スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ブラックになると警備員になれない?どこも雇ってくれないの?
Page: 1/31   >>

ブラックになると警備員になれない?どこも雇ってくれないの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになると就職もできないの?ということですが、それは大丈夫でしょう。

 

だいたい、自己破産したら仕事にも就けないということになると、暮らしていけませんから。

 

ブラックだからって、就職試験の時にわざわざ言う人もいないし、信用状況を調べられることもないので、特に不利ということはないと思います。

 

ただ、この間も書いたように、給料振込み先銀行が決まっている場合、そして、その銀行口座がローン支払不能などで凍結している場合。

 

最悪、断られると言うケースもあります。

 

ブラックだと就職できない?

 

まあ、事情を話せばわかってくれることがほとんどですが、事情を話す=ブラックであることをカミングアウトするわけですからね。

 

雇ってくれても、その後居づらくなるかもしれません。

 

あっ、ブラックと言ってもいろいろありますから、自己破産以外の債務整理を経験しただけでは、金融関係の制限(ローンやクレジットカード等)はあっても、就職に差し障りがあることはほとんど無いでしょう。

 

問題は、自己破産した時で、まだ免責も降りていない場合です。

 

私の夫も、一時警備員の仕事をしていましたが、中年以降になると、結構こういった仕事に就く方って多いですよね。

 

しかも正社員ではなくパートという形で。

 

警備員と言っても、規模の小さい会社やマンション等で「昼間誰も居ないと不用心だから」という理由で雇われることもあります。

 

だからと言って、楽なわけではないのですが、本格的な警備ではないため初心者やある程度年を取っていても雇ってくれるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

だけど、警備員として雇われる場合、やはり、破産手続き中の就労はできません。

 

警備業法で禁じられているので、免責が降りて「復権」となってからでないと、面接すら受けられないでしょう。

 

ここで問題なのですが、警備という仕事柄、「破産した人=借金を返さない信用できない人」と取られる可能性があるので、例え復権していても、何かのきっかけで自己破産したことがバレると、他の理由で落とされることもあるそうです。

 

まあ、確かに、印象は悪くなるでしょうね。

 

それに、住民や顧客を守る立場ですから、信用は一番大切な要素になってくるのです。

 

ましてや、お金や財産を管理する役目となると、まず面接には受からない、と思って良いでしょう。

 

会社の方針にもよりますが、「少しでも会社に損失を与える可能性がある人は雇いたくない」と思われるのは当たり前のことかもしれません。

 

他の仕事でも、例えば会計などお金を扱う部署だと、自己破産したことがわかったら不利になるでしょうね。

 

もしかしたら、債務整理しているだけで偏見が生まれることも。

 

そう言えば、以前「ベンチャー企業の説明会」があって、内容に興味があったので、参加しようと思っていたのですが、注意書きをよく見たら・・・・

 

※債務整理経験者はご遠慮ください

 

と書いてあって、かなり凹んだのを覚えています。

 

「偏見」と言ってしまえばそれまでですが、やはり今更ながら「社会的信用を無くした」んだなーと感じるわけです。

 

これも仕方のないことでしょう。

 

元はと言えば、自分がいけないのですから。

 

とは言え、この就職難にこんなことで職を無くすのは理不尽と言えば理不尽ですが。

 

そんな時は、スパッと忘れて、次の仕事を見つけましょう。

 

世の中には、細かいことにはこだわらないで、今の自分の能力や働きぶりを評価してくれる会社もありますから。
 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産後の生活について最低限知っておくべき3つのこと

自己破産後の生活について最低限知っておくべき3つのこと

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産後の生活って、借金とは無関係な人達にとっては、「ホームレスになること」に匹敵するくらい想像もできないことなのかもしれません。

自己破産って今でこそ一般の人でも知っていますが、一昔前には破産という言葉は知っていても自己破産というのはあまり知られていなかったですよね。

知っていても、それこそ「よっぽどお金に困ることがなければならないだろう」なんて思っていました。

それが今や、自己破産する人や借金を抱えている人が周りにもたくさん居るという状態です。

債務整理をした後、ましてや自己破産した後の生活っていったいどうなるんだろう?と思いますよね。

さすがに、昔の映画みたいに、家のあちこちに「差し押さえ」の紙がべたべた貼られた状況を想像する人は居ないでしょうが、借金取りが家に来る情景は思い浮かべるかも。



私も、多重債務時代、「今の生活を続けていくのは困難だけど、かといって自己破産なんてなったら、今まで築き上げていたものが、何もかも崩れてしまう」と思ったものです。

だけど、簡単に説明すると、以下の様な感じです。

自己破産した後の生活は意外と静か。

「静か」というのは、決して「楽」とかという意味ではありません。

「もう破産なんてしたら、生活がめちゃくちゃになってしまう」と思っていましたから、それほどではないということです。

だけど、「返す」と言う約束で借りたお金を返さなくても、とりあえず普通に生活できるというのはありがたいです。

私の場合は、自己破産ではなかったので、借金も少しは返していくことになっていましたが、それでも月々にすると、多重債務の頃とは雲泥の差です。

やはり毎日「ありがたい」と思って生活しなくては。

クレジットカードが利用できないのは、思っている以上に不便。

クレジットカードが使用できないのは、お金を借りられないのは仕方がないとは言え、不便ですね。

VISAデビットカードがあるので、まだ何とかなりますが・・・

だけど、家電などが突然壊れたりと値段の張る物を購入しなければならない時に分割払いができないのは、非常に困ります。

スポンサーリンク



借金は無くなっても、多重債務時代に滞納していた税金などの支払いはある。

私は自己破産ではなかったけど、、一時は夫の失業で生活費さえ底を付く、なんていうこともあったので、滞納分の支払いには四苦八苦しました。

まあ、自業自得なんですが。

「生きていられるだけで文句を言うな」ということですよね。

こんな些細なことだけではなく、時々「生活していくのに困る」というようなこともありますが、やはり「質素に」「黙々と」仕事をこなしながら生活していく以外になさそうです。

だけど、諦めなければ「良いこと」もあります。

ネットで副収入を得られるようになりましたから。

 

最初は、ヤフオクで不用品を売る程度でしたが、デザイン関係の仕事をしていたキャリアを生かして、WEBデザインの仕事を回してもらったり、広告収入を得たりなどです。

このまま地道にネットでの副業と本業で、なんとか暮らしていけたら、というところですね。

私たちのように、多重債務を経験してブラックになってしまうと、とかく「一攫千金」を求めてしまいますが、「急がば回れ」のことわざ通り、結局は遠回りしているような道が近道だったりするんです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 破産するにもお金がかかる。お金が無い場合はどうしたらいいのでしょう?

破産するにもお金がかかる。お金が無い場合はどうしたらいいのでしょう?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

最近、よく話題になるのが貧困の話。

子ども、若年層、働き盛り、高齢者とありとあらゆる貧困が問題になっています。



もしかしたら、国民全員貧困時代?

なんて悲観的な気持ちになってしまいますが、あるところにはあるのですよ。

貧富の差が以前にもまして大きくなってきたというのが現状でしょう。

その結果として自己破産を選ぶ人も多くなっているという事実。

お金が足りないからお金を借りる。

だけど返せないという悪循環なのですが、もともと貧国世帯ではなかったから余計に借金を繰り返してしまう、ということも言えます。

特にバブル期に儲かっていた業種の人たちは、「お金を借りてもすぐに返せる」という気持ちがどこかにあるので、ある程度気軽に借りてしまうのかもしれません。

借りる時には「返せなくなる」なんて思いませんから、借りられるギリギリいっぱいまで借金を繰り返してしまう。

そのうち「返せない」事に気がつくのですが、時すでに遅しなんですよね。

経済悪化で事業もうきくいかなくなり、収入も激減し、気がついたら「自己破産するお金もない」ということになってしまいます。

そうなんです。

自己破産って無料ではできないんですよ。

それ相応の金額がかかります。

もちろん、自分自身で何から何までできるのならそんなにお金はかからないのですが、どうしても複雑な手続きになるので弁護士や司法書士の方に頼むことになります。

詳しく書くと、自己破産を申請するのに必要な費用は、申立手数料、予納郵便、予納金、弁護士(司法書士)報酬に分かれているのですが、一番高いのが弁護士報酬ということ。

スポンサーリンク

 


この弁護士費用については、相談すれば分割払いにしてもらえることが多いので、月々5,000円くらいから受け付けてくれるでしょう。

金額は弁護士事務所によってかなりバラつきがありますが、15万円前後から請け負ってくれるところもあります。

 

「債権者1件につきいくら」という料金設定のところも多いので、多重債務であちこちからお金を借りている場合は、費用もそれなりにかかることに。

もし現在の収入が少なければ、「法テラス」で民事法律扶助制度を利用することができます。

書類と面接による審査に通れば、弁護士報酬に関しては10万円くらい、すべての費用を足しても15万円以下にはなるでしょう。

具体的には、法テラスが弁護士・司法書士費用を立て替えてくれて、私達は月々いくらかの決められた金額を法テラスに分割で返すということになります。

問題は予納金なのですが、一般的なサラリーマンの方とかなら特に財産がなければ10,000円程度で済むはずです。

ただし、私もそうだったのですが、自営業だと管財人が付くので数十万かかるんですよね。

そこがネックにはなるのですが、とりあえずは「分割払いでも頼める」ことで、少しは気が楽になるでしょう。

「そんなこと言ったって、月々数千円でも無理」という方も多いと思いますが、今のままでは借金金額に利息まで支払っているわけですから、結局は生活が楽になるはずなのです。

そうならないのは、「借金で借金を返している」証拠です。

確かに、少しでも返したら、すぐに借入枠に少し余裕ができるのでまた借りられるのですが、考えてみたら噴水の水のようにただ循環しているだけです。

しかも悪いことに循環する度に「利息」という淀みが発生しているのです。

私もそうなのですが、頭ではわかっていてもなかなか決断できないもの。

令和元年の今、思い切って債務整理の決断をするのも悪くないと思うんですよ。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode