スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> あと10万必要になったら?紹介屋という危ない金融業者体験談
Page: 1/23   >>

あと10万必要になったら?紹介屋という危ない金融業者体験談

JUGEMテーマ:借金地獄

 

あと10万円すぐに必要になったらどうしますか?

 

借金生活は辛いです。

いや、元は自分が巻いた種、何とかしなきゃいけないのはわかっているのです。

それでも、体と脳は逆の動きをするのか?

頭でわかっていても、体が自然と楽な方に動いてしまうのです。

例えば、「もうあと10万必要」という時、徹夜仕事のアルバイトを3件くらい掛け持ちすればなんとかなると思っても、結局はお金を借りるという選択肢をとってしまいます。

まあ、私のようにもともと病弱などの理由で、ハードな仕事はできないということもありますけどね。

女性なら夜の仕事というところでしょうが、それも向き不向きがありますから。

ということで、借金を返すためにまた借金を重ねる生活が普通になってくるのです。

人間って、どんなに危ない状況でも、日々同じことを繰り返していると、「大丈夫」という何の保証もない自信が生まれてくるもの。

いや、惰性とも言うべきなのかな?

毎日お金が足りなくて、借金返済期日にはあちこち駈けずり回ってお金をかき集める、または新たな借入先を見つけて借金をする、という他からみると異常な状態が日常になるのです。

ある意味狂った毎日とも言えるでしょう。



確かに、借金のことを考えると気が狂いそうになるのですが、ある意味お金を借りることに麻痺していますから、端から思われるよりは普通に生活していたり。

考えてみたら、借金生活でもうどうにもならないのに、その生活が当たり前になるということ自体、末期症状だったのです。

で、ある日「もうどこからもお金が借りられなくなった」時、かかってきた一本の電話。

これこそが、紹介屋と言われる金融業者からでした。

 

ブラックでも即日融資可能という消費者金融には裏がある?


今キャンペーン中で50万くらいならすぐにでもお貸ししますよ」という。

当初は「渡りに船」と飛びついたのですが、なんとなくおかしい。

それでもとにかく審査だけでも、という言葉に背中を押されるように、必要書類を用意しました。

結果は「残念ながら当社の審査基準にお客様の条件が合わなかったので、当社ではお貸しすることはできません。だけど、当社と懇意にしている金融業者での借り入れはできると思います。」という返事。

がっかりでした。

スポンサードリンク

 


最初は怪しいし、ヤミ金融なのではないか?

借りていいものか?なんてものすごく疑っていたのに、「審査に落ちた」と言われた時点で、「どうしてもお金を借りたい」という気持ちに変わっていたのです。

不思議なもんですね。

 

今考えれば、紹介屋の戦略にハマってしまったのでしょう。

で、その時点で「どうしてもお金を借りたい」という気持ちになっていますから、さらに怪しい金融業者を紹介すると言われても、警戒心は当初ほど無かったような気がします。

それで、つい「お願いします」と言ってしまったのですが、結局保証人を立てるところで、お願いする人が見つからず断念しました。

向こうは、「定年退職した親御さんでも大丈夫ですよ」なんて半ば強引に契約させようとしましたけど、さすがにそれだけはできません。

 

人としてしてはいけないことなのです。

後で冷静になって考えると、紹介屋というシステムで、自分のところで貸せない相手だと判断すると、紹介料を取ってヤミ金融に客を紹介する手口そのものでした。

その後顧客がどうなろうが知ったこっちゃない、ということですね。

すんでのところで借りなかったのですが、本当に危ないところでした。

 

「あの時、保証人になってくれる人が見つからなくて良かった」と後になって断ってくれた方に感謝したものです。

 

保証人を立てて借りてしまっていたら、その方も巻き添えにしてしまったのですから。

 

温情を踏みにじることになり、それこそ二度と立ち直れないほど後悔することになるでしょう。

こんな感じで、悪徳業者は多重債務者の心理までついてきます。

研究していると言っても過言ではないと思います。

甘い言葉にはくれぐれも用心してくださいね。

ここまで来てしまったら、債務整理を考える潮時なのかもしれません。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 車担保融資(車乗ったまま融資)は地方では当たり前?

車担保融資(車乗ったまま融資)は地方では当たり前?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「車担保融資が当たり前」と言ってしまうのは乱暴なのですが、まず、地方では大手の消費者金融の店舗が少なく、中小の消費者金融やいわゆる「街金」と言われる金融業者を利用する人が少なくないということ。

 

それに、中で働いている人も、いかつい顔の中年男性を想像してしまいますが、いかにもキャリアウーマン的な女性がテキパキと、お客様には笑顔で対応している、なんていうところが結構あるというのです。

 

テキパキ仕事をこなす女性-債務整理日記

 

中でも、「車に乗ったまま融資が受けられる」という自動車担保融資に申し込む人が多いのだとか。

 

以前も書きましたが、「車乗ったまま融資」というのは、よく電信柱や廃屋の壁などに貼ってある広告で目にすることが多いですね。

 

あと、求人広告に載っていたり、男性用の週刊誌の広告などでも見かけたりします。

 

文字通り、車を担保にしてお金を借りるのですが、「車は預からないで、普段通り乗っていただいていいですよ。」というのがミソ。

 

だって、足のように使っている自動車を、質屋の質草のように取り上げられるくらいなら、中古車屋に売りますよね。

 

どうして、車を預かること無くお金を貸せるのか?と言えば、ズバリ、「車の名義変更をしてしまうから」なんです。

 

お金を借りる条件として、車検証の名義を、自分のものからお金を貸してくれる金融業者のものに変更する、ということ。

 

さらりと書きましたが、もうこの時点で車を取られているのと同じことなのです。

 

車の所有者が金融業者になるのですから。

 

ただ、「完済時にはお客様の名義に戻します」という言葉を信じているので、「お金を借りている間だけだから」と自分で言い聞かせてしまうんですよね。

 

わかります。

 

特にブラックになってしまった人にとっては、「目の前のお金」というのは何物にも代えがたい魅力があるのです。

 

だいたい、「どこからも借りられなくてどうしようもなく電話をかけてしまった」なんていう場合、「名義変更くらいお安い御用」と思ってしまうんですよね。

 

だから、ブラックの方ほどすぐに契約してしまいがちなので気をつけてください、と書きたいところなのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

街金と呼ばれる中小の消費者金融でも、今は「取りはぐれ」の心配が一番ですので、闇金まがいのところ以外は、意外と審査が厳しいということ。

 

大手の消費者金融よりは敷居は低いものの、収入の有無や他社借入件数は重要で、個人信用情報も必ずチェックするのだそうです。

となると、悲しいですが、ブラックだとその時点でアウト、ということになりますね。

 

とは言え、喪明けの人の場合、現在の収入がある程度あれば、融資が受けられる可能性は高い、ということです。

 

それと、車自体も、10年落ちや走行距離が長いなど、中古車として査定しても値段が付かないような車だと、当然お金も貸してくれないのです。

 

だいたい、中古車の査定金額の7割程度を融資してくれる、ということなので、10万円くらいしか値段が付かない車だと、雀の涙ほどのお金しか借りられません。

 

査定金額100万円くらいの車に乗っていれば話は別ですが、そんな車に乗れるくらいなら苦労はしないですよ。

 

結局、高い車に乗っている場合は、借金を完済しなければ車を取られることになり、安い中古車の場合はほんの少しの金額しか借りられないのに、高い金利を払わなければならない、という。

 

それに、名義変更時には、数千円から万単位の手数料がかかるところがほとんどなのです。

 

いずれにしても、気軽にお金を借りるというわけにはいかないでしょう。

 

うまい話には裏がある」と思うべきですね。

 

それだったら、ヤフオクなどの個人売買で車を売ってしまう方が、高く売れるかもしれません。

 

手続きが煩雑になりますが、代行してくれる会社もありますし。

 

とにかく、「楽してお金は手に入らない」と思っていた方が良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方

ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方

JUGEMテーマ:借金返済

世の中不況で、何となく宙ぶらりんで先の見えない時期。

みんなが不安な気持ちの中、多重債務や債務整理後の生活苦を抱えている方は余計不安ですよね。

どうしてもお金の工面に困り「ブラックでも即金で借りられる」ところに走ってしまうのもわかります。

だけど、実際にあるのでしょうか?

とにかく、信用できる情報は少ないです。

多重債務時代や債務整理中に、よく「ブラックでもお金を貸してくれるところ」をネットで探し回っていました。



そうすると、たいていは同じような名前の消費者金融が書かれていることに気が付きます。

「ここはブラックでも自己破産者でも貸してくれますよ」という記事を読むと、数社借りられそうな消費者金融の名前が書いてあるのですが・・・

だいたい似たようなところを紹介していたりします。

すべての金融業者が悪徳というわけではないのですが、やはり中には問題があるような業者も含まていることもあります。

だいたい「ブラックでも借りられる金融業者」ということを大々的に掲げているような業者は、最初から怪しいと思った方が良いでしょう。

 

ネットで調べただけでも、闇金業者とおぼしき金融業者は、口コミでわかりますので、徹底的に調べてみた方がいいですよ。

ただ、今は本当に金融業者自体も苦しく、「お金を貸したくても貸せない」状況なわけです。

消費者金融だと「世帯収入の1/3までしかお金を貸してはいけない」という総量規制も重くのしかかってきますから。

そういった背景もあって、あまり表立って「ブラックでも貸しますよ」とは言わないけれど、属性が良ければ貸さないこともないですよ、というところも結構あるとか。

スポンサードリンク



一昔前のグレーゾーン金利が横行していた時には、「借金で首が回らなくなった多重債務者よりも、借金がなくなったブラックの方が返してくれる可能性が高い」ということで、結構貸してくれる業者も多かったのです。

そこまでではないけれど、ちょっとその時に戻ったような動きもあると聞いています。

その代わり、審査は銀行並みに厳しく、保証人も立てた上で保証金も要求する。

その上、貸してくれる金額は10万円以下の少額。

と、こんな感じの消費者金融が多いようです。

保証金と言えば、悪徳業者の手口の中でも一番多いものですから、「どこがどう違うのか?」わかりにくいところです。

今は悪徳業者と正規の金融業者との見極めが、一番難しい時期でもあると言えるでしょう。

悪徳業者の手口としては、最初はものすごく低い金利を提示しておいて、実際の契約時になると、法外な金利をふっかけてくるということがあります。

中には1週間か10日の間に30%から50%もの利息をふっかけてくるとか。

これは、まさしく闇金融の手口ですよね。

そうならないためにも、契約書にはしっかりと目を通すことが必要です。

最初から契約書なんてない、というところはもっての他。

そんなところで借りては絶対にいけません。

あとは、連絡先が携帯電話であるとか、返済時の振込口座が個人名であるとか。

いろいろありますが、結局は「悪徳との区別が付きにくい」ことには違いがないのです。

だから、よっぽど生死に関わるくらいお金に困っている時でないと、利用するのは止めておいた方が良いでしょう。

自分でお金を作る方法もありますしね。

すぐにお金を作る方法

lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない