スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産すると保険証も取られるの?
Page: 1/29   >>

自己破産すると保険証も取られるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産や債務整理は、その後の精神的ダメージや社会的制裁もあり、安易におすすめできるものではないのですが、多重債務に陥り、心の余裕も無くなって心身ともに疲れ果ててしまったら、決断する時なのかもしれません。

 

 

その自己破産についてですが、以前も書きましたが、都市伝説のように、間違った噂が流れているのも確かです。

 

◯自己破産すると選挙権も無くなる

 

◯会社を辞めさせられてしまう

 

◯年金の支給が受けられなくなる

 

◯賃貸契約ができなくなる、あるいは断られる

 

◯家の中にあるものすべて取られてしまう

 

◯健康保険証も取り上げられるので、お医者さんにいけなくなる

 

自己破産すると保険証も取られて医者にかかれなくなる?

 

まあ、これらすべてが真実ならば、生活自体困難になってしまうので、全部本当だと信じている人は少ないでしょう。

 

それでも、一部は信じている人が多いのではないでしょうか?

 

ただ、この中で、「賃貸契約ができなくなる」と「健康保険証も取り上げられてしまう」については、嘘であり本当であることも。

 

という意味深な答えになるのです。

 

つまり「賃貸契約ができなくなる」ということは無いのですが、場合によっては断られることもある、ということ。

 

自己破産をしても、賃貸契約自体は問題なくできるのです。

 

そうしないと、家を取り上げられた後、住むところも無くなってしまいますよね。

 

だけど、保証人を立てなれなくて、家賃保証会社にお願いした場合、信販会社が中に入っていることが多いですから、クレジットカードの与信のように、個人信用情報を参照することもあるのです。

 

そうなると、ブラックであることもバレてしまいますから、「家賃も払ってくれないのでは?」となり、賃貸契約を断られることも。

 

だから、債務整理後の家探しでは、保証人を立てるということが、半ば必須になるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

で、「保険証を取り上げられる?」ですが、これは自己破産したからと言って取り上げられることは無い、と断言できます。

 

なんですが、多重債務時に国民健康保険料を滞納しているケースもあるので、自己破産時にはすでに、督促→催告書→健康保険証が発行されないというステップを踏んでいる場合も。

 

まだ悪質と判断されていなければ、一ヶ月ごとの保険証は出してもらえるのですが、もっとこじれてしまうと、保険証は発行されなくなってしまいます。

 

まあ、その場合でも、「滞納分を支払う意志がある」ということであれば「資格証明書」は出してもらえますので、お医者さんに行ったら窓口で全額負担することにはなりますが、後で7割は返ってくることになります。

 

それでも、悪質と判断されれば、お給料の差し押さえもありますから、「お医者さんにかかれればいいや」なんて楽観的に考えていたら、とんでもないことになってしまいますよ。

 

ということで、自己破産すると◯◯というのは、間違いであることも多いけど結果的には当たっていることもある。

 

自己破産を怖がることは無いけれど、隠れた代償を無視すると痛い目にあいますよ、ということですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産したら会社をクビになる?誰にもバレずに自己破産するには?

自己破産したら会社をクビになる?誰にもバレずに自己破産するには?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄から自己破産を決断するまで、というのは、本人にとっては、それはそれは長く感じる時間でしょう。

 

とは言え、決断してからは、腹をくくるというか、少しづつ眼の前の霧が晴れてくるような気がするのも事実です。

 

それと同時に、「どうしてこんなことになってしまったんだろう?」という後悔と自分を責める気持ちがあるのも、本当のところ。

 

イザ決心したはいいけれど気がかりな点がたくさんある、という方もいらっしゃるでしょう。

 

自己破産するかどうか悩んでいる中年男性

 

ここで、自己破産にまつわる疑問点をもう一度おさらいしてみましょう。
 

●自己破産をすると、会社をクビになることがある?

 

会社づとめをされている方にとって、一番気になるのが「会社に知られないだろうか?」ということと「知られたら解雇されてしまう?」ということだと思います。

 

これについては何度か書いたことはあるのですが、自己破産したことを仮に会社側が知ったとしても、このことで社員を解雇することはできません。

 

とは言え、お金に困っていると、会社から前借りのような形で借り入れをしていることもあるでしょう。

 

会社からの借入金がある場合、返済できないということで会社に損害を与える原因となりますので、最悪の場合は解雇されることもあり得ます。

 

スポンサーリンク

 


●そもそも自己破産したら会社にもバレてしまうの?会社にバレずに自己破産をすることはできる?

 

自己破産の申請書類を会社側に請求することはまず無いため、会社からの借り入れがない限り、会社に自己破産をしたことが知られる可能性は低いということ。


ただ、退職金額の証明書を必要書類として提出しなければならないこともあるので、その時にバレてしまう恐れはあります。

 

また、借金を抱えていると、滞納した時に、金融業者から会社に電話がかかっていくることあるので、たとえ個人名でかけてきても、噂になって会社に居づらくなることはあるでしょう。

 

つまり、何もトラブルが無ければ会社にバレることは無いけれど、どこかからかバレてしまう可能性はある、ということを覚悟しておいたほうが良い、ということですね。

 

会社にバレるのも怖いですが、自己破産したら、住宅や車などすべて手放さなければいけなくなる、という点も気になるところです。

 

●自己破産しても住宅を手放さなくて良い方法はある?

 

個人再生を選べば、住宅を手放さないで手続きをすることができますが、自己破産では、まず持ち家は手放さなければなりません。

 

住宅を取られる=競売というイメージがありますが、ある程度こちらの要望も聞いてくれる「任意売却」を選ぶことで、精神的にも経済的にも楽になります。

 

任意売却については、弁護士に相談するか、任意売却を取り扱っている不動産会社に聞いてみることで、一般的な売買の方法に近い形で、自分の家を手放すことができるのです。

 

そういった意味でも、「家族にバレずに自己破産する」というのは、100%無理では無いけれど、おすすめしません。


●家族に内緒で自己破産はできる?

 

依頼した法律事務所や担当の弁護士の方に、「家族には知られたくない」と言えば、極力書類を郵送する回数を減らしたり、差出人の名前を個人名にしてもらったりすることはできます。

 

裁判所からの呼び出しも、通常は依頼している法律事務所経由で送られてくるので、家族にバレないように免責を得ることも可能でしょう。

 

ただ、上記のように、持ち家だったり所有する不動産がある場合は、家を追い出されるのですから、内緒にするわけにはいかないですよね。

 

いや、賃貸に住んでいたとしても、人生を左右するような大きな決断になるわけですから、家族、最低限夫や妻には言うべきだと思います。

 

債務整理後の生活再建を、一緒に乗り越えていくためにも、家族には、真っ先に相談すべきでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?

自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「自己破産した後で例えば3億円の宝くじに当選したら、当選金はもらえるの?」という質問を見つけました。

 

借金のある身だと、どうしても「宝くじに当って借金を返す」ということを、一度や二度は考えてしまうでしょう。

 

実際に、借金返済のために、食べるものを買うお金を削って宝くじを購入していた、なんていう方も居ますから。

 

確かに、事業が失敗して、億という数字の借金を背負ってしまった場合など、どんなに一生懸命に頑張っても自力で返するのは困難です。

 

ならば、一攫千金の夢を!ということで、せっせと宝くじを購入するという気持ちもわかります。

 

宝くじで一攫千金!-債務整理体験談

 

私も、多重債務時代には、お金も無いのに「ここの売り場で高額当選者が出た」と聞けば買いに行き、「この袋にくじを入れて保管するだけで高額当選間違い無し」なんていう怪しげな開運グッズにまで手を出した時期がありますから。

 

その後、あまりにも当たらないので、今ではほとんど買っていませんが、統計によると、「長年買い続けている人」が高額当選者の中には多いとか。

 

やっぱり、何事もやるんならとことん続ける、というのが原則なんでしょうね。

 

で、「自己破産しても宝くじに当選したら、当選金額は受け取れるのか?」ですが、宝くじの購入時期によって違ってくるのだそうです。

 

自己破産手続き中でも破産開始決定前に購入した場合、宝くじが高額当選した場合、当選金を受け取る権利は破産財団にあるということ。

 

すなわち、1億円当選したら、例え借金総額が1,000万円でもすべて没収されるということなんですね。

 

それならば、「宝くじの当選日を待ってから自己破産の手続きをすれば、借金を返した後の金額はもらえるのに」と思いますが、あらかじめ高額当選するなんてわからないですから。

 

スポンサーリンク

 

 

多重債務で借金の返済もままならなくなって、トボトボと町をさまよっている時に、たまたま目にした「1等1億円当選者出ました!」という旗に、吸い寄せられるように立ち寄った宝くじ売り場。

 

そこで、ポケットをさぐって出てきた千円札に望みをかけて、「3枚ください。バラで」と購入した宝くじが、まさかの1等当選するなんて、小説の世界でもなかなか無いですよね。

 

それが現実に起こったとするなら、奇跡としか言いようがないですが、すべて取り上げられるとは。

 

身から出た錆とは言え、現実は厳しいのです。

 

まあ、「隠している財産は何もありません。今持っている資産では到底借金は返せないので自己破産させてください。」とお願いしたのですから、致し方ないのです。

 

ではどうすれば良いのか?

 

きちんと免責が下りた後に、宝くじを購入することです。

 

自己破産の免責がおりれば、その後に稼いで貯めたお金も、何かのくじで当たった賞金も、もちろん宝くじ当選金もすべて自分のものになるのですから。

 

その上で、債権者の方々に済まないと思えば、任意で返済すれば良いのです。

 

1億円も当選したら、数百万の借金なんて余裕で返せますよね。

 

借金をすべて返し終えて、迷惑をかけた方たちにはお礼をして、その残りで人生をやり直すとなれば、相当気分もすっきりしますから。

 

とは言え、宝くじ高額当選への道は、遠く険しいのですが・・・


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット