スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産後の悲惨な生活を乗り越えるには?
Page: 1/31   >>

自己破産後の悲惨な生活を乗り越えるには?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務の時には「債務整理、ましてや自己破産をすると人生終わりかな?」という気持と裏腹に、「債務整理さえすれば少しは生活が楽になる」という気持もありました。

だから、社会的な制裁は受けるだろうけど、そのままもし生活していけるのなら、多重債務時代よりは良くなるだろう、という。

それでも、「債務整理後の我が家のシーン」なんていうのを勝手に思い描いたりする度に、背筋が凍りつくような気がしたのも事実です。



家に誰かが来て差し押さえ」の紙が貼られることはまず無いだろうけど、それ相応の社会的制裁はきっとあるはず、と。

まあ、借金が無くなったということで、精神的な「タガ」は取れたような気がしますが・・・

生活は急には楽になりませんね。

結局「借金」に頼って生きてきたということもありますが、もともと生活費が足りない状態での債務整理です。

急に「楽に」なることはないでしょう。

債務整理直後は、「もう2度と借金はしない」と心に誓うのですが、結局は「債務整理後でもどこか貸してくれるところはないか?」探してしまうものなのです。

気が付くと、「ブラックでも貸してくれる金融業社」とか「審査の甘い消費者金融」などを探していたりします。

どうしても多重債務時代に、無理に無理を重ねていますから、債務整理をしても、公共料金や税金など何かしらの滞納があり、借金が無くなっても今度はその支払いに消えてしまうんです。

まあ、「滞納した自分が悪い」のですが、「せっかく債務整理をしたのに、これではお話にならない」と嘆いてみたり・・・

ただ、債務整理をしてもしっかりと残債を完済すれば、数年我慢する必要はありますが、またローンが組めたりクレジットカードが作れたりするようになります。

自己破産の場合は最低でも5年から10年と言われていますが、一般的には7年以上と言われています。

やはり「数年の我慢」と言えるでしょう。

ただ、多重債務時代に取引をしていた金融機関との修復は難しいようですが、その他の金融機関なら、信用情報機関から「事故者」としての履歴が消えれば、ローンを組んだりクレジットカードを取得したりできるのです。

スポンサードリンク


とは言え、せっかくまたクレジットカードを持てるようになったのに、多重債務時代と同じような使い方をしていては、元も子もありません。

今度こそ、自分の収入に見合った返済計画を入念に立ててから申し込みましょう。

「債務整理後の暮らしは辛いけど、将来のために学びたい」という方には、給付金をもらいながら、資格などの勉強が出来る「求職者支援制度」という制度もあります。

夫の失業と求職者支援制度

また、生活福祉資金の貸付という方法も。 

 
ちょっと敷居は高いですが、金融事故には関係なく貸してくれるので、トライしてみる価値はありますね。

何もしないでいても、生活が楽になることはありません。

頼れるものには頼って、その上で生活の基盤を築いていく、ということが大切ですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ブラックリストのデータを消してもらって融資を受けることはできる?

ブラックリストのデータを消してもらって融資を受けることはできる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理をすると、ブラックリスト入りするのはやむを得ません。

 

中でも、自己破産となると、7年から10年は、信用情報的には「暗い闇の中」と言えるでしょう。

 

自己破産したら真っ暗闇

 

「なんとかして、ブラックリストから名前を消してもらうことはできないのか?」と思いますが、迷惑をかけた金融機関では、半永久的にブラックリストに入ったまま、なんていう話も嘘では無いようなので、なかなか難しいですよね。

 

破産者が融資を希望する場合、データ消滅してもらうことはできるのでしょうか?

 

破産者に打つ手はあるでしょうか?

 

一定期間が経過すれば、信用情報機関の保有する情報から破産者の名前はなくなるので、それまで待つのも一案です。

 

ブラックリストに名前が乗る期間は、破産者の場合は7年〜10年ほどだ言うこと。

 

破産者という経歴が信用情報から消えれば、クレジットカードの発行やローンの手続きのための審査を受けられます。

 

ですが、ブラックリストから破産者の情報が消滅してからであっても、破産前と同様の信用があると審査で判断されるというわけにはいかないのです。

 

年間20万人という破産者が出ていますが、日本経済は依然として下向きで状況が良くなる兆しがありません。

 

銀行などは自衛措置として、自己破産者のデータなどを保管しているとも言われます。

 

ひとたび自己破産すると、今後は何かがあった時に2度目の自己破産を言いだすのではないかという理由からです。

 

中には、一度凍結された銀行口座を、元に戻してもらおうとしたら、いろいろ理由を付けて断られた、なんていう人も居るくらいで。

 

融資の申し込みをしても、審査で断られてしまうことが少なくないようです。

 

新しく融資を受けたいと思っても、破産者であるということが信用力を引き下げてしまいます。

 

とはいえ、破産者であっても融資を受けられたという人も少なくないようです。

 

ネットでは、破産者でも融資OKという金融情報が存在しています。

 

スポンサーリンク

 

というのも、今は、お金を貸す方も、生き残るのはなかなか難しい時代なので、「過去の信用履歴よりも、今の収入や社会的地位を優先させる」という金融業者も増えているのも事実。

 

現に、中小の消費者金融では、「過去に自己破産された方でも、審査可能です」と、明記しているところもあるのです。

 

どこかに破産者でも融資が受けられるキャッシング会社はないか、探してみるといいでしょう。

 

と言っても、「ブラックでも融資可能」ということを全面に出して、まるで甘い蜜を振りまいて、ブラックの人たちをおびき寄せるようなところに近づいてはいけません。

 

自己破産していても貸してくれる中小の消費者金融の名前を語って、堂々と宣伝活動をしている、闇金融も紛れていますから。

 

信用できる金融業者かどうか、貸金業の登録はきちんとしているのか?ということも含めて、十分調べてから利用するようにしましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産しても生活が苦しいって本当?

自己破産しても生活が苦しいって本当?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産をすれば、ご存知のように借金返済の義務からは逃れられます。

だから、多重債務の時には「自己破産をしたら人生は終わりになるかもしれないけど、もしかしたら、今よりも生活が楽になるかもしれない」という気持があるのは確かです。

人生が終わる」というのは、生きるか死ぬかということではなく、もう「陰の存在になってひっそりと生きていくしかない」という諦めですね。

社会的にも阻害され、家族や親戚にまで被害は及ぶと思っていました。

芸能界でも、自己破産をしている方はいらして、それぞれ、その後は幸せにくらしていらっしゃるケースもあるのですが、どうしても悲観的に考えてしまいます。

あっ、大場久美子さんはご結婚もされてお幸せそうですよね。



実際に自己破産を経験した方に聞いても、実際は他の債務整理を経験された方と、そう大差はないのですが・・・

少なくとも、家族や親戚に被害が及ぶことはほとんどなく、その気になれば、家族にすら内緒で債務整理をすることも可能です。

それでも、経験したことのないことだし、世間的にも「自己破産をしたら終わり」という風潮がありますからね。

私の場合は自己破産ではなかったですが、債務整理後は、やはり「自分で作った借金をきちんと返すことができなかった」という自責の念にさいなまされたのは同じです。

それでも、毎日「明日は○○の返済日だけど、お金はどこから借りようか?」という心配が無くなっただけでも、精神的にはかなり楽になりました。

だけど、生活はなかなか楽にはならないんですよね。

毎日「この借金さえなければ」と思っていた支出がなくなったはずなのに、全くと言っていいほど、生活は苦しいまま。

考えてみれば、すでに生活は破綻していますから、「ゼロからのスタート」というよりも「マイナスからのスタート」なので、なかなかスタート地点にさえ、たどり着かないのかもしれません。

多重債務生活が長ければ長いほど、その後の生活の立て直しが難しいと思います。

いつも書いていますが、私もあまりの苦しさから、何度「闇でもいいからお金を貸してくれるところはないか?」「審査の甘い金融業者がどこかにないのか?」と何かにとりつかれたかのように探したこともあります。

そんな時に、タイミング良くというか悪くというか、闇金融と思われる金融業者からDMが届くのです。

スポンサードリンク


「100%融資OK」とか「ブラックでも20万お貸しします」などなど、あまーい言葉で誘惑してくるので、ついふらふらっとなってしまうこともあるでしょう。

だけど、「闇金融」から借りてしまえば、「生活再建」自体不可能に近いものになってしまいます。

そこは、やはり「我慢」しなければいけません。

本当に「あの時、よく生きていられたな」と言うくらい生活が苦しい時もありましたが、なんとか一晩を越えられ、そしたら次の夜も・・・という感じで1日を乗り越えていけば、何とかなるものです。

私の場合は、幸い副業がありましたが、「なんとしてでも生きていく」と思えば、大事なところでは、救いの手が差し伸べられることもあります。

なければ、生活福祉資金のような公的資金に頼ることも考えた方が良いでしょう。

生活保護という手段も、視野に入れた方が良い場合もあります。

要は、諦めないでなんとかしようとする気持があれば、運も付いてくるということ。

気休めで言っているのではなく、自分が体験したことなので、そう言えるのです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット