スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 多重債務救済広告にご用心!法テラスの審査は厳しい?
Page: 1/23   >>

多重債務救済広告にご用心!法テラスの審査は厳しい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自分は多重債務?と自覚し始めると、まずどこか相談できるところは無いだろうか?と思います。

 

ですが・・・

 

借金という人に知られたくないことなので、ネットでこっそり調べるのですが、調べれば調べるほどどこに相談したらいいのかわからなくなる、という。

 

そう、情報があり過ぎるんです。

 

中でも、ひところは求人広告などでよくお目にかかっていた「多重債務救済します」の広告。

 

「何で求人広告に借金の相談しますとかってあるの?」と不思議に思っていたのですが、求人広告を見る=職を探しているということは、「お金がない人が多い」わけです。

 

求人広告を泣きそうな顔で見る女性

 

文章を読むと、「借金を抱えている方、ひとりで悩んでないでご相談ください」と書いてありますが、債務整理を取り扱う法律事務所でも無いし、NPO団体なら広告は出さないだろうと思うんですよね。(存在をPRするということはあるかも)

 

すべてが怪しいというわけではないかもしれないけど、わざわざ広告費をかけて宣伝するくらいだから、何かしら裏があると勘ぐったほうが良いでしょう。

 

ネットでも、同じような文章で多重債務者救済を全面に出した広告が目立ちます。

 

中には、そのものズバリのネーミングで「多重債務救済センター」なのですが、実は闇金融だったとか。

 

確かに、もうどこからもお金を借りられなくなった人にとっては、「すぐにお金をお貸しします」という業者は、救いの神に見えるかもしれません。

 

だけど、そんなところで借りてしまっては、もう取り返しのつかないことになりますから。

 

「なるべく目立たないように」と思う気持ちはわかりますが、ここは公的機関に頼る方が良いでしょう。

 

各市町村で催している「多重債務無料相談会」とか、「法テラス」で相談するとか。

 

すでに債務整理を決心しているのなら、債務整理費用を立て替えてもらえる「法テラス」に直接相談に行く方が良いかもしれません。

 

いずれにしても、いきなり「自己破産しか無い」と言われることも覚悟の上で望む方が良いでしょう。

 

とは言え、こちらの気持ちを無視して、いきなり債務整理手続きに入るようなことにはなりませんから。

 

で、債務整理をする方向に気持ちが固まったとしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ここで問題になるのが、法テラスでの審査です。

 

お金の無い私たちにとって、債務整理費用を立て替えてくれた上に、費用そのものも安くなり、支払いは分割でできるという良いこと尽くめの制度なのですが、その分審査は厳格に行われます。

 

面談での審査になるのですが、現在の収入状況についてと、債務整理をした場合和解できる可能性は高いか?自己破産なら免責が降りるかどうか?ということを、細かいところまで聞かれるのです。

 

これは、収入制限が定められているためと、債務整理費用を貸すに当って勝算はあるのか?を確認するためなのですが、まず雰囲気が裁判所のように威圧感があります。

 

言葉遣いは丁寧て紳士的なのですが、「嘘を言ってもわかりますからね」と言わんばかりの勢いで聞かれますから、もうこうなったら正直に答えるしか無いのです。(こうならなくても正直にね!)

 

ただ、あまりに緊張し過ぎて、数字を間違えて言ってしまったりということもあるので、できれば弁護士の方に同席してもらいましょう。

 

そうすれば、「ここでこう言ってください」などのアドバイスも受けられますから。

 

そういった意味では、法テラスで弁護士を紹介してもらう方法よりも、あらかじめ提携している法律事務所を訪れ、先に相談する方が良いかもしれません。

 

とにかく、費用の心配が無くなれば、あとは債務整理手続きを進めてもらうのみなので、気分がかなり楽になるんですよ。

 

「ここを乗り越えれば」と思えば、そんなに大変なことではないですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 即日100%融資できます!の甘い罠

即日100%融資できます!の甘い罠

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になったり債務整理をすると、急に今までお付き合いしたことがなかった金融業者が連絡してきたりします。

即日100%融資します!」なんていう、ありえないうたい文句で勧誘してくるところも。

DM葉書や固定電話ということが多いのですが、たまに携帯電話にかかってくることもあるんですよ。

どこで私の携帯電話番号を入手したのか?と考えると怖くなりますが、そんなことを考えるとより早く「本当に貸してくれるの?」なんて相手のペースに乗ってしまっている自分が居るのです。

そちらの方が、よっぽど怖いかもしれません。


だって冷静に考えると、「即日」はあるとして、「絶対」とか「100%」というのはあり得ないでしょう。

審査が無いということだから。

「審査もしないで大金を貸す」業者なんて信用できると思いますか?

でもね。

多重債務になって、「もうどこからも借りられない」状態に陥ると、判断力が無くなってしまい、こんな広告にも飛びついてしまいそうになるんですよ。

実際に、これと似たような広告に飛びついたこともあります。

とりあえずは、借りる前に「正気」に戻ったので、なんとか借りずに済みました。

それでも、「明日食べるものを買うお金も無い」という状況になったら、「ヤミでも悪徳でも何でもいいから、とにかく貸してくれ」となりますよね。

「自分の思いをかなえてくれるなら、悪魔でも受け入れてしまう」という、そんな危なっかしい精神状態になっているのです。

ただまあ、「借りてしまったら」かなり危ないことになりますから、止めておいた方がいいです。

債務整理の相談に行った時も、「闇金融からは借りていませんね」と何度も念を押されましたから。

スポンサードリンク



最近は、弁護士や司法書士の方も「闇金融がらみの債務整理はお断り」というところも多いようです。

身の危険を伴うこともありますからね。

 

実際に私が債務整理を依頼した弁護士の方は、闇金融と交渉中に危ない目にあったことが何度もあるとか。

 

プロが相手でも、こんな具合なのですから、私達が太刀打ちできるわけが無いのです。

それでも、「究極の選択」を迫られたら?

多重債務に一度でも陥ったことがある人にとっては、「身につまされる思い」でしょうね。

私も、もう一度同じ状況に陥ったら、「絶対に借りない」とは言えないと思います。

だから、「そこまで追い詰められないようになる」しかないんですよね。

いつも言っているように、とりあえず「不用品や無料で仕入れられるものでお金を作る」とか。

 

ブラックでも即金でお金を稼ぐ方法


お金が無い」と思っていても、家の中には何かしら「お金になるものがある」ことが多いです。

まずはそこからですかね。


少ない金額でも、少しでもお金が入れば精神的にも違ってきます。

今度は、そのお金をいかに増やすか?ということになりますね。

副業から初めて少しづつ収入を増やしていく、という方法が確実かな、と思います。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> あと10万必要になったら?紹介屋という危ない金融業者体験談

あと10万必要になったら?紹介屋という危ない金融業者体験談

JUGEMテーマ:借金地獄

 

あと10万円すぐに必要になったらどうしますか?

 

借金生活は辛いです。

いや、元は自分が巻いた種、何とかしなきゃいけないのはわかっているのです。

それでも、体と脳は逆の動きをするのか?

頭でわかっていても、体が自然と楽な方に動いてしまうのです。

例えば、「もうあと10万必要」という時、徹夜仕事のアルバイトを3件くらい掛け持ちすればなんとかなると思っても、結局はお金を借りるという選択肢をとってしまいます。

まあ、私のようにもともと病弱などの理由で、ハードな仕事はできないということもありますけどね。

女性なら夜の仕事というところでしょうが、それも向き不向きがありますから。

ということで、借金を返すためにまた借金を重ねる生活が普通になってくるのです。

人間って、どんなに危ない状況でも、日々同じことを繰り返していると、「大丈夫」という何の保証もない自信が生まれてくるもの。

いや、惰性とも言うべきなのかな?

毎日お金が足りなくて、借金返済期日にはあちこち駈けずり回ってお金をかき集める、または新たな借入先を見つけて借金をする、という他からみると異常な状態が日常になるのです。

ある意味狂った毎日とも言えるでしょう。



確かに、借金のことを考えると気が狂いそうになるのですが、ある意味お金を借りることに麻痺していますから、端から思われるよりは普通に生活していたり。

考えてみたら、借金生活でもうどうにもならないのに、その生活が当たり前になるということ自体、末期症状だったのです。

で、ある日「もうどこからもお金が借りられなくなった」時、かかってきた一本の電話。

これこそが、紹介屋と言われる金融業者からでした。

 

ブラックでも即日融資可能という消費者金融には裏がある?


今キャンペーン中で50万くらいならすぐにでもお貸ししますよ」という。

当初は「渡りに船」と飛びついたのですが、なんとなくおかしい。

それでもとにかく審査だけでも、という言葉に背中を押されるように、必要書類を用意しました。

結果は「残念ながら当社の審査基準にお客様の条件が合わなかったので、当社ではお貸しすることはできません。だけど、当社と懇意にしている金融業者での借り入れはできると思います。」という返事。

がっかりでした。

スポンサードリンク

 


最初は怪しいし、ヤミ金融なのではないか?

借りていいものか?なんてものすごく疑っていたのに、「審査に落ちた」と言われた時点で、「どうしてもお金を借りたい」という気持ちに変わっていたのです。

不思議なもんですね。

 

今考えれば、紹介屋の戦略にハマってしまったのでしょう。

で、その時点で「どうしてもお金を借りたい」という気持ちになっていますから、さらに怪しい金融業者を紹介すると言われても、警戒心は当初ほど無かったような気がします。

それで、つい「お願いします」と言ってしまったのですが、結局保証人を立てるところで、お願いする人が見つからず断念しました。

向こうは、「定年退職した親御さんでも大丈夫ですよ」なんて半ば強引に契約させようとしましたけど、さすがにそれだけはできません。

 

人としてしてはいけないことなのです。

後で冷静になって考えると、紹介屋というシステムで、自分のところで貸せない相手だと判断すると、紹介料を取ってヤミ金融に客を紹介する手口そのものでした。

その後顧客がどうなろうが知ったこっちゃない、ということですね。

すんでのところで借りなかったのですが、本当に危ないところでした。

 

「あの時、保証人になってくれる人が見つからなくて良かった」と後になって断ってくれた方に感謝したものです。

 

保証人を立てて借りてしまっていたら、その方も巻き添えにしてしまったのですから。

 

温情を踏みにじることになり、それこそ二度と立ち直れないほど後悔することになるでしょう。

こんな感じで、悪徳業者は多重債務者の心理までついてきます。

研究していると言っても過言ではないと思います。

甘い言葉にはくれぐれも用心してくださいね。

ここまで来てしまったら、債務整理を考える潮時なのかもしれません。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない