スポンサーリンク
Home >> 借金に関する法律 >> 島根で借金の無料相談ができるところは?
Page: 1/8   >>

島根で借金の無料相談ができるところは?

JUGEMテーマ:借金返済
 

島根で借金の無料相談できるところは無いですか?」という地域名入りでのご質問がありました。

 

借金を抱えている人にとって、借金について相談するというのは勇気がいるものです。

「何とかしなきゃ」と思いながらも、誰にも言えずに悩んでいるけど、早く誰かに話を聞いてもらいたいというのが本音ではないでしょうか。

特に、夫に内緒で借金をしてしまい、今回の措置になった主婦の方は誰にも相談できずに悶々とされていることでしょうね。



借金や多重債務の相談に言っても、すぐに「債務整理」の手続きをする、というわけではないので、やはり一度は相談してみる方がよいと思います。

島根に限らず、各市町村の窓口には多重債務や借金の相談窓口がありますから。

ただ・・・

多重債務や借金の相談窓口に出向く、ということは、みんなに「借金をかかえている」と言っているようなものですから、なかなか行けませんよね。

まずは、電話で聞いてみることをおすすめします。

公的な相談窓口だと、司法書士や弁護士さんが、だいたい30分くらい話を聞いてくれます。

相談に行く前に、どこからいくらづつ借りているのか、紙に書いていくことをお勧めします。

書くことによって、自分の戒めにもなりますからね。

それで、だいたい「どうしたらいいのか」の判断をしてくれますので、あとはそのまま債務整理に入る場合は、専門の弁護士さんや司法書士さんを紹介してくれます。

費用は5,000円くらいですが、収入の少ない方は免除されます。

弁護士さんに相談するなんて言うとものすごく高額な費用がかかりそうですが、だいたいそれくらいだと思います。

スポンサードリンク

 


インターネット展開している場合は、最初の相談は無料というところも多いですね。

場合によっては、過払いを勧められることもありますが、最終的にはご自分の判断で依頼しましょう。

依頼する際には、最終的にかかる費用のだいたいの額と分割払いが可能かどうかの確認をしてからにした方が安心ですね。

費用については、弁護士さんによってかなり違ってきますから。

また、収入があまり多くない場合は、「法テラス」という司法支援センターで相談に乗ってくれます。

法テラスでは、民事法律扶助制度が利用できるので、債務整理費用が支払えない場合でも、公的資金で援助してくれるのです。

 

もちろん、収入制限などの条件がありますが、審査に通れば、少ない費用でしかも分割払いで支払えますので、「債務整理しようにもお金が無い」と悩まれている方も安心ですね。

審査のために面接がありますが、結構厳しいところを聞かれますので、自分の借金金額や借金した経緯など、もう一度見直しておいた方が良いでしょう。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> 総量規制緩和で多重債務者は救われる?

総量規制緩和で多重債務者は救われる?

JUGEMテーマ:借金地獄
借金はどうしてするのでしょう?

お金が足りているのに借金をする人はまず居ません。

例えば、年収が1,000万円以上あって、個人的に借金をしている人はそんなに居ないでしょう。

居たとしたら、FXや株取引で多額の損害を受けた人か、ギャンブルに溺れた人。



または、個人経営で会社の運営費を個人の借り入れと賄おうとした人でしょうか?

とにかく、自虐的な意味も含めて「貧乏人が借金をする」ということに間違いありません。

一部では「お金の教育を受けていない人が借金をする」と言われていますが、果たしてお金教育をしっかりと受けている人はどれくらい居るのでしょう?

たいていは、自分が会社や家庭を切り盛りする中で覚えていくものだと思います。

確かに、借金を重ねる人というのは、何かにつけてルーズな人というのは当たらずしも遠からずです。

ただ、統計的に見ると「真面目な人」が一番多重債務に陥りやすいとのことです。

借金をしたら何が何でも返さなければならないという気持ちが強い人ほど、他から借りてでも借りたお金を返そうとします。

借金が借金を呼んで、どんどん金額が膨れ上がり、結果返せなくなって債務整理をするというパターンが一番多いんですよね。

それと、金利の高さがそれに拍車をかけるのです。

グレーゾーン金利廃止前には、名の知れた信販会社でも29%というところはザラでした。

消費者金融に至っては、29.9%なんていうところも。

それでも、多重債務者はありがたがって借りていたのです。

今回、もし総量規制緩和が進めば、認可を受けた業者は、29.2%まで利息を取れるということ。

上限が引き上げられれば、なるべく上限まで利息を引き上げたいと思うのが正直なところでしょう。

それでなくても、今消費者金融は、「お金を貸したくても貸せない状態」で経営難に陥っているところも多いのです。

「待ってました」とばかりに引き上げてくるでしょう。

総量規制に関しても、個人の総収入の1/3という枠が外れれば、もっとお金を貸すことができます。

一見「もうどこからもお金を借りられない」という多重債務者にとっては朗報と思えますが、一時しのぎにしかならないことは明白です。

スポンサードリンク


消費者金融6件から借り入れていて、すでに総借入金額300万円を超えている人が、また新たに消費者金融から100万円の借り入れができたとします。

とりあえずその場は収まりますが、焼石に水。

しかも、7社目から借りた100万円の金利は29%以上ともなれば、一攫千金でもかなわない限り返すのは困難です。

ここで人生一発逆転とかできればいいんですけどね。

いや、自己破産して一気に挽回した人もいらっしゃいますから、不可能とは言いません。

結局は、多重債務に陥ってしまえば、一度借金を整理してからでないと、再起は難しいということ。

唯一規制緩和が実行されて良いところがあるとすれば、ヤミ金融から借り入れをする人が少しは減るのでは?というところでしょうか。

人がどうして借金を重ねてしまうのか?という根本的なことを考えなければ、結局は多重債務者を増やすことにもなりかねません。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> 消費者金融の規制が緩和される?グレーゾーン金利は?

消費者金融の規制が緩和される?グレーゾーン金利は?

JUGEMテーマ:借金地獄
総量規制については、過去にも書いていますが、世帯収入の借入金額が年収の1/3を超えないように制限する法律です。

例えば、世帯年収が300万円だと、100万円までしか借りられないということ。

この法律により、多重債務者が少なくなったと言われていますが、実際はお金を借りられないためにヤミ金融に走った人も多かったのでは?と思います。

ただ、消費者金融バブルで、アルバイトや無職の方でもお金が借りられるという風潮は危ないなと思っていたので、制限を設けること自体は悪くないと思うのです。

日頃ニュースなどをあまりチェックしないような人から見れば不意打ちに近かったので、「急にお金が借りられなくなって途方に暮れる」人たちが溢れてしまいました。



それに、多重債務者というのは、危ない橋を承知の上で渡っていますから、薄い氷の上を歩いていたとして、その氷が何の前触れもなくバリンと割れてしまったようなそんな感じがしたのです。

つまり、頼れるものはいつか無くなるのはわかっていたけれど、急に無くなったら生きていけなくなるという。

グレーゾーン金利にしても、顧客にとっては、金利は安いに越したことは無いのですが、多重債務者にとっては、「通常の金利ではもうとても貸してもらえない。金利が多少高くても貸してくれるところを」ということで探しまわることもできなくなりました。

今回の消費者金融の規制緩和改正案では、認可業者に限り金利の上限を29.2%まで認め、総量規制からも除外するということ。

うん?ということは、多重債務者にとっては、総量規制やグレーゾーン金利の見直しは良いことなのでは?

なんて単純に思ってしまいますよね。

うーん、どうなんでしょうか?

認可を受ける消費者金融というのは、結局は大手の消費者金融ということになるのでは?と考えると、とても多重債務者が新たに借り入れできるところではないのかな?と。

スポンサードリンク


それどころか、今まで借りていた消費者金融の利息が急に高くなったら?

やっと18%にまで下がっていたのに、急に20%以上になったら?

と考えると、あまりメリットはなさそうです。

もしかしたら、総量規制がやっと落ち着いてきたところに、火に油を注ぐことにならないか?という疑問も湧きますよね。

結局は、金利引き上げとか借りられる金額の上限を増やすことではなく、すでに多重債務に陥った人をどうするか?ということを考えないといけないのでは?

認可業者を増やすことよりも、非正規の金融業者に対する規制を強化する方が先なのでは?という気もします。

総量規制についての見直しそのものについては、賛成なんですけどね。

要するに、節度を持ったお金の借り方ができるかどうか?ということが試される時代なのだと思います。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode