スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 宝くじに高額当選すると高確率で破産する?
Page: 1/31   >>

宝くじに高額当選すると高確率で破産する?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

借金と言えば、「お金が無い人がするもの」と思いますよね。

 

でも、私達が夢見る一攫千金を手にした人、そう宝くじ高額当選者が、実はその後に借金まみれで自己破産する確率が高いとしたら?

 

諸説ありますが、ある統計によると約7割以上の高額当選者が、破産したり不幸な生活を送っているという事実があるそうです。

 

まあ、こういった話はよく聞きます。

 

何しろ、一般庶民の私達からしてみたら、億なんていうお金を一度に手に入れるなんていうことは、まさに夢の中のできごと。

 

いくら「大金が手に入っても冷静にしていないと」と言われても、顔は常に笑っている状態で、気持ちはハイになり、もちろん気も大きくなってしまうので、仕様もないところに大金を注ぎ込んでしまうものです。

 

例えば、「家を買ってしまうと、宝くじに当たったことが近所の人にバレるので、前々から欲しかった池を作って錦鯉でも泳がせるか」とか。

 

 

笑っちゃいますけど、本当にあった話らしいですよ。

 

知人に相談すると、「錦鯉業者を知ってるから口を利いてあげる」ということで任せたら、大したものじゃないのに、一匹百万円とふっかけられて、数百万いきなり飛んでいったということ。

 

その時は、気が大きくなっていますから、騙されたとは薄々気がついていても、「まだ9,000万円以上も残っているから」と思うんですよね。

 

もしかしたら、1億円当たった時点で、5,000万円くらいの家を買ってしまったほうが良かったかもしれません。

 

だけど、それだと、マイホームは手に入るけど、豪邸と言うには物足りないでしょうし、家具や家電を新調してしまったら、手元に残るお金はあまり無いでしょう。

 

車も新しくして、なんて言っていたら、もしかしたら足りないくらいかな?

 

そうなると、日々の暮らしを維持させるためにも会社勤めは辞められないし、そんなに贅沢はできなくなる。

 

考えてみたら、タダで家と車が手に入るのですから、もう天にも昇る気持ちにはずなのですが、生活自体のランクが上がらないことには満足できなくなるんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

なんとなく、そういう気持ちはわかります。

 

お金持ちしか行けないような高級料亭に行ってみたい」とか「ブランド品を大人買いしてみたい」とかね。

 

最初は、「贅沢な暮らしをしていると、周囲にバレるかもしれない」と恐る恐る使うのですが、そのうち、外食にかけるお金も万単位、毎日の買い物もセレブ御用達のスーパーに。

 

なんていう生活をしていると、どんどんお金は無くなってしまいます。

 

私なんて、ほんの数万円当たっただけでも、なんとなく気が大きくなって友達におごってしまいましたから。

 

それでも、仕事さえ辞めなければなんとかなるのですが、億単位の高額当選してしまうと、仕事も辞めてしまいます。

 

なんと、悲しいことに、人間って「自分の収入にはこれくらいの暮らし向きが合っている」というのがわかっているのに、どうしても認めたくないという心理もあるんだそうです。

 

そんな時に大金が手に入ったら?

 

タガが外れたようになってしまっても仕方のないこと。

 

となると、宝くじには当たらない方が良いのか?ということになってしまいますが、もしかしたら、借金まみれの人生を一度経験した私達だからこそ、お金に振り回させない生活ができるかもしれませんよ。

 

多重債務になったり債務整理を経験した時に、どれだけ気持ちを入れ替えられるか?によって違ってくるのでしょうが。

 

一番良いのは、宝くじに頼らず、自力で高額所得者になることなんですけどね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産で競売ではなく家を任意売却した体験談

自己破産で競売ではなく家を任意売却した体験談

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産を申請して、自宅を任意売却した人の話を聞いてきました。

もっとも私自身も、自己破産ではないですが任意売却を経験していますので、だいたいの流れは同じような感じです。

どうしても時間がかかる、というのは共通しています。

住んでいる物件にもよりますが、長年住んでいるとどうしても傷んできますからね。

それが、多重債務になった途端に、家のメンテナンスもできなくなるわけですから、余計です。

見に来る人が居ても、なかなか決まらないということが多いです。

よほど、駅から近いとか交通の便が良いところに建っているとか、築浅で比較的きれいだとか。

今は、一般的な中古物件でもなかなか売れない時代ですから、期限を切って家を売り出すというのは大変なものです。

ただ、近所の人に自己破産したことがバレることはありません。



「今すぐに引っ越すということはないのだけれど、とりあえず広告だけは出してもらっている」というようなことを言っておけば、人が見に来ていてもおかしくはないし、すぐに決まらなくても何か言われるようなことはありません。

それに、見に来る人は一般の方ですから、通常の取引と見た目は同じです。

売る方の立場としては、「決まって欲しいような欲しくないような・・・」と言ったところでしょうね。

早くはっきりとしたいというのもあるのですが、次の引っ越し先を決めなくてはならないし、お金はないし・・・

ということで、少しでも先延ばしにして、お金を貯めたいところ。

次の引越し先と言っても、なるべく安い金額で入れて、しかも家族が暮らせるところとなると、探すのも至難の業です。

保証人の問題もありますしね。

頭の痛いことも多いということ。

しかも、ローンを組んでいる銀行の人が、時々様子を見に来たり、ということもあるようですよ。

なんだか、プレッシャーをかけられているみたいですよね。

スポンサードリンク


とは言え、住宅ローンを組んでいた銀行だから、一番迷惑をかけたところと考えると文句を言ったら罰が当たります。

その上、任意売却が決まったら、引越し費用を出してもらえることもあるのですから。

家を手放そうと考えているのなら、競売よりも任意売却をおすすめしますが、手放さなくても任意整理などで何とかなりそうなら、そちらを選んだ方が良いと思います。

でも、今までの借金体質を変えるためにも、新しい環境で一からやり直すのも良い方法です。

自分にどれが合っているか、よく考えることですね。

どうしても、住む環境が変わらないと、また今までと同じような生活をしてしまいがちです。

「心機一転、一から出直す」ということであれば、家を売り払って賃貸住宅からやり直す、というのもひとつの方法でしょう。 

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産後の悲惨な生活を乗り越えるには?

自己破産後の悲惨な生活を乗り越えるには?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務の時には「債務整理、ましてや自己破産をすると人生終わりかな?」という気持と裏腹に、「債務整理さえすれば少しは生活が楽になる」という気持もありました。

だから、社会的な制裁は受けるだろうけど、そのままもし生活していけるのなら、多重債務時代よりは良くなるだろう、という。

それでも、「債務整理後の我が家のシーン」なんていうのを勝手に思い描いたりする度に、背筋が凍りつくような気がしたのも事実です。



家に誰かが来て差し押さえ」の紙が貼られることはまず無いだろうけど、それ相応の社会的制裁はきっとあるはず、と。

まあ、借金が無くなったということで、精神的な「タガ」は取れたような気がしますが・・・

生活は急には楽になりませんね。

結局「借金」に頼って生きてきたということもありますが、もともと生活費が足りない状態での債務整理です。

急に「楽に」なることはないでしょう。

債務整理直後は、「もう2度と借金はしない」と心に誓うのですが、結局は「債務整理後でもどこか貸してくれるところはないか?」探してしまうものなのです。

気が付くと、「ブラックでも貸してくれる金融業社」とか「審査の甘い消費者金融」などを探していたりします。

どうしても多重債務時代に、無理に無理を重ねていますから、債務整理をしても、公共料金や税金など何かしらの滞納があり、借金が無くなっても今度はその支払いに消えてしまうんです。

まあ、「滞納した自分が悪い」のですが、「せっかく債務整理をしたのに、これではお話にならない」と嘆いてみたり・・・

ただ、債務整理をしてもしっかりと残債を完済すれば、数年我慢する必要はありますが、またローンが組めたりクレジットカードが作れたりするようになります。

自己破産の場合は最低でも5年から10年と言われていますが、一般的には7年以上と言われています。

やはり「数年の我慢」と言えるでしょう。

ただ、多重債務時代に取引をしていた金融機関との修復は難しいようですが、その他の金融機関なら、信用情報機関から「事故者」としての履歴が消えれば、ローンを組んだりクレジットカードを取得したりできるのです。

スポンサードリンク


とは言え、せっかくまたクレジットカードを持てるようになったのに、多重債務時代と同じような使い方をしていては、元も子もありません。

今度こそ、自分の収入に見合った返済計画を入念に立ててから申し込みましょう。

「債務整理後の暮らしは辛いけど、将来のために学びたい」という方には、給付金をもらいながら、資格などの勉強が出来る「求職者支援制度」という制度もあります。

夫の失業と求職者支援制度

また、生活福祉資金の貸付という方法も。 

 
ちょっと敷居は高いですが、金融事故には関係なく貸してくれるので、トライしてみる価値はありますね。

何もしないでいても、生活が楽になることはありません。

頼れるものには頼って、その上で生活の基盤を築いていく、ということが大切ですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット