スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 借金が無くなっても生きていくのが困難な時には?
Page: 1/26   >>

借金が無くなっても生きていくのが困難な時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれるところ」とか「ブラックでも融資可能な金融機関」などを探している方が、依然として増えています。

 

無理も無いですよね。

 

日本経済についての朗報はどこからも聞こえてこず、不況に加速度をかけるような震災や洪水などの影響もあり、新たに倒産する会社が急増しています。

 

今後も、このままの状態が続く、あるいは悪くなると思われる経済状況で、借金が無くても生きていくのが困難な中、いわゆる「ブラック」と言われる人達は、もっと困難な状況にあると言えるでしょう。

 

「借金をしたのは自分なんだから、自業自得でしょ」と言われても仕方の無いことですが・・・

 

それでも、自営の仕事が急にうまく行かなくなったり、働き先の会社が倒産したり、また家族が借金を背負ってしまい止む無くなど。

 

今はギャンブルや無駄遣いで借金をする人は、ほんの少数になってきていると思います。

 

買い物三昧で借金を抱える女性

 

そうなると、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」という情報を求めている方の、切実な思いが聴こえて来るようで、なんとか情報を提供したい、と思うのですが・・・

 

今のところ、世間一般で言う「ブラックリスト」つまり個人信用情報に事故履歴が載ってしまった方に、責任を持ってご紹介できるような金融機関はほとんどないということです。

 

唯一、地方在住者向けに存在するNPO団体が立ち上げている貧困者救済制度があるのですが、公的なものに近いようなら信用できるのでは?と思います。

 

それでも、誰もが利用できるわけではないので、民間の金融機関のように利用するのは難しいと思います。

 

私自身も、ブラックになってもなお生活は苦しかったので、本当に貸してくれるところは無いのか?とあちこち探し回りました。

 

もちろんネットで検索も。

 

もしかしたら、毎日「ブラックでも借りられる金融機関」など検索していたかもしれません。

 

当時は、まだ「もしかしたらここは大丈夫かも」というような金融業者があったのですが、今ではそういった会社もほとんど無くなってしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

結局残っている「ブラックでも貸します」とうたっている金融業者は、「闇金」か「ソフト闇金」と呼ばれるような会社ばかりでしょう。


私も、ひとつひとつくまなく当たってみたわけではないので、100%信用できないとは言えませんが、まず避けた方が良いでしょうね。

 

すでに債務整理を終えた方でしたら、やはり「生活福祉資金」のような公的資金に頼るのが一番安心だと思います。

 

ただ、安心ではありますが、敷居は高いと認識した上で相談に行かれた方が良いですよ。

 

あとは「求職者支援制度」を利用して、給付金を受けながら職業訓練を無料で受講する、という方法もあります。

 

まあ、この方法もいろいろ賛否両論あるので、訓練校選びは慎重にされた方が良いと思います。

 

この制度自体が見直されるということもあるのかもしれませんね。

 

結局、何をするにも「自分次第」ということなのでしょうが、手っ取り早くお金を稼ぐ方法では、オークションなどで一時的にお金を作るということもあります。

 

以前も書きましたが、「こんなものが」というような一般の人にとってはガラクタのようなものが、高値で売れたりするのです。

 

とにかく何か行動を起こして、現状を打破するという気持ちが大切なんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 多重債務で他社借り入れ5件以上でも作れるクレジットカードがあった?

多重債務で他社借り入れ5件以上でも作れるクレジットカードがあった?

JUGEMテーマ:借金返済

 

猛暑、不況、物価上昇、天変地異のような自然災害・・・と多重債務者じゃなくても、泣きたくなるような時代ですね。

 

だけど、泣いてばかりもいられません。

 

多重債務者にとっては、とくに借金をどうにかしないと、生きていく術がありません。

 

収入を増やすか、債務整理をして借金を減らすか、また過払い請求をして借金を減らす、この位の選択肢しかないですよね。

 

いずれにしても、その後数年間は「現金だけが頼り」の生活をしなければなりません。

 

もともと「借りすぎ」なんだから、カードが無くなってかえっていいのかも、何て思えるのは最初のうちだけ。

 

いかにローンやクレジットカードが使えないと不便なものかは、一度そういった生活をしてみないとわかりません。

 

ただ・・・

 

やはりローン支払いで買い物をするということを甘く考えていたかな、というところはありますね。

 

だから、ここはやはり「リハビリ」と思って、ローンで買い物をすることは諦めましょう。

 

借金のリハビリも大切

 

そうなると、毎月少しづつでも貯めておいて、大きな買い物をするしかないです。

 

でも、クレジットカードがないと非常に困る場面に、何度も遭遇します。

 

特に、ネットでの取引となると、クレジットカードが身分証明のような役目になるので、持っていないと契約ができないところもあります。

 

そんな時に助かるのが、デビットカード

 

通常は、いくらかの金額を入れておけば、カードで買い物できるだけの機能しか付いていませんが、こちらのカードだと、クレジットカードとして、通常の買い物ができます。

 

特に「デビットカード」という必要もないのです。

 

もちろん、お金を借りたり、分割払いにはできませんが、VISA(JCB,マスター)カードとして使えますので、手元に現金がなくても銀行口座に入っていれば買い物ができるんです。

 

自分の口座からお金をおろすのにも手数料がかかる場合があるので、カードを使えば節約にもなりますね。

 

とにかく、ブラックの身にはとても便利なカードということは確かです。

 

スポンサーリンク

 

 

とは言え、「どうしても本物のクレジットカードが入手したい!」という方に、もしかしたら他社借り入れ5件以上でも作れるかもしれない、という情報を。

 

もちろん、申込みのタイミングや申込者の年収や勤め先などの属性、借入状況によって変わってきますが、実際に作れた人が居るということです。

 

具体的には

 

◯大手外資系クレジットカード

自己破産歴があっても取得できたケースあり

過去の履歴よりも現在の信用を重視する傾向がある

 

◯リボ払い専門のクレジットカード

他社借入件数6件くらいでも審査通過した例あり

債務整理履歴があっても、作れたというケースも

 

◯新しく発行されたばかりのネット業者系クレジットカード

新規顧客獲得のために、若干審査が甘くなっている

免許証コピーのみで審査OKのところアリ

 

という体験談がありました。

 

現在取得できたという方から、数年前の体験談まであるので、すぐにこの情報に飛びつくのは危険ですが、他社借入件数が多くても作れるカードがある、というだけで、少し希望は見えてきますね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 個人事業主や自営業者が破産したら仕事は続けられない?

個人事業主や自営業者が破産したら仕事は続けられない?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産は人生の終わり、破産したら何もかも失くしてしまう、というのが一般的な意見ですよね。

今は昔ほど悲観的では無いにしろ、基本的な考えは変わらないでしょう。

それでも、普通のサラリーマンやパート勤めの方が自己破産した場合、財産をすべて没収されると言っても、実際には個々の財産的価値が20万円以下であれば取られないし、家も賃貸であれば出て行かなくても良いのです。

会社に破産したことが知られることはまず無いので、そのまま勤めていてもOK。

万が一会社に知られることがあっても、「破産した」ことで社員を辞めさせることはできません。

まあ、相当居づらくはなるでしょうが。

だから、全く生活に影響が出ないわけではないでしょうが、破産後も収入と住まいは確保できるのですから、当座の暮らしに困ることは無いですね。

精神的なダメージの方が大きいかな?

問題なのは、個人事業主や自営業者が破産した場合



普通「会社が倒産した」と言いますが、事業がうまくいかなくなって資金繰りができなくなったり、取引先への支払いが滞ってしまったりということで決心するケースがほとんどでしょう。

そのまま店をたたんだり、事業を止める場合は良いのですが、「借金を一度精算して、もう一度同じ仕事で巻き返したい」という場合も多いです。

うちの場合も個人事業主だったのですが、「そのまま同じ仕事を続けたい」意思はありました。

それでも、結局は「事業資金が借りられない」という理由で、一時アルバイトをしたりパート勤務で食いつないだりしていましたね。

では、個人事業主や自営業者が破産した場合、仕事を続けるのは不可能か?と言われれば、そんなことは無いと思います。

ただ、

事業に必要な道具や機械を事業資産として処分される可能性が大
通常、生活に必要な家財道具などは、そのまま所有することを認められるのですが、事業資産に関しては処分されると思った方が良いでしょう

今までの契約をすべて解消しなければならないこと
人を雇っていた場合は一度解雇する必要がありますし、事務所を借りていた場合は賃貸契約は一度白紙に戻す必要があります。

事業資金が借りられない
自己破産してしまえば、新たなローンは組めませんし借り入れをできません。

と、これだけの壁が立ちはだかるのです。



スポンサードリンク

 

 

しかも、自宅を事務所として使っていた場合は、自己所有の財産ですから自宅は処分されます。

つまり、自己破産した途端に、住むところと仕事場を同時に無くすというわけ。

 

法律上は、「破産したら同じ事業を引き続き継続してはならない」なんていうことはないので、その辺は自由にできるはずなのですが、その意外の部分でがんじがらめになってしまうのです。

そのまま事業を続ける場合でも、一度アルバイトや会社勤務に就いて、お金を貯めてから再度挑戦するということにならざるを得ない、というのが本当のところでしょう。

 

私が債務整理を弁護士さんにお願いした時にも、「自営業は続けられないことは無いけど、事業資金が借りられなくなるし、備品なども処分されるので、続けるのは難しくなるでしょう。」と言われましたから。

できれば、そんなオーナーのための資金援助制度みたいなものがあれば良いのですが、新しく事業を始めることすら、今は難しくなってきていますよね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい