スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産したら年金はもらえなくなってしまうの?
Page: 1/28   >>

自己破産したら年金はもらえなくなってしまうの?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産後の生活については、相変わらずいろいろな憶測が飛び交っているようです。

確かに、人生の終わりと思われても仕方がない自己破産。

芸能人でも自己破産した方がいらっしゃいますが、その後生活を立て直している方もいらっしゃる一方、ガタガタと音を立てるように人生転落してしまったという方も。

考えたみたら、一般人よりも重い十字架を背負わされることになるんですよね。

普通ならば周りには知られないはずのことが、報道でみんなが知ることとなるのですから。

自己破産後、落ちぶれれば「やっぱりね」と言われ、仕事で巻き返したとしても「あんなことがあったのに」と言われてしまう。

まあ、仕事で成果を出して認められてしまえば、とやかく言う人もだんだん居なくなりますけどね。

そこは、一般社会にも通じるところがあります。

ただ、世間一般に浸透している「自己破産」という言葉には、どうしたって「人生の終わり」という意味が含まれているようでなりません。

最近はそうでもないところもあるんですけど。

マイナーな噂を取り上げてみると、「自己破産すると選挙権が無くなる」とか「家族もクレジットカードが作れなくなる」、「携帯電話の契約もできなくなる」「生命保険に入れない」というものがあります。



他には、「年金がもらえなくなる」というのも。

結局、今は生活保護を受ける高齢者の世帯が増えているということにも関係して、ある程度お年を召した方の自己破産も増えているということでしょう。

社会問題的にも高齢者の貧困というものがありますが、テレビや新聞、雑誌で取り上げられている以上に深刻なのではないでしょうか。

で、この年金ですが、自己破産しても当然取り上げられることはありません

高齢者の方にとっては、若い頃に一生懸命働いてやっともらえる年金ですから、何があっても取り上げられることになったら大変ですよね。

スポンサードリンク

 


確かに、自己破産時には財産と呼べるもの(20万円以上の価値があるとみなされるもの)や生命保険の解約金や退職金などは、取り上げられることになります。

だけど、公的に支給される年金については、処分の対象外ということになっていますので、今受けている年金もこれから受ける年金も取り上げられる事はないのです。

年を取って働けなくなった方にとっては、年金はお給料と同じで、生きていくための糧ですから、取り上げられては生きていけませんよね。

 

もっとも、基礎年金だけでは、生きていくための最低限の金額にも達しないので、生活保護を受けたり、老後も働かざるを得なくなる人がたくさん居るのです。

 

これは、由々しき状況ですけど。

サラリーマンのお給料については、自己破産した場合でも、引き続きもらえるのは当たり前と考えられているのですが、年金も同じ考え方だと言うことです。

借金の支払いを口座振替にしている場合、お給料の振込口座も同じところを指定していると、そのまま自動で引き落とされることもありますが、それは違法とは言えません。

だから、債務整理を依頼した時点で、お給料の振込口座はなるべく早く変更した方が良いでしょう。

これは、自己破産後の生活を守るためですので、後ろめたさを感じることは無いと思います。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 破産者でも融資してくれる正規の金融業者は?

破産者でも融資してくれる正規の金融業者は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産すると、破産者、ブラック、金融事故者などありがたくない名前がついて回ります。

 

仕方のない事ですが、これは凹みますよね。

 

破産者でも融資してくれる正規業者を教えて下さい。急いでいます」という質問がありました。

 

通常、こういった質問には「破産してるのにまだ借りたいんですか?」というような非難する回答が多いものです。

 

中には相手を見下して「闇金ででも借りたらどうですか?」という回答とか。

 

破産した人というのは卑怯者という観念がありますからね。

 

まあ、どんな理由があるにせよ、借りたお金を返せなかったのだから言い返すことはできないです。

 

できないですが、質問者も相当困っている様子なのに、その回答はないよねと思ったり。

 

相当お金に困っている人-債務整理体験談

 

人間同じ立場に立たないとわからないことって多いですから。

 

子どもを持ってみて初めて「親のありがたみ」がわかるというのと似てますね。

 

頭ではわかって感謝しているつもりだったけど、実際に子育てを経験してみると、「こんなに大変なことだったんだ」ということがわかります。

 

いや、破産することを擁護してくれと言っているわけではなく、自己破産に限らず債務整理を行った人は、すでになにかしらの痛みを抱えているわけです。

 

その傷をえぐるようなことはねぇ。

 

とは言え、冒頭の質問者に向けて「破産しているのにまだお金を借りるのですか?」というのはごくごく当たり前の気持ちだと思います。

 

だけど、生活が破綻したからこそ、多少の収入があってもどうしようもないシーンに出くわすことが多いとも言えます。

 

明日までに数万円必要」なんていうことは、何度もあるのです。

 

そして、その必要というのも生死に関わることであったり。

 

で、話は先程の「破産者でも融資してくれる正規業者」の質問に戻りますが、数名の回答者の方がかなり具体的な金融業者を紹介していました。

 

紹介というより、リンクを置いてそこから借りてもらおうという感じかな。

 

スポンサーリンク

 

 

やはり街金と言われるような金融業者で、もしかしたら破産している人でも貸してくれるかもしれないということです。

 

よく路地裏の塀などに広告を見かけるような金融業者ですね。

 

正規の金融業者ですが、保証金は必要で金利もかなり高く、貸してくれる金額は一桁ということが多いようです。

 

その際過度に個人情報を聞いてくるとか、白紙の契約書にサインを求められるとか、印鑑証明書を送るように言われるなどがあれば借りない方が良いでしょう。

 

特に「白紙の云々」に関しては、要注意どころか絶対にしてはいけません。

 

後から、法外な金額が書き込まれる危険性があり、そうなると、もう蟻地獄に落ちてしまったかのように、身動きが取れなくなりますから。

 

できれば借りない方が良いのは言うまでもありませんが、「どうしても」という場合になったら、せめてネットで悪い噂は無いか?くらいは調べたほうが良いでしょう。

 

調べた上で何も情報が無ければ信用できる、なんていうことではないですが、悪徳業者だと、比較的たくさんの苦情っぽい情報が載せられていることが多いので、ふるいにかけることはできます。

 

少なくとも、闇金融かどうかの判断はつくのではないでしょうか。

 

とにかく、すぐに信用することだけは避けたいものです。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 親が自己破産したら奨学金も受けられない?

親が自己破産したら奨学金も受けられない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしても、たとえ自己破産であっても、子を思う親心に変わりはありません。

 

自己破産したけど、子どもにはきちんと教育を受けさせたい」と願います。

 

それすら許されないような風潮はありますが、親の破産が子どもに影響を受けないようにしたいということが、一番の望みなのです。

 

だけど、自己破産してしまえば、教育ローンを組めるはずもなく、貯えがなければ大学に行かせてあげる事もままならないのです。

 

いや、大学はおろか高校にさえ行かせられないことも。

 

借金苦で子どもを高校にも行かせられない

 

たとえ貯えがあったとしても、100万単位の貯金があれば、債務整理した時に債務者に差し出さなければなりませんから。

 

それでも、子どもの将来にかかってきますから、なんとかしたいところです。

 

そこで浮かんでくるのが奨学金制度。

 

大学によっては、かなり優秀な成績でないと受けられないこともありますが、そうでもないところもありますので、諦めるのはまだ早いです。

 

奨学金の申請については、親御さんではなく本人がすることになるので、親が自己破産していても問題ないケースがほとんどです。

 

ただ、保証人を求められますので、そこをクリアしないといけないんですよね。

 

親戚やお世話になっている方などにお願いできれば良いのですが、なかなか頼みにくいのが現状です。

 

大学や奨学金の機関によっては、月々の奨学金から保証金を支払うという条件で、保証機関で保証してくれる場合があるということなので、聞いてみてください。

 

今は不況で、自己破産まで行かなくても、経済的な理由で進学を諦める子どもも多いとのこと。

 

大学進学だけが最善の道とは限りませんが、子どもが望めば行かせてあげたいとは思いますよね。

 

自己破産してしまうと、生活していくのがやっとで、教育のことまでは考えられなくなるのですが、大事なことなので、親子で十分に話し合うことが大切だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

この奨学金制度ですが、返済不要の奨学金が生まれるかもしれないというニュースもあります。

 

すでに実施しているところもあるようですが、まだ一般的では無いですね。

 

奨学金を借りられたのはいいけど、返せなくなって結局は滞納してしまうというケースも増えているということ。

 

「甘えている」という意見もあるでしょうが、社会人になっていきなり借金を背負わされているのと同じですから、お金を返す気があってもなかなか思うように行かないというのもわかります。

 

最悪の場合、自己破産を選択するケースもあるということですが、本当に生活が困窮して返せなくなったら、それもやむを得ないということになるのでしょうか?

 

ただ、「学びたい」という純粋な気持ちが、お金の問題によって暗い影を落としてしまったと思うと、やるせないですよね。

お金の心配をしないで勉強できれば、それに越したことはないでしょう。

 

※「親が自己破産していると教育ローンは借りられない」と書きましたが、日本政策金融公庫の教育ローンなら、もしかしたらローンが組めるかもしれないのです。

 

民間の金融機関では無いので、個人信用情報機関に加盟していないからという理由で、「借りられるかもしれない」という意見もあるようですが、教育ローンを組む人の経済状況については、調べられない訳がない、という情報も数多く目にします。

 

私も、経済状況など「きちんと返済できるかどうか」の審査については、民間の金融機関よりも厳しいのでは?と思うんです。

 

ならどうすれば良いのか?

 

教育資金融資保証基金」の保証を受けることもできる、ということ。

 

賃貸物件で言うところの、「保証人を立てられない場合は保証会社と契約する」ことと似ていますね。

 

デメリットとしては、一定の保証金がかかり、教育ローンの融資額から減額されることになりますが、まったく借りられないことを考えれば、ダメージは少ないでしょう。

 

誰でも利用できるかどうかはわかりませんが、教育ローンを借りられるかもしれないという希望は見えてきますよね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット