スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 「ブラックOK即日ご融資」は信じてはいけない
Page: 1/23   >>

「ブラックOK即日ご融資」は信じてはいけない

JUGEMテーマ:借金地獄

 

「ブラックOK即日ご融資」というDMが、いきなり送られてきたらどうしますか?

 

今はメールの方が多いですが、ハガキや封書で来ると、余計ドキッとしますね。

 

だけど、相当お金に困っている時だったら?

 

うっかり引っかかってしまうかもしれません。

 

悪徳金融業者の手口は様々です。

 

オレオレ詐欺など悪徳商法

 

特に「ブラック」と呼ばれるようになると、もうどこからもお金を借りられない悲壮感で、「どこでもいいから貸してくれ!」と半ばヤケになってしまいます。

 

そうなってしまうと、悪徳業者の思う壺ですから、気をつけないといけません。

 

ブラックでも借りられる金融業者を知りませんか?」という質問をQ&Aサイトでよく見かけます。

 

気持ちはわかるのですが、なかなか無いと思いますよ。

 

それでも、インターネットで検索してみると、「ブラックでも債務整理中でも借りられる金融業者」は、割りとすぐに出てきます。

 

試しにやってみると、思った以上に金融業者の数があってビックリすることも。

 

実際、この質問者さんへの答えの中にも、「ここなら貸してくれますよ」なんていうリンクが貼ってありましたから。

 

みんなが悪徳業者というわけではないでしょうが、まともな金融業者をみつけるのは難しいでしょう。

 

数年前なら、中小の消費者金融が、こぞって「ブラックの方でもお貸しします」というようなキャンペーンらしきものをしていた時期もありました。

 

多重債務でも「他社借り入れ6社以上でも可」とか。

 

スポンサードリンク

 

 

ただ、まだグレーゾーン金利が主流の時期で、平気で年利29.9%とか取っていた時だから成り立ったのでしょうね。

 

今では、グレーゾーンは廃止されたし、消費者金融では、総量規制で世帯総所得の1/3までしか借り入れできません。

 

貸した方だって罰せられますから、そんな危険を冒してまで貸そうという業者は、ほとんどないでしょう。

 

だいたい、中小の消費者金融自体、この不況で結構経営難で姿を消しています。

 

「ブラックでも借りられる金融業者」については、ほとんどないという結論になりますね。

 

多重債務で悩んで居る方が引っかかりやすい悪徳業者のひとつに「整理屋」なんていうものもあります。

 

いかにも弁護士が間に入って債務整理の仲介をしてくれるような広告を載せ、今よりもずっと金利の安い方法での返済方法を提示してくるのです。

 

一見良い話のようですが、弁護士の紹介などはなく、必死で返済したとしても、整理屋の懐に入るだけで、ちっとも借金が減らないというのが実態のようです。

 

こうなったらもう、泥沼どころか地獄ですよね。

 

ブラックであろうがなかろうが、今の時代生活が苦しい方は多いでしょうから、どこからも借りられないというのは、とても厳しいことなのですがこれが現実です。

 

それならば、市の無料相談などで弁護士や司法書士を自分で探し、先に債務整理をしてから、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するなどの方法しか、今は無いのかもしれません。

 

追記:「ブラックでも借りられる金融業者」で唯一信じられるとすれば、口コミで評判の良い街金でしょう。

 

それこそ、調べればたくさん出てきますが、セントラル、フクホー、ライフティなどは、よく耳にすると思います。

 

評判も悪くなく、正規の消費者金融ですので、騙されるということは無いでしょう。

 

ただし、滞納した時の対応は、取り立てこそ無いですが、かなり厳しいところもあるようです。

 

それと、一番注意したいのが、「評判の良い街金ほど、似たような名前の闇金融が多い」ということ。

 

中には、「名前をカタカナにしただけ」で運営しているような悪徳業者もあるので、ホームページがあるからと言っても、簡単に信用してはいけません。

 

十分に調べてから、契約するようにしましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 審査がゆるいと評判だった消費者金融ラビットは今でも借りられる?

審査がゆるいと評判だった消費者金融ラビットは今でも借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもうどこからも借りられない状態の時とか、喪明け後にキャッシングの審査を受けてもなかなか受からない時、「どこか審査のゆるい消費者金融は無いかな?」と探します。

 

かつて、そういった方たちの間で「割りとすぐに貸してくれる」「ブラックでもOKだった」と人気の高かった消費者金融のひとつにラビットがありました。

 

消費者金融ラビットがかつてあった

 

いわゆるブラックの方たちが、「ここなら貸してくれる」という情報を共有する掲示板などでも、いつも話題になっていたところです。

 

実は、総量規制前までは、結構こういった中小の消費者金融はあったんですよね。

 

もちろん、闇金融もたくさんありましたから、消費者金融で借りたつもりが闇だった、ということも無きにしもあらずだったのですが、正規の消費者金融で大手が相手のしないような顧客をターゲットにしている会社も多かったということ。

 

そういった意味では、今でも中小の消費者金融は狙い目なのですが、資金繰りが怪しくなって、昔は正規の金融業者だったのに、ソフト闇金に鞍替えしたところなどもあり、区別が付きにくいです。

 

しかも、顧客によって、「この人は属性がいいから正規の金利で貸し付ける」とか、逆に「貸しても返済できなさそうだから、提携している闇金融を紹介する」とかね。

 

手口も巧妙になっているので、騙されていることもわからないくらい。

 

そんな中、地域限定であろうが、お説教付きであろうが、ブラックでも正規の金利で貸してくれる消費者金融は、まさに最後の砦のような存在だったのです。

 

中でも、口コミ情報やネットでの評判も良かったのが、ラビットという会社でした。

 

お金を借りるのに必要な書類は、運転免許証などの本人確認ができる書類と収入証明書くらい。

 

ただ、ネットで申し込みはできるのですが、大手の消費者金融のように、ネットや電話で完結というわけには行きません。

 

契約するには必ず対面ということなので、店舗に出向かなければいけないところは、少しネックでしたが・・・

 

だけど、考えてみれば、ネットで申し込みが完了して、必要書類も写メで送れるところだと、便利で良いのですが、やはり「お金を借りている」という意識は少なくなります。

 

その点で考えれば、店舗借り入れは良いのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

しかも、ホームページ上には、「過去にトラブルがあり、個人信用情報に記載されている方でも、遠慮無くご相談ください」なんて書いてあるのです。

 

もう、これはブラックにとっては「救世主」と思ってしまいますよね。

 

まあ、本当は、「借りない」のが一番だということは、重々承知しているのですが、どうしてもお金が無いけど必要、という時には頼れる存在なのです。

 

今でも借りられたら・・・と思う方も多いでしょうが、残念なことに、2013年以降は受付を停止しています。

 

潰れたかどうかはわかりませんが、現在新規の申し込みは一斉受け付けていないのは確かです。

 

ここで注意して欲しいのが、かつてのこういった人気消費者金融で特に「審査が柔軟」と言われていたところの名前をかたった闇金が出没している、ということ。

 

まったく同じ名前のこともあれば、似た名前にしていることもあります。

 

現に、「ラビット」と名乗る闇金業者が出没している、という情報もあるので、要注意です。

 

ネット上には、古い情報も溢れているので、口コミで見て「ここならブラックでも貸してくれます」と書いてある消費者金融の名前を検索して、出てきたところが闇金だった、なんていうことも。

 

きちんと、「その情報は古くないか?」「検索でヒットした消費者金融は間違いないか?」「貸金業の()内の数字は新しすぎないか?」ということを、きちんと調べた上でアクションを起こしましょう。

 

「ちゃんとしたホームページがあるから大丈夫」と思うでしょうが、今は、有名ショップや銀行のサイトを、そのままコピーして、詐欺行為をする事件もあるくらいなんです。

 

くれぐれも「見た目」だけにだまされないようなしたいものです。

 

さっきも書きましたが、正規の金融業者であっても信用出来ないこともあるので、利用する時には、「これでもか」と言うくらい調べてからにした方がいいですよ。

 

追記:総量規制以降、混沌とした状態が続き、街金と闇金融の区別が付かない時期もありましたが、今は、ようやく落ち着いてきたようです。

 

街金として、昔から地域に根づいている消費者金融で、現在も生き残っているところは、まず信用して良いでしょう。

 

今、口コミでも評判の良い、「ライフティ」や「アロー」「フクホー」「セントラル」などは、「大手消費者金融で断れたけど借りられた」という方も多いです。

 

ただし、評判の良いところは、それなりに審査も厳格ですし、滞納した場合の対処も厳しいところがある、ということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ワールドなど潰れた消費者金融から借りていた人はどうなる?

ワールドなど潰れた消費者金融から借りていた人はどうなる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

最近、このブログにも「ワールド 審査緩い」なんていう情報を求めて、来てくださる方が増えています。

 

なんとなく耳覚えのある中小の消費者金融なのですが、記憶をたどってみると「ここならブラックでも貸してくれる」という評判の高い正規の金融業者でした。

 

何度か書いていますが、私が多重債務におちいっていた時には、消費者金融も花盛りで、中小の消費者金融もそれぞれの特色を生かした営業方法をとっていたのです。

 

◯地方都市で、近辺に在住している顧客のみが借りられる

 

◯過去に自己破産をしていても、現在の収入や借入金額などの状況を優先して審査してくれる

 

◯金利は高めだけど、30日の無利息期間を設定している

 

◯即日融資に対応している

 

◯店頭融資のみだけど、こちらの今の状況や困っている度合いに応じて、柔軟に対応してくれる

 

など、スマホのみの申込みで即日融資もできる今となっては、「時代遅れ」とも言える対応も多いのですが、「どこからもお金が借りられなくて困っている多重債務者」にとっては、頼れる存在でした。

 

頼れる存在-債務整理体験談

 

今でも地域限定にこだわって営業されている中小の消費者金融もありますが、やはり総量規制以降、姿を消したところも多いのです。

 

中でも、対応も良くブラックでも貸してくれる金融業者の口コミは、ネットでも広がり、いつしか「多重債務者の最後の砦」とまで言われていたんですよね。

 

多重債務や債務整理後でお金を借りられなくなった人たちが、情報交換する掲示板では、「今日10万借りられました」なんていう書き込みがあり、なぜか「おめでとうございます!」なんて言われていたり。

 

まあ、「多重債務なのに、またお金を借りて何がめでたい?」と言われればそれまでなのですが、みんな「お金を借りたいのに借りられない」という切羽詰まった状況にあるため、こんな言葉が出たんでしょうね。

 

確か、評判の良いところは数社あったと思うのですが、残念ながらすべて営業を辞めていて、今ではホームページも閉鎖されています。

 

冒頭で書いたワールドもその中のひとつです。

 

消費者金融のワールドは今も営業している?

 

で、ネットって新しい情報ばかりではなく、古い情報もそのままヒットすることがありますから、「ここなら借りられる」という情報だけで残っている場合も。

 

それを悪用して、詐欺まがいの行為をする会社もあるということです。

 

そんなことをする組織を、会社と呼んで良いのかどうかなのですが、とにかく、ネット上にホームページを展開していて、評判の良かった街金と呼ばれる消費者金融の名前を語ったら?

 

「てっきり、正規の消費者金融からお金を借りていると思っていたら、闇金融でした。」なんていう人も現れて当然です。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、「ブラックでも借りられる消費者金融」と検索して出てきた会社って、信じられます?

 

半信半疑で借りてみるという人もいるかもしれませんが、その会社名で一応評判を確かめてみますよね。

 

その時にヒットした情報が過去のものだったら?

 

「あっ、ここの消費者金融は評判も良くて正規の金融業者みたいだから信用できるかも」と信じてしまうでしょう。

 

たいていは「じゃあ借りてみようか?」と思ってホームページを探すと、「ページが見つかりません」と削除されていることが多いのですが、ほとんど同じ会社名の別のホームページが見つかったら?

 

「あっ、URLが変わったのね。」とか「会社名がちょっと違うけど変えたのかも」なんて納得したり。

 

「どうしてもお金を借りたい」という焦った気持ちがあるので、自分で自分を納得させたりしてしまうのですが、そこが闇金融だった場合とんでもないことになってしまうのです。

 

個人情報を執拗に聞かれて電話攻撃を受けたり、「試しに数万借りてみてください」なんて借りてしまったら、利息と称して何倍もの金額を請求されたり。

 

返せないとなると、嫌がらせをしてくるところもあるというので、うかつに近寄れないですよね。

 

少しでも「おかしいな」と思ったら、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」に行って、その会社が正規の金融業者であるかどうか?確認するべきです。

 

現在は存在しない金融業者だった、なんていう話は五万とあるのですから。

 

追記:「騙されてお金を借りてしまった」という場合は、本当にお気の毒としか言えないのですが、「ずっとワールドなどの消費者金融の返済を続けていて、潰れたことも知らなかった」という方もいらっしゃるのです。

 

確かに、倒産した消費者金融でも、返済だけは続けられるというところも多いと思います。

 

特に案内も来なければ(故意にしない?)、倒産したことさえ気が付かない方もいらっしゃるでしょう。

 

この場合、グレーゾーン金利ギリギリの29%以上の利息を払っているケースがほとんどなので、本来ならば、過払い金を請求すれば、元金が無くなるばかりか、いくらかの現金も戻ってくるはずなんです。

 

ただ、すでに、消費者金融に電話をしてもつながらなかったり、書類を送ってもナシのつぶてだったりして、なかなか対応してくれない、というのが現実のようです。

 

そうなると、もう素人では太刀打ちできませんので、法律事務所や法テラスで相談するしか無いです。

 

もっとも、過払い金が返ってくることはまれで、のらりくらり先延ばしにされそうなのですが、すでに元金を上回った支払いをしているのに、延々と返済を続ける義務は無いですから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない