スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 「億男」は多重債務者の真の姿?お金と幸せについて考えたら
Page: 1/45   >>

「億男」は多重債務者の真の姿?お金と幸せについて考えたら

JUGEMテーマ:日記・一般

 

映画「億男」の主題歌がバンプ・オブ・チキンの「話がしたいよ」に決定した(解禁になった?)と聞いて、公式で少し聴いただけで「なんてピッタリな選曲」と思ってしまいました。

 

原作を読んだだけですが、この物語は、多重債務におちいった私にとっても、とても心に響くものがあり、楽しみにしているんですよね。

 

悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は?

 

で、もう一度読み返したのですが、やはり「深い」と言わざるを得ないです。

 

本当に、すべての「お金に困っている人」に読んでほしい、いやまだ封切りになってないけど映画も見てほしい、と思いました。

 

お金に困っている人-債務整理体験談

 

お金に対する価値観って、人それぞれで、もともと欲深い人、お金に対して淡白な人、そもそもお金に苦労したことが無い人など、みんな違いますよね。

 

それが、宝くじに高額当選したり、事業が思いがけず大成功を収めた時、大金を目の前にすると、コロッと変わってしまうのも人間なんです。

 

逆もまた真なりで、多重債務におちいって「究極にお金が無い」状態になっても、この主人公のように人間性が変わってしまいます。

 

すべてに対して欲が無くなるのです。

 

ネタバレになるといけないので、公開されているストーリーの範囲内で書くと、「3000万円もの借金を背負った主人公が、宝くじで3億の高額当選をした途端、自分がどうしたら良いかわからなくなり、大富豪の親友に相談する」んですけどね。

 

これだけ端折って書いてしまうと、ただの借金男が宝くじに当たって、まさに地獄から天国を経験するストーリー?と。

 

まあ、間違いでは無いけれど、主人公はお金で性格すら変わってしまったけど、親友はお金に翻弄されなかった男性として描かれていることで、私達も客観的にお金と向き合うことができる、ということでしょうか。

 

何度も書いていますが、多重債務になって、毎日借金やその他の支払いに追われていると、確かに欲は無くなってしまいます。

 

「早く借金を返して自由になるんだ」という気持ちももちろん強いのですが、「借金を返すこと」が人生の目的になってしまい、その後の人生すら見えなくなる、というか。

 

スポンサーリンク

 

 

特に、この主人公のように3,000万円という、普通の仕事をしていたら、多分一生かかっても返しきれないような借金を背負ってしまったら、気がおかしくならないだけマシなのかもしれません。

 

唯一の理解者とも言える家族とも、だんだん気持ちが通じ合わなくなるのも、多重債務時代の自分と照らし合わせて、「わかる」と深く頷いてしまうのです。

 

だけど、その後ですよね。

 

私だったら、多重債務時代に宝くじに当選し3億円もの大金を手にしたら、もう狂喜乱舞で、すぐさま借金を返済し、欲しかったものを買ってしまうでしょう。

 

家を新築するかもしれません。

 

なんとか人並みに暮らせるようになった今でも、「宝くじ100万円でもいいから当たらないかな?」と思っているくらいですから。

 

主人公が、「お金さえあれば、借金さえ返せれば、家族は元通りになる」と単純に考えてしまうのも、その考えのために、どんどん気持ちが離れてしまうのも、痛いほどわかるんですよ。

 

結局、借金を抱えている自分も、大金を手にした自分も、本質は変わっていないんだということを理解しないと、お金にもてあそばれるだけの人生になってしまう、ということなのかな?

 

でも「お金が無いと生活できない」ということを一度体験してしまうと、「お金が無くても幸せ」ということは考えられなくなるんですよね。

 

とは言え、もう一度、お金と正面から向き合って、どう付き合えば幸せになれるのか?を考えてみたい、と思いました。

 


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> どこからもお金を借りられなくて自暴自棄になったら?

どこからもお金を借りられなくて自暴自棄になったら?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に陥り、もう本当にどこからもお金を借りられなくなったら、自暴自棄になってしまうかもしれませんね。

多重債務の状態自体が、精神的にも非常に不安定なため、「借金のこと」しか考えられなくなってしまうのです。

「借金」という言葉から連想されるのは、「借金返済しなければ」という意味と、「またどこかでお金を借りなければならない」ということになったら、もう相当借金依存症になっていると思ってください。

いずれにしても、常にどちらかに頭が行っているという、通常では考えられないような追い詰められた状態であることは確かです。

そうなると・・・

極端な話、自分自身の命を絶ってしまうとか、犯罪に走るとかの行動に出てしまう可能性もあります。

これは、多重債務に陥ったことがある方にとっては、決して他人事ではないはず。

夜、道を歩いていて知らずに車が自分の真横を通り抜けた時、「このまま車にぶつかったら楽になれる」と思ったことも一度や二度ではありません。



その度に、両親や家族の顔が浮かんで、現実に連れ戻されるのです。

民間の金融機関での融資が受けられなくなっても、公的資金があるにはあるのですが・・・

これがなかなか今は借りにくい状況のようです。

失業されている方には、求職者支援制度をお勧めしているのですが、すべての方が給付金を受けられる条件に当てはまっているかどうかはわかりません。

それに、訓練校への助成金が今後縮小されるのでは?という危惧もあり、訓練校の質も問題になっているということもあります。

訓練校の質が二極化しているという噂も。

 

もちろん、ちゃんとした訓練校も多く、コースをしっかりと終えれば、実践力として認められるところもあるのは事実です。

 

要するに、「何を学びたいか?」がはっきりしていれば、失敗する確率も低くなる、ということなんですよね。

スポンサーリンク



ただ、事情によっては、一時的にでも「生活保護」に頼らざるを得ないかもしれません。

生活保護だと、平均的な日本人家庭である夫婦と子どもが居る家庭で、だいたい月27万円ほどもらえるそうです。(住んでいる地域によってもかなり差があります。)

しかも、税金や医療費や公共料金がかからないから、当座の生活費には困らないでしょう。

今だと、不況だから夫婦でがむしゃらに働いても、20万ちょっとと言う家庭も少なくないですから。

本当はもう少し少なくていいから、敷居を低くしてもらいたいと思うのですが・・・

ただ、これだけもらってしまうと、なかなか「生活保護から抜けられなくなる」というのが本音のようです。

 

もちろん、現在生活保護費を受け取っている方にとっては、大切な生活の糧ですし、働きたくても働けない事情がある人も多いので、一概に「少なくしては?」という提案をするのもどうか?という意見があるのはわかります。

 

働こうとすれば働けるのに、少しでも稼ぎがあれば保護費が減らされてしまう、という理由で抜けられなくなっているケース前提での話しですが・・・


本人の収入に合わせて、段階的に少なくしていくということもできるのでしょうが、計算が難しい上に判断の基準が、各地方自治体に委ねられるので、負担が大きくなってしまいます。

やはり頑張って収入を増やすというのが、一番いいのかな?


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 宝くじに当たらなくても一生お金に困らない生活をするには?

宝くじに当たらなくても一生お金に困らない生活をするには?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務になって、毎日毎日お金のことばかり考えていると、「贅沢はしなくていいから、せめてお金の心配をしないで暮らせるようになりたい」と願うでしょう。

借金をしたことがなくて、支払いに追われるという生活をしたことがない方にとっては、「現実逃避」と思われるかもしれません。

事実「現実逃避」以外の何物でもないかもしれないのですが・・・

本人にとっては、そんなものではなく、真剣に「どうしたら、一生お金に困らない生活ができるか?」なんていうことを考えるようになります。

考えるというより「憧れる」の方が近いでしょうね。

マッチ売りの少女」が、マッチを摺って表れたごちそうや暖かい家庭に憧れるように。

マッチ売りの少女-債務整理体験談

そして、多重債務が進むと、「もうそんなことは望めないかもしれない」と諦めムードに。

諦めというよりは、もっと刹那的なのかもしれません。

一生お金に困らない生活というのは、何も宝くじに当たったりすることだけで得られるものではないですよね。

当たったら嬉しいですが・・・

「安定した仕事」を見つけることで、案外すんなりと望むものが手に入るかもしれません。

もちろん、そんなに世の中甘いものではないので、一度つまづいた人は、脇目もふらずにがむしゃらに頑張らないといけないのですが。

とにかく、何でも良いので、最初は「収入を増やすこと」を目標にする。

これについては、本当は「一生続けられる仕事」が良いのですが、悩んでいるうちに、またどんどん借金が嵩んでしまったりしますから、まずは、自分ができることで収入を上げられそうなことに挑戦しましょう。

いつもおすすめしているのですが、すぐにお金が必要な場合は、「ヤフオク」や「メルカリ」などインターネットオークションで不用品を売るか、リサイクルショップに買取ってもらう、などで、結構当座をしのげるお金が手に入ったりします。

スポンサードリンク
 

不用品の他、趣味で手作りの物を作れるなんていう場合は、当座しのぎどころか、本業にしてしまう人だって居ます。

 

「カリスマ主婦」と呼ばれる方が、たくさん活躍されていることでも知られていますね。

 

「私は不器用だから」という方でも、子どもが学校で使う雑巾や手提げ袋なら作れそうではないですか?

 

それで、本業にするのは難しいですが、ちょっとしたお小遣い稼ぎにはなりますよね。

 

せどり」で手持ちの本を売るというのもアリでしょう。

宝くじに高額当選のような大金を夢見てしまうと、どうしても数百円の積み重ねは意味が無いような気がしてしまいます。

ましてや、多重債務の時期に、一度に数十万というお金を借りていた記憶があれば、なおさら、お金のありがたみに疎くなっているんですよ。

千里の道も一歩からと言いますが、大金に目が行ってしまう今だからこそ、地道に努力しないといけないんだと思います。

そんなこと言いながらも、私もまだまだ「一攫千金」という言葉に弱いのですが、やはり多重債務時代から債務整理と経験するうちに、かなり実直な考え方ができるようになりました。

 

宝くじに当って、一攫千金だ!」という夢を見るだけなら、誰にも迷惑をかけないですから良いのかな?と思いますよ。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode