スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 緊急小口資金貸付はすぐ借りられる?
Page: 1/12   >>

緊急小口資金貸付はすぐ借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理や多重債務のことについて書いていますが、今は、そんな特別な事情が無くても金融業者の審査に通らなくて困っている方がものすごく多いですよね。

 

私がローン地獄に陥っている時以上に、今は審査に受からない人が増えていると思います。

 

そうなると、もう民間の金融業者ではなく公的な機関を利用するしかないのかもしれません。

 

通常のローンやクレジットとは違って公的な貸付となるのが生活福祉資金です。

 

生活福祉資金は原則無利息融資で、低所得者世帯、障害者世帯または高齢者世帯の生活を経済的に支えるとともに、それに加えてその在宅福祉及び社会参加の促進をすることと、経済的自立を目的とした融資ということになっています。

 

公的な資金ですから、現在生活に困っている方が借りる無利息融資または低利息融資なんですね。

 

また、多重債務で他では借りられない方や、債務整理後の方でも利用できます。

 

窓口になる各市区町村、福祉事務所に出向いて手続きをするわけですが、こういった公的資金を悪用しようとする人達も居るので、どうしても審査は厳しくなります。

 

悪人-債務整理体験談

 

嫌な思いをすることもあるかと思いますが、「どうしてもお金を借りたい」という旨を伝えるように努力しましょう。

 

生活福祉資金を申し込むには、保証人が必ず必要だったのですが、今は必ずしも必要と言うわけではないようです。

 

確か保証人を付けられれば、利息は付かなかったと思いますが、保証人なしの場合でも、民間のキャッシングに比べればとても低い利息になるでしょう。

 

不況で、借りたい人が増えているので、「すぐに貸してくれる」というのは難しいようですが、根気よくこちらかの事情を説明して誠意を見せれば、貸してくれる可能性は高まります。

 

スポンサードリンク

 

 

生活福祉資金の借り方」についての書籍も出ているようなので、参考にしてみるのも悪くないですね。

 

だいたい実際に借りられた人がどの位居るのか?と思うのですが、あまり確率的には高くないみたいです。

 

それと、緊急小口資金でも民生委員が間に入るので、その人の采配に任されているという地域もあるとか。

 

田舎の方が多いのでしょうが、民生委員って普通に近所のおじさん、おばさんがなるので、当たり外れは大きいですよね。

 

それなりの人格者が選ばれるのでしょうが...

 

とにかく、お住まいの地域によっては、かなり差があるらしいということです。

 

緊急小口資金貸付なのに、支給されるまでに2週間以上かかったところもあれば、3日で支給されたところも。

 

地域格差があるのでしょうね。

 

うーん、必要な時に必要なお金が借りられない社会というのが、一番問題な気がします。

 

追記:緊急小口資金を実際に役所に申請された方の体験談によると、「お金に困って、もうどこからも借りられないのに相談に行ったのに、返済能力が無いとされて断られた」というのがありました。

 

逆に、「任意整理をするのに必要なお金が借りられた」という方も。

やはり、役所によって、対応がかなり違うようです。

 

一般的には返済能力の有無を重要視するところが多いようなので、「十分返済できるお金があれば、公的資金に頼らないのに」という意見も多いんですよね。

 

結局は、役所のさじ加減によるものなのでしょうか?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 無職の人が最速でお金を借りるには?

無職の人が最速でお金を借りるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が全くなくて途方に暮れるというのは、ある日突然やってきます。

いや、本当はわかっていることなのですが、「その日」のために貯金をすることを怠っていたり、あるいはできなかったりということですね。

ありとキリギリスの話ではないですが、「職を失ったり、病気になったりすることは、人生で何度もあること。それを何の貯えもなしに乗り切ろうとするのがダメなのです」ということになります。

債務整理体験談-アリとキリギリス

ごもっとも、正論で、返す言葉も見つからないくらいです。

だけど...

人間ってなかなか目の前のことをこなすのに精一杯で、数年後のことや転ばぬ先の杖を考えることができません。

 

東日本大震災の時もそうでしたが、今回の新型コロナウィルス感染についても、こんなに被害が広がってしまうなんて、誰が想像したでしょうか?

 

中国で、感染が広がり始めた頃は、まだまだ他人事でしたから、

 

今じゃ、世界中が大混乱で、日本経済のみならず、いつ世界的な大恐慌が来るのか?わからない状況です。

 

一番身近な恐怖が「無職になるのでは?」ということ。

ネットのQ&Aサイトを見ても、「現在無職で、4月からやっと就職先が見つかったのですが、失業してからハローワークに通いつめ、やっと仕事が決まった状態で、現在お金がまったくありません。どうしたらいいでしょうか?」という質問を見かけました。

独身の方なのですが、親に借りようにも現在生活保護を受けているほど生活に困っていて頼れない、ということです。

仕事探しの間に、家賃支払いや生活費などで失業保険も底をつき、とても貯えどころではないということ。

「どこかでお金を借りるにしても、無職だと貸してくれなくて困っています。」で質問は終わっているのですが、この方は本当に緊急性があると思うんですよ。

明日食べるものを買うお金もない」という状態だそうです。

いわゆる即日キャッシングでお金を借りるのが一番手っ取り早いのですが、万が一お金を借りられたとしても、その後のことを考えると不安ですね。

スポンサーリンク

 


現在無職でも、就職先が決まっている場合は、新しい就職先をキャッシング申請時に書くことで、もしかしたらお金を借りられるかもしれません。

現在の年収がゼロになるので、審査に受かるのは難しいとは言え、これから収入が入ることが決まっています。

その就職先での収入もある程度以上のものであれば、「お金を貸しても返してもらえる」ということなので、キャッシング審査に受かる可能性も出てくるのです。

ただし、どの程度の可能性かは、キャッシング会社の規約にもよりますし、申請者の他の属性にもかかってきます。

一番早くお金を手に入れる方法としては、この即日キャッシングにまさるものはないのですが、何しろ利息が高いですから、お給料が入ったらすぐにでも返せる金額、ということでなければ、就職後すぐに借金を抱えることになってしまいます。

公的資金ではどうでしょうか?

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金があるのですが、貸付金額が10万円以下、市民県民税が年額4,500円以下の世帯となっているので、意外と敷居は高いですね。

しかも、申請して実際にお金がおりるまでの期間が、平均で7日から10日、遅いと2週間以上かかるそうです。

まあ、これも相談次第で、本当に生活がひっ迫していると判断されれば、3日ほどでおりることもあるそうですが・・・

いずれにしても即日キャッシングのような訳にはいかない、ということですね。

 

追記:現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、離職を余儀なくされたり、廃業された場合に、各都道府県の自治体によっては、給付金を支給しているところもあるようです。

 

ある意味、災害と同じもしくは災害以上の影響を受けることも考えられるので、「生活していけない」と思ったら、市役所の生活課などに、相談に行くことも重要です。

 

生きることが、これだけ困難な時代も、近年では稀でしたが、なんとか乗り越えたいですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら

お金が無いと死ぬしかないの?と思うようになったら

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ふと見かけたこの話題について「お金が無いと死ぬしかないのか

なんて物騒な、いや自虐的な、はたまた厭世的な言葉ですよね。

諦めとも叫びとも思えるような・・・

ただ、借金苦におちいったり、お金が無い生活を長く続けている人にとっては、身につまされる言葉でしょう。

日本では、今何をして稼ごうが法律にさえ違反してなければ自由じゃないですか。

自由というのは気楽と考えがちですが、自己責任がつきまとうのです。

だからといって、一生懸命汗水たらして働いているから裕福になれるとも限らない。



どう見ても不公平感が漂ってますよね。

「働けど、働けど・・・じっと手を見る」という感覚です。

お金が無いという状況の中でも、今だけないのか過去・現在・未来において無いのかによっても焦燥感は違ってきます。

経験から言うと、お金が無い状態が長く続けば続くほど、気持ちは卑屈になり、やる気も失われてきます。

自暴自棄になる」というのは、こういったことなのかと思うことも。

それでもなんとか立ち直れたのは、家族の存在ですね。

年老いた親のこと、まだ小さい子どもたちのことを考えたら、「なんとしてでも生活を建てなおさないと」と思いますから。

確かに、お金が無いと制約されることは多いです。

仕事を探しに行くにしても、交通費やちょっとこざっぱりした洋服を買うためのお金やら要ります。

それに、まず仕事が決まるまでの間の生活費が必要になります。

だけど、ブラックでお金を借りられないとか、今は無職だからローンも組めないなんていう人はどうすればいいのか?

スポンサードリンク

 


もうこの時点で途方に暮れるわけです。

公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するのが良いのですが、なかなか高い壁があるのも事実。

「今働けないんだったら生活保護を」という話にもなったりするようですが、その生活保護すら、悪用する人間がいるお陰で、すんなり受けられないようです。

まあ、生活保護を受けてしまったらしまったで、「働き口が決まったらストップされてしまうから」という理由で、働くこともままならなくなったり。

こう考えてみると、確かにお金が無い=悲惨な末路しか考えられなくなってしまいます。

とは言え、最初にも書いたように、「今何をして稼ごうが法律にさえ違反してなければ自由」なのですから、とにかく一日数百円でもお金を作る努力をしてからでも遅くありません。

それなら敷居は低いですよね。

いつも書いているオークションに不要品を出品するということもそうですが、これって無料で手に入るものでもOKなのです。

過去に手に入れた車のパンフレットが高値になったりもしてますから、家中探してみれば何かお宝があるかもしれません。

少しでもお金が手に入れば、あとは増やしていくだけ。

気休めだと思われるでしょうが、少しでもお金が入ってくれば、それだけで気持ちに余裕が出るものです。

借金を抱えていてしかもお金が無いという状況では、お先真っ暗と思ってしまいますが、その先に見えるほんの少しの明かりを頼りに歩いて行くのも悪くないと思いませんか?

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?