スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?
Page: 1/11   >>

生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?

JUGEMテーマ:借金返済
 

日本には生活に困っているのに生活保護を受けない世帯が非常に多い、ということなんです。

 

このブログでも、もうどこからもお金が借りられない状態になったら?債務整理か生活福祉資金貸付制度の利用を、ということを書いてきました。

 

そして、働けない状態になったり、生活の困窮度が増してくれば、一時的にでも生活保護を受ける、という選択肢を考えて欲しい、とも。

 

だけど、「どうしても生活保護だけは受けたくない」という方が多いのもうなづけます。

 

世間体が悪い」というのも理由のひとつなのだと思います。

 

都会ならともかく、田舎で「誰々さんの息子が、今年は就職で◯◯会社に決まったらしいよ。」という情報を知っているのが当たり前、というような社会ですから。

 

近所の人の陰口-債務整理体験談

 

お金に困っている」ことは口が裂けても言えない、というところがあるのです。

 

もしも生活保護を受けて、市の職員の方が出入りするようになれば、すべて丸わかりになってしまいます。

 

下手すれば、村八分のような扱いを受けるかもしれませんし、なにより「特別な目」で見られることに恐怖心すら感じるでしょう。

 

とは言え、私も経験したような「明日の食べ物も買うお金が無い」という状況になって、その上働き口が無い、病気で働けなくなった、ということになれば、生活保護を申請するということも考えなくてはならないのです。

そんな方のために、少し前に出版された本ですが、生活保護を申請するに当たっての「気持ちの持ち方」まで書かれているこの本をご紹介します。

本当に困った人のための生活保護申請マニュアル

タイトルの通り、「本当に困った人のための」なんですよね。

まあ、あまり安易な気持ちで申請する人も居ないかと思いますが・・・

審査が緩かったりすると、「そんなに困っているわけでもないのに」申請する人も居ますから。
 
仕事をしないでもお金がもらえる」と言う生活。
 
これって一見羨ましいようですが、一旦こういった生活をしてしまうと、なかなか抜けられないらしいです。

 

スポンサーリンク

 


生活保護を受けていても、「少しでも働きたい」と言う方も多いのですが、「少しでも収入があれば」打ち切られてしまう。

そしたら、本当に生活できなくなる。
 
だから、働くのを諦める。

こんな図式も働くようです。

これでは、何のための生活保護制度なのかと思いますが・・・

とは言え、借金苦のために自殺をする位なら、プライドを捨て、生活保護申請をして、なるべく早く無職から脱出するために行動を起こす、ということを考えた方が、前に進む原動力になるのではないか?と。

 

特に第3章の「相談員のあらゆる攻撃に対応する」で、生半可な気持ちでは申請できないんだ、ということがわかります。

 

だけど、その壁を乗り越えて初めて、行動を起こすことの大切さが理解できる、ということなのでしょう。

 

それと、第7章の「生活保護の開始はゴールではない」で、「生活を立て直した後の将来を見据えることが重要であること」を知ることができます。

 

どんな手段を取っても「生き延びる」ことを恥ずかしいこととせず、そこからどうやって立ち直るのか?を考えるのが、一番大事なんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 無利息融資は消費者金融のキャッシングだけではない?

無利息融資は消費者金融のキャッシングだけではない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

無利息融資と言うと、よく消費者金融などで「期間中は何度借りても利息ゼロ」とか「最初のお申込みに限り1ヶ月利息不要」なんていうキャッシングが頭に浮かびますね。

 

まあ、多重債務時代は、よくお世話になったのですが・・・

 

その頃は、グレー金利でお金を貸すところなんて腐るほどありましたから、20%以上なんて当たり前。

 

そうなると、最初の1ヶ月だけでも利息が付かないというのは、とても助かるのです。

 

中には、「何度でも利用できます」という消費者金融を利用して、無料期間内に借りて、他のところから借り直して返す、という綱渡り的なことを繰り返していた方もいらっしゃいました。

 

私は、ちょっとそこまではできなかったですけどね。

 

とにかく、無利息というのは借金を抱えれば抱えるほど、魅力的なものなのです。

 

その「無利息」という言葉に惹かれて借りたはいいけど、結局ズルズルと借りることになり、借金がどんどん増えてしまった、なんていう失敗談もありますが。

 

もちろん、借金を抱えて無くても、「すぐに返せるんだけど、今ピンチなので借りたい」なんていう場合にも助かりますね。

 

無利息キャッシングでお金が借りられた

 

この消費者金融などでのキャッシングの他にも公的なものもあるんですね。

 

専業主婦の借入れが難しくなったり低所得層が多い母子家庭の借入れが難しくなったりする今、こういった形での借り入れも、今後重要になってくるでしょう。

 

無利息融資、特に母子家庭や未亡人の方などを対象にした融資について調べてみました。

 

◯母子家庭や寡婦の方が受けられる、地方の公共団体が無利息でお金を貸し出す制度です。

 

◯母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付で受けられる融資は、13種類で、そのうち無利息で融資を受けられるのは9種類(事業開始資金、事業継続資金、就学資金、就学支度資金、技能習得資金、修業資金、就職支度資金、医療介護資金、特定児童扶養資金)です。

さらに無利息ではありませんが低金利で受けられる融資として、生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金があります。

 

ということ。

 

こんなに種類があったんですね。

 

意外と認知されていないものもあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

母子家庭の方だと、よっぽど収入が高くないと、民間の金融機関からの借り入れは難しいでしょうから、この制度が利用できれば心丈夫だと思います。

 

ただし、1ヶ月以内という制約があったり、条件が合わないと借りられない場合もあるため、係の方と相談したり、自分でもネットなどで情報収集しておいた方が良いですね。

 

それと、「無利息で」と言っても貸付なので、支払いが疎かになって滞納したりすると、違約金の支払いが発生してくることもありますから、注意が必要です。

 

その他、母子家庭に限定しなくても、いつも書いている生活福祉資金貸付制度を利用する際にも、保証人を立てれば、無利息でお金を借りることは可能です。

 

低所得者、高齢者、障害者世帯のための制度なので、「急に収入が減ってしまって生活できない」なんていう場合には、利用できるかどうか相談してみてはいかがでしょうか?

 

ただ、保証人を立てなくても低金利で貸付してくれるようになったことや、民間の金融業者での審査に落ちる人が増えてしまったことから、毎年借りたい人が増加しています。

 

その分、審査が通りにくくなったり、申込みの敷居が高くなったりしているという事実があるのも確かです。

 

すぐには借りられないことを承知の上で、「とにかく相談に乗ってもらう」という気持ちで出かける方が良いのかもしれません。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 自己破産して生活保護を受けることは可能?生活保護マニュアルもありますが・・・

自己破産して生活保護を受けることは可能?生活保護マニュアルもありますが・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に陥った場合、生活保護については、やはり「最後の手段」と言いますか、「本当に困った時に頼るもの」ということでご紹介してきました。

 

だから、「公的資金を借りる」ということで「生活福祉資金貸付制度」を利用する方をおすすめしてきました。

 

それでも、すぐには働けない、または病気でこれからも働ける可能性が低いという方であれば、生活保護に頼らざるをえないですよね。

借金で死なないために」は、どんな手段でも検討する、と考えれば、選択肢のひとつに入れるべきです。

だけど、数年前のニュースですら「ある大都市の市民の18人に1人が生活保護受給者である」と聞いたことがあるので、今や全国的にも受給者が増え過ぎて常に問題になっているのもわかります。

 

不況で、各地方自治体も資金難のところも多いはず。

 

現に、あちこちで、生活保護費の見直しや、最悪の場合「突然の打ち切り」も検討されているとか。

現在生活保護費で生活している人の身になれば、「突然の打ち切り」は死活問題でしょう。

ならば、一部減額もしくは、現在無料となっている公共料金や医療費の有料化などを検討してはどうかな、と思うんですよね。

生活保護費に関しては以前も書きましたが、夫婦と子供1.5人で月27万円くらいもらえるケースもあるみたいなんです。

そうなると、この不況下で仕事を探す気もなくなってしまうでしょう。

下手したら、夫婦で朝から晩まで働いてもこの金額以下ですから。

 

共働き-債務整理体験談

だから「金額見直し」というのは、当然考えられることかと。

それと、「雇用促進」は言うまでもありませんよね。

生活保護マニュアル」というのも何冊も出ている時代ですから、一昔前の「恥ずかしい」という意識は薄くなっているとは思います。

借金苦で自殺なんていうことを考えれば、本当に頼った方が良い制度とは思いますが、やはり「一時的」なもので、その後は「自分でしっかりと稼ぐ」ということが大切ですね。

とは言え、先程も書いたように、「若くても病気で働けない人」が増えているのも現実です。

 

ネットのQ&Aサイトにも「うつ病を患って、もう7,8年近く経つのですが、一向に良くなる気配がありません。両親も病気で働けず頼れないし、どうしたらいいのかわかりません。」という若者が。

 

自分ひとりでなんとかしようと、調子の良い日には日払いのバイトなどをしているそうですが、仕事に行けない日も多く、人間関係に疲れて余計に病気がひどくなる始末。

 

結果、生活費も借金でまかなうようになり、今は借金の督促なども来て、身動きが取れない状態に。

 

「自己破産を考えているのですが、その後も生活していける自身が無く、生活保護を受けるのは可能でしょうか?」ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

身につまされる質問ですが、「甘えている」と回答する方も多かったですね。

 

まあ、どう感じるかは個人の問題ですが・・・

 

基本的には、自己破産してから生活保護を受けるのは可能です。

 

その逆もあり得ますが、とにかく借金を先に整理したいということであれば、「法テラス」に行って相談することです。

 

お金が無い場合の債務整理の方法についてもアドバイスしてもらえますし、何より「借金の問題」が片付かなければ、体にも悪いですから。

 

その上で、役所に行って生活保護の手続きをするかどうか?ですね。

 

もしかしたら、借金が無くなったことで、働く意欲が湧いてくるかもしれませんし。

 

当座の生活費を借りるだけなら、生活福祉資金も利用できますから。

 

若い方だけに、将来の生活も見据えて判断してもらいたいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?