スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理中なのに破産できるの?
Page: 1/7   >>

任意整理中なのに破産できるの?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理中にお金が足りなくなって「借りたい」という状況に陥ってしまう、ということはさんざん書いてきましたが、これは本当です。

多重債務中は、債務整理をすれば単純に借金を返済しなくても良くなるので、生活は少しは楽になるだろう、と考えます。

それが、蓋を開けてみると、多重債務時代とあまり変わらないという状況の方が多いでしょう。

一度生活が破綻する、というのはやはりそういうことなんですよね。

よく「ゼロからの出発」と言いますが、まさに「マイナスからの出発」となる債務整理。

この債務整理についても、家を手放さなくてはならない状態などだと、かなり時間がかかってしまいますので、この間に生活の立て直しができれば良いのですが・・・

結局は、家という財産も合わせて失うということになり、なかなか生活を立て直すことができない方が多いようです。

債務整理で家を失う

債務整理の中でも、比較的立ち直りしやすいと言われている任意整理でさえ、その後の状況によっては多重債務の頃よりも悪くなる可能性があります。

例えば、任意整理を依頼した時には、月々20万円くらいの収入があったとします。

そのうちの5万円を毎月返していく、という風に債務者との合意があれば、必ず毎月返していかなければならないのです。

当たり前ですが。

家賃や光熱費の他に毎月5万というのは、かなり厳しい数字ですが、それでも何事も無ければ生活を切り詰めてでも返していきますよね。

だけど、その間に家族が病気になったり、本人や家族が失業したりすると、だんだん返せなくなってくるんですよ。

任意整理中に残債を返せなくなったら、自己破産に切り替えることはできるのですが、せっかく今まで苦労して返してきたのが何もならなくなりますから。

それならば、最初から自己破産を選択した方がまし、ということになりますね。

スポンサードリンク

 


その辺の判断が難しいのですが・・・

任意整理」にこだわって、最低限の生活さえもできないのに支払い続けることは危険です。

下手したら、家族共々倒れてしまうことにもなりかねませんから。

その場合は弁護士さんとも相談の上、早めに自己破産に切り替えた方が良いでしょう。

私自身、任意整理の支払中には、夫の失業などトラブル続出で、なんどめげそうになったことか。

たまたまラッキーなこともあって、なんとか支払い続けられましたが、無理は禁物だなと何度も思いました。

今まで支払った分のお金は無駄にはなってしまいますが、「少しでも借金を返すことができた」と考えれば少しは救われます。

また、「破産は絶対に嫌だ」という場合は、毎月の支払を見直して少なくしてもらう、ということも不可能では無いと思います。

 

債権者によっては、頑として受け付けてくれないこともありますが、その場合は諦めるしか無いですが・・・

早めに気持ちを切り替えることも必要なんですよね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理中でもスマホの分割払いはできる?

任意整理中でもスマホの分割払いはできる?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

iPhoneの新機種も発売されることですし、そろそろ新しいスマホに買い替えたいと思っているかたも多いでしょう。

 

中には、「任意整理中だけど、スマホが壊れたからどうしても買い替えないと」という方も。

 

今は、会社でも、従業員が少ないところだと、スマホのLINEで連絡を取り合ったりするんですよ。

 

私の知り合いのところもそうで、営業という仕事柄、外に出ていることが多いため、スマホが無いと仕事にならないんですよね。

 

それじゃなくても、今や「スマホが無いと生きていけない」とまで思い詰めている方も多いはず。

 

任意整理中でもスマホの分割購入はできる?

 

だけど、新機種じゃなくても結構高いんですよ。

 

一時期は、携帯会社乗り換えに伴うキャッシュバック競争や、機種本体価格ゼロ円を全面に打ち出していたので、ほとんど月々の使用量のみの支払いで良かったのですが・・・

 

「せっかく買い替えるんだから、古い機種では使い勝手が悪い」ということで選ぶと、やはりそこそこの価格はするわけです。

 

携帯会社にしても、高い本体価格を分割払いにしてもらって、月々の使用量と一緒に引き落としという方が、契約がとりやすいでしょうから、最初から分割払いが当たり前、という対応だったりします。

 

とは言え、「任意整理をしたら、最低でも5年はローンは組めない」ことは明白で、実際にスマホの分割払いを契約する時にも、個人信用情報は参照されることになっているのです。

 

「じゃあ、やっぱりダメなのね」と諦めることも無いかもしれません。

 

さすがに、任意整理直後は難しいかもしれませんが、携帯会社を債務整理の対象外にしていれば、そのまま払い続けることは可能です。

 

そうすれば、携帯料金の滞納や遅延と言った事故情報は残らないということ。

 

スポンサーリンク

 

 

携帯電話会社では、独自に電話料金に関してのみの不払いや滞納情報を管理している、と言われているほど、支払いについては厳しい態度を示しています。

 

それだけ、支払わない人が多いのでしょう。

 

そのため、個人信用情報よりもこちらの信用情報を重視する、という考え方も定着しているほどなんです。

 

なので、まだ個人信用情報に事故情報が載っている期間でも、もしかしたらスマホ契約はできるかもしれない、ということ。

 

実際に、任意整理で完済後、5年も経たないうちにスマホの分割購入ができた、という例もあるそうです。

 

だからと言って、誰でも審査に通るということではないわけで。

 

任意整理後まだ5年経っていない場合は、安全策として、スマホ本体の価格を一括払いにして申し込む、という方が間違いは無いでしょう。

 

スマホの利用料のみの契約なら、債務整理後でも、携帯料金の滞納や遅延記録が無い状態なら、ほぼ問題無いと言われていますから。

 

債務整理をする際にもライフスタイルを考えて、いくら生活が苦しくても、支払いを続けるものは吟味して続けていく、ということが大切になりますね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理で返済できなかったら自己破産に変更はできる?

任意整理で返済できなかったら自己破産に変更はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理を決心する時って、やはりきちんとした信念が必要になってきます。

「あー、もう借金返済、だるくなってきたから、破産でもするか?」なんて軽い気持ちでは、到底乗り越えられないのです。

そもそも、借金を重ねるという行為を繰り返している時点で、自分に甘くなっている可能性があります。

いや、借金を背負うと言っても、

○ギャンブルで借金を作ってしまう人

○生活が苦しくて、ついつい借りたお金が返せなくなってまた借りてしまう人

○親や兄弟などの借金なのに、なぜか自分が背負うことになってしまった人

○自営業がうまく行かずに、個人でも消費者金融で借金を重ねてしまった人


と、少し考えただけでも、シチュエーションはものすごく違っています。

その中でも、やはりギャンブルで借金を作ってしまった人に関しては、依存症などの可能性も含めて、自分に甘くなっているのかな?と思います。

まあ、どんな理由であれ、もう到底自分の収入だけでは返せない金額の借金を抱えているのに、まだ借金をしようと思っている時点で、もうダメなんですけどね。

「アチラからお金を借りて、こちらに返す」という思考パターンができてしまうと、なかなか債務整理には踏み切れないものです。

で、ようやく債務整理を決心したとして、ほとんどの方は「少しでも自分で返そう」と考えるものなのです。

私もそうでしたが、なんとしても自己破産は避けたい、という思いで任意整理を選択しました。

ただ、任意整理を選び、債権者との和解が成立した時点では「なんとか支払える」と思っていても、状況は変わるものです。



特に自営業の場合だと、一度どん底に落ちた信用を取り戻すのは、ゼロから構築するよりも難しいです。

「裸一貫からやり直せば、これくらいなんとか返せる」と自分を買いかぶってしまうのは、債務整理をしてなんとかやり直したいという精神的な高揚感なのでしょう。

それは本当に必要なものなのですが、思うようには行かないのが人生で、一度躓くと、さらに足元をすくわれることも多いです。

もし任意整理で和解しても支払期間中に支払いができなくなったら、自己破産はできるのでしょうか?

スポンサードリンク

 


できるのはできるのですが、改めて自己破産の申し立てをする必要があります。

せっかく和解を取り付けて支払いを始めたのに、途中で止めて自己破産したら、債権者から訴えられないだろうか?と思ってしまいますが、まずその心配はないようです。

相手からしてみれば、最初から自己破産されるよりも少しでも誠意を見せたと見られるのかもしれません。

まあ、実際はもっと事務的な感じなのでしょうが・・・

手続きとしては、依頼した弁護士や司法書士に支払いを完済するまでの契約なら、引き継続き自己破産の申請を頼めます。

ただ、任意整理の和解契約が成立した時点で委任契約も終わってしまう場合もありますので、その時には別の弁護士に依頼するか、新たに契約し直すことになります。

いずれにしても、任意整理で支払った金額は返ってきませんが、それは迷惑料として支払ったと思えば良いのかもしれません。

少しでも前に進むためには、「もう支払えないな」と判断した時点で、自己破産に変更した方が良いと思います。

実際に、こういったケースはよくあることみたいなので。

 

「せっかく任意整理で少しでも借金を返済できると思ったのに」という気持ちはわかりますが、突発的な出来事があることも十分考えられるので、その時は無理せずにもう一度一からやり直すつもりで、破産申請をするという潔さも必要でしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など