スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 多重債務でも借りられる金融業者はろうきんだけ?
Page: 1/6   >>

多重債務でも借りられる金融業者はろうきんだけ?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務者や自己破産者が増えて、生活保護を受ける方の世帯も増加しているということです。

(統計的には、微妙に増減しているらしいですが・・・)

 

今、これだけ不況で度重なる自然災害などで被害を受けている方も多いことを考えると、今後もっともっと増える傾向にあるでしょう。

 

そうなると、「最後の手段」とも考えられる生活保護さえ、受けられなくなる状況も考えられます。

 

事実、最近は生活保護の申請者が増えているため、断られるケースもかなりあるということです。

 

となると、公的資金の貸付である「生活福祉資金」という方法があるのですが、「貸付」ということで、「返済」が義務付けられているにも関わらず、「コゲツキ」を起こすケースが増えているため、貸付を中止している自治体もあるんですね。

 

多重債務者や自己破産などの債務整理者は、これからもっと窮地に立たされそうです。

 

お金に困った女性-債務整理体験談

 

ただ、こういった窮地に立たされている人を救う取り組みをしている金融業者もあります。


全国労働金庫協会、略して「労金」が多重債務者に向けて、無料相談窓口を用意してくれているのです。

 

各店舗で独自の取り組みをしているところもあり、おまとめローンのようなサービスを展開している支店もあるということ。

 

他の銀行や消費者金融など、あちこちで高金利で借りている借金があれば、まとめられないか?を提案してくれるのです。

 

金利も非常に安いですし、最初に相談に乗ってくれた後貸付可能か審査がある、ということなので、その点でも安心ですよね。

 

残念ながら、労働組合や生活協同組合の会員になっていないと利用できないのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

もともと労金は非営利の団体なので、多重債務者を無くすことに積極的な活動をされていることで知られています。

 

他の民間金融業者でも同じようなサービスがあれば、と思わずにいられません。

 

労金に口座がある方や、労金で取引をされている方なら相談に乗ってくれるとのことですので、利用されてはいかがでしょうか?

 

消費者金融などの高い利息で借入れをしている場合、自社の低金利ローンに「まとめる」ということも可能なので、他で「おまとめローン」を断られた、なんていう場合でも、条件さえ合えば借りられるかもしれません。

 

多重債務者や自己破産者にとっては、「融資してくれる可能性がある」ということだけでもありがたいですよね。

 

労金はブラックでもお金を借りられる?

 

もうどこからも借りられない状態で、それでもどこか貸してくれるところはないかと、「ブラックでも借りられる消費者金融」とか「審査が甘く自己破産者でも貸してくれる金融業者」を探し回る日々ですから。

 

公的資金に関してもこういった取り組みがあれば良いのですが、組合員に限られているからこそできるのかもしれません。

 

あっ、そう言えば、生協の宅配サービスを頼んでいる時に、コープローンという、生協と労金が提携して行っている融資制度を紹介されました。

 

多重債務の相談ができるかどうかはわかりませんが、生協の組合員なら、安い金利でローンを提供してくれるので、選択肢のひとつに入れると良いと思いますよ。

 

生活福祉資金でも、似たような相談はできるのですが、どうしても受けたい人が多すぎて対応出来ないこともあると思います。

 

多重債務者でも融資OK」と大々的に広告を出しているところは見かけますが、本当に頼れる金融業者は別だと言うことですね。

 

それでも、ひとりで借金をかかえてもんもんとしているのなら、思い切って役所などで開かれている借金無料相談会に参加してみてはいかがですか?

 

私の場合は、最初の一歩がこの無料相談会に行ったことで、その後はかなり気分が楽になった記憶があります。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 多重債務者は借金の無料相談で本当に救われる?ろうきんは?

多重債務者は借金の無料相談で本当に救われる?ろうきんは?

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務の方はご相談を」というCMはよく目にすると思います。

たいていは、弁護士事務所や司法書士事務所の広告ですが、お住まいの各市町村で行われている無料相談窓口についての「お知らせ」もありますよね。

一般的に知られているところ以外でも、「法テラス」などもあります。

また、意外な多重債務の無料相談窓口として、全国労働金庫協会、略して「労金」があります。

借金の無料相談窓口

労金に口座がある方や、取引をされている方なら相談に乗ってくれるとのことですので、利用されてはいかがでしょうか?

あまり知られていないのですが、労金は、「多重債務者救済」にも力を入れているのです。

 

労金は、営利目的ではない金融機関なので、負債整理資金融資制度があるのも嬉しいですよね。

だから、消費者金融などの高い利息で借入れをしている場合、自社の低金利ローンに「まとめる」ということも可能なので、他で「おまとめローン」を断られた、なんていう場合でも、条件さえ合えば借りられるかもしれません。

総量規制後、消費者金融やキャッシングなどの借り入れは年収の1/3以内、1社に付き50万円、合計で100万円以内とされていますので、それ以上の借り入れがあった方は、新たな借り入れができずに困っているでしょう。

借入先によっては、「新たな借り入れ」ができないばかりか、すでに借入れをしているお金についても、超過分については「返済」を迫られるケースもあったようです。

だから、このブログにも、「多重債務でも借りられる消費者金融は?」とか「ブラックでも貸してくれる審査の甘いクレジットカード会社は?」というようなご質問が連日寄せられるんだと思います。

スポンサードリンク

 


多重債務者を少なくするための法律が、逆に多重債務者を窮地に追い込んでいる、という皮肉な結果になったわけです。

確かに、収入の範囲内で借入れをしていれば多重債務にはならないわけですが、いきなりの「融資打ち切り」のような状態になっては、結局は「闇金融」に走るしかない、ということになります。

ソフト闇金の登場も、規制後目に見えて増えていきました。

その後、何度か規制緩和の話も出てきていますが、それだけでは解決しないし、多重債務者が救われることも無いのではないか?という気も。

とにかく、闇金に走るなんていうことにならないためにも、「多重債務者の無料相談窓口」があるんですね。

労金の場合、誰もが相談できるというわけではありませんが、各自治体で取り組んでいるところも多いですし、「法テラス」だと誰でも相談に乗ってくれます。

 

また、各市町村で「無料相談会」を催しているところも少なくないので、一度市報などで確認してみることをおすすめします。

 

弁護士や司法書士の方が相談に乗ってくれるので、便りになりますよね。

債務整理」を前提に相談するのではなく、「何とかして借金を返していく」ということで相談する気持ちが大切だと思います。

その上で、「もう債務整理しか無い」ということになれば、気持ちを切り替えて、次のステージを目指すしか無いでしょう。

多重債務の方にとっては聞き飽きた言葉かもしれませんが、「1人で悩んでないで誰かに相談する」ことから、突破口が開かれるということです。

 

追記:「ろうきんは誰でも相談できるわけではない」と書きましたが、一般の人でも、

 

○提携している生協組合に加入している

 

○住まいのある労金に行って、「友の会」の賛助会員になる

 

という方法で、組合員になることは可能です。

 

すべての組合員が、同じサービスを受けられるかどうか?はわかりませんが、多重債務の相談にだけでものってもらえれば、借金返済への道筋が見えてくるはず。

 

ろうきんでは、相談から債務整理まで(法的な手続きは本人がする)、また、「負債整理資金制度」の利用により借金一本化をするなど、具体的な道標となってくれるのです。

 

こう書いていると、ますます、民間の金融機関でも、このような取り組みをするところが必要なのではないか?と思いますね。

 

自業自得と言ってしまえばそこで終わってしまいますが、闇金融から借りてしまう人が増えれば、それだけ非社会的勢力にお金が落ちることになりますから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> お金を借りては返すの借金地獄から抜け出すには?

お金を借りては返すの借金地獄から抜け出すには?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

「お金を借りては返す」の繰り返しを続ける日々って、自分でも「馬鹿なことをしているな」とわかってはいるのです。

 

それが多重債務のはじまりだということも。

 

だけど、目の前に迫った返済日をやり過ごすためには仕方のないこと、とどこかで諦めているんですよね。

 

最初から、ボンッと大金を借りられる人なんてものすごく少ないと思うので、ほとんどの多重債務者は、「最初は数十万の借り入れが、どんどん増えてきて・・・」ということなんだと思います。

 

返せなければ返さなきゃいい」なんて割り切れればいいんですけど。

 

そんなわけにはいかないですよ。

 

今でこそ、借金の取り立てに直接家に来られることは無いですが、督促の電話は、割りとひっきりなしにかかってきます。

 

親の連絡先を知らせていれば、親のところにまでかかってくる事も。

 

だからこそ、他のところから借金してでもなんとな取り繕おうと思ってしまうのです。

 

そう言えば、おまとめローンの広告に「借りては返す日々から卒業しましょう」というのがありました。

 

そうなんです。

 

多重債務の入り口は、「借りたお金をそのまま返済に回すようになったら」なんですよ。

 

多重債務への入り口

 

これって、借金をしたことがない方にとってみれば、「そこまでになったらもうだめでしょう」と思うのですが、割合早い時期にこうなります。

 

だって、借りたお金には利息が付きますから。

 

それも、今はグレーゾーンが問題になった後だから、消費者金融での利率も低くなりましたが、たいていは29%でしたよね。

 

これって、10,000円借りても3,000円の利息が付くんですよ。

 

冷静に考えるとそれを承知で借りた方がどうにかしてる、というような数字です。

 

実際は10,000円だけ借りる人なんていないから、100,000円だとすると、30,000円也。

 

だから70,000円だけ借りられた、と思えばいいのだけれど、100,000円手にしていますからね。

 

使ってしまうんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

特に生活苦で借りている場合は、使わざるを得ないでしょう。

 

そして、その30,000円分が足りなくなって、また借りてしまう。

 

その繰り返しでどんどんと雪だるま式に借金が増えていく、ということ。

 

この負のスパイラルに一度落ちてしまうと、なかなか這い上がれないんです。

 

だから・・・

 

まずは一旦どのくらい借りているのか整理しましょう。

 

まだ低い利息で借り換えができそうなうちは、トライしてみましょう。

 

いわゆる「おまとめローン」や「ローン一本化」ですね。

 

まとまったお金を借りることになるので、審査はそれなりに厳しいですが、他社借り入れ件数を気にしないで済みます。

 

そして、もうどうしようもなくなったら・・・

 

やはり早いうちに債務整理を考えるべきです。

 

法テラスに相談するか、法律事務所の無料相談、各市町村の無料相談会など、最初にお金がかからなくて相談できる方法はいくつもあるのです。

 

債務整理はお金が無くてもできる?法テラスを利用すればOK

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法