スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理のメリットは?デメリットもある?
Page: 1/8   >>

任意整理のメリットは?デメリットもある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理のメリットとしては、月々の支払金額が単純に減額されることです。

 

例えば、毎月12万円も支払っていたとすれば、債権者との和解後には4万円まで支払い金額を減らすことも可能なのです。

 

これは大きいですよ。

 

私も、多重債務時代は最大で20万円くらいの支払いがあったので、「人をひとり雇っているようなものだ」と頭を抱えていたのですから。

 

任意整理での支払いでは、利息分がカットされるので、多重債務の時に悩まされていた「払っても払っても元金が減らない」という呪縛から抜け出せるのです。

 

また、グレーゾーン金利廃止になる前の金利で借りていた場合、過払い請求の対象となりますから、うまく行けば、借金総額がグンと減ることになります。

 

借金金額が減って嬉しい-債務整理体験談

 

良いことばかりのような気がしますが、問題は、今まで何年もかけて返してきた借金を、基本3年で返していかなくてはならないこと。

 

以前も書いたように、私はラッキーなことが重なり、自己破産を免れてなんとか任意整理で完済できましたが、最初は「支払いし終えるのだろうか?」と心配でした。

 

借金総額が多かったので、弁護士さんからも、再三「自己破産にした方が良いのでは?」と言われていたくらい。

 

現に、支払いが辛くなる度に、「これから自己破産に変更すことは可能なのだろうか?」というようなことばかり考えていました。

 

とは言え、延長は最大5年くらいまで認めてもらえそうなので、万が一払えなくなっても融通は効くのですが、それも債権者の采配一つで変わってきます。

 

特に、消費者金融の場合、最近は経営が悪化しているケースも多く、貸し倒れに対する警戒も強いので、延長に同意してくれる可能性は低いでしょう。

 

逆に、信販系の会社だと、5年を超える分割払いの提案でも、応じてくれるところもあるようです。

 

あと、任意整理のメリットとして挙げたいのは、「整理する債権者を選べること」なんです。

 

私の場合も、「どうしても明日までにお金が必要」となった時に、快く増資してくれた消費者金融だけは、任意整理対象から外したかったので、ここだけでも自力で返済できて良かったと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

注意しなければならないことは、「不動産担保ローンを利用している場合の任意整理」です。

 

この時、不動産担保ローンを債権者一覧から外さなければ、多分、任意整理の話し合いに応じてくれることは無く、抵当権を駆使して競売にかけられるかもしれません。

 

そんなことをしたら、せっかく自己破産を避けて任意整理にしたのに、家や不動産を失ってしまうのです。

 

なので、不動産担保ローンの支払いは続けたまま任意整理する、ということになりますが、その分月々の支払金額も多くなってしまいますよね。

 

「これじゃあ、何のために任意整理したのやら」ということにもなりかねませんので、この場合は、自己破産もやむを得ないということになってしまうでしょう。

 

そういったことにならないためにも、不動産担保ローンを利用する場合には、「数年後も支払い続けられるのか?最悪の場合、家を取られるリスクがある」ということを、きちんと考えて上で契約することが大切です。

 

その他、任意整理のメリットとしては

 

○債権者との和解交渉や利息カットなどについては、すべて弁護士や司法書士が直接話し合いをしてくれるので、裁判所に出向く必要がない。

 

○ブラックリストに載るというか、信用情報には事故歴として載ってしまうので、ローンやクレジットカードの取得ができないのは他の債務整理と同じですが、完済後は審査に受かる可能性もある

 

○裁判所からの通知が届くことが無いので、家族に内緒で手続きしやすい

 

ということがあります。

 

どんな方法にもメリット、デメリットがあることを承知の上で、債務整理を検討することが望ましいということですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理中に返済ができなくなったら?ということは、債務整理でどの方法を選ぶか?という時にもっとも考えなければならないことです。

いくら返済額が少なくなったとしても、原則として3年以内に残債を返さなくてはならないので、結構苦しいのは確かなのです。

私も、自己破産だけはどうしても避けたかったので、任意整理を選んだのですが、副業が上手くいかなかったら返せなかったと思います。



もともと収入がが少なくて借金をした場合、「借りたお金は返すのが当たり前」と思ってはいても、なかなか思うようにはいかないものです。

例えば、月々のお給料が20万円そこそこしか無かった場合。

家賃や光熱費、税金などを引くと10万円ちょっとしか残らないでしょう。

そうなると、1家4人で暮らしていくのは困難な場合が多いです。

「お金が無いのに贅沢するからだ」と思いますか?

相当切り詰めたとしても、ギリギリの生活と言うところだと思います。

そこへ借金の返済が月5万とかになったら?

生活はすぐに破綻してしまうのです。

それでもお金を借りてしまうのは、「臨時収入があればなんとかなる」という気持ちや「来月頑張れば」という気持ち。

それは決して嘘ではないのです。

 

実際に、アルバイトを掛け持ちしたこともありましたが、体を壊してしまい長続きししなかった、ということはありますが。

スポンサーリンク



私なんて、「宝くじにでも当選すれば何とかすべての借金が返せる」と半ば本気で思っていましたから。

要するに「今はダメだけど、なんとかなる」と思い込んでしまうのです。

確かに、「借金が雪だるま式に膨れ上がって、もうこれ以上生きていけない」と思った状態から、一発逆転で起き上がり小法師のようにたと直す人も居ます。

だから、「なんとかなる」と思うことは決して悪いことではないのですが、私も含めて「多重債務」になってしまうと「とにかく先延ばし」という考えに陥ってしまうことが危険なのです。

最初の話題に戻りますが、任意整理中に失業してしまったらどうしますか

ただでさえ生活が厳しいのに、残債を返していくのは困難になりますよね。

債務整理をしてブラックになっていますから、もうどこからもお金は借りられません

お金の悩み

止むを得ない理由の場合は、支払期間の延長を申し出ることができますが、認められるかどうかの判断は結構厳しいということです。

となると、最終的には自己破産に変更するということになります。

結果、今まで一生懸命返してきたお金は無駄になりますので、やはり債務整理を依頼する時には「もしも支払えなくなったら?」ということを、十分に考えなければいけませんね。

 

そして、任意整理途中であっても「支払い続けるのは無理」と判断すれば、自己破産に切り替えるかどうかを、早めに弁護士さんに相談することをおすすめします。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 年金だけの生活になっても任意整理はできる?

年金だけの生活になっても任意整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理は、ご存知のように、債務整理の中でも特殊な借金解決方法と言えるでしょう。

 

一番わかりやすいのは、「裁判所に申し立てを行わない」ということ。

 

だから、費用的にも安く済むし、債権者との和解が早ければ、スピーディーに処理が進むのです。

 

反面、債権者がなかなか和解に応じてくれなければ、それだけ時間もかかると言うもの。

 

ということで、最初に司法書士や弁護士の方に相談に行っても、本人に返済能力があまり無いと判断されれば、自己破産の方を勧められてしまうんですよね。

 

ちょうど私もそうでした。

 

相談に行った時は、自営の仕事もどん底で、他にはアルバイト的な仕事しかしていなかったため、「3年で返済するのは無理でしょう」と言われたんです。

 

借金総額も大きかったですし。

 

ただ、「自己破産だけは避けたい」と思っていたので、すがるような気持ちで「任意整理で何とかならないですか?」と何度もお願いしていたのですが・・・

 

ちょうど、その弁護士さんが抱えていた他の案件で、任意整理なのですが、1社だけなかなか和解に応じないケースがあったそうです。

 

任意整理で1社だけ和解に応じない

 

それでも、粘り強く交渉した結果、やっと和解にこぎつけ、残債の返済が始まったということ。

 

最初は順調に返していたのですが、途中から遅れ気味になり、とうとう2年間返したところで、滞納が重なりギブアップ。

 

つまり、途中で自己破産に切り替えたわけです。

 

そうなると、苦労して返していた2年分の返済金額は、宙に浮いた形となり、また一から自己破産手続きのやり直しになるんですよ。

 

弁護士さんも、プライバシーの保護義務があるので、それ以上詳しいことはおっしゃいませんでしたが、私達にも同じような未来を見ていたのでしょう。

 

「悪いことは言わないから、自己破産で手続きした方が良いですよ」と。

 

その時は、「私達のためを思って言ってくれているのだ」ということがわかり、明日は我が身と一度は「自己破産」でお願いすることにしたのです。

 

その後、副業として始めていた仕事がうまく行き、なんとか任意整理で完済までできたのですから、ラッキーだったとしか思えません。

 

だけど、まだ若かったし、今ほど不景気ではなかったので上手く行ったところもあるんですよね。

 

これが、すでに年金暮らしの身だったら、どうなっていたか?と考えると、難しかったでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

実際に、年金のみの収入であっても、債権者がOKなら任意整理をすることは可能です。

 

ただし、年金の額によるでしょうね。

 

自営業の場合、国民年金基金などに加入していなければ、受給額が一桁なんていうことも。

 

そうなると、借金がいくら減らされると言っても、3年で残債を払っていくのは至難の業で、日々の暮らしさえ危ういですから。

 

例えば、借金を100万円まで減らしてもらっても、3年で割るとひと月3万円弱になってしまいます。

 

20万円くらいの年金をもらっていても、体のどこかにトラブルを抱えていれば、毎月の医療費や通院代などもかかるので、そんなに余裕のある生活はできないですよね。

 

家のローンがまだ残っていたり、固定資産税や修理代などもかかりますから、老後の生活ってそんなにゆとりのあるものではないのです。

 

老後破産が問題になるのも、こういった背景からだと思います。

 

年を取ってから借金を抱えてしまったら、できるだけ早いうちに借金をまとめるか、家を売却する、自己破産などの選択肢も視野に入れた方が良いでしょう。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など