スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 緊急小口資金貸付はすぐ借りられる?
Page: 1/12   >>

緊急小口資金貸付はすぐ借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理や多重債務のことについて書いていますが、今は、そんな特別な事情が無くても金融業者の審査に通らなくて困っている方がものすごく多いですよね。

 

私がローン地獄に陥っている時以上に、今は審査に受からない人が増えていると思います。

 

そうなると、もう民間の金融業者ではなく公的な機関を利用するしかないのかもしれません。

 

通常のローンやクレジットとは違って公的なローンということになるのが生活福祉資金です。

 

生活福祉資金は原則無利息融資で、低所得者世帯、障害者世帯または高齢者世帯の生活を経済的に支えるとともに、それに加えてその在宅福祉及び社会参加の促進をすることと、経済的自立を目的とした融資ということになっています。

 

公的な資金ですから、現在生活に困っている方が借りる無利息融資または低利息融資なんですね。

 

また、多重債務で他では借りられない方や、債務整理後の方でも利用できます。

 

窓口になる各市区町村、福祉事務所に出向いて手続きをするわけですが、こういった公的資金を悪用しようとする人達も居るので、どうしても審査は厳しくなります。

 

悪人-債務整理体験談

 

嫌な思いをすることもあるかと思いますが、「どうしてもお金を借りたい」という旨を伝えるように努力しましょう。

 

生活福祉資金を申し込むには、保証人が必ず必要だったのですが、今は必ずしも必要と言うわけではないようです。

 

確か保証人を付けられれば、利息は付かなかったと思いますが、保証人なしの場合でも、民間のキャッシングに比べればとても低い利息になるでしょう。

 

不況で、借りたい人が増えているので、「すぐに貸してくれる」というのは難しいようですが、根気よくこちらかの事情を説明して誠意を見せれば、貸してくれる可能性は高まります。

 

スポンサードリンク

 

 

生活福祉資金の借り方」についての書籍も出ているようなので、参考にしてみるのも悪くないですね。

 

だいたい実際に借りられた人がどの位居るのか?と思うのですが、あまり確率的には高くないみたいです。

 

それと、緊急小口資金でも民生委員が間に入るので、その人の采配に任されているという地域もあるとか。

 

田舎の方が多いのでしょうが、民生委員って普通に近所のおじさん、おばさんがなるので、当たり外れは大きいですよね。

 

それなりの人格者が選ばれるのでしょうが...

 

とにかく、お住まいの地域によっては、かなり差があるらしいということです。

 

緊急小口資金貸付なのに、支給されるまでに2週間以上かかったところもあれば、3日で支給されたところも。

 

地域格差があるのでしょうね。

 

うーん、必要な時に必要なお金が借りられない社会というのが、一番問題な気がします。

 

追記:緊急小口資金を実際に役所に申請された方の体験談によると、「お金に困って、もうどこからも借りられないのに相談に行ったのに、返済能力が無いとされて断られた」というのがありました。

逆に、「任意整理をするのに必要なお金が借りられた」という方も。

やはり、役所によって、対応がかなり違うようです。

一般的には返済能力の有無を重要視するところが多いようなので、「十分返済できるお金があれば、公的資金に頼らないのに」という意見も多いんですよね。

 

結局は、役所のさじ加減によるものなのでしょうか?



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> お金を借りる時の裏知識って?公的資金の活用法

お金を借りる時の裏知識って?公的資金の活用法

JUGEMテーマ:借金返済

 

かなり前に「お金を借りる時に知ってると助かる裏知識」というレポートを読んだのですが、今でも通用する部分はありますね。

 

特に、公的資金の活用法などは、一般に知られていないことが多いです。

 

正直「裏知識」ということで、「闇」に近いようなところを紹介しているのか、と思いましたが、そうでは無かったんですよ。

 

闇市-債務整理体験談

 

「ブラックでも借りられる金融機関」としては、やはり公的資金が載っていました。

 

私のブログでは、一番わかりやすい「生活福祉資金」をご紹介していますが、他にも公的資金はいろいろとあります。

 

このレポートに載っているだけでも結構ありますが、今は名称が変わっているものも。

 

正直「こんなにあるのか?」と思いますが、一般的には知らされていないですよね。

 

「弱者救済のはずなのに」と、少々腹立たしい気持さえしますが、やはり「助けてもらいたい人」が自らアクションを起こさないと、何も変わらないということでしょうか?

 

テレビでも「多重債務のご相談はこちら」とか法律事務所の宣伝はよくみかけますが、「公的資金」については、生活保護以外はあまり聞いたことが無いですよね。

 

※生活保護については、「健康で文化的な最低限度の生活」という吉岡里帆さん主演ドラマが最終回を迎えたばかり。生活保護を受ける側と給付する側との溝というのが、考えている以上に深いんだと思いました。

 

単にお金をお金を給付して終わりでは無いんだ、ということ、生活保護を受ける理由や受ける人達にも様々な理由がある、ということなど、いろいろと考えさせられました。

 

まあ、大々的に知らせると、借り入れをしたい人が殺到してしまう、なんていうことがあるのかもしれませんし、悪用されるケースも増えるでしょう。

 

そんなことも考慮しているのは分かるのですが、知らないがために「自らの命を絶たなくてはならなくなる」なんていう方までいらっしゃるわけですから。

 

もう少しわかりやすくしてもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

これは、多重債務者や債務整理をした方のことだけでなく、「生活に困窮している」すべての皆さんにとっては、とても重要な情報だと思うのですが・・・

 

特に、突然の解雇などで職を無くして失業された場合、失業給付金だけではなく、家賃滞納して追い出されそうになった時に使える住宅確保給付金があります。

 

あと、失業給付金が出るまでのつなぎとして、生活費が借りられる臨時特例つなぎ資金など。

 

知らないというだけで、自分自身だけでなく家族まで路頭に迷うことは避けたいですから。

 

とにかく、今はネットでも市町村役場の情報や、公的資金のことについても調べられますので、「今生活に困っているけど、ブラックなのでどこからも借りられない」という方は、勇気を持って相談に行かれることをおすすめします。

 

ただ、このブログに来ていただいている方は、多重債務で債務整理を考えている方も多いと思うのですが、その場合は、ちょっと勝手が違うかもしれません。

 

生活福祉資金制度にしても、「先に債務整理の手続きをしてから」と言われる可能性が高いです。

 

それでも、国のセーフティネットですから、相談に乗ってくれることもあるでしょう。

 

まずは、一歩を踏み出すことが大切なんですよね。

 

ちなみに「ブラックでも作れるクレジットカード」については、このブログでもご紹介しているVISA(JCB)デビットカードでしたね。

 

やはり、安心して持てるとなると、これしかないでしょう。

 

クレジットカードではないですが、ブラックになったら一枚は持っておきたいアイテムです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 債務整理後でも緊急小口資金なら借りられる?

債務整理後でも緊急小口資金なら借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後やブラックになってもお金を借りられるところを探している方は多いんですよね。

普通なら、「借金を返せなかったのに、まだ懲りないのか」と思うでしょうが、少し前までと「借金をする理由」が違ってきているので、一概にそうとは言えません。

借金の理由も、少し前ならギャンブルや投資などにお金を使ってしまってという方も居たのですが、今はほとんどが「生活するお金に困窮して」という理由でしょう。

実際問題、私の周りでも、急に夫が失業してとか、病気になってということでお金に困っている方は多いです。

借金があるのに病気になって

ましてや、債務整理をしたり借り入れブラックになっていたりする人にとっては、「どこでもいいから貸してくれるところは無いか?」とわらにでもすがる思いでしょう。

そんな方が、唯一頼れるのが公的機関なのですが・・・

住んでいる県や市町村によって、職員の対応がまちまちだったりで、借りられる方はあまり多くは無い、ということみたいです。

もっとも、あまり敷居を低くしては、借りたい人が殺到してしまったり、悪用する人が出てくるのは間違いないのですが。

すぐに貸してくれて公的に借りられるものとしては、社会福祉協議会の「緊急小口融資」が一般的ですね。

10万円までが限度なので、それ以上必要な場合は違う融資制度に申し込む必要があるのですが、多分、これが一番申し込みやすいでしょう。

よく話題にしている「生活福祉資金貸付制度」の貸付方法のひとつです。

スポンサーリンク

 


「明日食べるものを買うお金も無い」と言う場合は、ちょっと間に合わないのですが、場合によっては、割と早めに融資してくれるということもあるようです。

所得制限とか他にも条件があったり、「緊急性が感じられない」と判断されれば却下されてしまいますので、今の状況を包み隠さず話すしかないでしょうね。

借金で今はお金に困っているとは言え、少し前までは結構お給料も良くて、羽振りの良い生活をしていたなんていう方も居るはず。

そんな方にとっては、役所に行くことすらPRIDEが許さないような気持ちがある場合もあると思います。

もう少し、メンタルな面も含めて相談できる窓口があれば良いのですが、民間の団体とかがやらないと無理でしょう。

国や自治体の制度をすぐに変えるなんて、なかなかできないですものね。

 

まあ、「そこまで面倒見きれない」というのが本当のところですが、世帯主であるお父さんが、お金が無いのにプライドばかり高くて相談できずに居て、その間に子どもたちが食べる物も無く辛い生活を強いられる、ということは十分に考えられます。

自分で何とかするしかないのですけど。

相談と言えば、人の弱みに付け込んで、「もうどこからも借りられなくなったらご相談ください」と「借金返済の救済窓口」とうたっている業者にも注意してください。

よく求人広告のチラシとかに載っているでしょう?

ものすごい高金利でお金を貸す業者や闇に近い業者とかもあるみたいですから、気をつけないといけないですね。

「もうどこでもいいからお金を貸してくれないか」と思っている時には、悪質な業者にも引っかかりやすいですから。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?