明日までにどうしても10万円必要になった時どうやってお金を作る?

JUGEMテーマ:借金返済


借金を借金で返す愚かさ」はほとんどの方がわかっていることです。

だけど、しないと生きていけないという事実もあります。

別に借金じゃなくても「お金を作る」でもいいんですけとね。

例えば、「明日までにどうしても10万円必要」という事態になった時、あなたはどうしますか?

どうしよう?と悩む女性

もちろん、「貯金を切り崩す」というのはなしで。

となると、やはり「借りる」という選択肢しかないのではないでしょうか。

しかも、1,2万円ならまだ友人や親戚に借りるということもできるでしょうが、ある程度まとまったお金が必要になると・・・

キャッシングでなんとかならないだろうか」と思ってしまうでしょう。

それでも、本当にお金がなくて「絶対に返せない」ということがわかっていたら、最初から借りないかもしれません。

だから、多重債務に陥ってしまう人は、もともとはギリギリの生活をしていたわけではない、確率が高いでしょうね。

私もそうでしたから。

最初は「毎月これくらいなら返せる」という気持ちで借りて、事実きっちりと返していました。

それが、自営の業績が悪くなり、生活費にも事欠くようになってくると、借金に回すお金はなくなり、結果借金で借金を返すように。

そして、一度こういったローテーションができてしまうと、今度は「借金をする」という思考回路がマヒしてしまうのです。

マヒと言うか、「何とかして返さなくてはいけない」という脅迫観念にかられ、借金しては、別の借金に回すという悪循環に陥ってしまうんですね。

これを、一旦切ってしまうと、ものすごく楽になります。

とにかく「借りない」と心に決める。

返済の出費がなければ、「借りずに済んでいたかもしれない」ということは良くあります。

ただ、「言うのは簡単だけど、実際に行うのは困難だ」ということ。

一度「借金を借金で返す」という負のループにはまってしまうと、なかなか抜け出せないということはよくわかります。

それでも、早い段階で、少しでも「お金を作る」という考えにシフトして行けば、まだ重症にならなくて済むということも。

これは一例ですが、すぐにお金を作る方法としてご紹介しているのが、いつも言っているオークションです。

「うちに売るもんなんてもうないよ」と思われるかもしれませんが、「ジャンク」で出せば、壊れた家電などでも売れてしまう世界です。

 

試しに、リサイクルショップの「ハードオフ」を覗いてみてください。

 

「ジャンクコーナー」にたくさんの商品が山積みされていますから。(店舗によって違うかもしれませんが)

 

このジャンクコーナーで、電子部品を見つけてきて、自分でパソコンなどを組み立てる、なんていう人も居るみたいなので、需要はあるんですよ。

大金を稼ぐのは難しいかもしれないけど、急場しのぎにはなると思います。

スポンサードリンク

 


願わくば、公的資金で、一時的に生活費のマイナス分を借入れできるシステムがあれば良いのですが・・・

生活福祉資金も、イザという時には頼れますが、いまだに敷居が高いイメージがありますね。

金利が1,5%〜3,0%で連帯保証人が居る場合は無利子になるというところは、とても魅力的なのですが。

それだけに、あまり簡単に貸し付けてしまっては、悪用される危険性も出てくるでしょうから。

また、生活福祉資金貸付制度そのものの考え方が、「他の制度を利用できないか?を優先させる」ということがあります。

つまり、生活保護を受けられるケースでは、先に生活保護をすすめられるということ。

その他、失業保険を受給できないか?とか。

 

これは、できれば自分自身で先に調べておくべきことですけどね。

生活福祉資金貸付制度を利用するのは、あくまでも最後の手段と考えた方が良さそうです。

とは言え、失業保険以外は、併用利用も可能なケースもあるので、相談してみることも大切ですね。

 

自己破産して生活保護を受けることは可能?生活保護マニュアルもありますが・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に陥った場合、生活保護については、やはり「最後の手段」と言いますか、「本当に困った時に頼るもの」ということでご紹介してきました。

 

だから、「公的資金を借りる」ということで「生活福祉資金貸付制度」を利用する方をおすすめしてきました。

 

それでも、すぐには働けない、または病気でこれからも働ける可能性が低いという方であれば、生活保護に頼らざるをえないですよね。

借金で死なないために」は、どんな手段でも検討する、と考えれば、選択肢のひとつに入れるべきです。

だけど、数年前のニュースですら「ある大都市の市民の18人に1人が生活保護受給者である」と聞いたことがあるので、今や全国的にも受給者が増え過ぎて常に問題になっているのもわかります。

 

不況で、各地方自治体も資金難のところも多いはず。

 

現に、あちこちで、生活保護費の見直しや、最悪の場合「突然の打ち切り」も検討されているとか。

現在生活保護費で生活している人の身になれば、「突然の打ち切り」は死活問題でしょう。

ならば、一部減額もしくは、現在無料となっている公共料金や医療費の有料化などを検討してはどうかな、と思うんですよね。

生活保護費に関しては以前も書きましたが、夫婦と子供1.5人で月27万円くらいもらえるケースもあるみたいなんです。

そうなると、この不況下で仕事を探す気もなくなってしまうでしょう。

下手したら、夫婦で朝から晩まで働いてもこの金額以下ですから。

 

共働き-債務整理体験談

だから「金額見直し」というのは、当然考えられることかと。

それと、「雇用促進」は言うまでもありませんよね。

生活保護マニュアル」というのも何冊も出ている時代ですから、一昔前の「恥ずかしい」という意識は薄くなっているとは思います。

借金苦で自殺なんていうことを考えれば、本当に頼った方が良い制度とは思いますが、やはり「一時的」なもので、その後は「自分でしっかりと稼ぐ」ということが大切ですね。

とは言え、先程も書いたように、「若くても病気で働けない人」が増えているのも現実です。

 

ネットのQ&Aサイトにも「うつ病を患って、もう7,8年近く経つのですが、一向に良くなる気配がありません。両親も病気で働けず頼れないし、どうしたらいいのかわかりません。」という若者が。

 

自分ひとりでなんとかしようと、調子の良い日には日払いのバイトなどをしているそうですが、仕事に行けない日も多く、人間関係に疲れて余計に病気がひどくなる始末。

 

結果、生活費も借金でまかなうようになり、今は借金の督促なども来て、身動きが取れない状態に。

 

「自己破産を考えているのですが、その後も生活していける自身が無く、生活保護を受けるのは可能でしょうか?」ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

身につまされる質問ですが、「甘えている」と回答する方も多かったですね。

 

まあ、どう感じるかは個人の問題ですが・・・

 

基本的には、自己破産してから生活保護を受けるのは可能です。

 

その逆もあり得ますが、とにかく借金を先に整理したいということであれば、「法テラス」に行って相談することです。

 

お金が無い場合の債務整理の方法についてもアドバイスしてもらえますし、何より「借金の問題」が片付かなければ、体にも悪いですから。

 

その上で、役所に行って生活保護の手続きをするかどうか?ですね。

 

もしかしたら、借金が無くなったことで、働く意欲が湧いてくるかもしれませんし。

 

当座の生活費を借りるだけなら、生活福祉資金も利用できますから。

 

若い方だけに、将来の生活も見据えて判断してもらいたいですね。

 

追記:法テラスに相談すると、収入が少ないなどの条件が合えば、債務整理申請に必要な費用を、建て替えてもらえます。

 

ただし、2か月経った時から、月々5,000〜10,000円くらいに分割して支払っていかなくてはならないのです。

 

今までの借金に比べたら少ない金額になるのですが、生活保護受給中なら、この支払を免除してもらうこともできる、ということ。

 

「生活保護を受けるほどお金に困っているのに、債務整理費用なんて出せない」と思っているのなら、やはりまずは、相談するところから始めましょう。

緊急小口資金貸付はすぐ借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理や多重債務のことについて書いていますが、今は、そんな特別な事情が無くても金融業者の審査に通らなくて困っている方がものすごく多いですよね。

 

私がローン地獄に陥っている時以上に、今は審査に受からない人が増えていると思います。

 

そうなると、もう民間の金融業者ではなく公的な機関を利用するしかないのかもしれません。

 

通常のローンやクレジットとは違って公的なローンということになるのが生活福祉資金です。

 

生活福祉資金は原則無利息融資で、低所得者世帯、障害者世帯または高齢者世帯の生活を経済的に支えるとともに、それに加えてその在宅福祉及び社会参加の促進をすることと、経済的自立を目的とした融資ということになっています。

 

公的な資金ですから、現在生活に困っている方が借りる無利息融資または低利息融資なんですね。

 

また、多重債務で他では借りられない方や、債務整理後の方でも利用できます。

 

窓口になる各市区町村、福祉事務所に出向いて手続きをするわけですが、こういった公的資金を悪用しようとする人達も居るので、どうしても審査は厳しくなります。

 

悪人-債務整理体験談

 

嫌な思いをすることもあるかと思いますが、「どうしてもお金を借りたい」という旨を伝えるように努力しましょう。

 

生活福祉資金を申し込むには、保証人が必ず必要だったのですが、今は必ずしも必要と言うわけではないようです。

 

確か保証人を付けられれば、利息は付かなかったと思いますが、保証人なしの場合でも、民間のキャッシングに比べればとても低い利息になるでしょう。

 

不況で、借りたい人が増えているので、「すぐに貸してくれる」というのは難しいようですが、根気よくこちらかの事情を説明して誠意を見せれば、貸してくれる可能性は高まります。

 

スポンサードリンク

 

 

生活福祉資金の借り方」についての書籍も出ているようなので、参考にしてみるのも悪くないですね。

 

だいたい実際に借りられた人がどの位居るのか?と思うのですが、あまり確率的には高くないみたいです。

 

それと、緊急小口資金でも民生委員が間に入るので、その人の采配に任されているという地域もあるとか。

 

田舎の方が多いのでしょうが、民生委員って普通に近所のおじさん、おばさんがなるので、当たり外れは大きいですよね。

 

それなりの人格者が選ばれるのでしょうが...

 

とにかく、お住まいの地域によっては、かなり差があるらしいということです。

 

緊急小口資金貸付なのに、支給されるまでに2週間以上かかったところもあれば、3日で支給されたところも。

 

地域格差があるのでしょうね。

 

うーん、必要な時に必要なお金が借りられない社会というのが、一番問題な気がします。

 

追記:緊急小口資金を実際に役所に申請された方の体験談によると、「お金に困って、もうどこからも借りられないのに相談に行ったのに、返済能力が無いとされて断られた」というのがありました。

逆に、「任意整理をするのに必要なお金が借りられた」という方も。

やはり、役所によって、対応がかなり違うようです。

一般的には返済能力の有無を重要視するところが多いようなので、「十分返済できるお金があれば、公的資金に頼らないのに」という意見も多いんですよね。

 

結局は、役所のさじ加減によるものなのでしょうか?