スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 「借りては返す」の恐ろしさを経験した主婦の体験談
Page: 1/31   >>

「借りては返す」の恐ろしさを経験した主婦の体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金地獄におちる」とか、「借金まみれ」などなど、お金を借りるということが当たり前の世の中になってもなお、多重債務にまでなってしまうのは、「特別な人」というイメージがあります。

 

私も、実際に任意整理を経験するまではそう思っていました。

 

「普通の主婦でローン地獄におちいる人って、よっぽど精神的にダメージを受けて買い物に走ったりした結果ではないか?」と。

 

だけど、自分で経験したからこそわかるのが、「誰だって借金地獄に落ちる可能性はある」ということ。

 

いや、「誰でも」というのは言い過ぎですが、しっかりとお金の管理をして、計画性を持って買い物したり、自分を律することができる、また突発的な出来事にも動じない強い心を持っている人。

 

そんな方なら、大丈夫でしょう。

 

ただ、「そういう人間にならないと回避できない」と思うより、「自分もいつ借金まみれになるかもしれないから、お金のことについて学び、管理できるようにしておかなければ」と危機感を持っていたほうが良いと思います。

 

少なくとも、私が一番後悔しているのは、「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があったがために、「借りては返す」の悪循環に陥っていたことです。

 

ローン地獄-債務整理体験談

 

ここで、私と同じような経験をされた方の体験談を書きますね。

 

"借りたものは返すのが当たり前とばかりに、カードローンの返済を他所からの借り入れで賄い、そんな自転車操業を繰り返しているうちに気がつけば負債総額が240万円にも。

 

月々の返済額は10万円前後となり、とても主婦が一人で返済できる金額ではなくなっていました。

 

まだ数十万円の借金であれば、主人に打ち明けることもできるけど、何故、こんなに借金まみれになるまで相談しなかったのかと悔みました。

 

既に金額が大きすぎたのです。

 

借金を打ち明けたところで、主人に立て替える資力がないことは分かっていましたので、本来は私が負わなければならない返済の苦しみを主人に一方的に味合わせるだけになるので、こうなってしまっては何もかも手遅れでした。

 

それでも何とかしたい、何とか自分の人生を取り戻したい一心で弁護士に相談。

 

弁護士事務所に伺い、借金の清算方法として一通りの債務整理の説明を受けたのですが・・・

 

その説明の途中、自己破産という言葉が弁護士の口から出てきた時は、「ついにこんな所まで来てしまった」という気持ちで、まるで弁護士事務所の一室が奈落の底のように感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

そして説明が終わる頃には、「私は自己破産するんだ、させられるんだ」という恐怖で顔がこわばってしまったほど。

 

実際に、弁護士から提案された私の債務整理の手段は、任意整理というものでしたが、その時の恐怖は未だに覚えています。

 

その提案が何であれ、私はもう弁護士にすがるしかなく、半ば私の責任を押し付けるようにその場で債務整理を依頼しました。

 

そして書類作成をしながら、弁護士の先生に「じゃあ、もうクレジツトカードは使えませんからハサミを入れて使えなくしましょうか」と促された時、はじめて債務整理という形で自分の借金生活、いや借金まみれの人生にピリオドを打てたような気がしました。

 

クレジットカードにハサミを入れた時の感触は、任意整理の支払いが残り半分となった今も忘れられない苦い記憶です。"

 

ということ。

 

この経験談のように、特に贅沢をしたとかでなくても、「借りては返す」を繰り返していれば、借金総額240万円という金額になるのは、あっと言う間なのです。

 

いくらグレー金利が廃止になったとはいえ、通常は10%以上の金利がかかるのですから。

 

それに、今話題になっているカードローンだと、結構主婦でも貸してくれたりしますよね。

 

最初は気軽な気持ちで借りて、そのうち借り入れ枠が増えたら、だんだん気が大きくなって借りてしまう。

 

返せなくなっていることに気がついた時には、もう後戻りできない、という図式です。

 

この体験談を他人事と思うか、誰にでも起こりうることと思うかで、同じ道をたどってしまう可能性が相当違ってくると思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 「億男」は多重債務者の真の姿?お金と幸せについて考えたら

「億男」は多重債務者の真の姿?お金と幸せについて考えたら

JUGEMテーマ:日記・一般

 

映画「億男」の主題歌がバンプ・オブ・チキンの「話がしたいよ」に決定した(解禁になった?)と聞いて、公式で少し聴いただけで「なんてピッタリな選曲」と思ってしまいました。

 

原作を読んだだけですが、この物語は、多重債務におちいった私にとっても、とても心に響くものがあり、楽しみにしているんですよね。

 

悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は?

 

で、もう一度読み返したのですが、やはり「深い」と言わざるを得ないです。

 

本当に、すべての「お金に困っている人」に読んでほしい、いやまだ封切りになってないけど映画も見てほしい、と思いました。

 

お金に困っている人-債務整理体験談

 

お金に対する価値観って、人それぞれで、もともと欲深い人、お金に対して淡白な人、そもそもお金に苦労したことが無い人など、みんな違いますよね。

 

それが、宝くじに高額当選したり、事業が思いがけず大成功を収めた時、大金を目の前にすると、コロッと変わってしまうのも人間なんです。

 

逆もまた真なりで、多重債務におちいって「究極にお金が無い」状態になっても、この主人公のように人間性が変わってしまいます。

 

すべてに対して欲が無くなるのです。

 

ネタバレになるといけないので、公開されているストーリーの範囲内で書くと、「3000万円もの借金を背負った主人公が、宝くじで3億の高額当選をした途端、自分がどうしたら良いかわからなくなり、大富豪の親友に相談する」んですけどね。

 

これだけ端折って書いてしまうと、ただの借金男が宝くじに当たって、まさに地獄から天国を経験するストーリー?と。

 

まあ、間違いでは無いけれど、主人公はお金で性格すら変わってしまったけど、親友はお金に翻弄されなかった男性として描かれていることで、私達も客観的にお金と向き合うことができる、ということでしょうか。

 

何度も書いていますが、多重債務になって、毎日借金やその他の支払いに追われていると、確かに欲は無くなってしまいます。

 

「早く借金を返して自由になるんだ」という気持ちももちろん強いのですが、「借金を返すこと」が人生の目的になってしまい、その後の人生すら見えなくなる、というか。

 

スポンサーリンク

 

 

特に、この主人公のように3,000万円という、普通の仕事をしていたら、多分一生かかっても返しきれないような借金を背負ってしまったら、気がおかしくならないだけマシなのかもしれません。

 

唯一の理解者とも言える家族とも、だんだん気持ちが通じ合わなくなるのも、多重債務時代の自分と照らし合わせて、「わかる」と深く頷いてしまうのです。

 

だけど、その後ですよね。

 

私だったら、多重債務時代に宝くじに当選し3億円もの大金を手にしたら、もう狂喜乱舞で、すぐさま借金を返済し、欲しかったものを買ってしまうでしょう。

 

家を新築するかもしれません。

 

なんとか人並みに暮らせるようになった今でも、「宝くじ100万円でもいいから当たらないかな?」と思っているくらいですから。

 

主人公が、「お金さえあれば、借金さえ返せれば、家族は元通りになる」と単純に考えてしまうのも、その考えのために、どんどん気持ちが離れてしまうのも、痛いほどわかるんですよ。

 

結局、借金を抱えている自分も、大金を手にした自分も、本質は変わっていないんだということを理解しないと、お金にもてあそばれるだけの人生になってしまう、ということなのかな?

 

でも「お金が無いと生活できない」ということを一度体験してしまうと、「お金が無くても幸せ」ということは考えられなくなるんですよね。

 

とは言え、もう一度、お金と正面から向き合って、どう付き合えば幸せになれるのか?を考えてみたい、と思いました。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 普通の若者が多重債務になってしまう危険度は?

普通の若者が多重債務になってしまう危険度は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金を借りる」というのは、昔はそんなに簡単ではなかったですよね。

 

とは言え、私でさえ、すでに物心ついた時からキャッシングのようなものはありましたから、「金融業者からお金を借りる」というのは、すでに特別なことでは無くなっていた、ということ。

 

今や、ひとり一台持っているスマホで、思いついたらキャッシングができるというのは、便利でもあり怖くもあり、というところです。

 

「バイト先のコンビニですすめられてクレジットカードを作ったら、ATMであまりにも簡単にお金が引き出せるので、1万円単位でキャッシングしているうちに、気がついたら多重債務になっていました。」

という、学生さんの話を聞いたことがあります。

 

コンビニでバイト-債務整理体験談

 

大学進学と同時に東京で一人暮らし。

 

親は普通のサラリーマンで、そんなに生活に余裕があるわけではないのに、学費やアパートなどの費用を出してくれた、という気持ちがあったので、真面目に大学の勉強とバイトを頑張る日々でした。

 

厳しい家計の中から仕送りもしてくれていたので、遊ぶお金は無かったけど、生活に困ることは無く、むしろ「恵まれている」と感じていたとのこと。

 

だから、バイトで稼いだお金は、なるべく貯金して、少しでも親に返そうと思っていたんだそうです。

 

だけど・・・

 

「このカードを使うと、店で買ったものすべてにポイントが付くから」と言われて作ったクレジットカードが、彼にとっては魔法のカードのように思えたんですね。

 

子どもの頃から、「あれ買って、これ買って」というようなわがままは言ったことはなく、むしろ弟や妹がお菓子やおもちゃを欲しがるのをたしなめているような子どもだったのに。

 

やっぱり「お兄ちゃんだから」と我慢していたこともあったのでしょう。

 

それと、親もクレジットカード払いを「借金だから」と嫌い、ほぼ現金のみでの生活だったため、カードに対する免疫が無かったということもあったと思います。

 

まずは、ショッピング枠10万円を、欲しかった洋服や外食に使ってしまい、キャッシング枠にだけは手を付けまいと思っていたのですが・・・

 

カードを使えば、当然請求が来ますが、月末に5万、3万と引かれることさえわかってなかったと言います。

 

当たり前のように、生活費も足りなくなり、両親に泣きつくことなんてできないから、今度はキャッシング枠の10万円から、数万づつ借りることに。

 

ショッピング枠の支払いだけでもできなかったのに、新たな借入をしてしまったわけですから、支払えるわけも無いのですが。

 

スポンサーリンク

 

 

とうとう消費者金融からもお金を借りるようになったところで、「自分はいったいいくら借りているんだろう?」となったそうです。

 

その時には、すでに100万円を超える借金になっていたとか。

 

本当に借金って、利息が付くので、実際に借りた金額よりもどんどん膨れ上がってくるのです。

 

それはもう、魔物のように、目の前で不気味なくらい大きくなっていくのですから、世間知らずの若者を飲み込むのなんて時間の問題でしょう。

 

結局、多重債務を意識したところで、先輩に相談し、最終的には親に理由を話し、ものすごく怒られたけど、なけなしの貯金を全部はたいて肩代わりしてくれた、ということ。

 

それからは、以前にも増して、勉強に励んでいるということですから、すんでのところで思いとどまって良かったですね。

 

それと、こういった金銭トラブルを誰かに相談するのは勇気がいることですが、早めに相談できたことで、最悪の事態を免れたと思うんです。

 

「まだ大丈夫」と思っているうちに、とんでもない金額になってしまうのが借金の怖さなんです。

 

別に、免疫をつけるために借金をする必要は無いけれど、「借りないから自分には関係がない」と思わないで、知識だけは持っていた方が懸命だ、ということです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記