専業主婦でも作りやすいクレジットカードは?楽天?イオン?

JUGEMテーマ:借金返済

お金を借りたい、でも借りられない

という悩みは、年々多くなるような気がします。

もちろん、そんなに生活には困ってないけど「買いたいものがあるから」とか「どうしても欲しいものがあるから」なんていうのは論外。

生活するお金が無い」ということでお金を借りたいのに、借りられない人がどんなに多いことか?

同様に、クレジットカードについても、収入の低い人は以前にもまして作りにくくなっているのがよくわかります。

総量規制施行後、やはり借りにくくなったのは、主婦や学生と言った自身に収入がない方ですよね。

当然働いていても、収入が少ない方についても借りにくいです。

そんな中、専業主婦の方でも比較的作りやすいと言われているのが、[楽天カード]とかイオンカードなどのお買い物系クレジットカードですね。




なぜかと言うと、こういったショッピング系クレジットカードを使うのは、断然主婦の方が多いからです。

主婦の方に使ってもらわないと、普及しないと言っても過言ではないでしょう。
 
消費者金融のカードなどは、以前は専業主婦や無職の方が作りやすいと言われていましたが、今では難しいみたいです。

もちろん、すべてがすべてと言うわけではないですが・・・

特に楽天カードは、通販で使う訳ですから、買い物の時に現金を振り込んだりする手間もはぶけ、普通に買い物する時よりもポイントが2倍になったりというお得な面もあります。

お金を借りなくても持っているメリットはありそうです。

イオンカードも、バリューなどイオン系のスーパーなどでお買い物をよくする方にとっては便利でお得感もあります。

ただ、作りやすいと言っても、多重債務のかたでは難しいかもしれないですが、他社での借入れがあっても件数によっては通ることもあるようです。

この辺は、ご主人の職種や年収などによって違うので、なんとも言えない部分もあるのです。

スポンサードリンク



でも、もし作れたとしても、また安易に借入れをしてしまっては元も子もありません。
 
とにかく突発的な大きな出費の時に備えるつもりでクレジットカードを持っておく、という考え方が良いでしょうね。

あとは、なるべくポイントが貯められるようなお得な使い方を研究するとか。

少額だからと言ってもバカにできません。 

 

ポイン還元率が高いと、それだけでも結構貯まりますから。

 

一度買い物するごとに3%付くとすると、5000円で150円分のポイントが付き、月に5回買い物に行けば、750円も得をするのです。

 

毎日の買い物もそうですが、家賃や公共料金の支払いまで、クレジットカード払いにすることで、毎月1,000円以上のポイントが貯まるとなれば、使わない手は無いですね。

特に借金を抱えていると、「少しくらい節約しても焼け石に水」と思ってしまいがちですが、コツコツお金を貯める習慣をつけることが大切です。

千里の道も一歩から、ということを実感します。 

アイフルのSuLaLi(スラリ)は多重債務では借りられない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

アイフルのSuLaLi(スラリ)って、審査が甘いって聞いたんですけど、どうなんですかね?」と聞かれたのですが、女性向けキャッシングのことですね。

 

だいたい、消費者金融の中でも、レディスキャッシングとか女性向け金融商品と呼ばれているものは、主婦にとっても少しは敷居が低いのかな?と思います。

 

ただ、審査が甘いかどうか?となると、そうでもないのかなー?

 

アイフルの他の商品に比べたら、「利用限度額が10万円で月々の返済額4,000円」ということもあり、借りやすいイメージがありますよね。

 

しかもWeb限定商品ですから、申込みも簡単にできそう。

 

とは言え、大手消費者金融のアイフルですから、審査はある程度厳しいはずです。

 

現に、借入条件として

 

◯他社借り入れの無い方

 

◯年収額が30万円以上で年齢が満20歳以上の方

 

というのがあるので、多重債務どころか、他で一件でも借りていたらダメなんですよ。

 

専業主婦の方も、年収が30万円以上という条件で、はねられてしまいます。

 

内職などしていて、少しでも収入があれば別なのかもしれませんが。

 

お金が無くて困っている若い女性

 

察するに、「少しお金が足りないんだけど、キャッシングするのってどうなんだろう?」と戸惑っている若い女性向けのサービスなのかな?と。

 

だから、ターゲットはズバリキャッシングが初めての若い女性で、信用履歴もホワイトに近い方ということなのでしょう。

 

◯申込みはネットのみで完結

 

◯カードデザインが、今までに無いくらいオシャレ

 

というところからも現れています。

 

スポンサーリンク

 

 

実際のカードを見たのですが、「どこか趣味のサークルの会員証?」というくらい、オシャレですっきりしたデザインなんです。

 

なんと、カードの表面には、会社名も無ければロゴマークも印字されていないので、言われないとわからないほど。

 

これなら、「お金が足りない」という時に、さっとコンビニに入っておろせばわからないと思います。

 

「お金を借りること」への抵抗を無くすことに、徹底しているということでしょうか?

 

まあ、10万円が限度額なら、無茶な使い方をする人もいないだろうし、「キャッシングの入り口」としては悪くないかも。

 

とは言え、「数万円の借金から始まって、どんどん雪だるま式に借金が増えてしまった」ということはよくありますので、「なんだ、借金するって簡単なんだ」と思ってしまってはいけませんね。

 

あくまでも、「どうしても数万円お金が足りないんだけど、キャッシングをするのは気が引ける」という場合に、「ここなら借りられるかもしれない」という手段のひとつにすべきです。

 

そう言えば、このカードのターゲットが、「信用情報がホワイトに近い人」だとすれば、一度ブラックになって、喪明け後スーパーホワイトになってしまった人はどうなのでしょうか?

 

審査が甘いとすれば、もしかしたら喪明けでも大丈夫?となりますが、ターゲットが「初めてキャッシングをする人」となると、大分違うかな?と。

 

それに、もともと大手消費者金融は、債務整理時に迷惑をかけたところでなくても、ブラックであった痕跡があれば、審査に受かる可能性は低いと言われています。

 

それでも、今現在の収入を重要視してくれるところも少なからずあるので、消費者金融に限らずカードローンなど、審査に通るところもあるでしょう。

 

ただ、いつも書いているように、一度債務整理をした身としては、「今月ちょっと足りないから」というだけで、お金を借りないようにはしたいものです。

消費者金融の審査って実際のところどうなの?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務の基準てなんだろう?

唐突に何ですが、考えてしまいました。

金融業者数社からお金を借りている」と言っても、実際には多重債務とまではいかない方もいらっしゃいます。

多重債務の一つの目安として、「消費者金融でお金を借りるようになったら」なのかなーという気もします。

消費者金融のイメージも、昔と今とでは違っていますが、やはり最初から消費者金融でお金を借りるという方は少ないのではないでしょうか?

多分、大手のクレジットカード会社からの借金ではもうどうしようも無くなって、新たな借入先として消費者金融を選択するようになったということでしょう。

で、その時から雲行きは相当怪しくなってきたと思います。



とは言え、その頃はかなり審査が甘かった消費者金融のお世話になった方もいらっしゃいますよね。

とにかく、アルバイトだろうが専業主婦だろうが、無職だったとしてもお金が借りられた時代ですから。

今は、そんな法則もどこかに行ってしまったように、クレジットカードだろうが消費者金融だろうが審査に受からない人はどこもダメ、という時代になって来ました。

それでも、大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融ならまだ借りられそうな気がしますよね。

ただ、クレジットカード会社よりも、もっと消費者金融の審査は不透明なため、わかりにくいということは言えます。

審査ひとつについても、各消費者金融のカラーが出ていて、一概には言えない気がします。

多重債務者ですから、本当にテレビで宣伝している会社のカードはほとんど持っているような状態でしたが、それでも借りられないところはありましたね。

だいたいが自営業者という時点で、点数が減るみたいです。

そうそう、消費者金融の審査って点数制みたいですよ。

会社員だったらプラス何点、自営業者はマイナス何点という感じで。

もちろん、自分名義の持ち家だったら当然プラスですよね。

でも、それも会社によって基準が少しづつ違うんだと思いますよ。

もう「自営業者」というだけで、「ダメ」なところもありますから。

これは、専業主婦やアルバイトの方にも言えますね。

それだけでダメなところもあれば、「主婦やアルバイトの方でも大丈夫」というところもあって・・・

それから、いくら安定した収入があっても正社員じゃないと貸してくれても金額が少ない場合が多いです。

そうなると、複数の消費者金融から借りるから、そこでまた点数が減点されます。

収入は少なくても、安定した職場、例えば公務員だったりしたらいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク



あと、今は違うと思いますが、消費者金融よりも審査が甘かったのが、一時某俳優さんのCMで有名になった信販会社です。

お買い物カード兼用のクレジットカードだと、あまりたいしたことも聞かれずに、電話による確認があっただけで、後日カードが発行されました。

しかも20万円のキャッシング付き

まあ、作った頃はまだお金にも困っていなかったので、使うつもりはなかったんですけどね。

その数年後には、20万円満額使うことになるとは。

だけど、総量規制以降は、審査自体も以前とは違ってきています。

自営業者や専業主婦が借りにくいのは変わらないと思いますが、さらに厳しくなっていると言わざるをえないです。

中小の消費者金融に至っては、たまに胡散臭いところもあるし、貸してくれたとしても少額で保証金を取られることも。

 

中には、親身になって相談に乗ってくれるところもあるみたいですが。

こんなところでぼやいて仕方がないですが、自営業者にはますます厳しい社会になったということなんですよね。