スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも作れるのはデビットカードだけ?デポジット型ライフカードは?
Page: 1/24   >>

ブラックでも作れるのはデビットカードだけ?デポジット型ライフカードは?

JUGEMテーマ:借金返済
 

ブラックでも作れるクレジットカード」なんて無い、というのが世間の常識ですよね。

だけどこういった情報というのは、ネット中に溢れています。

私も、債務整理をした直後にはよく探したものです。

パソコンで調べる

債務整理をする前には「もうお金を借りるのはコリゴリ」と思ったにも関わらず、生活の苦しさから「ブラックでもお金を貸してくれるところ」や「ブラックでも作れるクレジットカード」の情報を求めてしまったんですね。

今となっては、恥ずかしい気もします。

ブラックでも作れるカードの所得方法教えます」というようなタイトルで、まことしやかな情報を販売しているところがあります。

中には、「VISAデビッドカードを所得すること」と書いてあるだけのひどいものもあるみたいですよ。

これは、わざわざ情報を買わなくても、今ではほとんどの人が知っていることです。

 

念の為、デビットカードについて書いておくと。

SURUGA銀行と楽天銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行や、三菱UFJ銀行などで作ることができます。

VISAということで、債務整理時にVISAカードが含まれていたり、楽天銀行に負債があった場合「デビットカードと言えども作れないのではないか?」と心配になる方もいらっしゃいますが、問題なく作れます。

 

※現在、VISA,JCB,Mastercardが付いたデビットカードが発行されています。

「デビットカード」なので当然ながらお金は借りられませんが、ショッピング一括払いの時だけはクレジットカードと同じように使うことが出来ます。

お店に「VISA」と書いてあるところなら、普通に「VISAカードでお願いします」と言えば、利用できますから、その辺はとても便利ですよね。

でも、やっぱりローン機能付きのクレジットカードが欲しいんですよ。

借金を背負っているのに、まだ懲りずに借りるのかと思われても仕方がないのですが、欲しいという気持ちはわかります。

贅沢品ではなく、ある程度値段が張るものを買い換えなければならない時に、ローンが組めないととても困るんですよね。

貯金をすれば良いのですが、貯まるのを待たずに突然壊れてしまうものもありますから。

「突然の出費」はどこの家庭にでもあるでしょう。

まあ、そういった気持ちを逆手にとって、こういう商材を販売するんですが・・・

スポンサーリンク



デビットカードじゃなければ、海外に銀行口座を作って、クレジットカードを発行してもらうという方法もあります。

でも、この場合は、デポジットであらかじめ、ある程度まとまった金額を入れておく必要があるんですよね。

それに国際送金になるので、自分の口座にお金を入れたり出したりするのにも、いちいちかなりの手数料がかかってしまいます

だから、お金に余裕がある人じゃないと利用できないかもしれません。

ただ、一定の期間デビットカードで実績を作れば、正式にクレジットカードが取得できる可能性が高いということ。

ここは、少し惹かれてしまいます。

まあ、国内でも、これと同じような制度ができて欲しいというのは虫が良すぎますかね。

クレジットカード専用の口座を作っておいて、そこに貯金しておく。

その貯金の範囲内だったら、ローンでの買い物も出来ると言うようなシステムがあればいいですよね。

そもそも「信用を無くした人」のために、そこまでしてくれるのか?と問われれば黙るしか無いんですけど。

ブラックになっても、債務整理後5年から10年くらい経てば、国内でもクレジットカードの取得はできる可能性があるので、それまで待つのが一番良いのかもしれません。

長い道のりになりますが、これも「借金を返せなかった」罰と思って諦めるしかないですね。

永久にクレジットカードが持てなくなるわけではない、と思うと少しは気が楽になります。

「明けない夜はない」ということでしょうか。

 

追記:そんな、クレジットカード難民に最適なのが、デポジット型ライフカード

 

年会費5,000円(税抜)と10万円以上の保証預り金(ゴールドカードだと年会費1万円で保証金20万円から190万円まで)で、同額まで利用できるという、まさに「待ち焦がれていた」カードです。

 

しかも、今まで審査に落ち続けていた人でも、デポジットすれば、ほぼ審査に受かるというのが、嬉しいですよね。

 

ただ、ブラックでも本当に取得できるの?審査には通るの?ということが知りたいのでは?

 

やはり、過去に、ライフカードを債務整理したり、系列会社のアイフルに迷惑をかけていた場合は、審査に落ちる確率は高いようです。

 

あと、自己破産の免責を受けてから1年以内だと、取得するのは難しいということ。

 

とは言え、実際に喪明け後に「デポジット型ライフカードの審査に受かった」という方は多数いらっしゃるので、上記の項目に当てはまらない人は、クレジットカード取得のチャンスかもしれませんよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 審査がゆるいと評判だった消費者金融ラビットは今どうなった?

審査がゆるいと評判だった消費者金融ラビットは今どうなった?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもうどこからも借りられない状態の時とか、喪明け後にキャッシングの審査を受けてもなかなか受からない時、「どこか審査のゆるい消費者金融は無いかな?」と探します。

 

かつて、そういった方たちの間で「割りとすぐに貸してくれる」「ブラックでもOKだった」と人気の高かった消費者金融のひとつにラビットがありました。

 

消費者金融ラビットがかつてあった

 

いわゆるブラックの方たちが、「ここなら貸してくれる」という情報を共有する掲示板などでも、いつも話題になっていたところです。

 

実は、総量規制前までは、結構こういった中小の消費者金融はあったんですよね。

 

もちろん、闇金融もたくさんありましたから、消費者金融で借りたつもりが闇だった、ということも無きにしもあらずだったのですが、正規の消費者金融で大手が相手のしないような顧客をターゲットにしている会社も多かったということ。

 

そういった意味では、今でも中小の消費者金融は狙い目なのですが、資金繰りが怪しくなって、昔は正規の金融業者だったのに、ソフト闇金に鞍替えしたところなどもあり、区別が付きにくいです。

 

しかも、顧客によって、「この人は属性がいいから正規の金利で貸し付ける」とか、逆に「貸しても返済できなさそうだから、提携している闇金融を紹介する」とかね。

 

手口も巧妙になっているので、騙されていることもわからないくらい。

 

そんな中、地域限定であろうが、お説教付きであろうが、ブラックでも正規の金利で貸してくれる消費者金融は、まさに最後の砦のような存在だったのです。

 

中でも、口コミ情報やネットでの評判も良かったのが、ラビットという会社でした。

 

お金を借りるのに必要な書類は、運転免許証などの本人確認ができる書類と収入証明書くらい。

 

ただ、ネットで申し込みはできるのですが、大手の消費者金融のように、ネットや電話で完結というわけには行きません。

 

契約するには必ず対面ということなので、店舗に出向かなければいけないところは、少しネックでしたが・・・

 

だけど、考えてみれば、ネットで申し込みが完了して、必要書類も写メで送れるところだと、便利で良いのですが、やはり「お金を借りている」という意識は少なくなります。

 

その点で考えれば、店舗借り入れは良いのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

しかも、ホームページ上には、「過去にトラブルがあり、個人信用情報に記載されている方でも、遠慮無くご相談ください」なんて書いてあるのです。

 

もう、これはブラックにとっては「救世主」と思ってしまいますよね。

 

まあ、本当は、「借りない」のが一番だということは、重々承知しているのですが、どうしてもお金が無いけど必要、という時には頼れる存在なのです。

 

今でも借りられたら・・・と思う方も多いでしょうが、残念なことに、2013年以降は受付を停止しています。

 

潰れたかどうかはわかりませんが、現在新規の申し込みは一斉受け付けていないのは確かです。

 

ここで注意して欲しいのが、かつてのこういった人気消費者金融で特に「審査が柔軟」と言われていたところの名前をかたった闇金が出没している、ということ。融の名

まったく同じ名前のこともあれば、似た名前にしていることもあります。

 

現に、「ラビット」と名乗る闇金業者が出没している、という情報もあるので、要注意です。

 

ネット上には、古い情報も溢れているので、口コミで見て「ここならブラックでも貸してくれます」と書いてある消費者金融を検索して、出てきたところが闇金だった、なんていうことも。

 

きちんと、「その情報は古くないか?」「検索でヒットした消費者金融は間違いないか?」「貸金業の()内の数字は新しすぎないか?」ということを、きちんと調べた上でアクションを起こしましょう。

 

「ちゃんとしたホームページがあるから大丈夫」と思うでしょうが、今は、有名ショップや銀行のサイトを、そのままコピーして、詐欺行為をする事件もあるくらいなんです。

 

くれぐれも「見た目」だけにだまされないようなしたいものです。

 

さっきも書きましたが、正規の金融業者であっても信用出来ないこともあるので、利用する時には、「これでもか」と言うくらい調べてからにした方がいいですよ。

 

追記:総量規制以降、混沌とした状態が続き、街金と闇金融の区別が付かない時期もありましたが、今は、ようやく落ち着いてきたようです。

 

街金として、昔から地域に根づいている消費者金融で、現在も生き残っているところは、まず信用して良いでしょう。

 

今、口コミでも評判の良い、「ライフティ」や「アロー」「フクホー」「セントラル」などは、「大手消費者金融で断れたけど借りられた」という方も多いです。

 

ただし、評判の良いところは、それなりに審査も厳格ですし、滞納した場合の対処も厳しいところがある、ということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 車担保融資(車乗ったまま融資)の落とし穴とは?

車担保融資(車乗ったまま融資)の落とし穴とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

すぐにお金を作ろうと思ったら、手っ取り早いのが自分の持っている物を売ること。

 

だけど、金目のものはすべて手放してしまったし、だいたい生活するお金にもこと欠くくらいなのに、そうそうお金になるものも無いのです。

 

私も多重債務だった時はそうでした。

 

唯一お金になりそうな車を手放そうかと思いましたが、仕事に使っているものだからそうも行かず。

 

そんな時に車に乗ったままお金を貸してくれるところがあるらしい」と聞いたのですが・・・

 

車乗ったまま融資の落とし穴

 

車乗ったまま融資」という融資方法は、車を所有している方はすでにご存知ではないでしょうか?

 

ローンやクレジットを組み過ぎて多重債務気味になり、もうどこからも借りられなくなった方にとって気になるのが「車担保融資」かもしれません。

 

ある程度の価値のある車に乗っていらっしゃる場合は、結構たくさん貸してくれるかもしれませんよね。

 

車を預けてお金を借りる方法」と「車に乗ったままでお金を借りる方法」という2種類の借り方があるのですが、後者が多いことから車乗ったまま融資とも言われています。

 

ただし車を預けた場合には「預かり料」がかかりますし、車に乗ったままの場合は「利用料」がかかるというシステムになっていますので、いずれにしても利息以外のお金を取られるのです。

 

預かってもらている間はもちろん車は利用できないのに、駐車料並の金額を支払ったり、自分の車に乗っているのに、利用料を支払わなくてはならないというのは、なんだか理不尽な気がします。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、借りたお金を返せない場合は、担保となっている車は失ってしまうわけです。 「

 

車を取られても仕方がない」くらいの覚悟で借りるか、「絶対に借金の返済が出来る」という自信がある場合のみ、利用された方が良いかと思います。

 

いずれにしても、高金利のところが多いですし(金利が低い場合は手数料が高い)、中には悪徳業者と言われるところも参入していますので、「どこからも借りられない場合の、最後の手段」と考えた方が良さそうですね。

 

もし、どうしてもお金が足りなくて「車しか価値のある物は残っていない」ということであれば、思い切って中古車店に持ち込んだ方が良いと思いますよ。

 

車乗ったまま融資よりも買取りを

 

車は失ってしまいますが、それ相当の金額で買取ってくれますし、高価な車を手放して、この際リーズナブルな車に買い換えるということもできますから。

 

また、車が無くても何とか生活できるのであれば、維持費もかかるので、この際手放してして車の無い生活を送る、というのもひとつの手段ですね。

 

とにかく、「車を失わずにお金が借りられる」と単純に考えない方が良いということ。

 

少なくとも「車が無ければ生活できない」という地域に住んでいる場合は、「家を担保にお金を借りているのと一緒」ととらえた方が良いでしょう。

 

まあ、不動産担保ローンとは、ちょっと毛色が違いますが。

 

いずれにしても、「車に乗ったままで融資を受けられるのなら便利」とばかりに、気軽に利用するものでは無い、というのが正直なところです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない