スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> どうしたら借金生活から抜け出すことができるのか?
Page: 1/26   >>

どうしたら借金生活から抜け出すことができるのか?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄とはよく言ったもので、本当に蟻地獄のように、一度入ってしまうとなかなか抜け出せないものです。

薬物依存やギャンブル依存と同じように、借金依存症に陥ってしまうためです。

薬物依存やギャンブル依存というと、はまってしまうのはごく一部の限られた人たちだけで、普通に生活している私達には関係がないと思いがちです。

だけど、私の身内にもギャンブル依存症になった人は居ますし、今も昔もごくごく普通に生活していたのです。

それが、ほんの少しのきっかけで依存症にまで陥ってしまうことの怖さ。

薬物だって、今や芸能界だけの問題でもないと聞きます。

学生や普通の主婦にまで魔の手が及び、「痩せるためのサプリメント」などと騙されて手にしたら最後、気がついたらそれこそ地獄のような状況が待っているとか。



何しろ、一度でも体内に入ってしまったら、理性など働かないものなのだそうです。

それは、今までどんなに自分に厳しくてストイックな生活を送っていた人でも同じだということ。

真の恐ろしさは、この辺にあるのでしょうね。

借金依存症はどうでしょう?

一度お金を借りてしまったら、脳内に「楽にお金が手に入る」という気持ちが広がるのは確かです。

よくある例として。

中年になってから事業を起こしたAさん。

長年勤めていた会社で培った技術や営業力を存分に発揮して、すぐに会社を軌道に乗せることが出来ました。

そうなると、もう飛ぶ鳥を落とす勢いで、「自分はなんでもできる」と思ってしまいます。

少し事業を拡張しようと、公的資金を1,000万円以上借り入れ、それでも足りない分を消費者金融から200万円借り入れ。

それだけの借金を抱えるなんて、サラリーマン時代には考えられなかったのに、怖いどころか「こんな金額を返すなんて楽勝」と軽く考えるようになっていました。

なんと、重要な取引先が突然倒産してしまい、自社も倒産の危機に直面。

と同時に、不況で自社の営業成績も下降の一途に。

スポンサーリンク

 


だけど、この時点で「お金が無くなった」ということを自覚できないんですよ。

一度でも今までの倍以上の収入を経験してしまうと、「また頑張ればなんとかなる」と考えてしまいます。

そこに持ってきて、消費者金融で借金することも覚えてしまえば、「なんだ、まだお金がこんなにあるじゃないか」と思ったり。

気がついた時には、倒産した会社と多額の借金しか残っていない、ということになるのです。

また、普通の主婦のB子さんの例では

最初は生活費が少し足りなかったので、クレジットカードのキャッシングで10万円を借り入れ。

その後すぐに返すつもりが、ご主人のボーナスがカットされて支払えず、仕方なく消費者金融から借金をして返すことにしました。

もともと生活費が足りない状態だったのに、ボーナスやお給料はカットされ、借金ばかりがかさんでしまうのです。

それでもご主人にバレることを恐れ、また借金を繰り返す日々で。

ついに借金金額が300万円を超えた頃、やっと債務整理を決心されたということ。

世間では、借金を重ねるのは弱い人間でだらしのない生活と思われています。

まんざら嘘ではないでしょう。

だけど、誰もが陥ってしまう可能性はある、ということは言えると思います。

幸い借金は、一度してしまったら後戻りできないものではなく、むしろ賢く借金すればうまくいくことだってあるのです。

 

多重債務にまでなってしまった場合は、まずはその借金体質を治すことから始めないといけませんが。

結局は、お金に対する向き合い方に差が出るということなのですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ギャンブルで作った借金だと自己破産はできない?

ギャンブルで作った借金だと自己破産はできない?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産後の生活、それは通常の生活を営んでいる人にとっては、ホームレスになってしまうほどの屈辱を感じるでしょう。

私は、自己破産ではなく任意整理でなんとか借金を整理出来ましたが、整理したという事実は心の中からは一生消えないと思います。

借金を返せなかった卑怯者!」といつもどこかで罵られているような気さえするのです。

ただ、今借金地獄に陥っている人には、「もう借金で借金を返すようになったら、債務整理を考えたほうがいいですよ」ということは言いたいです。

債務整理を考えても、実際の生活というのもが具体的に想像しづらいものですから、どうしても二の足を踏んでしまうんですよね。

ここに、私の知り合いの自己破産体験談を書いてみます。

ところどころ、私の体験談とかぶることも多いです。

仮にA氏とすることの男性は、エリートと呼ばれるサラリーマンでした。



それが、仕事のストレスからかパチンコにはまり、そのうち依存症と呼ばれるまでになってしまったのです。

何しろ、朝から晩までパチンコのことしか考えられなくなったと言いますから、相当なもの。

前を通ったら吸い込まれるように店の中に入ってしまうので、駅周辺にパチンコ店が無い駅を選んで、その支店に転属を希望したほどです。

それでも、休みの日には奥さんに嘘を付いてでも行ってしまい、借金してまで通うようになりました。

年収も500万円以上と恵まれていたため、最初は自分のお小遣いでやりくりしていたものが、そのうちできなくなり、最初はクレジットカードのキャッシングを利用し、信販会社を経て、とうとう消費者金融にまで借金を作る日々

それでも、昼食を抜いたり、子どもの教育費として貯めていたものを使い込んで、なんとかやりくりしていたのですが、どんどん金利の高いところから借金をするようになりますから、当然返せなくなります。

なんと借金総額が・・・

 

その頃、ご実家のお店が経営難で援助していたことも重なって、なんと、気がついた時には総額1,000万円以上にまで借入金額が膨れ上がっていたとか。



ちょうどその時、会社でのちょっとした使い込みが発覚し、会社も首になってしまったのです。

奥さんにもバレて、心配され「もう二度とパチンコはしない」と誓い、自己破産の手続きに踏み切ったのですが...

スポンサードリンク

 

 


自己破産では、ギャンブルや浪費での免責は認められていないのです。

ただ、裁量免責という制度があるので、依存症であるということと本人も自覚して治療に励んでいるという点、自己破産申請が初めてということなどの理由で自己破産できたということです。

その辺は、本人がやり直す意志があるかどうか?ギャンブルによる借金の割合がどれくらいか?で免責がおりるかどうかが決まってくるんですね。

ギャンブルで作ってしまった借金だから、自己破産したくてもできない」と最初から諦めずに、弁護士さんに相談に行った方が良いと言われるのは、こういったことがあるからです。

どんな状況下にあっても、やり直そうという強い意志があれば、生活を立て直すことは可能です。

まずは、「今の生活から抜け出す努力」をするところから始めましょう。

続きを読む >>

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産すると会社を辞めさせられる?再就職は?

自己破産すると会社を辞めさせられる?再就職は?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理、中でも自己破産を決意するのはよっぽどのこと。

多重債務の時には、「どうしてもこの借金は返さなくてはいけない」と思い、必死に頑張った結果、「やっぱりダメだった」と判断して初めて心を決めるのだと思います。

そこまでの道のりは平坦なものではないでしょう。

もしかしたら、何度も自分の命を粗末にしかけたかもしれません。

自分のためよりも、家族や親しい方たちのために決心することも。

いずれにしても、悩んで悩んで悩みぬいて決めること。

借金で悩みすぎて頭痛がしてきた

だから、どうしても、自己破産についてのマイナーな話しか耳に入ってこないのです。

いや、確かに自己破産をするということは、人生の中でも一番と言っていいくらい暗いできごとなのですが、それ以上に「◯◯できない」「◯◯もすべて取られてしまう」など間違った情報も多く見られます。

中には「選挙権も剥奪される」というものまでありますから。

これは、全くの間違いです。

一番気になるのが、「会社はそのまま勤められるのか?」「自己破産したらクビになるのではないか?」ということですよね。

私達のように自営の仕事の場合は、「仕事をそのまま続けられるのか?」と言うように。

結論から言えば、自己破産を理由に会社を辞めさせられることは無いのです。

経営者や上司に、あなたが自己破産したこと自体、報告する義務はありませんから、そのまま何事も無く働くことができます。

また、債務整理を依頼した弁護士や司法書士には、依頼人の情報を漏らしてはいけない守秘義務がありますから、そこから漏れることはまず無いでしょう。

スポンサードリンク

 


ただし、自分から言わなくても、多重債務時代に会社に金融業者から督促の電話が度々かかってきたり、裁判をおこされて、給料が差し押さえられたりすれば、会社にわかってしまうことはあります。

その場合でも、いきなりクビを切られたら、不当解雇にあたることになるのです。

ただ、社員が少ないこじんまりした会社だと、居づらくなって自分からやめざるを得ない状況になることはあるでしょうが。

とにかく、自己破産をしたら会社を辞めなきゃいけない法律は無いわけです。

では、再就職する場合はどうでしょうか?

ある方の体験談ですが、自己破産の免責を受ける前にすぐに働かなきゃいけなかったので、たまたまハローワークで見つけた仕事が警備員でした。

お給料も結構良く、条件も自分の都合にぴったりだったため、すぐに面接を受けに行ったのですが・・・

まだ資格制限期間中だったため、断られてしまったそうです。

このように、宅建業者や警備員などの仕事は、自己破産の資格制限期間中は就くことができません。

ただし、免責がおりて復権すれば大丈夫なはずです。

まあ、このように一部の職業に規制があるだけで、他の職業に関しては、「雇ってはいけない」どころか、「自己破産を理由に再就職を拒んではいけない」と決められているのですが、実際には「断られることもある」というのが本当のところ。

雇う側に立って考えれば、特にお金の管理を伴う仕事の場合は、万が一自己破産したことがわかれば、「雇いたくない」というのが本音でしょう。

となれば、そういった仕事は選ばないという選択肢もある、ということです。

特にこだわりがなければ、再就職先を見つける時に、仕事内容よりも職種に気をつけるということも大切なのかもしれません。

 

追記:警備員や金融業者の就業審査で、一部の会社が「個人信用情報の提出を求めた」ということが、一時問題になっていました。

確かに、大事な顧客のお金や貴重品を管理する仕事なので、経営者側の気持ちもわからなくは無いですが、人権問題やプライバシーの問題にまで発展したのも事実です。

 

そういった意見も受けて現在では行われていないようですが、万が一「ブラックであった」ということがわかれば、採用されるのは難しいかもしれませんね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット