スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産すると会社を辞めさせられる?再就職は?
Page: 1/26   >>

自己破産すると会社を辞めさせられる?再就職は?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理、中でも自己破産を決意するのはよっぽどのこと。

多重債務の時には、「どうしてもこの借金は返さなくてはいけない」と思い、必死に頑張った結果、「やっぱりダメだった」と判断して初めて心を決めるのだと思います。

そこまでの道のりは平坦なものではないでしょう。

もしかしたら、何度も自分の命を粗末にしかけたかもしれません。

自分のためよりも、家族や親しい方たちのために決心することも。

いずれにしても、悩んで悩んで悩みぬいて決めること。

借金で悩みすぎて頭痛がしてきた

だから、どうしても、自己破産についてのマイナーな話しか耳に入ってこないのです。

いや、確かに自己破産をするということは、人生の中でも一番と言っていいくらい暗いできごとなのですが、それ以上に「◯◯できない」「◯◯もすべて取られてしまう」など間違った情報も多く見られます。

中には「選挙権も剥奪される」というものまでありますから。

これは、全くの間違いです。

一番気になるのが、「会社はそのまま勤められるのか?」「自己破産したらクビになるのではないか?」ということですよね。

私達のように自営の仕事の場合は、「仕事をそのまま続けられるのか?」と言うように。

結論から言えば、自己破産を理由に会社を辞めさせられることは無いのです。

経営者や上司に、あなたが自己破産したこと自体、報告する義務はありませんから、そのまま何事も無く働くことができます。

また、債務整理を依頼した弁護士や司法書士には、依頼人の情報を漏らしてはいけない守秘義務がありますから、そこから漏れることはまず無いでしょう。

スポンサードリンク

 


ただし、自分から言わなくても、多重債務時代に会社に金融業者から督促の電話が度々かかってきたり、裁判をおこされて、給料が差し押さえられたりすれば、会社にわかってしまうことはあります。

その場合でも、いきなりクビを切られたら、不当解雇にあたることになるのです。

ただ、社員が少ないこじんまりした会社だと、居づらくなって自分からやめざるを得ない状況になることはあるでしょうが。

とにかく、自己破産をしたら会社を辞めなきゃいけない法律は無いわけです。

では、再就職する場合はどうでしょうか?

ある方の体験談ですが、自己破産の免責を受ける前にすぐに働かなきゃいけなかったので、たまたまハローワークで見つけた仕事が警備員でした。

お給料も結構良く、条件も自分の都合にぴったりだったため、すぐに面接を受けに行ったのですが・・・

まだ資格制限期間中だったため、断られてしまったそうです。

このように、宅建業者や警備員などの仕事は、自己破産の資格制限期間中は就くことができません。

ただし、免責がおりて復権すれば大丈夫なはずです。

まあ、このように一部の職業に規制があるだけで、他の職業に関しては、「雇ってはいけない」どころか、「自己破産を理由に再就職を拒んではいけない」と決められているのですが、実際には「断られることもある」というのが本当のところ。

雇う側に立って考えれば、特にお金の管理を伴う仕事の場合は、万が一自己破産したことがわかれば、「雇いたくない」というのが本音でしょう。

となれば、そういった仕事は選ばないという選択肢もある、ということです。

特にこだわりがなければ、再就職先を見つける時に、仕事内容よりも職種に気をつけるということも大切なのかもしれません。

 

追記:警備員や金融業者の就業審査で、一部の会社が「個人信用情報の提出を求めた」ということが、一時問題になっていました。

確かに、大事な顧客のお金や貴重品を管理する仕事なので、経営者側の気持ちもわからなくは無いですが、人権問題やプライバシーの問題にまで発展したのも事実です。

 

そういった意見も受けて現在では行われていないようですが、万が一「ブラックであった」ということがわかれば、採用されるのは難しいかもしれませんね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> なぜ宝くじ高額当選者は高い確率で自己破産するのか?

なぜ宝くじ高額当選者は高い確率で自己破産するのか?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

借金と言えば、「お金が無い人がするもの」と思いますよね。

 

でも、私達が夢見る一攫千金を手にした人、そう宝くじ高額当選者が、実はその後に借金まみれで自己破産する確率が高いとしたら?

 

諸説ありますが、ある統計によると約7割以上の高額当選者が、破産したり不幸な生活を送っているという事実があるそうです。

 

まあ、こういった話はよく聞きます。

 

何しろ、一般庶民の私達からしてみたら、億なんていうお金を一度に手に入れるなんていうことは、まさに夢の中のできごと。

 

いくら「大金が手に入っても冷静にしていないと」と言われても、顔は常に笑っている状態で、気持ちはハイになり、もちろん気も大きくなってしまうので、仕様もないところに大金を注ぎ込んでしまうものです。

 

例えば、「家を買ってしまうと、宝くじに当たったことが近所の人にバレるので、前々から欲しかった池を作って錦鯉でも泳がせるか」とか。

 

 

笑っちゃいますけど、本当にあった話らしいですよ。

 

知人に相談すると、「錦鯉業者を知ってるから口を利いてあげる」ということで任せたら、大したものじゃないのに、一匹百万円とふっかけられて、数百万いきなり飛んでいったということ。

 

その時は、気が大きくなっていますから、騙されたとは薄々気がついていても、「まだ9,000万円以上も残っているから」と思うんですよね。

 

もしかしたら、1億円当たった時点で、5,000万円くらいの家を買ってしまったほうが良かったかもしれません。

 

だけど、それだと、マイホームは手に入るけど、豪邸と言うには物足りないでしょうし、家具や家電を新調してしまったら、手元に残るお金はあまり無いでしょう。

 

車も新しくして、なんて言っていたら、もしかしたら足りないくらいかな?

 

そうなると、日々の暮らしを維持させるためにも会社勤めは辞められないし、そんなに贅沢はできなくなる。

 

考えてみたら、タダで家と車が手に入るのですから、もう天にも昇る気持ちにはずなのですが、生活自体のランクが上がらないことには満足できなくなるんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

なんとなく、そういう気持ちはわかります。

 

お金持ちしか行けないような高級料亭に行ってみたい」とか「ブランド品を大人買いしてみたい」とかね。

 

最初は、「贅沢な暮らしをしていると、周囲にバレるかもしれない」と恐る恐る使うのですが、そのうち、外食にかけるお金も万単位、毎日の買い物もセレブ御用達のスーパーに。

 

なんていう生活をしていると、どんどんお金は無くなってしまいます。

 

私なんて、ほんの数万円当たっただけでも、なんとなく気が大きくなって友達におごってしまいましたから。

 

それでも、仕事さえ辞めなければなんとかなるのですが、億単位の高額当選してしまうと、仕事も辞めてしまいます。

 

なんと、悲しいことに、人間って「自分の収入にはこれくらいの暮らし向きが合っている」というのがわかっているのに、どうしても認めたくないという心理もあるんだそうです。

 

そんな時に大金が手に入ったら?

 

タガが外れたようになってしまっても仕方のないこと。

 

となると、宝くじには当たらない方が良いのか?ということになってしまいますが、もしかしたら、借金まみれの人生を一度経験した私達だからこそ、お金に振り回させない生活ができるかもしれませんよ。

 

多重債務になったり債務整理を経験した時に、どれだけ気持ちを入れ替えられるか?によって違ってくるのでしょうが。

 

一番良いのは、宝くじに頼らず、自力で高額所得者になることなんですけどね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 親が自己破産しても奨学金は借りられる?

親が自己破産しても奨学金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産すると、借金は無くなりますが、その代わりに無くすものもたくさんあります。

まあ、仕方がないことなので、自業自得と割り切りましょう。

社会的制裁と思えば「甘んじて受け入れる」こともできるというもの。

とにかく、借金を反故にしておいてその先も普通に暮らせるだけでも感謝しなくてはならないですから。

無くすものとしては、まずは個人の財産

これに関しては、自己破産に陥るほど借金が膨れ上がっていたのですから、財産なんてほとんど何も無いという方が多いでしょう。

それでも、どんなにボロ家であったとしても、持ち家なら没収されますし、どんなに年式の古い車でも少しでも価値があれば持って行かれます。

そして、一番困るのが今後5〜10年間はローンが組めないこと。

物品の購入もさることながら、子どもの将来に関わる教育ローンが組めないのは親として情けないです。

何とかして組めないだろうか?と思うのですが、官報や個人信用情報に事故記録が掲載されている間は、どこからも融資は受けられません。

例え教育ローンであっても。



国のローンである日本政策金融公庫なら大丈夫、という話も聞くのですが、審査は民間のローンより厳しいそうです。

自己破産の履歴があれば、まずは受からないだろうということ。

まあ、債務整理後でも受かったという方の体験談も少しはあることから、100%不可能ということは無いのかもしれませんが、難しいでしょうね。

スポンサードリンク

 


ただし、親の名義で申し込むものは限るわけで、子供名義ならOKなのです。だから、子供名義で申し込む奨学金に関しては問題なく申し込めるということになります。

大学も、今や少子化の時代で学生の確保も困難なところもあります。

奨学金に関しても、そこまで優秀じゃなくても受けられる大学もあるようです。

結局、大事なのは子どものやる気を摘まないということですよね。

「勉強したい」という気持ちを尊重してあげたいところ。

民間の教育ローンが組めないからと言って、安易に諦めないことが大切なんだと思います。

もっとも、この奨学金制度。

金利は低いですし、民間の金融業者からの借り入れではないので、借金という感覚があまりないのですが、返済は必要ですし、滞納すれば督促はあります。

しかも、今は借入金回収にあたるのは民間の専門業者ということが多いので、容赦なく督促が来るという話も聞きます。

返済義務があるのは子供ですから、親としては滞納になった場合辛いですよね。

自己破産していたら、援助してあげたくてもあげられないというのが現状でしょうから。

 

奨学金や教育ローンだって、どうしても返済できない場合には債務整理することもできるのですが、「子どもにまでそんな経験はさせられない」というのが正直なところ。

 

とは言え、リスクをあまり考えすぎていては、何もできません。

中には、「将来返金する必要のない奨学金制度」を検討している教育機関もあるようですから、あらゆる手段を考えれば進学も夢では無いでしょう。

その前に、生活の立て直しをすることが一番大事なのは言うまでもありませんが...

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット