スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後の借金は絶対にできない?自営業の場合は?
Page: 1/27   >>

債務整理後の借金は絶対にできない?自営業の場合は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に苦しんだ挙句、債務整理をしても、結局はまたお金に困ることになる確率は高いです。

 

これは、だいたいわかりますよね。

 

一旦「財政破綻」してしまったら、会社であっても個人であっても、なかなかやり直すのは難しいということ。

 

だからって、「諦める」ということではないのですが、債務整理をしたから立ち直れる、ということではないんです。

 

債務整理は、あくまでも手段であって、「薬」ではないことはわかっておいた方が良いでしょう。

 

薬をたくさん飲む人-債務整理体験談

 

いや、わかっているはずなのですが、実際に経験すると、なんとなく「債務整理をすればなんとかなる」と思いがちなのです。

 

そして、「借金」に効く薬はないですから、自分自身の自然治癒力を高めるしかないんです。

 

それには「稼ぐ力」と「借金に頼らない気持」を強化させるしかありません。

 

ただ・・・

 

世の中には「良い借金」と「悪い借金」があり、どうしても「手持ちのお金だけでは勝負できない」ということもあります。

 

債務整理のあとに、例えば、もう一度会社を興すとか、自営業を立て直す、なんていう場合に、「債務整理をしていてもお金を貸してくれる金融業者」というのはほとんど無いのが現状です。

 

個人で、「生活費が足りないから」と言う理由なら、「生活福祉資金」がありますが、事業性の資金を借りることは容易ではないでしょう。

 

この生活福祉資金でさえ、借りるのにはなかなか高いハードルを越えなければならないんですよ。

 

聞くところによると、大まかに分けて3つのハードルがあるそうです。

 

◯現時点で生活に困っていること

 

◯公的資金といえども、あくまでも貸付という枠なので、将来的に返済できる環境にあること

 

◯一時的に収入が得られない状態になった過程が証明できること
 

さらっと書くと、そんなに大変なことでは無いと思うでしょうが、特に3番目の項目については、さまざまな理由が考えられるでしょうし、無職になったとしても最初は退職金とかでなんとか賄っていた、なんていう場合は、「お金が足りている」と判断された、というケースもあるようです。

 

まあ、いずれにしても、担当者の方がどう判断するか?によって違ってきますが。

 

スポンサーリンク

 

 

生活資金ですらそうなのですから、事業資金については、さらに厳しいというのはわかりますよね。

 

私が任意整理した時にも、弁護士の方に「今後お金が借りられないのは、自営業の方にはキツイですよね。」と同情されたくらいですから。

 

とは言え、「日本政策金融公庫」などもありますし、NPOなどで借金を抱えた人の相談に乗ったり貸付をしてくれたりしてくれていますので、「もうダメだ」と諦めてしまう必要は無いんですけど。

 

多重債務に陥る人は、「借金」の仕方が悪かったわけですから、「借金」そのものを悪にするのはどうなのか、という意見もあります。

 

ただまあ、実際問題として、債権者に迷惑をかけているわけで、「今後一切借金はできませんよ」と言われても仕方がない部分もありますね。

 

結局、当分はどこかにアルバイトかパートで勤めて、生活費プラス投資資金をコツコツ稼ぐしかないのかな?


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自動車税滞納で差し押さえられた体験談

自動車税滞納で差し押さえられた体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

自動車税納税通知書が届きましたね。

 

多重債務時代もそうですが、債務整理後の生活が苦しい時には、この自動車税もなかなか手ごわいものです。

 

何しろ、仕事で車を使うのでどうしても必要なのですが、お金が無いので仕方なくかなり古い車に乗っているわけです。

 

そうすると、必然的にエコカーとは桁違いの自動車税がかかるんですよね。

 

まあ、桁違いは言い過ぎですが・・・

 

言わせてもらえば、古い車の割には燃費は良く、整備は怠っていないので、そんなに環境は汚していないと思うのですが、決まりだから仕方がないこと。

 

車検費用に比べればまだ安いのですが、この時期、出費も多い時なので、毎年頭を悩ませるのです。

 

当然滞納してしまうこともありましたが、督促状が来て、期限ギリギリのところで支払うことも。

 

周りを見てみても、市民県民税やその他国民健康保険料などの税金に較べて、自動車税は後回しという方も多いんですよね。

 

中には、「車検を受けるまでに支払えば良いんじゃないの?」なんてのんびりしている人も。

 

そこで、「自動車税を支払わないで放置しておくとどうなるのか?」を調べてみたら・・・

 

「ある日突然わが家の車庫にある車が、差し押さえられ動かせなくなりました」という体験談を発見しました。

 

この方、特にお金に困っているということではなく、忙しくて自動車税の支払いを放置していたらしいんです。

 

そしたら・・・

 

朝、出勤するのに車に乗ろうと思ったら、パリッとしたスーツを着た男性が立っていたそうです。

 

スーツを着た男性-債務整理体験談

 

「最近は車泥棒もスーツ姿?」なんて身構えたら、なんとその男性が自分の名前を知っていたのです。

 

「◯◯さんですか?」と。

 

「何で、おれの名前を知ってるんだよ」と半ばパニックになった頭に入ってきた言葉が「差し押さえの強制執行を担当しております◯◯です。自動車税を滞納されていますね。」でした。

 

ますますパニックになりぼーっとしていると、執行官を名乗る男性は身分証明書を見せ、書類を手にテキパキ行動に移りました。

 

「これから車を差し押さえさせていただきます。」と、言葉は丁寧ですが、することは大胆不敵。

 

もうひとりの執行官と二人がかりで、タイヤにおもりをつけて動かないようにし、車体にテープを貼り付け「差し押さえ物件」と書かれたタグを貼り付けるまでに、そんなに時間はかかりませんでした。

 

まあ、相手は仕事だし、支払わないこちらが悪いのだけど・・・

 

あれよあれよという間に、自宅の庭で動かなくなった車が、「差し押さえ」の札を貼られて、若干恥ずかしがっているようにも見えましたよ。

 

いや、恥ずかしいのはこちらの方で、ご近所に札を見られたら一巻の終わり、という。

 

というか、これから会社に行くのにどうしよう?上司になんて説明すればいいんだ?

 

と、2度目のパニックに襲われていると「では、保管場所が見つかったら車を移動させますので、それまでは絶対に動かさないでください。動かしたり札を取ったりすると、罰せられますよ」

 

ととどめの言葉を残して、執行官は立ち去っていきました。

 

と、体験談はここまでです。

 

スポンサーリンク

 

 

差し押さえられた車は、後日競売にかけられますから、自分の元に戻ってくることは無いんですよね。

 

それと、保管場所がある場合にはすぐに車を持っていかれることもあるそうです。

 

怖い話ですが、こうなってからでは遅いのです。

 

こうなる前に、なんらかの督促状や催告書などは来ていたと思うのですが、この方のように「すっかり忘れていて」というケースはともかく、多重債務でどうしても支払えない、なんていう時には放置してしまいがちです。

 

なんて、自分にとっても決して他人事ではないので、他の税金もそうですが、なんとかやり繰りして期限内に支払おうと思っています。

 

しかし、うちのボロ車では、競売にかけられてもほとんど値段が付かないだろうけど、その場合は、「値段が付きませんでした」と言われ、滞納分の料金と共に現金で請求されるのでしょうか?


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後は生活も苦しく精神的にボロボロになる?

債務整理後は生活も苦しく精神的にボロボロになる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後は、ご存知のようにどんなローンも組むことができません。

 

これは仕方のないことですね。

 

債務整理後と言っても、債務整理直後から数年間はということで、最長でも10年経てば組めるようになるのです。

 

だけど、その間が一番生活的にも苦しいと思いませんか?

 

だいたい、借金がある程度あっても、気軽に債務整理をしてしまおうなんていう方は、ほとんど居ないでしょう。

 

多重債務者になっても、「何とか借金を返そう」と思い、頑張って頑張って・・・

 

それでも返せなくて、そのうち気が付いたら「借金を返すために、また新たなところからの借入れをして」という悪循環に陥ってしまうんですよね。

 

だから、最終的に行き詰って「債務整理」を決心する頃には、「生活も精神的にもいっぱいいっぱい」の状態だと思います。

 

私も、多重債務時代は債務整理を決心する前が一番苦しかった記憶があります。

 

精神的にも追い詰められて、うつ病にもなりかけていましたから。

 

借金でうつ病になる-債務整理体験談

 

もしかしたら、すでになっていたかもしれません。

 

表面上は取り繕って生活していましたが、精神的にはボロボロという状態でした。

 

債務整理後は、さすがに精神的な苦しさは落ち着いてきましたが、生活が一旦破綻した状態ですので、生活は苦しいまま。

 

だけど、お金はどんどん出ていくばかり・・・なんですね。

 

何度も書いていますが、債務整理して借金は無くなっても、滞納していた税金などの支払いと債務整理費用の支払いなど、結構支払うものはあります。

 

まあ、どれもこれも自業自得なのですが・・・

 

スポンサーリンク

 


その上、収入は増えるどころか、失業同然の状況でしたから、本当に生活は苦しいものでした。

 

だから、債務整理をしたから「お金が借りられない」のは当たり前のことだと思うのですが、せめて「ローンが組めたら」なんて思うことは多いですね。

 

債務整理をした後、なぜか電化製品が続けて壊れたり、田舎暮らしの私たちにとっては「足」として必要な車が動かなくなったり、とまとまったお金が必要になることが重なったということがあって、つくづく「ローンが組めない」悲しさを味わうことになりました。

 

まあ、これも自業自得というべきことですが、「債務整理をすれば、少しは生活が楽になるだろう」と思っていたので、厳しかったですね。

 

それでも、何とか生きてこられたのは、やはり「借金を支払わなければならない」という重圧から逃れられたことでしょう。

 

まずは、「借金」というタガをはずして、その上で生活再生に向けて頑張る、ということですね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい