スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 多重債務者をターゲットにした悪徳業者に注意!
Page: 1/21   >>

多重債務者をターゲットにした悪徳業者に注意!

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になると、「少しでも早く借金を返済したい」「こんな生活から早く抜け出したい」と焦る気持ちが先に立ち、判断力が鈍ってしまいます。

 

特に用心しなければならないのが、「あと数日で支払日が来るけど払えない。どうしよう?」と言う時。

 

「多重債務になってるんだから、借金返済日に払えないのは日常茶飯事でしょ。」なんてゆうゆうと構えてられる人は良いのですが、たいていの人は、わかっていても「どうしよう?」と悩むのです。

 

私の場合は、まだ消費者金融の審査が甘かった頃で、増額も、電話で申し込めば、簡単な審査だけで受かったこともあったので、「ここは貸してくれそう」というところに、片っ端から当たっていました。

 

返済日前になると、家族に気づかれないよう、外に出て携帯からかけていましたね。

 

外に出て借金の電話-債務整理体験談

 

寒い日なんて、どこかのお店に入るとお金もかかるし、他人にも聞かれてしまうので、田んぼの裏の目立たないくぼみを見つけて、寒さに震えながらよく電話したものです。

 

すぐに返事をくれる場合は良いのですが、たいていは30分以上は待たされるので、一度家に帰って出直すか、そのまま待っていましたが、とても長い時間に感じられたものです。

 

多重債務生活も長くなると、本当にどこからも相手にされなくなり、「もうここで貸してくれなかったらアウトだ。」と祈るような気持ちで電話をかけたのですが、さすがにそこも断られた時には、最悪のことまで考えてしまいました。

 

そんな時です。「◯◯金融です。20万円なら貸せますよ。」という電話が携帯にかかってきたのは。

 

私名義でキャッシングの申し込みをした時に、携帯電話で登録していたので、そこから情報が漏れたのかもしれません。

 

ただ、その時は、そんなことを考える余裕もなく、「お金を貸してくれるところがある」ということで、少し安心した気持ちになってしまったんですよね。

 

いつもなら、「怪しいな」とすぐに断るのに、話を聞いてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

すると、「保証人を立てられるのならうちで貸しますが、立てられないのならいいところを紹介しますよ」と。

 

「今日から10日間はキャンペーン中で利息が◯◯%になります。ただし、保証金として借入金額の10%を先に振り込んでください。」ということ。

 

「何のキャンペーン?変じゃない?」と思いながらも、何となく期限を切られたら、すぐに決めなきゃいけない気持ちになってしまったのですが、こういう時こそ落ち着こう、と「一度考えさせてください」と答えて電話を切りました。

 

借金の返済日は近づいてくるし、それとは別に自営業の支払期限も迫っている時なので、喉から手が出るほどお金が欲しい時期でしたが・・・

 

会社から帰って来た夫に話をすると、「最近流行りの紹介屋じゃないか?」と言うのです。

 

「保証金を振り込んでしまうと、そのお金は紹介料としてその金融業者のふところに入り、多分闇金融からお金を借りさせられることになるんだ。」と。

 

ちょうど、社内で、そんなことが話題になってした時期だったのが幸いし、この典型的な詐欺にひっかかることは無かったのですが・・・

 

私ひとりの判断では、もしかしたら借りていたのかもと思うと、今でも背筋がゾッとするほど。

 

多重債務者ほど、悪の魔の手に落ちやすい人たちは居ないと判断されるのか、他にも整理屋、買取屋など、さまざまな方法で騙される人たちが後を絶たないようです。

 

ただでさえ、借金返済で心身ともにボロボロになっているというのに、ひどい話ですが、もともとは自分で撒いた種ですから。

 

多重債務者に近づいてくるのは、全て悪徳業者と思ったほうが良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 車乗ったまま融資の体験談

車乗ったまま融資の体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

車乗ったまま融資の実態」にも書いたのですが、やはり「乗りながら」とか「乗ったままで」という言葉に惑わさされてはいけませんね。

 

このブログにも、大阪や札幌、広島などの都市名で「車乗ったまま融資」について検索されて来る方も多いのですが、内情はわからないことようです。

 

唯一、実際に借りたという方の体験談だけが頼りですね。

 

私自身も、「車を手放さないで融資を受けられるの?」と少し乗り気になったこともありますが、いろいろ調べてみると怖そうだったので借りることはありませんでした。

 

今思うと、借りなくて正解だったと思いますが。

 

車乗ったまま融資は危ない?

 

車担保融資について、だいたいの流れは以前も書いたことがはしょりますが、一番注意してもらいたいのが、お金を貸してもらうのと引き換えに、車の名義を融資会社のものに変更されてしまう、ということ。

 

されてしまうなんて言うと、無理やりみたいですが、そこは合法ですし、しっかりと契約内容に書かれているので、納得したうえでのことになります。

 

融資金額をすべて返済したあかつきには、車と共に名義変更も元に戻してもらえるのですが・・・

 

問題は、その名義変更代金が2,3万円かかること。

 

たいていの車乗ったまま融資で借りられる金額というのは、車の査定金額の50から60%ということなので、普通乗用車でしかも少し古かったりすると、せいぜい借りられても10万円くらいかな?

 

となると、その時点で、すでに7万円くらいしか借りていないのと同じですよね。

 

いくらお金に困っているとはいえ、一桁のお金を借りるのに、大事な車をとられるリスクを負いますか?ということ。

 

スポンサードリンク

 

 

しかも、体験した人の話によると、

 

◯手数料の他に車のリース代もかかり、月々の支払も数万円になってしまった。

 

◯返済日を一日でも遅れれば、最速の電話の嵐で、「払えなければ車を持って来い」と何度も言われた。

 

◯結局、車は取られないで済んだけど、10万円の融資で実際に支払ったのは、倍近くの20万円にまでなってしまった。

 

◯闇金に比べたら、返済さえきちんとしていれば、その後の後腐れは無いものの、こんなことなら中古車店に持って行って売った方が数段マシ

 

という方が多かったです。

 

中には、

 

◯何度も車担保融資を利用したが、「車を取り上げる」と脅されたことは一度も無い

 

◯名義変更手数料として2万円くらい支払ったけど、それ以外の手数料は発生しなかった

 

という方もいらっしゃいますが、少数派みたいですね。

 

それに、この方は月々きちんと返済していたし、その他にもなんどかキャッシングの融資も受けていたということなので、この消費者金融にとってはお得意様だったのかもしれません。

 

そう言えば、「車融資の実態」という記事を読んだことがあるのですが、「窓口は意外とのんびりとした地方の信用金庫のような雰囲気だった」そうです。

 

だけど、取材を進めていくうちに、「裏の顔」というか、不正に近いような部分がクローズアップされたとか。

 

要するに、金利が高かろうが、顧客に不利な条件が揃っていようが、「すぐに現金を用立ててくれる近所の金融業者」は頼りになるわけですよ。

 

そう割り切って利用していれば良いのかもしれませんが・・・

 

いずれにしても、安易な気持ちで手を出してはいけない、ということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックなんだけどお金を借りないと生きていけない

ブラックなんだけどお金を借りないと生きていけない

JUGEMテーマ:借金返済

 

「ブラックなんだけどお金を借りないと生きていけない」という言葉を聞いて、ほとんどの人は「甘えるな!」と思うでしょう。

 

ブラックでもお金を借りたいなんてふざけてる」と。

とは言え、「どうしてもお金を借りたい」という状況は、債務整理されたほとんどの方が経験していることだと思います。

世間的にはNGだということはわかっていても、それでもお金を借りなければ生きていけないこともあるのです。

ただ、ブラックでなくても今はお金をなかなか貸してくれない時代。

ましてや、ブラックになってしまうと、民間の金融業者からの借り入れは、まず無理と思った方が良いですからね。

総量規制後もそうですが、この不況で金融業者自体の経営も困難になってきています。

それに追い討ちをかけるような震災の発生。

あれから6年以上経ちますが、経済はとても安定しているとは言えず、なんとかミクスなんていう言葉があったなーという感じで、国に頼ることすらできない状態ですから。

消費者金融でもなかなかお金を貸してくれない、というのが現状です。

今までは、中小の消費者金融なら「ブラックでも自己破産者でも借りられますよ」というところもあったのですが・・・

大半が姿を消しているようです。

経営難で倒産したり、違う商売に鞍替えしたりしているのでしょう。

その代わりに「ソフト闇金」のような金融業者が増えているので、要注意です。

それでも、安定した会社にお勤めで定額収入がある方にとっては、そう「借りにくい」という印象はないのでしょうが、多重債務者にとっては、借りられるところは「ほぼゼロ」という状態だと思います。

私のところにも「どうしてもお金を借りたいのだけれど、どこか貸してくれるところを知りませんか?」という相談がよく来るようになりました。

特に相談窓口を設けているわけではないですが・・・

やはり、もうどうしようもなくなって誰かにすがりたい状況なんでしょうね。

以前の私もそうでしたから、よくわかります。

ネットで調べると、闇金融ではなく正規の消費者金融でも、自己破産者やブラックの方でも借りられる中小の金融業者もあるみたいです。


専業主婦でもお金が借りられる

でも、今は闇との境界線がはっきりしないから怖いですよね。

少し前なら、消費者金融も儲かっていたのと、グレーゾーン金利を適応していたため、「もし取りはぐれがあっても、最初の数ヶ月分だけでももらっておけば・・・」というようなこともあったのでしょう。

アルバイトでも無職でも、専業主婦であっても、比較的甘い審査でお金が借りられる時代でした。

だけど、今大々的に「ブラックでも借りられます」と広告を出しているところは、ほとんど「闇」と思って間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク



私が実際に体験したのは、あまり名前の知らない消費者金融でしたが、いわゆる「ヤミ」ではなかったです。

その金融業者自体は、表向きは普通の消費者金融だったと思います。

 

ネットにホームページもありましたが、貸金業者登録もきちんとされていました。

 

ただ、ネットでも評判が極端に分かれていたのです。

 

今思うと、属性の良い人は自分のところで普通の金利でお金を貸して、「貸しても返せない人」と判断されれば、「闇金融」と思われる業者を紹介されるシステムだったのでしょう。

私は後者だったらしく、闇金融とおぼしき業者を紹介されましたから。

あまりにも追い詰められると「闇でもいいから貸してくれるところ」と思ってしまいますが、その後もっと追い詰められることになるのは目に見えています。

本当に苦しいと思いますが、安易な決断をしてしまえば、のちのち余計に苦しむことになるのです。

私も、債務整理までに至った道のりは後悔することばかりですが、ここで借りないで思いとどまったことだけは、本当に良かったと思っています。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない