スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> おまとめローンの落とし穴と体験談
Page: 1/6   >>

おまとめローンの落とし穴と体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金まみれになり、「もう債務整理しか方法が無い?」となった時、「ひとつにまとめられないか?」という考えが浮かんできます。

 

おまとめローンや借金一本化という言葉が流行り、多重債務の人がこぞっておまとめローンに飛びついた時期もありますね。

 

確かに、銀行に100万円のローン支払いがあり、別の信販会社のカードでキャッシングが50万円、その他消費者金融にも合わせて50万円の借金がある場合、「合わせて200万円、どこかでまとめて借りた方が良いのでは?」となるでしょう。

 

どういった経路で消費者金融にまで借り入れをしたのかはわかりませんが、銀行でまとめて200万円借りた方が、金利的にも低くなるでしょうし、返済期日もひとつの方が管理しやすくなります。

 

ただ、消費者金融から借り入れをした理由が、「もうどこからも貸してくれなくて、審査の甘いところを探した」ということなら、おまとめローンの審査に受かる可能性はあまり無いでしょう。

 

おまとめローンの審査に落ちた-債務整理体験談

 

どう考えても、50万円の借金より200万円の借金をするほうが、審査が厳しくなるのは当たり前です。

 

おまとめローンの審査に受かった方の体験談でも、「ローンやキャッシングについての知識があまり無く、その都度借りやすいところからお金を借りていた。消費者金融は無利息期間があるということだけで借りた」というような人が多かったのです。

 

つまり、銀行や信販会社の審査に余裕で通るような状態なのに、たまたまお金が足りない時に、あちこちから借りてしまっていた、ということ。

 

お金を借りた理由も、「手元に現金が無かったから」なんていうことも。

 

もともと生活費が足りなくて、仕方が無く借金をして、そのお金が返せなくて、また借金を重ねるというような人は、審査に受かる確率はぐんと下がります。

 

ある調査によると、おまとめローンの審査に受かった人の平均年収は約430万円だということ。

 

逆に、審査に落ちる人の平均年収は約300万円で、申込み時の借金総額は共に200万円くらいと同じくらいなのに対し、借入件数が収入に比例して多かったそうです。

 

一見、「多重債務者の強い味方」のように感じますが、やはり借入金額が多くなると、属性が良くなくては借りられないということがよーくわかります。

 

年収の他に、持ち家かどうか、勤続年数は?勤務先は?家族は?など厳しくチェックされた結果、「返済可能」となれば、めでたく審査に受かるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

で、無担保で審査に受からないとなると、不動産担保ローンをすすめられたりします。

 

これはこれで、どうしてもお金を借りたい時の最後の砦としてはアリなのですが、「普通に毎月返していれば、家を取られることは無い」と簡単に考えていては、痛い目にあいますよ。

 

間違いでは無いのですが、月々の支払いが遅れたりすることって、長い人生の中では「よくあること」なのです。

 

特に、今のように震災や自然災害が多発していると、家は無事だったとしても、突然職を無くすことだってありますよね。

 

そうなれば、「震災で無事だったのに、家を担保として取り上げられるかもしれない」ということ。

 

それに、不動産担保ローンでは、手続き時に手数料として数十万円の費用がかかってしまうので、支払えなければ借金に上乗せされることもなります。

 

最初から新たな借金を背負うようなことになってしまうんですよ。

 

それでも、おまとめローンを利用したことによって、

 

○新たな借金ができなくなるので、節約する習慣が付いた

 

○返済期日がひとつになり、しかも口座から引落されるので、管理が楽になった

 

○金利が今までより安くなり、借金総額が大幅に減った

 

という方もいらっしゃいますから、自分にとってメリットはあるのかどうか?を重視して考えるようにしてください。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 多重債務でも借りられる金融業者と頼れる金融業者は違う?

多重債務でも借りられる金融業者と頼れる金融業者は違う?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務者や自己破産者が増えて、生活保護を受ける方の世帯も増加しているということです。

(統計的には、微妙に増減しているらしいですが・・・)

 

今、これだけ不況で度重なる自然災害などで被害を受けている方も多いことを考えると、今後もっともっと増える傾向にあるでしょう。

 

そうなると、「最後の手段」とも考えられる生活保護さえ、受けられなくなる状況も考えられます。

 

事実、最近は生活保護の申請者が増えているため、断られるケースもかなりあるということです。

 

となると、公的資金の貸付である「生活福祉資金」という方法があるのですが、「貸付」ということで、「返済」が義務付けられているにも関わらず、「コゲツキ」を起こすケースが増えているため、貸付を中止している自治体もあるんですね。

 

多重債務者や自己破産などの債務整理者は、これからもっと窮地に立たされそうです。

 

お金に困った女性-債務整理体験談

 

ただ、こういった窮地に立たされている人を救う取り組みをしている金融業者もあります。


全国労働金庫協会、略して「労金」が多重債務者に向けて、無料相談窓口を用意してくれているのです。

 

各店舗で独自の取り組みをしているところもあり、おまとめローンのようなサービスを展開している支店もあるということ。

 

他の銀行や消費者金融など、あちこちで高金利で借りている借金があれば、まとめられないか?を提案してくれるのです。

 

金利も非常に安いですし、最初に相談に乗ってくれた後貸付可能か審査がある、ということなので、その点でも安心ですよね。

 

残念ながら、労働組合や生活協同組合の会員になっていないと利用できないのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

もともと労金は非営利の団体なので、多重債務者を無くすことに積極的な活動をされていることで知られています。

 

他の民間金融業者でも同じようなサービスがあれば、と思わずにいられません。

 

労金に口座がある方や、労金で取引をされている方なら相談に乗ってくれるとのことですので、利用されてはいかがでしょうか?

 

消費者金融などの高い利息で借入れをしている場合、自社の低金利ローンに「まとめる」ということも可能なので、他で「おまとめローン」を断られた、なんていう場合でも、条件さえ合えば借りられるかもしれません。

 

多重債務者や自己破産者にとっては、「融資してくれる可能性がある」ということだけでもありがたいですよね。

 

もうどこからも借りられない状態で、それでもどこか貸してくれるところはないかと、「ブラックでも借りられる消費者金融」とか「審査が甘く自己破産者でも貸してくれる金融業者」を探し回る日々ですから。

 

公的資金に関してもこういった取り組みがあれば良いのですが、組合員に限られているからこそできるのかもしれません。

 

あっ、そう言えば、生協の宅配サービスを頼んでいる時に、コープローンという、生協と労金が提携して行っている融資制度を紹介されました。

 

多重債務の相談ができるかどうかはわかりませんが、生協の組合員なら、安い金利でローンを提供してくれるので、選択肢のひとつに入れると良いと思いますよ。

 

生活福祉資金でも、似たような相談はできるのですが、どうしても受けたい人が多すぎて対応出来ないこともあると思います。

 

多重債務者でも融資OK」と大々的に広告を出しているところは見かけますが、本当に頼れる金融業者は別だと言うことですね。

 

それでも、ひとりで借金をかかえてもんもんとしているのなら、思い切って役所などで開かれている借金無料相談会に参加する、など最初の一歩を踏み出すことが大切です。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 多重債務者は借金の無料相談で本当に救われるの?

多重債務者は借金の無料相談で本当に救われるの?

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務の方はご相談を」というCMはよく目にすると思います。

たいていは、弁護士事務所や司法書士事務所の広告ですが、お住まいの各市町村で行われている無料相談窓口についての「お知らせ」もありますよね。

一般的に知られているところ以外でも、「法テラス」などもあります。

また、意外な多重債務の無料相談窓口として、全国労働金庫協会、略して「労金」があります。

借金の無料相談窓口

労金に口座がある方や、取引をされている方なら相談に乗ってくれるとのことですので、利用されてはいかがでしょうか?

意外と知られていないのですが、労金は、「多重債務者救済」にも力を入れているのです。

 

労金は、営利目的ではない金融機関なので、負債整理資金融資制度があるのも嬉しいですよね。

だから、消費者金融などの高い利息で借入れをしている場合、自社の低金利ローンに「まとめる」ということも可能なので、他で「おまとめローン」を断られた、なんていう場合でも、条件さえ合えば借りられるかもしれません。

総量規制後、消費者金融やキャッシングなどの借り入れは年収の1/3以内、1社に付き50万円、合計で100万円以内とされていますので、それ以上の借り入れがあった方は、新たな借り入れができずに困っているでしょう。

借入先によっては、「新たな借り入れ」ができないばかりか、すでに借入れをしているお金についても、超過分については「返済」を迫られるケースもあったようです。

だから、このブログにも、「多重債務でも借りられる消費者金融は?」とか「ブラックでも貸してくれる審査の甘いクレジットカード会社は?」というようなご質問が連日寄せられるんだと思います。

スポンサードリンク

 


多重債務者を少なくするための法律が、逆に多重債務者を窮地に追い込んでいる、という皮肉な結果になったわけです。

確かに、収入の範囲内で借入れをしていれば多重債務にはならないわけですが、いきなりの「融資打ち切り」のような状態になっては、結局は「闇金融」に走るしかない、ということになります。

ソフト闇金の登場も、規制後目に見えて増えていきました。

その後、何度か規制緩和の話も出てきていますが、それだけでは解決しないし、多重債務者が救われることも無いのではないか?という気も。

とにかく、闇金に走るなんていうことにならないためにも、「多重債務者の無料相談窓口」があるんですね。

労金の場合、誰もが相談できるというわけではありませんが、各自治体で取り組んでいるところも多いですし、「法テラス」だと誰でも相談に乗ってくれます。

債務整理」を前提に相談するのではなく、「何とかして借金を返していく」ということで相談する気持ちが大切だと思います。

その上で、「もう債務整理しか無い」ということになれば、気持ちを切り替えて、次のステージを目指すしか無いでしょう。

多重債務の方にとっては聞き飽きた言葉かもしれませんが、「1人で悩んでないで誰かに相談する」ことから、突破口が開かれるということです。
 

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法