スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 自己破産予備軍をターゲットにした悪徳業者に注意!
Page: 1/24   >>

自己破産予備軍をターゲットにした悪徳業者に注意!

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になると、「少しでも早く借金を返済したい」「こんな生活から早く抜け出したい」と焦る気持ちが先に立ち、判断力が鈍ってしまいます。

 

自己破産予備軍としても、もっとも気をつけなければならない時期でしょう。

 

特に用心しなければならないのが、「あと数日で支払日が来るけど払えない。どうしよう?」と言う時。

 

「多重債務になってるんだから、借金返済日に払えないのは日常茶飯事でしょ。」なんてゆうゆうと構えてられる人は良いのですが、たいていの人は、わかっていても「どうしよう?」と悩むのです。

 

私の場合は、まだ消費者金融の審査が甘かった頃で、増額も、電話で申し込めば、簡単な審査だけで受かったこともあったので、「ここは貸してくれそう」というところに、片っ端から当たっていました。

 

返済日前になると、家族に気づかれないよう、外に出て携帯からかけていましたね。

 

外に出て借金の電話-債務整理体験談

 

寒い日なんて、どこかのお店に入るとお金もかかるし、他人にも聞かれてしまうので、田んぼの裏の目立たないくぼみを見つけて、寒さに震えながらよく電話したものです。

 

すぐに返事をくれる場合は良いのですが、たいていは30分以上は待たされるので、一度家に帰って出直すか、そのまま待っていましたが、とても長い時間に感じられたものです。

 

多重債務生活も長くなると、本当にどこからも相手にされなくなり、「もうここで貸してくれなかったらアウトだ。」と祈るような気持ちで電話をかけたのですが、さすがにそこも断られた時には、最悪のことまで考えてしまいました。

 

そんな時です。「◯◯金融です。20万円なら貸せますよ。」という電話が携帯にかかってきたのは。

 

私名義でキャッシングの申し込みをした時に、携帯電話で登録していたので、そこから情報が漏れたのかもしれません。

 

ただ、その時は、そんなことを考える余裕もなく、「お金を貸してくれるところがある」ということで、少し安心した気持ちになってしまったんですよね。

 

いつもなら、「怪しいな」とすぐに断るのに、話を聞いてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

すると、「保証人を立てられるのならうちで貸しますが、立てられないのならいいところを紹介しますよ」と。

 

「今日から10日間はキャンペーン中で利息が◯◯%になります。ただし、保証金として借入金額の10%を先に振り込んでください。」ということ。

 

「何のキャンペーン?変じゃない?」と思いながらも、何となく期限を切られたら、すぐに決めなきゃいけない気持ちになってしまったのですが、こういう時こそ落ち着こう、と「一度考えさせてください」と答えて電話を切りました。

 

借金の返済日は近づいてくるし、それとは別に自営業の支払期限も迫っている時なので、喉から手が出るほどお金が欲しい時期でしたが・・・

 

会社から帰って来た夫に話をすると、「最近流行りの紹介屋じゃないか?」と言うのです。

 

「保証金を振り込んでしまうと、そのお金は紹介料としてその金融業者のふところに入り、多分闇金融からお金を借りさせられることになるんだ。」と。

 

ちょうど、社内で、そんなことが話題になってした時期だったのが幸いし、この典型的な詐欺にひっかかることは無かったのですが・・・

 

私ひとりの判断では、もしかしたら借りていたのかもと思うと、今でも背筋がゾッとするほど。

 

多重債務者ほど、悪の魔の手に落ちやすい人たちは居ないと判断されるのか、他にも整理屋、買取屋など、さまざまな方法で騙される人たちが後を絶たないようです。

 

ただでさえ、借金返済で心身ともにボロボロになっているというのに、ひどい話ですが、もともとは自分で撒いた種ですから。

 

多重債務者に近づいてくるのは、全て悪徳業者と思ったほうが良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 年金を担保にお金を貸してくれる業者は信用できない?

年金を担保にお金を貸してくれる業者は信用できない?

JUGEMテーマ:借金地獄


年をとってから自己破産する人も増えています。

いわゆる「老後破産」と呼ばれるものですね。

昨今では60歳以上の生活保護者が急増しているという話からもわかるように、自己破産を選ばざるを得ない人たちもたくさんいるのではないでしょうか。

誰しも、自己破産したら、個人信用情報から名前が消えるまで、普通の金融業者からお金を借りることができないというのはよくわかっているのです。

ただ、年をとればとるほど冠婚葬祭費用とかお付き合いの費用も増えてくるもので。

例えば孫が生まれたとかお友達が亡くなったということも考えられます。

そんな時にどこからもお金が借りられないというのはとても困りますよね。

もっと困るのが生活していく上で必要なクーラーなどの家電が壊れてしまったときです。

猛暑時のクーラーが壊れることぐらい生命に危険を及ぼすことはありません。

そんなお金に困った高齢者を、虎視眈々と狙っている悪徳業者が。

今はオレオレ詐欺に限らず高齢者を狙った犯罪が増えているのは確かです。

高齢者の年金を狙ったヤミ金の手口も同じようなものです。

よく電柱とか民家の壁に貼られている「年金を担保にお金借りられます」という広告は信用ならない、といっても良いでしょう。

車乗ったまま融資とか、車に乗ったままお金借りられますという広告と似ていますね。

お年寄りの立場からしてみたら、保証人なしでお金が借りられるというのは魅力的なものです。

書いてある電話番号に電話をすると、お年寄りのお金をむしり取ろうとしている人たちですから、最初は優しく対応してくれるということです。



貸付金に関しても、いかにも低金利で借りられるようなことを言ってくるのです。

ただその言葉に導かれるように、通帳と年金手帳や印鑑などを持参してお金を借りに行ってしまったらもうそこで終わりと思ってよいでしょう。

そこはヤミ金ですからあの手この手で、持っている全てのお金をふんだくろうとしてきます。

こちらとしては年金すべてをとられることはないと思っていますが、相手は年金から汗水たらして作った貯金まで、残らず取ろうと思って近づいてきていますから。

クモの巣にかかったように、もう身動きできなくなってしまうのです。

お金を借り始めると、手数料と称して高額な金利を要求してきます。

最初の低金利の約束とは裏腹に、トイチ(10日で1割)と言われる金利で貸し出すこともよくあります。

そのうち年金が振り込まれたら、直ぐにそのまま引き出されてしまうなんて言うこともあるようです。

スポンサードリンク

 


その後はいくら最初に借りた分の金額を返そうとしても、のらりくらりかわされて、振り込みさえさせてもらえず、ずっと借りたまま。

そのうち金利はどんどんかさんで、お金は全く返済のめどもつかないようになってしまいます。

まさに返しても返しても、返済が終わらない地獄に陥ってしまうのです。

では年金生活者で自己破産したような方がお金を借りる方法は無いのでしょうか?

あまり知られてないのですが、独立行政法人福祉医療機構という機関があるのです。

年金を担保に低金利でお金を貸してくれて、貸してくれる金額は10万円から250万円でとなっています。

 

※共済年金や恩給の場合は、日本政策金融公庫(JFC)になります。

もちろん、借りられる条件などもあるので、「年金を担保にお金を借りるしかない」ということになったら、一度相談してみても良いかもしれませんね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ヤミ金融からお金を借りてしまったらどうすればいい?

ヤミ金融からお金を借りてしまったらどうすればいい?

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務になっても、たとえ「明日食べる物を買うお金が無い」という状態になっても「ヤミ金融」でお金を借りたいと思う人はいないでしょう。

ではどうして借りてしまうのか?

悪徳な金融業者は、「どうしてもお金を借りたい」という私達の心のすきに付け込むのです。

例えば「低金利でご融資します」なんていうチラシが目に止まったとします。

「どうせ借りられないよなー」と思っても、「100%ご融資可能」とか「自己破産経験者でもOK ご相談に応じます」なんて書いてあったら?

「他社借入件数6件以上でも融資受け付けています」とか。

もう、「どこからも借りられない」と思っている人にとっては、これでもかというくらい甘い言葉を投げかけてくるのです。

ついフラフラっと電話をかけてしまっても、不思議ではありません。



通常、こういった広告を掲載しているのは、「紹介屋」と呼ばれる人たちで、ヤミ金まがいの非正規金融業者を紹介されることになります。

ですので、この時に手数料を取られるか、金融業者からお金を借りた時に、手数料も一緒に支払うようなことになっているケースが多いです。

「お客を連れてきたらいくら」と金融業者からマージンをもらっているというパターンもあるのでしょうが。

あとは、「整理屋」と言って、多重債務者をターゲットにした業者も存在するようです。

よく「あちこちから借りている借金を整理しませんか?」なんておまとめローンと間違えそうな広告を目にすることがあります。

一見弱者救済のように思えますが、悪徳弁護士が債権者との間に入って月々の返済額を少なくするというものですが、結局は返済をいくら続けても債権者には全く支払われていないのです。

それどころか、法外な手数料を借金整理手数料という名目で搾取されるケースもあり、「毎月の支払が楽になった」なんて喜んでいるのは最初のうちだけ、そのうちじわじわ苦しめられることになるというわけです。

考えただけでも怖いですよね。

とにかくさわらぬ神にたたりなしで、「あやしいな」と思ったら近づかないに越したことはないのですが、もし甘い誘惑に乗ってしまい、ヤミ金融がお金を借りてしまったら?

少し前に読んだ記事で、実際にお金を借りた方の体験談がありました。

その方は、自己破産していたので、もうどこからも借りられないと思い、正規の消費者金融ではないことを承知で借りたんですね。

恐る恐る電話をかけてみたら?

スポンサードリンク

 


ちょっとチャラい感じの若い男性が出たそうですが、普通の金融業者のような受け答えがあり、簡単な審査の後融資OKに。

利息の話になり、「今ならキャンペーン期間中で安くなります。」と言われたそうですが、それが俗にいうトイチ(10日で1割かそれ以上)だったという笑えない話も。

話が違うと思いながらも、他に借りるところもないのでそのまま借りることに。

「すぐに返せば大丈夫」と思い、なんとか返済日である10日後に間に合わせてお金を作ったのですが・・・

「返済先の口座を知らせるので事前に電話をして」と言われていた電話番号に、何度かけてもつながらないのです。

やっとつながったと思ったら、「もう遅いので返済できません」と言われた、という。

こんな感じで、ずるずる返済期間を長引かせて、利息をどんどん膨れ上がらせようという魂胆なんでしょうね。

その人は、半ば強引に振込先を聞き出し、本来の利息よりも多めに振り込むことで、なんとか難を逃れたということですが。

業者によっては、返済した後も、何度もしつこく融資を勧める電話をかけてきたり、中には勤務先にまでかけてくることもあるということなので、安心はできないですよね。

とにかく、少しでも弱みを見せれば付け入られるので、何が何でも返済する方向に持っていくのが一番です。

自分の手には負えないと思ったら、弁護士なり、誰かに相談することも考えてください。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode