スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金の審査はブラックでも通る?
Page: 1/11   >>

生活福祉資金の審査はブラックでも通る?

JUGEMテーマ:借金返済
 

「生活福祉資金貸付制度の審査は債務整理をした私のようなブラックでも通りますか?」ということですが。

 

審査の甘い消費者金融」とか「ブラックでも借りられる金融業者」などを、目を皿のようにして探し回る日々を経験される方も多いでしょう。

実際に、私も相当な数の「ブラックでもお金を貸します」というようなサイトを見てきましたが・・・

なかなか「これだ」というものはないんですよね。

情報として出ては来るのですが、信用して良いのか?というところで迷ってしまいます。

掲示板などを覗いても、「ブラックでも貸してくれる」なんていう情報があったりしますからね。



しかも「現在借りているけど、問題が無かった」なんていう発言まで。

ただ、やはり「どこまで信用できるか?」です。

今は「闇金融」も、普通の金融業者と区別が付かないようになっていますから、できれば避けたいところ。

しかも「ブラックでも貸します」とうたっているところは、やはり要注意だと思います。

良心的なサイトだと、「ブラックでも貸してくれる業者の裏側」という感じで、実態を調査してくれていたりするので、参考にはなりますね。

そこで浮上してくるのが「生活福祉資金」を代表とする公的資金です。

ただ、やはり「一筋縄では行かない」というのが本当のところ。

確かに、「生活に困っている」からと言って、誰でも貸し付けていたら、予算がすぐに無くなってしまいますから。

また、生活保護と同じで、「悪の温床」にもなりかねません。

それでも、「もうどこからも借りられなくなったら」検討してみることをお勧めします。

気になるのが「どんな審査なのか?」ということですよね。

残念ながら、審査について詳しく語られているところはないですし、ケースバイケースでまた各自治体によって基準も違ってくるということです。

生活福祉資金については、年度別に「生活福祉資金マニュアル」という書籍も出版されているようなので、それが一番詳しいかと思います。

スポンサーリンク



審査対象としては、低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯・失業者世帯ということ。

もし借りられた場合は、保証人が居る場合は無利子で、居ない場合でも年1.5%程度の低金利で最長20年かけて返していくことができます。

最初の半年間は支払わなくても良いなど、生活に困っている人にとっては、最後の頼みの綱となるべき融資制度ですから、検討だけでもしたいところですね。

ひとつ気をつけなければならない点は、多重債務者が相談した場合、「先に債務整理をしてから相談してください」と言われるケースが多いそうです。

考えてみれば当たり前のことなのですが、「おまとめローン」と同じように考えてはいけない、ということ。

生活保護と違って、返済の義務が生じますから当たり前のことなのですが、ここで大分凹む人も多いということ。

「もうここでお金を貸してもらうしか無い」と、最後の望みをかけて申請しに行ったのに断られたら、がっかりしてしまうのもわかります。

だけど、ここは「良い潮時」と債務整理の決断をするという考え方もできるわけです。

生活福祉資金の対応は、各自治体によっても違ってきますが、場合によっては、債務整理を相談できるところを紹介してくれることもあるということ。

 

前向きに生活を立て直そうという気持ちがあれば、後押ししてくれる気持ちがうれしいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 国からの貸付(生活福祉資金)を断られる具体的な理由

国からの貸付(生活福祉資金)を断られる具体的な理由

JUGEMテーマ:借金返済

 

いまだに生活福祉資金制度があることすら知らない方も多いと思いますが、ざっくり言うと、「国が生活に困っている世帯に低金利でお金を貸してくれる制度」なのです。

 

実際に運営しているのは、各自治体の社会福祉協議会なのですが。

 

「え?そんなこと誰も教えてくれなかった」と思う方も多いでしょうが、言ってみれば、セーフティネットの一環として立ち上げられた制度なので、民間の金融業者のようにCMがあるわけではなし。

 

ということで、あんまり知られていないのではないでしょうか?

 

それと、生活保護があまりにも有名なので、その陰に隠れてしまっているということもあります。

 

よく、生活保護と混同されることもありますが、生活福祉資金貸付制度というくらいで、「お金を給付するのではなく貸し付ける」わけです。

 

大雑把に区別するなら、「働ける人は生活福祉資金で、働けない人は生活保護」ということになりますね。

 

ここで問題になるのが、「多重債務者は生活福祉資金を借りられるのか?」ということ。

 

だって、多重債務になると、もうどこからもお金が借りられなくなって、路頭に迷います。

 

最後に泣きつく所と言えば、公的資金しか考えられなくなるのです。

 

借金が返せなくなって泣きつく

 

民間の金融業者で貸してくれるところは、闇金融ばかりというわけではないですが、見分けを付けるのが大変ですから。

 

ここで困ったことを発見!

 

実は、この生活福祉資金貸付制度の貸付を断られる主な理由として

 

◯無収入である

 

◯低収入で、貸したとしても返済できない可能性が高い

 

◯すでに複数の金融機関からお金を借りている

 

◯今までの借金を返済していない

 

ということが挙げられます。

 

無収入の人にお金を貸せない、というのは、いくら国のセーフティーネットと言えども、貸付なので仕方のないこと。

 

それでも、借金のある人にお金を貸すことができないなんて、結局は「じゃあ、消費者金融から借りて今以上に借金まみれになれ、ということ?」「闇金融でもどこからでも借りろ、と見捨てられるの?」と思ってしまいます。

 

「それじゃあ、なんのためのセーフティーネットなの?」とまでやさぐれてしまいそうですが、要するに、そこまで借金を抱えている人に、いくら無利息や低金利であっても、お金は貸せない、ということ。

 

だいたい、多重債務になってしまっているということは、借りたお金は返済に当てる可能性が高いのです。

 

スポンサードリンク

 

 

となれば、生活の質は、お金を借りても何も変わらないばかりか、お金を貸すことにより、借金の金額を増やすだけ

 

という考え方なんですね。

 

こちらにしてみたら、「今、この困窮している間だけでも、少しの金額でいいから貸して欲しい」と思うのですが、冷静に長い目でみればどちらが正しいかは一目瞭然。

 

ただし、見放すのではなく、法テラスなどの借金に関して相談できる機関を紹介してくれたり、積極的に「借金問題を先に解決する」方法を教えてくれるのです。

 

まあ、国がお金を貸してくれるとはいえ、各自治体の社会福祉協議会に一任されていますし、自治体も貸付資金などについても負担している部分もあるので、場所によって対応が違うのも事実です。

 

相談とは名ばかりで、けんもほろろに追い返されてしまった」なんていう体験談も聞いたことがあります。

 

だからと言って、最初から諦めてしまっては、最初の一歩が踏み出せないので、「とりあえず相談してみる」という気持ちで行けば、案外うまくいくかもしれません。

 

それか、最初から「法テラス」の方に相談に行く、という選択肢もありますよね。

 

法テラスでは、借金を抱えて困っている人に、弁護士を紹介してくれるなど法的な相談に乗ってくれますから。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 明日までにどうしても10万円必要になったらどうしますか?

明日までにどうしても10万円必要になったらどうしますか?

JUGEMテーマ:借金返済


借金を借金で返す愚かさ」はほとんどの方がわかっていることです。

だけど、しないと生きていけないという事実もあります。

別に借金じゃなくても「お金を作る」でもいいんですけとね。

例えば、「明日までにどうしても10万円必要」という事態になった時、あなたはどうしますか?

どうしよう?と悩む女性

もちろん、「貯金を切り崩す」というのはなしで。

となると、やはり「借りる」という選択肢しかないのではないでしょうか。

しかも、1,2万円ならまだ友人や親戚に借りるということもできるでしょうが、ある程度まとまったお金が必要になると・・・

キャッシングでなんとかならないだろうか」と思ってしまうでしょう。

それでも、本当にお金がなくて「絶対に返せない」ということがわかっていたら、最初から借りないかもしれません。

だから、多重債務に陥ってしまう人は、もともとはギリギリの生活をしていたわけではない、確率が高いでしょうね。

私もそうでしたから。

最初は「毎月これくらいなら返せる」という気持ちで借りて、事実きっちりと返していました。

それが、自営の業績が悪くなり、生活費にも事欠くようになってくると、借金に回すお金はなくなり、結果借金で借金を返すように。

そして、一度こういったローテーションができてしまうと、今度は「借金をする」という思考回路がマヒしてしまうのです。

マヒと言うか、「何とかして返さなくてはいけない」という脅迫観念にかられ、借金しては、別の借金に回すという悪循環に陥ってしまうんですね。

これを、一旦切ってしまうと、ものすごく楽になります。

とにかく「借りない」と心に決める。

返済の出費がなければ、「借りずに済んでいたかもしれない」ということは良くあります。

ただ、「言うのは簡単だけど、実際に行うのは困難だ」ということ。

一度「借金を借金で返す」という負のループにはまってしまうと、なかなか抜け出せないということはよくわかります。

それでも、早い段階で、少しでも「お金を作る」という考えにシフトして行けば、まだ重症にならなくて済むということも。

これは一例ですが、すぐにお金を作る方法としてご紹介しているのが、いつも言っているオークションです。

「うちに売るもんなんてもうないよ」と思われるかもしれませんが、「ジャンク」で出せば、壊れた家電などでも売れてしまう世界です。

大金を稼ぐのは難しいかもしれないけど、急場しのぎにはなりますよ。

スポンサードリンク

 


願わくば、公的資金で、一時的に生活費のマイナス分を借入れできるシステムがあれば良いのですが・・・

生活福祉資金も、イザという時には頼れますが、いまだに敷居が高いイメージがありますね。

金利が1,5%〜3,0%で連帯保証人が居る場合は無利子になるというところは、とても魅力的なのですが。

それだけに、あまり簡単に貸し付けてしまっては、悪用される危険性も出てくるでしょうから。

また、生活福祉資金貸付制度そのものの考え方が、「他の制度を利用できないか?を優先させる」ということがあります。

つまり、生活保護を受けられるケースでは、先に生活保護をすすめられるということ。

その他、失業保険を受給できないか?とか。

 

これは、できれば自分自身で先に調べておくべきことですけどね。

生活福祉資金貸付制度を利用するのは、あくまでも最後の手段と考えた方が良さそうです。

とは言え、失業保険以外は、併用利用も可能なケースもあるので、相談してみることも大切ですね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?