちが少しでも軽くなれば良いですよね。

借金のある夫に宝くじ高額当選したことは言う?言わない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ネットで見つけたのですが、「宝くじで1,000万円当たったのですが、借金癖のある夫には内緒にしておきたい。でも、今ある200万円の借金は返したいのでどうすればいいと思いますか?」という質問がありました。

 

宝くじで1,000万円当選なんて、そうそうあることではないし、本当に羨ましい話なのですが、そういった事情では、ちゃっちゃっと200万円の借金を返済することはできませんよね。

 

だいたい、ご夫婦ふたりに赤ちゃんが居るご家庭で、もともとは共働きだったのですが、今は奥さんは育児で働けず夫の収入に頼っている状態。

 

赤ちゃんの居る家族-債務整理体験談

 

まあ、専業主婦で小さいお子様が居れば当然のことなのですが、200万円もの借金があれば、「少しでもお金を作りたい」と思いますよね。

 

それで、共働き時代にコツコツ貯めていたお金から、宝くじを買い続けていたということ。

 

「当たらなくても、もし当たったら、家も買えるし子どもの教育費も貯められる」と思っていたそうですが、それが思いもかけずにドーンと高額当選したんですね。

 

なんでも、旦那さんは普通のサラリーマンだそうですが、ギャンブル好き。

 

と言っても、家庭を省みないほどのめり込むのではなく、お小遣いを貯めて使う程度なのだそうですが・・・

 

一度だけ、競馬で大穴を当てたことがあり、調子に乗って大金を注ぎ込んだのだとか。

 

結局外れてしまい、その損を取り戻そうとなんどか挑戦するも負けが続いて、借金が増えてしまった、ということです。

 

借金癖と言っても、今は奥さんがしっかりとお金の管理をしているので、200万円の借金を返してしまえば、借金はゼロになるらしいんですけどね。

 

奥さんとしては、とりあえず200万円の借金をすべて返済して、残りはすべて将来のため貯金に回したいと思っているのですが、夫に言えば反対されそうで、と。

 

スポンサーリンク

 

 

確かに、私だって、突然目の前に1,000万円転がり込んだら、借金を返した残り800万円については、「少しは贅沢しても良いのでは?」と思ってしまいます。

 

ましてや、一度ギャンブルにはまってしまった旦那さんなら、また大金を注ぎ込んでしまうかも、と心配になっても仕方のないこと。

 

回答としては、「実家から200万円借りたことにして借金だけは返し、宝くじに当選したことは黙っていた方が良い」という意見が多かったですね。

 

あとは、「宝くじに当選したことは言ってもいいけど、200万円当選したことにして、あとの800万円は黙って貯金しておく」という意見とか。

 

やっぱり、「正直に旦那さんに言って、その後の使い道についてはじっくり話し合う」という回答はほとんどなかったです。

 

自分ならどうするか?を考えると、「最初は夫に内緒にしておくけど、何かの折にバレてしまうかも」かな?

 

嘘つくのが下手なのと、お金のことって、夫婦間で内緒にしていても、なんとなくバレてしまうと思うんですよ。

 

そうなると、夫婦関係もギクシャクしてしまいますから、それなら最初からきちんと話したほうが良いのでは?と思いますね。

 

ただ、うちの夫も、ギャンブル癖は無いものの、まとまったお金が入ると気が大きくなるタイプなので、老後のことを考えると、黙って貯金しておいた方がいいのかな?

 

悩むところです。

 

なんて、そもそも私は宝くじに当たったことも無いので、ただの想像でしか無いんですけど。