スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 新型コロナウイルスの影響で生活保護を受ける人が増える?
Page: 1/36   >>

新型コロナウイルスの影響で生活保護を受ける人が増える?

新型コロナウイルスの影響で、知り合いの旦那さんが、ほぼ無職になってしまいました。

 

あるイベント関係の仕事をフリーで受けていたのですが、ここに来て、全ての公演やイベントがキャンセルになり、今後仕事が入ってくる予定も無い、ということ。

 

コロナウイルスでライブイベントが中止

 

確かに、コロナウイルスにかかるのは怖いけど、そのための自粛で、生活そのものが脅かさている、というのが現状です。

 

うちも、自営のサービス業なので、いつ収入が途絶えてもおかしくないんですよ。

 

給付金の話もありますが、やはり、手っ取り早いのは生活保護の申請をすることでしょうか?

 

こんな記事を読みました↓

 

【新型コロナウイルス】いま知っておきたい「生活保護」

 

みんな、生活設計をして、貯蓄に勤しみ、日々仕事に励みながら生きているのに、こんな不遜な事態に遭遇するなんて思ってもいなかったこと。

 

自分や家族が病気にかかったり、事故にあったりして、仕事ができなくなることは、ある程度想定できても、ここまでの不幸が襲っていくことは、どんな人でもできないはずです。

 

今、生活困窮におちいってしまった人は、生活保護という選択肢も視野に入れましょう、ということなんですね。

 

確かに、ヨーロッパでの拡大はひどいもので、イタリアではあっという間に感染が広がり、今は病院もパニック状態だとか。

 

あの有名なパフォーマンス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」でも、なんと、95%のスタッフが一時解雇されるという、前代未聞の措置が取られています。

 

もう、どこもかしこも異常事態と言わざるを得ないでしょう。

 

以前、債務整理後に生活保護を受ける人が増えている、ということを書きましたが・・・

 

"債務整理後、生活保護を受けるようになる方も多いと思います。

特に、自営業の方や、失業された方は、生活をしていくのが困難ですよね。

生活保護を受ける事に関しては、何もやましいことではないのですから、堂々と受ければ良いと思うのですが・・・

問題は、生活保護を受けている間は、仕事ができないということですよね。

本当は、ちゃんとした仕事が見つかるまでの「つなぎ」として、ネットでの副収入であったり、コンビニなどのアルバイトであったりというちょっとした収入から始めたいところなのですが・・・

生活保護を受けてしまうと、「少しづつ次の段階に行く」というのが難しくなるような気がします。

とは言え、仕事を無くした方が生活していくのは、一人身でも厳しいですから、家族が居れば、もっとですよね。

だから、すぐに借りられるのであれば、「生活福祉金」などで貸付をしながら、少しづつ生活を軌道に乗せていくというのがいいのかな、と思います。

ただ、どちらかと言うと、今は生活保護を受けるよりは、生活福祉金を借りる方が難しいみたいなんですよ。

とすると、「返す必要のない」生活保護の方に気持ちが向いてしまいますよね。

もっと簡単に公的資金が借りられたら、と思うのですが、そうなるとまた、生活保護のように、悪徳業者が入り込んで来るでしょう。"

 

この時とはまったく違う状況なので、生活保護申請についても、早急に対処してもらいたいものです。

 

もともと借金があった人にとっては、かなり肩身が狭い思いもするでしょうが。

 

とは言え、コロナウイルスの影響で、生活が成り立たなくなる人は、これからも増え続けると思うので、申請者が急増すれば、窓口での対処もできなくなるのでは?という危惧もあります。

 

それじゃなくても、感染症の予防や病院などへの対応で、各自治体も相当忙しいでしょうから。

 

生活保護は最終手段と考え、個人が、それぞれ生き残る方法を考えるべき時なのかもしれません。

 

JUGEMテーマ:借金返済


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> お金が無くてもう生きていけないと思ったら?

お金が無くてもう生きていけないと思ったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれるところ」とか「ブラックでも融資可能な金融機関」などを探している方が、依然として増えています。

 

無理も無いですよね。

 

日本経済についての朗報はどこからも聞こえてこず、不況に加速度をかけるような震災や洪水などの影響もあり、新たに倒産する会社が急増しています。

 

唯一期待できそうなのが「オリンピック景気」ですが、それも新型コロナウィルスのせいで、暗雲が垂れこめている気がします。

 

トランプ大統領は「1年延期すれば?」という提案をしていますが、このまま終息しなければ、延期どころか開催さえ危ぶまれますから。

 

東京オリンピックで景気は良くなる?-債務整理体験談

 

私自身、お祭り騒ぎは好きなので、「少しは景気が上向きになればいいな」と、ずっと期待してきただけに、中止になるとものすごく落ち込むでしょうね。

 

それと、経済状況がますます悪化することが考えられるので、借金が無くても生きていくのが困難な中、いわゆる「ブラック」と言われる人達は、もっと生きていくのが困難になると言えるでしょう。

 

「借金をしたのは自分なんだから、自業自得でしょ」と言われても仕方の無いことですが・・・

 

それでも、自営の仕事が急にうまく行かなくなったり、働き先の会社が倒産したり、また家族が借金を背負ってしまい止む無くブラックになってしまうことも。

 

今はギャンブルや無駄遣いで借金をする人は、ほんの少数になってきていると思います。

 

買い物三昧で借金を抱える女性

 

そうなると、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」という情報を求めている方の、切実な思いが聴こえて来るようで、なんとか情報を提供したい、と思うのですが・・・

 

今のところ、世間一般で言う「ブラックリスト」つまり個人信用情報に事故履歴が載ってしまった方に、責任を持ってご紹介できるような金融機関はほとんどないということです。

 

唯一、地方在住者向けに存在するNPO団体が立ち上げている貧困者救済制度があるのですが、公的なものに近いようなら信用できるのでは?と思います。

 

それでも、誰もが利用できるわけではないので、民間の金融機関のように利用するのは難しいと思います。

 

私自身も、ブラックになってもなお生活は苦しかったので、本当に貸してくれるところは無いのか?とあちこち探し回りました。

 

もちろんネットで検索も。

 

もしかしたら、毎日「ブラックでも借りられる金融機関」など検索していたかもしれません。

 

ブラックでも即金で借りられるは信用できる?

 

当時は、まだ「もしかしたらここは大丈夫かも」というような金融業者があったのですが、今ではそういった会社もほとんど無くなってしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

結局残っている「ブラックでも貸します」とうたっている金融業者は、「闇金」か「ソフト闇金」と呼ばれるような会社ばかりでしょう。


私も、ひとつひとつくまなく当たってみたわけではないので、100%信用できないとは言えませんが、まず避けた方が良いですね。

 

すでに債務整理を終えた方でしたら、やはり「生活福祉資金」のような公的資金に頼るのが一番安心だと思います。

 

ただ、安心ではありますが、敷居は高いと認識した上で相談に行かれた方が良いですよ。

 

あとは「求職者支援制度」を利用して、給付金を受けながら職業訓練を無料で受講する、という方法もあります。

 

まあ、この方法もいろいろ賛否両論あるので、訓練校選びは慎重にされることをおすすめします。

 

実際に訓練を受けた方の体験談でも、「IT系なのに古い内容のテキストを使い、やる気の無さそうな講師の先生だった。」という意見もあれば、「ひとりひとりの進み具合を把握して、疑問に思ったところはすぐに質問すれば答えてくれるので、勉強のし甲斐があった。」という方も。

 

訓練を受ける側の態度も問題になるのでしょうが、最初からやる気の無い先生の授業は受けたくないですものね。

 

今後は、この制度自体が見直されるということもあるのかもしれません。

 

結局、何をするにも「自分次第」ということなのでしょうが、手っ取り早くお金を稼ぐ方法では、オークションなどで一時的にお金を作るということもあります。

 

以前も書きましたが、「こんなものが」というような一般の人にとってはガラクタのようなものが、高値で売れたりするのです。

 

とにかく何か行動を起こして、現状を打破するという気持ちが大切なんですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 任意整理後の苦しい生活を乗り越える3つの方法とは?

任意整理後の苦しい生活を乗り越える3つの方法とは?

JUGEMテーマ:借金返済

借金を整理すると言うと、少しは生活が楽になるような気がします。

だけど、そうではないケースが多いです。

特に任意整理だと、多重債務で生活が破綻しているのに、借金金額が大幅に減額されたとは言え、月々の支払いは継続します。

 

だけど、生活が苦しいのは、債務整理した世帯の全般に言えるんですよね。

債務整理後の生活って想像できますか?

これは、個人差がとてもあると思います。

借金が無くなって前より楽になったという場合もあるでしょうし、むしろ多重債務時代よりも生活が苦しくなったということも。

もともと生活が破綻してしまっている場合が多いですから、債務整理後も生活が苦しいままというケースの方が多いのかもしれません。

私も、多重債務中の生活は本当に苦しいものでしたが、債務整理後の生活も思った以上に悲惨なものでした。

よく芸能人の方が「自己破産しました」とかおっしゃいますが、確かに「有名人の方は自己破産したことまでバレてしまう」といった意味ではお気の毒と思います。


だけど、お仕事があれば、億単位の借金も返せるわけで「生活が苦しい」というレベルは違うのかな?ということも考えられますね。

ただ、億単位の借金というのは想像できない額ですから、やはり、私たちとはまた違う「地獄」の苦しみがあるんでしょうね。

普通、個人が背負う借金だと、まあせいぜい1,000万円くらいでしょうか。

だとすれば、宝くじにでも当たれば「一発逆転」となるわけですから。

私も、多重債務で生活が苦しい時には、「いつか宝くじに当たって、借金を全部返してみせる」とか、「自営の収入を3倍にすれば、借金は余裕で返せる」と思ったりしていましたね。

「現実逃避」と言えばそれまでですが、「次の借金返済日は○日だから、それまでにどこかブラックでも借りられる消費者金融を見つけなければ・・・」なんいうことを繰り返す毎日。

食べる物を買うお金すらなかったですからね。


サミットで買い物 / monoooki
こんなに買い物できてた時が懐かしい〜


そんな中、「もし宝くじに当たったら」なんて考えている時が唯一休まる時でした。

宝くじはやはり「運」の要素が強いので、「自分ではどうにもできない」ところもありますが、「収入を倍増させる」ということについては、しっかりとした計画とシナリオさえあれば、不可能ではないんですね。

ただ、どうしても、多重債務になったり債務整理をして、借金だけでなく「何もかも」無くしてしまった状態になると、「目先のお金」にばかり目が行ってしまいます。

「すぐに大金が手に入る方法」とか「即金で儲かる話」なんていうものに、つい手を出してしまったり・・・

すべてが詐欺ではないにせよ、結局はまたお金を失うことにもなりかねません。

ただ、世の中には借金まみれの状態から生還した人や、自己破産後会社を興して成功した人もたくさんいらっしゃいます。

スポンサーリンク


私の周りにも、旦那さんが借金を残したまま失踪してしまい、借金をすべて背負うことになり自己破産した方がいらっしゃいます。

最初は途方に暮れていましたが、子どもたちのために寝る間も惜しんで仕事をし、そのうち得意分野で会社まで興して、今では小さいながらも株式会社の社長さんです。

きっと並々ならぬ努力が必要だったと思いますが、私達にとっては、とても励みになりますね。

そういった方に少しでも近づけるように、少しづつでも収入を増やせるように努力することが大切なんだと思います。

つまり、債務整理後の苦しい生活を乗り越えるには、

◯自分自身で稼ぐ力を身につける

◯時には一攫千金の夢を思い描く

◯どうしようもなくなったら公的資金に頼る

と、こんな感じになるのでしょうか?

特に、「自分の力でお金を作る。そして、きちんと生活を立て直す。」という気持ちが、一番大切になると思いますよ。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活