スポンサーリンク
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国民健康保険料を滞納するとすぐに差し押さえられる?
Page: 1/12   >>

国民健康保険料を滞納するとすぐに差し押さえられる?

JUGEMテーマ:借金地獄


国民健康保険料を滞納してしまう、ということはよくあることです。

いや、本当は自分や家族のためにもいけないことなのですが、税金の中でも高い金額なので、どうしても支払えなくなるというのが本当のところ。

特に多重債務になってしまうと、「どこに借金を返して、月々いくら残って、支払いがいくら必要で」ということまで把握できなくなっていることが多いです。

もう目の前のことしかわからなくなり、「明日までに◯万支払わないといけない」「じゃあ、どこから借りるか?」という付け焼き刃の考えしか浮かんできません。

となると、税金に関してはもう目をつぶるしか無いということになってしまいます。

それと、借金を滞納した場合は「すぐにでも怖いお兄さんがやってくるのでは?」「執拗な取立てがあるのでは?」という恐怖が先に立ちますから、優先順位を先にしてしまうということもあります。

20150403_1058043.jpg

ただ、税金の場合、怖いのは「給料や貯金の差し押さえ」です。

考えようによっては、ヤミ金融から借金をして滞納してしまっても、相手も法律に違反した利息を取っていたりしますから、表立って法的手段に訴えることはできないことから、税金の方が怖いとも言えます。

だって、債務整理をすれば借金からは逃れられますが、税金からは逃れられないのですから。

それに、自治体は、地方税法で「督促状が発行された日から10日経っても納付されない場合、差し押さえなければならない」とまで定められているのです。

これだけでも、怖いお兄さんよりももしかしたら厳しいのでは?と思いますよね。

まあ、実際には、定められた期間が過ぎた途端に差し押さえられることは滅多に無いですし、ヤミ金融はもともと法律無視ですから、あの手この手で苦しめられることも考えられますから、どちらが怖いとかは言えないんですけど。

だからといって、軽く見てはいけません。

国民健康保険料の督促が来ても滞納を続け、催告書が来ても無視し続けていれば、差し押さえられるのは時間の問題と考えて良いでしょう。

また、差し押さえよりも怖いのは、保険証が発行されなくなればお医者さんにもかかれなくなり、最悪の場合は命にかかわることもあることです。

何度も書いているように、できれば催告書が来る前に役所に相談に行くしか方法はないです。

スポンサードリンク

 


その時、少しでも支払えるお金を用意できれば良いのですが、無くても、とにかく今の自分の経済状況を包み隠さず話すことに尽きます。

この場合、どうしてもオーバーに言ってしまったり、嘘をついてしまうケースもあるようですが、調べればわかりますから、正直に言いましょう。

できれば、収入を証明するものや家計の状況がわかるものなどを持参する方が良いです。

収入によっては、減免制度が利用できますから、国民健康保険料が2割から7割減額されるかもしれないのです。

 

国民健康保険料を安くする裏技はありますか?



その上で、「月々1万円くらいなら支払えます」とか「5,000円くらいならなんとか」と言えば、分納にも応じてもらえる確率も高くなります。

あとは、差し押さえと同じくらい怖いのが「延滞金」です。

すでに1年くらい放置していると、延滞金だけでもすごい金額になっています。

しかも、保険料を支払わない限りどんどん増え続けていくので、裏技として「延滞料を後払いにしてもらう」という方法もあります。

つまり、第二期の支払いと三期の支払いをする場合、第二期の支払い時には延滞料もプラスされるわけですが、それを第三期支払い終了まで待ってもらう、ということ。

受け入れてもらえるかどうかは交渉次第ですが、うまく行けば、延滞料が増えるのを抑えることができるので、ダメ元で言ってみるくらいに考えたほうが良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国民健康保険を滞納してしまったら保険証は使えなくなる?

国民健康保険を滞納してしまったら保険証は使えなくなる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

国民健康保険を滞納してしまったら保険証は使えなくなる?」ということですが、ある条件付きで保険証は使えます。

 

条件については、後で書きますが・・・

 

多重債務になってしまったら、毎月の借金返済と最低限の食費、それにライフラインを守るためのガス・水道・電気料金の支払い、これだけで手一杯になるはずです。

もしくは、家賃や公共料金も支払えなくなって、一時停められるなんていうことになっている方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると、もうどうしようもないですよね。

ちなみに、水道、ガス、電気料金をそれぞれ滞納したらどうなるのか?についてもこちらに書いていますが・・・

 

公共料金の支払いはいつまでなら待ってくれる?


ライフラインと言えば、イザという時にお医者さんにもかかれなくなってしまう国民健康保険の滞納も命取りになる可能性があります。

ただし、この国民健康保険の支払いについては、督促状は来ますが、すぐに保険証を出してくれなくなるということにはなりません。

私自身の体験談を話しますと、まず、督促状はずーっと前から届いていました。

だけど、そのまま放置するわけにも行かず、いつも1ヶ月の猶予期間ギリギリに支払いに行っていたのです。

請求書を困った顔で見つめる男性

それが、多重債務に加えて自営の仕事が激減したこと、その後なんとか就いたパートの仕事をクビになってしまって無職になったことなどが重なり、ほとんど支払いもできなくなってしまいました。

冒頭で書いたように、ライフラインの支払いを優先させたのです。

一月が過ぎ、二月目に入ると、もうすでに延滞金が加算され、合計金額はとても支払えるものではありません。

その時にすぐに役所に相談に行ければ良かったのですが、職探しや自営の仕事を建て直すこと、つまり収入の基盤をなんとかするために奔走していて、その他のことには目をつぶってしまったのです。

当然、ライフラインの支払いも滞るようになり、やっとありついた仕事をふたつも掛け持ちする中で、案の定体を壊してしまい、入院することに。

この時になって初めて、保険証の有り難みがわかったのですから、この時にはすでに塗る薬も無いくらいに、借金病にかかっていたのだと思います。

スポンサードリンク

 


その時は、まだ催告書が来る前だったので、保険証は使えたんですよ。

ただ、督促状や催告状が来ているのに、そのまま放置しておくと、保険証を出してくれなくなるだけでなく、財産の差し押さえにまで発展してしまう恐れがありますので、ご注意を。

「今は払えないけれど、支払う気はある」「月々このくらいなら支払える」という意思表示をしに、市役所に出向きましょう。

保険証の発行は1ヶ月ごとになりますが、少しづつでも支払っていれば、いきなり差し押さえとかにはならないですから。

 

一ヶ月ごとに役所に行って、分納にしてもらった滞納金+保険料を支払えば、引き換えに保険証を出してくれる、ということになります。

特にお子さんやお年寄りが居るのに、「支払えないから」と言う理由で、そのままにしておくと、お医者さんにもかかれず手遅れになることもあります。

やっぱりライフラインだけは、何とかとどめておかないとね。

なんて、私が言うのも何ですが、実際に体験したからこそ言えることでもあるんです。

数年前に全額支払い終えた時は、肩の荷が下りた気がして、ものすごく嬉しかった覚えがあります。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 引越しすれば国保滞納金が免除される裏技がある?

引越しすれば国保滞納金が免除される裏技がある?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になると、支払い期日に追われるのは、何も借金だけではありません。

公共料金や家賃、税金、お子さんがいらっしゃる場合は給食費や学費など、さまざまな支払いがすべて困難になるのです。

中でも、税金、特に国民健康保険料は高いことでも有名ですが、ただでさえ払うのが大変なのに、どうしても後回しになってしまうのです。

しかも、一回分の支払金額が2万円以上になることもザラですから、数ヶ月放置しただけでびっくりするくらいの金額になってしまいます。

督促状が来ても支払わず、催告書が来る頃には数十万になっていることもあり得ます。

これでは、「もう支払えない」と頭を抱えてしまいますよね。

引越しすれば国保が新たに作れるから前の国民健康保険料がチャラになる?」なんていう情報があるようです。

はっきりと「裏技」として情報を提供している人もいるらしいのですが・・・

それについては、実際に体験した方の文章を読んだことがあります。

確か、以前住んでいた場所で借金を抱えてしまい、国保が支払えなくなってしまった。

奥様にも内緒だったので、突然催告書が来て慌てた。

当然、国民健康保険証も来なくなっていたので、「急に妻がお医者さんに行くと言って、保険証を探しだした時には、その場を取り繕うにの苦労した」とか。

スポンサードリンク



で、結局は、差し押さえという形で、奥様がコツコツ貯めていた貯金通帳から、ある日督促分のお金約30万円がごっそり引き落とされていた、ということ。

まあ、それでバレてしまったのですが、仕方のない事ですよね。

それでもまだ未払い分があったということですが、その後新しい仕事を求めて、郷里に帰られるんです。

その方も「引っ越したらまた新しい健康保険証がもらえるから、今までの未払い分は支払わなくて良いのでは?」と思ったそうですが・・・

実際は、そんな甘いものではないです。

と言いますか、全国どこに引っ越しても、転居届は出しますから次の引越し先はわかりますよね。

その新しい住所に今までの未払い分の請求が来ますから。

確かに、国民健康保険証については、新しく発行されるので問題はないですが、未払い分はいつまでもついて回るわけです。

そのために、夜逃げ同然に引越しして、住民登録もしないとなれば、今度は国民健康保険証どころか、選挙権もないし、ゴミも捨てられないし、子どもは学校にも行けなくなります。

わずかなお金のために、そんな犠牲は払えないですよね。

ということで、引越しをしたところで、未払い分の税金からは逃げられない、ということ。

普通に考えればわかることなんですが、どうしても何か抜け道はないものか?と考えてしまうんですよ。

それだけ、国民健康保険料が高いということなんですが、これに関しては私も深く同意します。

収入が少ない場合は、書類を出せば国民健康保険料が減額されるシステムがありますが、書類を出すだけなので、是非とも利用したいところ。

 

「安くなって助かった!」と思っても、「やっぱり払えない」なんて笑えない状況だったこともありますが、合法的に税金が安くなるなんていうことは、そうそう無いですから。

 

とにかく、できることは何でもしてみて、なんとか支払う方向に考えてみましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法