スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?
Page: 1/26   >>

自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「自己破産した後で例えば3億円の宝くじに当選したら、当選金はもらえるの?」という質問を見つけました。

 

借金のある身だと、どうしても「宝くじに当って借金を返す」ということを、一度や二度は考えてしまうでしょう。

 

実際に、借金返済のために、食べるものを買うお金を削って宝くじを購入していた、なんていう方も居ますから。

 

確かに、事業が失敗して、億という数字の借金を背負ってしまった場合など、どんなに一生懸命に頑張っても自力で返するのは困難です。

 

ならば、一攫千金の夢を!ということで、せっせと宝くじを購入するという気持ちもわかります。

 

宝くじで一攫千金!-債務整理体験談

 

私も、多重債務時代には、お金も無いのに「ここの売り場で高額当選者が出た」と聞けば買いに行き、「この袋にくじを入れて保管するだけで高額当選間違い無し」なんていう怪しげな開運グッズにまで手を出した時期がありますから。

 

その後、あまりにも当たらないので、今ではほとんど買っていませんが、統計によると、「長年買い続けている人」が高額当選者の中には多いとか。

 

やっぱり、何事もやるんならとことん続ける、というのが原則なんでしょうね。

 

で、「自己破産しても宝くじに当選したら、当選金額は受け取れるのか?」ですが、宝くじの購入時期によって違ってくるのだそうです。

 

自己破産手続き中でも破産開始決定前に購入した場合、宝くじが高額当選した場合、当選金を受け取る権利は破産財団にあるということ。

 

すなわち、1億円当選したら、例え借金総額が1,000万円でもすべて没収されるということなんですね。

 

それならば、「宝くじの当選日を待ってから自己破産の手続きをすれば、借金を返した後の金額はもらえるのに」と思いますが、あらかじめ高額当選するなんてわからないですから。

 

スポンサーリンク

 

 

多重債務で借金の返済もままならなくなって、トボトボと町をさまよっている時に、たまたま目にした「1等1億円当選者出ました!」という旗に、吸い寄せられるように立ち寄った宝くじ売り場。

 

そこで、ポケットをさぐって出てきた千円札に望みをかけて、「3枚ください。バラで」と購入した宝くじが、まさかの1等当選するなんて、小説の世界でもなかなか無いですよね。

 

それが現実に起こったとするなら、奇跡としか言いようがないですが、すべて取り上げられるとは。

 

身から出た錆とは言え、現実は厳しいのです。

 

まあ、「隠している財産は何もありません。今持っている資産では到底借金は返せないので自己破産させてください。」とお願いしたのですから、致し方ないのです。

 

ではどうすれば良いのか?

 

きちんと免責が下りた後に、宝くじを購入することです。

 

自己破産の免責がおりれば、その後に稼いで貯めたお金も、何かのくじで当たった賞金も、もちろん宝くじ当選金もすべて自分のものになるのですから。

 

その上で、債権者の方々に済まないと思えば、任意で返済すれば良いのです。

 

気持ち的にも、それが一番すっきりしそうですよね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産の手続きは自分でできる?弁護士に頼む?

自己破産の手続きは自分でできる?弁護士に頼む?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産の手続きについて、「自分でするのは難しい」と書いてきましたが、結構自分で手続きするための本が出ているんですね。

 

そして、驚いたことに、売り切れになっている本も多いんです。

 

中には、出版されたのが何年も前というのもあるので、現在は在庫がないのかもしれませんが・・・

 

それにしても、こういった本ってそんなに売れるものではないですから、債務整理ははしたいけれども、弁護士さんなどに頼む費用はない、と言う方が多いのかな?

 

それとも、「自己破産ってどんなものなんだろう?」と興味本位で読む方もいらっしゃるみたいです。

 

自己破産の手続きを自分でするにしろ頼むにしろ、多少知識はあった方が良いので、本は読んでおいた方が良いでしょうね。

 

でもまあ、あまり書籍ばかり読みすぎても、「自分は本当に債務整理できるのか?」と怖くなることもあるので、1冊くらいにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

裁判所に提出する書類というだけで、尻込みしてしまいますが、書き方さえ把握すれば何とかなるものです。

 

ただし、下手に書くと免責が受けられない場合があるので、その辺は慎重に。

 

特に、「自己破産に至った理由などを綴る反省文」のようなものがあるのですが、「完璧に書いてくる方はほとんど居ないです。」と弁護士さんが言っていました。

 

確かに、何をどのように書いたらいいのか?アドバイスが無いとわからないことも多いです。

 

ひとりで手続きをするかどうかは決められないけど、とにかく自己破産について詳しく知りたい、という方には、こんな本もあります。

 

はじめての自己破産100問100答 [ 石原豊昭 ]

 

一問一答形式になっているので、読みやすいですよね。

 

自己破産だけでなく、特定調停や過払い金請求の方法についても書かれているので、債務整理全般の知識も付くと思います。

 

また、「借金取り立てにどのように立ち向かったら良いのか?」というような、現在借金に苦しみ、悪質な取り立てに悩まされている方にとっても役立つ情報も書かれています。

 

弁護士や司法書士の方に頼む時でも、最初は本当に知識が何も無くて、丁寧に教えてくれているにも関わらず、言われたことに右往左往することもあります。

 

裁判-債務整理体験談

 

事前に、少しでも知識を入れておけば、余裕を持って債務整理を進めることができるのではないでしょうか?

 

実は、私の場合、ネットでさんざん調べていたので、結構知っているつもりだったのですが、断片的に知識だったんだなあ、と痛感しました。

 

ネットで調べるにしても、専門家が書いている文章を参考にするようにして、一から学ぶようにすることが大切です。

 

そうしないと、たくさんある情報に惑わされてしまいますから。

 

書籍を読んでからネット検索すれば、また違った角度で見られるかもしれませんね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> お金の失敗はやり直せる?自己破産しても生活を立て直す方法とは?

お金の失敗はやり直せる?自己破産しても生活を立て直す方法とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理について調べてみると、「自己破産するともう終わりだ」という意見が目立つような気がします。

 

私も、少し前までは「自己破産するくらいなら、この世から居なくなってしまった方が・・・」と思っていました。

 

でも、実際に自己破産した人の日記などを見ると、意外と普通に生活できている方が多いようです。

 

まあ、「普通に」と言ってもさすがに借金を抱える前の状態にすんなりと戻れる、と言うことではないのですし、制約を受けることも多いのですが、とにかく思ったよりも平穏に暮らしていらっしゃるのです。

 

それでも負い目はありますし、「自分を卑下してしまう」ということもあったりしますが、他の人に知られることはあまりないため、ひっそりと暮らしていれば、特に困ることはないんですね。

 

定年後に知り合いの保証人になっていたがために多額の借金を背負い、仕方なく自己破産された方は、「孫とのんびり過ごす時間ができるなんて、夢にも思わなかった。」と言われています。

 

孫とのんびり暮らす-債務整理体験談

 

ローンを借りていた銀行とかの口座は凍結されますから、実質そちらの銀行とは取引ができなくなりますが、他の銀行に口座を開くことは可能ですから、問題ありません。

 

クレジットカードはデビットカードで何とかなるのです。

 

問題があるとすれば、精神面でしょうね。

 

どうしても「こんなことになってしまった」という気持ちが消えないので、「うつ状態」になることもあるようです。

 

真面目な方ほど失敗してしまった自分を責めるようで、うつ病を発症して、働けなくなり家から一歩も出られなくなることも。

 

私もそうなりかけたことが何度もあるのでわかるのですが、そこまで行ってしまうと、生活を立て直すこともできなくなってしまいます。

 

そのためには、考え方を変えなければならないのです。

 

【中古】お金の失敗は必ずやり直せる! 自己破産者が教える借金生活を変える法 /現代人文社/石山照太 (単行本)
 

という本があるのですが、著者は、介護や医療費のために借金をし自己破産を実際に経験した方なので、多重債務者の気持ちに寄り添って書かれています。

 

自己破産は人生の失敗と考えがちですが、「お金の失敗」と割り切れば、自分自身を全否定することにはならないのではないか?と思うんですよ。

 

確かに、会社を潰してしまったり、家計を破綻に追い込んでしまったりすることは、人生の失敗につながります。

 

それでも、「お金の失敗」と割り切って、「お金の使い方が悪かったんだ」と思えば、改善する余地は出てきます。

 

「私の今までの人生は間違っていた」とか「生まれて来なければ良かった」とまで思い詰めてしまえば、精神が病むばかり。

 

スポンサーリンク

 

 

ならば、「お金の使い方」に絞って人生をやり直せば、軌道修正もしやすいのではないでしょうか?

 

いくら悔やんでも、過去には戻れませんから。

 

多重債務から債務整理と、あまりにもお金に縛られ、お金に困った生活を続けていると、何となく人格までゆがんでしまったような気がします。

 

そして、楽しいことや嬉しいことを封印してしまう傾向にあります。

 

だけど、生活を立て直すには、精神状態も良くないと無理なんですよ。

 

これは経験上よくわかります。

 

債務整理をすると、いろいろなところに迷惑をかけるのですから、後ろめたさがあるのは仕方のないことですが、楽しい気持ちまで封印してしまっては、前に進むことなどできません。

 

とにかく笑うことを心がけると、自然と気持ちに余裕が出てくるので、騙されたと思って実践してみてください。

 

病気の治療にも「笑い」を取り入れると効果的、ということで落語家さんなどが講演会をされている、という話がありますが、進んで笑おうとする、という気持ちが大切なんだと思います。

 

それで家庭が少しでも明るくなれば、子どもたちも元気になれますから。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode