スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 親が自己破産しても奨学金は借りられる?
Page: 1/26   >>

親が自己破産しても奨学金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産すると、借金は無くなりますが、その代わりに無くすものもたくさんあります。

まあ、仕方がないことなので、自業自得と割り切りましょう。

社会的制裁と思えば「甘んじて受け入れる」こともできるというもの。

とにかく、借金を反故にしておいてその先も普通に暮らせるだけでも感謝しなくてはならないですから。

無くすものとしては、まずは個人の財産

これに関しては、自己破産に陥るほど借金が膨れ上がっていたのですから、財産なんてほとんど何も無いという方が多いでしょう。

それでも、どんなにボロ家であったとしても、持ち家なら没収されますし、どんなに年式の古い車でも少しでも価値があれば持って行かれます。

そして、一番困るのが今後5〜10年間はローンが組めないこと。

物品の購入もさることながら、子どもの将来に関わる教育ローンが組めないのは親として情けないです。

何とかして組めないだろうか?と思うのですが、官報や個人信用情報に事故記録が掲載されている間は、どこからも融資は受けられません。

例え教育ローンであっても。



国のローンである日本政策金融公庫なら大丈夫、という話も聞くのですが、審査は民間のローンより厳しいそうです。

自己破産の履歴があれば、まずは受からないだろうということ。

まあ、債務整理後でも受かったという方の体験談も少しはあることから、100%不可能ということは無いのかもしれませんが、難しいでしょうね。

スポンサードリンク

 


ただし、親の名義で申し込むものは限るわけで、子供名義ならOKなのです。だから、子供名義で申し込む奨学金に関しては問題なく申し込めるということになります。

大学も、今や少子化の時代で学生の確保も困難なところもあります。

奨学金に関しても、そこまで優秀じゃなくても受けられる大学もあるようです。

結局、大事なのは子どものやる気を摘まないということですよね。

「勉強したい」という気持ちを尊重してあげたいところ。

民間の教育ローンが組めないからと言って、安易に諦めないことが大切なんだと思います。

もっとも、この奨学金制度。

金利は低いですし、民間の金融業者からの借り入れではないので、借金という感覚があまりないのですが、返済は必要ですし、滞納すれば督促はあります。

しかも、今は借入金回収にあたるのは民間の専門業者ということが多いので、容赦なく督促が来るという話も聞きます。

返済義務があるのは子供ですから、親としては滞納になった場合辛いですよね。

自己破産していたら、援助してあげたくてもあげられないというのが現状でしょうから。

 

奨学金や教育ローンだって、どうしても返済できない場合には債務整理することもできるのですが、「子どもにまでそんな経験はさせられない」というのが正直なところ。

 

とは言え、リスクをあまり考えすぎていては、何もできません。

中には、「将来返金する必要のない奨学金制度」を検討している教育機関もあるようですから、あらゆる手段を考えれば進学も夢では無いでしょう。

その前に、生活の立て直しをすることが一番大事なのは言うまでもありませんが...

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産を決心した自営業50代男性の体験談

自己破産を決心した自営業50代男性の体験談

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理、とりわけ自己破産を決断するまでというのは、人それぞれで、もうどの方の例をとってもドラマがひとつ書けてしまうくらいの出来事です。

借金をするということひとつとっても、今やキャッシングすることって普通のこととは言え、実際にお金を借りるという行為をする前というのは、葛藤があるのではないでしょうか?

いや、キャッシングでも、「今お金が無いから借りるけど、来月お給料が出たら必ず返せる」という確信がある場合はまだ良いのです。

キャッシングをして、毎月滞り無く返していたんだけど急にお給料が減らされたとか、仕事が順調に行かなくなったということもあります。

例え月々2万円づつの借金返済だったとしても、お給料が1万円でも減れば、返済が困難になります。



ましてや、お給料が半分になったとしたら?

そんな自己破産経験談をまとめてみました。

まずは、自営業56歳の男性の場合。



いわゆるまじめな性格で、地道に自分の技ひとつで生きて来ました。

30代で結婚し、子どもも3人授かり、特殊技能があったので仕事はさばききれなくて断るほど来て、順風満帆とはこのこと。

贅沢はできなくても、一家5人の生活は余裕で支えてきました。

スポンサードリンク

 


クレジットカードは持っていたけど、キャッシングを使うことは無く、ローン支払いもほとんど使わないほど。

車を購入する時にも、「自営業で収入が不安定だから」とコツコツ貯めたお金でローンを組むこと無く現金で購入していました。

だけど・・・

特殊技能であるはずの技術が、時代の流れによって、少しづつ需要が無くなっていったのです。

これは仕方のないことなのかもしれませんが、職人としてのプライドもあり、他の職種に変るなんていうことはできなかったのです。

幸い、奥様も仕事を持っていたので、なんとか家計を支えていましたが、小さな子どもを抱えてのフルタイムの仕事は限界があり、体を壊してしまいました。

ご主人もアルバイトなどで仕事を増やしたのですが、焼け石に水。

今まで借りたことのないキャッシングはありったけのクレジットカードでしてしまうようになり、その支払のために今度は消費者金融から借り入れをする日々。

ここまで来ると、もう後戻りできなくなるんですよ。

そのうち、ご両親の介護も重なって、身動きで無くなり、借金はますます増えることになります。

最後には自己破産をする決心をされました。

「そんなこと、現実にはあまり起きないでしょ?」と思われた方、今は自然災害なども増えていますから、たった1日ですべての財産を失ってしまう可能性もあるのです。

他にもご家族病気や突然勤めていた会社が倒産し、自分自身も負債を抱えることになった会社員の方など。

人生、上手くいかない時には悪いことが重なるものなのです。

だけど、自己破産は終わりではなく始まりであると思えば、少しは気が楽になります。

結局は、その後の生き方にかかっているんですよね。

私が読んだ体験談でも、自己破産した後は少しづつ人生が好転してきたようだ、という方も多かったです。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 破産したら家族の財産まで取られる?

破産したら家族の財産まで取られる?

JUGEMテーマ:借金地獄


今でこそ「破産したら家も車も家財道具もみんな取られ、ホームレス同然になってしまう」と考えている人は少ないでしょうが、昔はそれこそ、家の中のものを根こそぎ持って行かれるものというイメージがありました。

それに加え、借金の取り立ても壮絶でした。

少し古いテレビドラマなどでは、家族で食事しているところに、突然サラ金の取り立てとおぼしき人物が現れ、今食事をしているちゃぶ台まで持って行きそうな剣幕で脅されましたよね。

家族で囲む食卓

父親は「待ってくれ」と頼み込み、母親は泣き崩れ、子どもたちは恐怖に怯えて母親にしがみつく、という光景。

未だに、「破産すると、そんな悲惨な光景が広がってしまうのでは?」と思ってトラウマになるくらい。

まあ、そんな印象があるからこそ、「借金を返さないととんでもないことになる。どうしても働いて返さないと」とがむしゃらに働くということにもなるのでしょうが。

ただ、正規の消費者金融ではなく、ヤミ金融のようなところから借りてしまった場合は、もっと悲惨なことになるかもしれません。

と言うのは、 こんなわかりやすい脅しをすれば法律に違反するのは明らかですから、真綿で首を締めるように、じわじわ追い込んでくる、というもの。

手口はさまざまですが、まず周囲から責めるというのが多いようです。

本人の職場、親戚、友人・知人から家族の職場まで、電話攻勢が始まったり。

口調こそ柔らかいですが、すぐに話しの要件がお金のことであるというのがわかる言い方をするとか。

とにかく、普通の生活を脅かされることになるのです。

今のほうが、実態がわかりにくい分不気味かもしれません。

そんな生活から逃れるためにも、自己破産を決心する人も多いでしょう。

だけど、「自分の財産をすべて没収されても仕方がないけれど、妻や子どもの財産まで取られてしまったら?」と躊躇することも。

下手したら、赤ちゃんの時から掛けていた学資保険まで取られてしまうのか?と、子どもに対する申し訳ない気持ちと自分を責める気持ちが重なって、決心が鈍ってしまうことも。

確かに、自分はもうどうなってもいいけど、子どもの将来だけは守りたいという気持ちはありますよね。

学資保険はどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

 


残念ながら、本人の名前で契約していても、支払っているのは親で契約者もそうなってしまうので、本人の財産とみなされます。

ただし、解約払戻金が20万円以上の場合のみで、すでに契約者貸付制度を利用して借り入れをしていたら、払戻金から借入金額を引いた数字が20万円以下なら取られないということ。

ただ、大学に行かせてあげるつもりなら、100万円程度の学資保険を掛けていることもあり得ますので、20万円以上というのは厳しい数字と言えるでしょう。

それでも、まだ道がすべて閉ざされたわけではなく、奨学金や生活福祉資金貸付制度の教育費貸付ということも考えられますので、諦めるのは早いです。

その他家族名義の預貯金や不動産が取り上げられることは無いので、その点は安心ですね。

以前も書きましたが、だからと言って、自己破産申請する直前に自分の財産を家族名義に変えたりすることはNGです。

すべて把握されていますから、そのまま没収されるだけでなく、破産申請が却下される可能性も出てきますから。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット