自己破産したら公共料金も免除になる?NHKの受信料は?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産したら公共料金は支払わないで良い」と考えている方が意外と多いのでビックリしました。

自己破産をすれば、借金が帳消しになるので、その後の支払いはすべて「なし」になる、なんて思ってしまうのもわからないでもないですが、これは間違いです。

もしかしたら、「生活保護」と混同しているのかもしれませんね。

生活保護の場合は、確か公共料金も自分で支払わなくて良かったと思います。



自己破産で帳消しになるのは、あくまでも借金だけですので、電気・ガス・水道料金はもちろんのこと、税金もNHK受信料も支払わなくてはいけません。

まあ、公共料金は当たり前としても、NHK受信料に関しては、テレビもほとんど見ないのにどうして払うんだろう?と思ってましたけど。

 

あっ、唯一の抜け道として、自己破産申請時の債権者の中にNHKを入れておけば、支払いを免れるケースもあるそうですが、だいたいそんな時に思いつかないですよね。

多重債務から自己破産などという道を歩いていると、私もそうでしたが、思考回路が少しおかしくなってしまうのです。

それで、「もしかしたら、すべての支払いがタダになる?」なんて思ってしまうんでしょう。

だけど、そうだとしたら、あまりにも債権者が浮かばれないと思いませんか?

いつも書いているように、自己破産は最終手段です。

 

スポンサードリンク



多重債務で、借金を返せず、「明日生きるためのお金」もなく、食べるものも食べられずに、それでも働き詰めに働いて・・・

もう夜逃げか、自分で命を絶つしかないような、そんな状態にまで追い込まれてしまった場合。

また、そこまで行かなくても、「このまま借金を返し続けていても、利息の部分を支払うのみで、まったく減らない」というような状態になっている場合。

借金のためにうつ病になってしまったり、借金を買えさなければならないのに働けなくなり、自暴自棄になってしまった場合。

こんな状況で居るよりは、自己破産を選んだ方が、少しでも前に進める、ということなんです。

確かに、自己破産をすると、デメリットの部分が相当出てきますが、それでも、「生きている」ということを実感できれば、感謝することだってできます。

自己破産に限らず、債務整理をした後は生活の建て直しもうまくいかず、公共料金を支払うこともままならないような状態が続くことも多いです。

それでも、稼いでも稼いでも借金返済に消えてしまう状態よりも、数倍マシであると考えましょう。

 

追記:NHKの受信料が、若干ながらも安くなるという報道がありましたね。

 

もしかしたら、その分、支払いの催促も厳しくなったりして。

 

なんでも、派遣社員として働いている人のところにも、寮に入居して数日で、NHK受信料の集金人が来たそうですよ。

 

これからもっと厳しくなるとしたら、どうなるのでしょうね?

 

 

親が自己破産しても奨学金は借りられる?進学は諦めるしか無い?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産すると、借金は無くなりますが、その代わりに無くすものもたくさんあります。

まあ、仕方がないことなので、自業自得と割り切りましょう。

社会的制裁と思えば「甘んじて受け入れる」こともできるというもの。

とにかく、借金を反故にしておいてその先も普通に暮らせるだけでも感謝しなくてはならないですから。

無くすものとしては、まずは個人の財産

これに関しては、自己破産に陥るほど借金が膨れ上がっていたのですから、財産なんてほとんど何も無いという方が多いでしょう。

それでも、どんなにボロ家であったとしても、持ち家なら没収されますし、どんなに年式の古い車でも少しでも価値があれば持って行かれます。

そして、一番困るのが今後5〜10年間はローンが組めないこと。

物品の購入もさることながら、子どもの将来に関わる教育ローンが組めないのは親として情けないです。

何とかして組めないだろうか?と思うのですが、官報や個人信用情報に事故記録が掲載されている間は、どこからも融資は受けられません。

例え教育ローンであっても。



国のローンである日本政策金融公庫なら大丈夫、という話も聞くのですが、審査は民間のローンより厳しいそうです。

自己破産の履歴があれば、まずは受からないだろうということ。

まあ、債務整理後でも受かったという方の体験談も少しはあることから、100%不可能ということは無いのかもしれませんが、難しいでしょうね。

スポンサードリンク

 


ただし、親の名義で申し込むものは限るわけで、子供名義ならOKなのです。

 

だから、子供名義で申し込む奨学金に関しては問題なく申し込めるということになります。

大学も、今や少子化の時代で学生の確保も困難なところもあるので、奨学金に関しても、そこまで優秀じゃなくても受けられる大学もあるようです。

結局、大事なのは子どものやる気を摘まないということですよね。

「勉強したい」という気持ちを尊重してあげたいところ。

民間の教育ローンが組めないからと言って、安易に諦めないことが大切なんだと思います。

もっとも、この奨学金制度。

金利は低いですし、民間の金融業者からの借り入れではないので、借金という感覚があまりないのですが、返済は必要ですし、滞納すれば督促はあります。

しかも、今は借入金回収にあたるのは民間の専門業者ということが多いので、容赦なく督促が来るという話も聞きます。

返済義務があるのは子供ですから、親としては滞納になった場合辛いですよね。

自己破産していたら、援助してあげたくてもあげられないというのが現状でしょうから。

 

奨学金や教育ローンだって、どうしても返済できない場合には債務整理することもできるのですが、「子どもにまでそんな経験はさせられない」というのが正直なところ。

 

とは言え、リスクをあまり考えすぎていては、何もできません。

中には、「将来返金する必要のない奨学金制度」を検討している教育機関もあるようですから(すでに実施している学校もある)、あらゆる手段を考えれば進学も夢では無いでしょう。

その前に、生活の立て直しをすることが一番大事なのは言うまでもありませんが、「子どもの教育」というのは、「後でなんとかできる」ものではありません。

 

大切な子どもの将来に関わることなので、「進学は諦めるしか無い」なんて思わずに、いろいろな方法を考えたいですね。

ギャンブルで作った借金だと自己破産はできない?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産後の生活、それは通常の生活を営んでいる人にとっては、ホームレスになってしまうほどの屈辱を感じるでしょう。

私は、自己破産ではなく任意整理でなんとか借金を整理出来ましたが、整理したという事実は心の中からは一生消えないと思います。

借金を返せなかった卑怯者!」といつもどこかで罵られているような気さえするのです。

ただ、今借金地獄に陥っている人には、「もう借金で借金を返すようになったら、債務整理を考えたほうがいいですよ」ということは言いたいです。

債務整理を考えても、実際の生活というのもが具体的に想像しづらいものですから、どうしても二の足を踏んでしまうんですよね。

ここに、私の知り合いの自己破産体験談を書いてみます。

ところどころ、私の体験談とかぶることも多いです。

仮にA氏とすることの男性は、エリートと呼ばれるサラリーマンでした。



それが、仕事のストレスからかパチンコにはまり、そのうち依存症と呼ばれるまでになってしまったのです。

何しろ、朝から晩までパチンコのことしか考えられなくなったと言いますから、相当なもの。

前を通ったら吸い込まれるように店の中に入ってしまうので、駅周辺にパチンコ店が無い駅を選んで、その支店に転属を希望したほどです。

それでも、休みの日には奥さんに嘘を付いてでも行ってしまい、借金してまで通うようになりました。

年収も500万円以上と恵まれていたため、最初は自分のお小遣いでやりくりしていたものが、そのうちできなくなり、最初はクレジットカードのキャッシングを利用し、信販会社を経て、とうとう消費者金融にまで借金を作る日々

それでも、昼食を抜いたり、子どもの教育費として貯めていたものを使い込んで、なんとかやりくりしていたのですが、どんどん金利の高いところから借金をするようになりますから、当然返せなくなります。

なんと借金総額が・・・

 

その頃、ご実家のお店が経営難で援助していたことも重なって、なんと、気がついた時には総額1,000万円以上にまで借入金額が膨れ上がっていたとか。



ちょうどその時、会社でのちょっとした使い込みが発覚し、会社も首になってしまったのです。

奥さんにもバレて、心配され「もう二度とパチンコはしない」と誓い、自己破産の手続きに踏み切ったのですが...

スポンサードリンク

 

 


自己破産では、ギャンブルや浪費での免責は認められていないのです。

ただ、裁量免責という制度があるので、依存症であるということと本人も自覚して治療に励んでいるという点、自己破産申請が初めてということなどの理由で自己破産できたということです。

その辺は、本人がやり直す意志があるかどうか?ギャンブルによる借金の割合がどれくらいか?で免責がおりるかどうかが決まってくるんですね。

 

ちなみに、この知人は、その後朝早い仕事に切り替えて、とにかく体を動かすようにしたそうです。

 

「忙しく動いていれば、パチンコのことを考えることも無いだろう」という荒療治だったのですが。

 

見事にこの方法がはまって、今では、すっかり元の生活に戻り、趣味の社交ダンスも始めたみたいで、「今が一番人生で輝いているかも」と言っていました。

 

もちろん、すべての方にこの方法が向いているか?と言えば、人によると思いますが、「諦めない気持ち」が成功に導いたのでしょう。

ギャンブルで作ってしまった借金だから、自己破産したくてもできない」と最初から諦めずに、弁護士さんに相談に行った方が良いと言われるのは、こういったことがあるからです。

どんな状況下にあっても、やり直そうという強い意志があれば、生活を立て直すことは可能です。

まずは、「今の生活から抜け出す努力」をするところから始めましょう。