スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理中に引っ越しはできるの?
Page: 1/35   >>

債務整理中に引っ越しはできるの?

JUGEMテーマ:借金返済

引越しって、普通は「新居に移る」という感じでワクワクするものですよね。

それが、債務整理中や債務整理後の引越しというのは、「夜逃げ」のような世間から追い出されたイメージがあります。

債務整理中に引越しは可能ですか?」という質問を見かけました。

債務整理中の引越しはできないと思われていますが、実際はどうなんでしょうか?

原則として、債務整理中の引越しは自由ということにはなっています。

普通引越しというと、「新しい生活の始まり」ということで、嬉しいものですが、債務整理中に引越しを余儀なくされる場合はあまり楽しいものではないですよね。

特に自己破産で自分の家を追われ、アパートなどに引っ越すことになる場合は、悲惨な感じさえします。




私の場合は自己破産ではなかったのですが、紆余曲折ありまして、結局は引っ越すことになったのですが、持ち家から賃貸ということでは、あまり変わらないです。

やはりみじめな感じはありました。

賃貸と言えばまだ聞こえはいいですが、知り合いのツテで、「傾きそうな」いや「実際にも傾いている」ボロ家に引っ越しましたから。

 

※数年後、自然災害に見舞われた時には、「家が潰れる!」と思ったのですが事実潰れかけていて、保険で直せなかったら、家族みんな家の下敷きになっていた可能性があるのです。

それでも、ホームレスにならないで引っ越せただけでも「ありがたい」と思うべきなんでしょうが・・・

で、最初の「債務整理中に引越しはできるか?」ですが、たいていの場合は制限されることなくできると思います。

ただ「あまり遠くに行かれると困る」というようなことは、弁護士さんから言われましたが。

まあ、裁判所の管轄が変わるような引越しは避けた方が良いかもしれません。

と言っても、特別な理由が無い限り、九州から北海道に引っ越すなんていうことはあまりないと思いますけど。

スポンサードリンク



あと、弁護士さんや司法書士の方に債務整理を依頼していると思いますので、引っ越す予定ができた時点で、きちんと報告することは言うまでもありませんね。

自己破産で管財人が付いた場合のみ、ちょっと話は違ってきます。

裁判所から転居許可というものをもらってからでないと、動けないということです。

この転居許可に関しても、たいていの場合はすんなり降りるそうですが。

転居できるとしても、問題は持ち家から賃貸に移る時の「保証人」をどうするか?ですよね。

うっかり「保証会社を利用します」なんて言ってしまうと、その保証会社が信販会社系列だった場合、「個人信用情報」を参照されてしまう可能性が高いです。

そうなると、「債務整理している」事実が丸わかりなので、当然賃貸契約も断られてしまうことに。

なので、できるだけ保証人は立てた方がいいですよ。

賃貸契約ひとつ取っても、やはり「社会的な制裁」は受けるものなんだ、と思ってしまいますが、仕方の無いことですね。

みじめな感じは拭い去れませんが、それでも「新しい生活」がスタートすることには変わりはありません。

「ここからやり直すんだ」というつもりで頑張るしかないですよね。
 

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> リボ払いは危険?多重債務になる前に

リボ払いは危険?多重債務になる前に

JUGEMテーマ:借金返済

 

ついつい借りすぎてしまうローン。

月々数千円と言う言葉に安心して、次から次へと買い物した挙句のローン破綻

 

どうしてなると思いますか?

 

まあ、人それぞれで理由は様々ですが、「リボ払いの落とし穴」というものもありますよね。

 

リボ払いの落とし穴-債務整理体験談

 

例えば10万円もする商品って、なかなかポンッと現金では買えませんが、「リボ払いなら月々5,000円で返せますよ。」と言われたら、「買えるかも」と思ってしまいます。

 

ええ?思わない?

 

しっかりとお金の管理ができて、将来のことも考えられる方は、「眼の前の欲しいもの」よりも、「一体いくら利息を取られるのか?」というところに目が行くでしょう。

 

もともとお金の無い生活をしていると、意外とどんぶり勘定になってしまう、という話は書きましたが、結構そういうところはあるんですよね。

 

いつもお金が無くてケチケチしているから、少しでもまとまったお金が入ると、何かを買ってしまう、とか。

 

だけど、たとえ今現金が10万円以上あったとしても、一回に支払う金額が少ないリボ払いを選んでしまうのが、借金体質の始まりなのかも。

 

今は、売り場で一括払いでクレジットカード決算しても、カード会社にWeb会員登録さえしてあれば、パソコンやスマホで、後でリボ払いに変更できるところも多いです。

 

それも、賢く利用すれば良いのですが、たいていの場合は、「とりあえずすべてリボ払いにしておこう」となって、月々の支払金額のみを把握し、総支払い金額に関しては無頓着になってしまう、ということ。

 

「そんなこと言っても、悪徳業者じゃなく大手銀行のクレジットカードを利用しているのだから、利息って言ってもそんなには取られないでしょう?」と思いますよね。

 

私もそうでした。

 

だけど、例えば20万円の商品を買って、月々5,000円のリボ払いで返した場合、あるクレジットカード会社のシュミレーションによると、3年3ヶ月かかって、総額は約25万円にも上るそうです。

 

まず、3年もかかることに驚きですが、5万円も大きく支払うことになると、その分何か結構高価なものが買えてしまいます。

 

しかも、商品によっては、3年も経てばすでに壊れている、なんていうこともありますよね。

 

パソコンなんかだったら、スペックも古くなっているでしょうし・・・

 

スポンサーリンク

 

 

でもなぜリボ払いがダメなの?ということですが、「月々の支払額をなるべく安く抑えようとするから」というのが理由です。

 

リボ払いの手数料は残高にかかる、という性質を考えれば、月々の支払額を安くすればするほど、残高がなかなか減らずに手数料が増えてしまう、という悪循環になっていました。

 

確かに、月々1万円だと、「ちょっとキツイな」となってしまうのもわかりますが、そのくらいなら、支払う期間も短くて済み、総額も約半分になるんです。

 

考えてみたら、借金返済金額が増えて、手元にお金が無くなると、もう、こういったわかりやすい手数料や利息計算も、放棄してしまう傾向がありました。

 

普通に余裕のある生活をしていた時には、「夏のボーナスではこれを買う。」とか「金利が安い時に家電を買い換える」など、細かく計算をしてから買い物していたんですけど。

 

多重債務になりかかっていた頃には、家電が壊れた時など、「とりあえず、月々の支払金額が少ないローンを選ぼう」としていましたから。

 

そんな繰り返しが多重債務にまで追い込まれた理由のひとつなのかな?とも思います。

 

今支払う金額をケチればケチるほど損をする」という法則は、何もリボ払いだけに限らない、ということも言えますね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理後はホームレス同様の生活になる?

債務整理後はホームレス同様の生活になる?

JUGEMテーマ:借金返済

新年になり、新しい年と共に借金生活とサヨナラするために債務整理を検討中の方もいらっしゃるでしょう。

債務整理後の生活はどうなるのか?

自己破産だと、家も車も家財道具も一切合切持っていかれて、ホームレス同様の生活が待っているの?



多重債務で追い詰められた生活をしていると、楽になりたい気持ちはあるのですが、どうしても債務整理後の生活は暗いイメージしかありません。

実際にはどうなのか?ですが。

債務整理後の生活は、やはり結構苦しいです。

借金返済の金額がものすごく減ったのは良いのですが、やはり弁護士費用やその他かかることも多く、手続きなど煩雑な作業も伴うので、気力も必要です。

自分が作った借金を帳消し、あるいは非常に少なくしてもらえるのですから、文句は言うな、というところでしょうが・・・

でも、借金を重ね、多重債務生活が続いていると、気力と根気がどこかに行ってしまうのです。

今まで、まじめ一筋で生きてきた人も、結構ルーズになると思います。

まあ、金銭面ではどこかルーズなところがあったから、多重債務に陥ったのでしょうが・・・

ただ、債務整理を決意するようになるには、やはりかなり追い詰められてからでないと、なかなか決心が付かないものです。

そのまま放っておいたのでは、自殺もしかねないというところまで追い込まれて、初めて債務整理を決断する人も多いでしょう。

だから、気力を使い果たした人にとっては、今までの借金の経歴を詳しく報告したり、書類をすべて捜したりという作業が、とても辛いものになってくるのです。

これまた、仕方のないことですが。

作業自体が辛いということもあるのですが、「何でこんなに借りてしまったのか?」と自分を責める気持ちも大きくなって、本当に情緒不安定になってしまいます。

でもまあ、これも必要なこと。

傷口をただ塞いでいるだけでは、完治しないのですから。

傷口をしっかりと消毒して、薬を塗って行かないと、治るものも直りません。

だから、借金という病気の元を断たなければならないんですね。

スポンサードリンク



この辛い日々も、裁判が決まってからは、結構楽になります。

ただ、その後の生活で、将来が決まってきますから、「生まれ変わったつもり」で頑張らないといけません。

口で言うのは簡単なのですが、今までの生活を180度変える、というのは、おとなになってからは大変なこと。

 

だからこそ、今すぐに決断しなければならないんですよね。

 

まあ、債務整理後は借金は一切できませんから、経済状況は悪くなるのは当たり前。

 

お金が足りなくなったから借りる」という選択肢が、強制的に無くなるだけでも、今までのような甘えた生活はできないわけです。

 

「悪しき習慣を改善するチャンス」と思って、心を入れ替えるしか無いですね。


結局、債務整理後の生活を良くするのも悪くするのも自分次第ということなのでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活