スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 年収1,000万あっても幸福になれない?債務整理後の理想の生活とは?
Page: 1/51   >>

年収1,000万あっても幸福になれない?債務整理後の理想の生活とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

よく、「借金1,000万円から年収1億へ」なんていうサクセスストーリーを目にします。

 

債務整理を経験した私にとっては、まさに理想の生活で、真似はできないけど、「どうやったらそんな一発逆転人生が送れるのだろう?」と羨ましく思ったり。

 

また、「逆境から立ち直って、よくそこまで成功されたものだ」と尊敬の念を抱くことも。

 

「自分も少しはあやかりたい。たとえ、1億円とは言わなくても、年収1,000万円、いやせめて500万円くらいにはなりたい」と思いますよね。

 

では、年収いくらくらいになれば、成功したとか幸せだな、と実感するのでしょうか?

 

それは、個人個人で違うのはわかっています。

 

だって、お金はあっても、例えば早くして両親を無くしてしまったり、最愛のパートナーや兄弟が先立つことも。

 

自分自身に災難が訪れて、体が不自由になることも考えられます。

 

お金=幸せではないことは重々承知の上で、一般的な家庭。

 

例えば、30代の夫婦で小学生の子どもが2人居る家庭の場合、特に何のトラブルも抱えていないとして、年収がどれくらいあれば、お金の心配をほとんどしないで生活できるのか?を考えてみます。

 

私が願う年収500万円では?

 

普通の生活をしていれば、まずお金に困ることは無いとは思うのですが、それでも、そんなに贅沢はできないでしょう。

 

月収40万円強くらいでしょうか?

 

住宅ローンや食費、子どもの教育費、電気・ガス・水道・税金などの支払い、食費や衣服費、帰省する時には家族全員の旅費などをそこから捻出しなくてはなりません。

 

また、夫がサラリーマンの場合役職が付いているでしょうから、部下におごるとか、交際費もかさんできます。

 

妻だって、ママ友との付き合いや、多少の見栄もあるでしょうから、結構食費を切り詰めてやり繰りしないといけなくなるのでは?

 

部下と飲みに行く-債務整理体験談

 

ある記事によると、世帯年収が1,500万円くらいでやっと、子どもが望む道に進ませるだけの十分な教育を受けさせることができ、外食や買い物をする時に、あまり値段を気にしないでできるようになる、ということ。

 

家族で海外旅行を楽しみ、両親のケアも十分にしてあげられ、たまには両親を誘ってみんなで旅行に行く、とか。

 

とにかく、そのくらい収入があって初めて、「余裕のある生活をしている」と実感できるのだそうです。

 

まあ、だからと言って、年収1,000万じゃダメ!ということではないですよ。

 

確かに、突発的な出費なども考えれば、このくらい無いと優雅な生活は無理なのかもしれません。

 

ただ、「お金があればあるほど幸せか?」と言えば、1,500万円を境に、年収が少し増えたくらいでは幸せを感じる度合いは少なくなるのだとか。

 

借金に苦しんでいた時に、全体で300万円以上になってしまった頃には、新たに10万円の借金を増やすことに、あまりためらいは無かったです。

 

これが、全部で20万円しか借りていなかった場合、30万円になってしまったら、焦ると思うんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

これと同じかどうかわかりませんが、月収20万円の世帯が急に30万円に増えたとしたら?

 

もうものすごく嬉しいですよね。

 

まさに幸福の絶頂になります。

 

ところが、月収100万円以上の人が110万円になったとして、嬉しいでしょうけど、それほど増えたと感じないのではないか?ということ。

 

金銭感覚って、本当に少しのことで狂ってしまうものなんです。

 

だから、ある程度以上稼いでいる方たちは、せっせと寄付をしたり、財団法人を立ち上げて、世の中のためになることをしたりされているのかもしれません。

 

そう考えれば、食費の節約をして、家計簿を付け、毎日やり繰りする生活が実は幸せなのかもしれない、という気持ちにもなります。

 

借金で一度狂ってしまった金銭感覚を、もう一度元に戻すということが、先決問題だということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> どこからもお金を借りられなくて自暴自棄になったら?

どこからもお金を借りられなくて自暴自棄になったら?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に陥り、もう本当にどこからもお金を借りられなくなったら、自暴自棄になってしまうかもしれませんね。

多重債務の状態自体が、精神的にも非常に不安定なため、「借金のこと」しか考えられなくなってしまうのです。

「借金」という言葉から連想されるのは、「借金返済しなければ」という意味と、「またどこかでお金を借りなければならない」ということになったら、もう相当借金依存症になっていると思ってください。

いずれにしても、常にどちらかに頭が行っているという、通常では考えられないような追い詰められた状態であることは確かです。

そうなると・・・

極端な話、自分自身の命を絶ってしまうとか、犯罪に走るとかの行動に出てしまう可能性もあります。

これは、多重債務に陥ったことがある方にとっては、決して他人事ではないはず。

夜、道を歩いていて知らずに車が自分の真横を通り抜けた時、「このまま車にぶつかったら楽になれる」と思ったことも一度や二度ではありません。



その度に、両親や家族の顔が浮かんで、現実に連れ戻されるのです。

民間の金融機関での融資が受けられなくなっても、公的資金があるにはあるのですが・・・

これがなかなか今は借りにくい状況のようです。

失業されている方には、求職者支援制度をお勧めしているのですが、すべての方が給付金を受けられる条件に当てはまっているかどうかはわかりません。

それに、訓練校への助成金が今後縮小されるのでは?という危惧もあり、訓練校の質も問題になっているということもあります。

訓練校の質が二極化しているという噂も。

 

もちろん、ちゃんとした訓練校も多く、コースをしっかりと終えれば、実践力として認められるところもあるのは事実です。

 

要するに、「何を学びたいか?」がはっきりしていれば、失敗する確率も低くなる、ということなんですよね。

スポンサードリンク



ただ、事情によっては、一時的にでも「生活保護」に頼らざるを得ないかもしれません。

生活保護だと、平均的な日本人家庭である夫婦と子どもが居る家庭で、だいたい月27万円ほどもらえるそうです。

しかも、税金や医療費や公共料金がかからないから、当座の生活費には困らないでしょう。

今だと、不況だから夫婦でがむしゃらに働いても、20万ちょっとと言う家庭も少なくないですから。

本当はもう少し少なくていいから、敷居を低くしてもらいたいと思うのですが・・・

ただ、これだけもらってしまうと、なかなか「生活保護から抜けられなくなる」というのが本音のようです。

うーーん、そうなると、また本人のためには良いのか悪いのか、ですね。

本人の収入に合わせて、段階的に少なくしていくということもできるのでしょうが、計算が難しい上に判断の基準が、各地方自治体に委ねられるので、負担が大きくなってしまいます。

やはり頑張って収入を増やすというのが、一番いいのかな?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 借金苦の男性が橋から突き落とされた話

借金苦の男性が橋から突き落とされた話

JUGEMテーマ:借金地獄

 

数年前に中国で「借金苦の男性が通行人に橋から突き落とされる」という騒動(事件?)がありました。

 

幸いというか、奇跡的に橋の下に敷いてあった衝撃緩衝材の上に落ちて、命は助かったということ。

 

借金を抱えた人や失恋した人が、「死にたい」と飛び降りるために、高い建物に登ったりという事件は、日本でもあります。

 

まあ、だいたいの人は、本当に死ぬつもりはあまりなく、「止めて欲しいのかな」と思いますが。

 

それでも、親身になって「死ぬんじゃないよ」と止めるのが、通常の神経ですよね。

 

それを、突き落とすなんて・・・

 

借金苦で橋から身を投げる

 

まあ、「死にたい」という人を突き落として何が悪いと言うことなのでしょうね。

 

と思ったら、後日談があって、この突き落とした男性は、最初死のうとしていた男性を説得しようとしたらしいです。

 

だけど、警察に拒否されたのですが、そのまま強行突破で借金苦の男性の元に。

 

そのまま説得して連れ帰っていれば、拍手喝采のシーンですが、あろうことか、握手した後に突き落とした、ということ。

 

「橋の通行を妨げ、そのために5時間もの渋滞を引き起こしたことや、もともと自殺するつもりは無く、周囲の気を引くための行動だったのが許せなかった」というのですが・・・

 

それなら、突き落とさないで、そのまま警察に突き出すべきだったと思うんですけどね。

 

何か、今の殺伐とした日本でも、同じようなことが起こりそうで怖いです。

 

多重債務に陥った方は、ほとんどの方が一度は「死にたい」と思ったことがあると思いますので、こんな人騒がせなことはしないまでも、気持ちは少しはわかるのではないでしょうか?

 

多重債務になったり、自己破産したりすると、自分に自信が全く持てない状態になるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

考えてみれば「お金が無いだけ」「お金の管理ができなかっただけ」「お金に関してルーズなだけ」なんですが、人間としてもNGのレッテルを貼られてしまいますから。

 

少なくとも金融に関しての事故者であって、犯罪者ではないのですから、胸を張ってとは言えませんが、普通に生活していて問題は無いのです。

 

債権者の方々に迷惑をかけたことは消せませんが、その後まじめに生活して、少しでも収入を伸ばし社会に還元できれば、と思いませんか?

 

実際に、会社を経営している方で、何度も事業に失敗し、それでも諦めずに挑戦し続け、今では一流企業の仲間入りをされている方もたくさんいらっしゃるのですから。

 

私の身近でも、自己破産した方がオーディオの会社を興して、従業員を雇うまでになり、現在は売上も飛躍的に伸びているそうです。

 

ここの社長さん、ご自身が苦労されたこともあり、積極的に高齢者の方や身障者の方を雇っていて、それぞれの適材適所に配属しているため、さらに売上を伸ばしている、ということですよ。

 

ここまで成功できなくても、「もう一度頑張るんだ!」という気持ちさえあれば、なんとかやっていけそうな気がしますよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記