スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 借金まみれなのに債務整理をしない3つの理由とは?
Page: 1/99   >>

借金まみれなのに債務整理をしない3つの理由とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理だけはしたくない?

借金地獄に陥っているのに、なんで債務整理しないの?と借金に縁のない方は思うでしょう。

すぐになんとかすればいいのに、と。

だけど、債務整理しない理由というものもあるのです。

まずは、世間体でしょうか?

債務整理というと、自己破産を思い浮かべます。

自己破産=一家離散、夜逃げ、職を失う、ホームレスになる、近所や親戚に知れて暮らしていけなくなる

家族-債務整理体験談

などなど、マイナーというか悲惨な言葉しか浮かんできません。

冷静に考えてみたら、収入の半分以上あるいは収入のほとんどを借金返済にあてている生活の方が悲惨この上ないのですが、どうしても避けたいと思ってしまうのです。

それに、一番大きな理由は、「恥ずかしい」「面倒」ということも考えられます。

借金自体が恥で、どうしても他人の目に晒したくない、という気持ちが強いです。

まだ多重債務になっていない頃、他の法律相談で弁護士事務所を訪れた際に、漏れ聞こえてきたのが借金の相談でした。

こんなになるまで、なんで放っておいたんですか?」という弁護士さんの声がして、その後切羽詰まった中年女性の「何度も相談に来ようと思ったんですが怖くて」という言葉が。

正直、「借金であんな状況になるなんて。自分は絶対、あんな恥ずかしいことにはならないようにしなくては」と思いました。

まあ、それが何年後かには自分の姿になってしまったのも皮肉なものです。

ただ、その場所に立たないとなかなか気持ちってわからないものだな、と思ったのは、本当に債務整理を相談に行く前に、この中年女性と同じ「漠然とした怖さ」に襲われたからです。

助けてもらうべき弁護士の方に罵声を浴びせられたら?

「こんなに借金総額に増えてしまっては、なすすべがありませんよ」

なんて、突き放されたら?

だいたいが、借金生活で気持ちは常に後ろ向きになっていますから、どんどん悪い方に考えてしまうのです。

そのうちに、どんどんどんどん利息はかさみ、借金は増えるばかり。

ある日、傷口に塩を塗るような気持ちで、1日あたりの利息を計算したら?

スポンサードリンク

 


数百円どころではなかったのです。

千円に近い数字。

1日1,000円としたって、1ヶ月で約30,000円

利息だけでですよ。

今思うと、よく返していけたものだ、と感心すらします。

結局、最後の方はほぼ利息だけ返してたんですよね。

だから、元金はずーっと減らないままで。

 

必死で働いて返していたものは、一体何だったのか?と思います。

 

もちろん、自分が借りたお金ですから「どうしても返すんだ」という強い意思は必要ですが、限度があるのも事実。

どこかで踏ん切りをつけなければいけないのなら、1日でも早い方が良いです。

弁護士費用のこともネックになるのですが、以前も書いたように分割で支払うことも可能ですし、「法テラス」に相談することもできます。

過払い金が発生する場合は、過払い金額で弁護士費用を補填することができるので、実質支払いしなくて良い場合だったあるのです。

債務整理を決心するのは勇気のいることだし、一日延ばしにしてしまうのもよくわかりますが、「このままの生活が続くわけがない」と思って、早めに判断した方が良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談
Home >> 債務整理体験談 >> 年収1,000万円のサラリーマンでも破産して生活保護に?

年収1,000万円のサラリーマンでも破産して生活保護に?

JUGEMテーマ:借金返済

 

 

 

お金はある日突然無くなるもの!

 

 

生活できないほどお金に困っている時、もうどこからもお金が借りられないというのは、恐怖に近いものがありますよね。

 

お金って本当に「ある日突然」無くなるものなんです。

 

いや、普通の生活をしていれば、そんなことは理解できないのかもしれません。

 

それでも、突然の解雇や会社の倒産、自営業での赤字続きなどなど。

 

突然、収入源が途切れたらどうしますか?

 

「そんな時のために普段から貯金しているよ」と言われるでしょうが、一度収入源が閉ざされたら、100万や200万はあっという間に無くなってしまいます。

 

「何に使ったの?」と思われるかもしれませんが、相当慎ましやかな暮らしをしていても、すぐに無くなってしまうのがお金というもの。

 

お金が借りられない

 

しかも、お金が無い時に限って、自身の病気やら親が病気になって看病しに実家を往復しなければならなくなったり、と突発的な出費に見舞われてしまうのです。

 

年収1,000万あっても破産したサラリーマンの話

 

そう言えば、雑誌の記事で「年収1,000万のエリートサラリーマンが、親の介護で離職後、破産して生活保護を受けていた」というのがありました。

 

親御さんのご病気とご自身の事情が重なったとは言え、介護で働けなくなって無職になる方も多いですよね。

 

 

そうなると、どんなに高給取りであっても、蓄えはどんどん減り、自身の体力ややる気もすり減っていく、ということに。

 

「その分も見越して貯金すれば」と思われるでしょうが、この不況下では食べるだけでもやっとで、貯金まで手が回らないというのが正直なところではないでしょうか?

 

となると、お金が無くなったらとりあえずどこかで借りるしかありません。

 

お金が無くなったらどこで借りれば良いの?

 

公的資金である生活福祉資金貸付制度の緊急貸付というのもあるのですが、なかなか敷居が高く、それにあまり認知されていませんよね。

 

キャッシング世代には、携帯やパソコンなどで即日融資してくれるキャッシングを利用するのが手っ取り早いのです。

 

だけど、今や誰でも借りられるはずの消費者金融でさえ、融資を断られる人が増えています。

 

スポンサードリンク

 

 

ましてや、あちこちですでにお金を借りている多重債務者になってしまっては、もうどこもお金を貸してくれるところは無いという状況に。

 

これはもう、困惑を通り越して恐怖なのです。

 

お金の無いことがこんなに惨めなことだったとは、と思い知るのですが・・・

 

手っ取り早くお金を稼ぐには?

 

こうなったらもう後の祭り。 いつも書いているように、こんな時には少し考えを変えて、「どうやったらお金を作ることができるのか?」と考える方がいいです。

 

不要品をリサイクルショップに持っていく

 

ネットオークションで手持ちのものを売る

 

と言った、今となってはありきたりな方法でも、上手く行けば思った以上のお金を作ることが可能です。 「その場しのぎ」と言ってしまえばそれまでですが、お金が全く無いよりはマシですから。

 

それに、いくらかでもお金が入れば、そのお金を回していくという方法もあるのですから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談
Home >> 債務整理体験談 >> 債務整理したあと1日でも早く立ち直るコツとは

債務整理したあと1日でも早く立ち直るコツとは

JUGEMテーマ:借金返済
 

 

債務整理したら人生終わり?

 

 

多重債務の時は、「債務整理さえすれば、ばら色の未来が見えてくるかもしれない」、という思いと、「債務整理をしてしまったら、もう人生終わりだ」という思いが交差していました。

それと、「自分で借りたお金なんだから、どんなことをしてでも返さなければいけない」という強迫観念と。

その頃は、自己破産しか選択肢がないような感じでしたから、「破産者」としてのレッテルを貼り付けながら一生生きていくのか、と思っていましたね。

さすがに、昔のように、家中に「差し押さえ」の紙を貼られるとか、隣近所から後ろ指を指されるということはないですが、なんとなく「暗い人生」のような気がしていました。

と同時に、「債務整理をすれば、すべてが振り出しに戻れる」「やり直せる」という希望も持っていました。

債務整理をしてみた感想は意外にも・・・


で、実際に任意整理をしてみた感想は?

意外と生活は変わらない、ということです。

まあ、そうですよね。

債務整理をしたからと言って、借金が大幅に減っただけで、収入はそう変わらないですし・・・

特に、私の場合は、債務整理中に夫が失業状態に陥ってしまったので、多重債務時代よりも生活が苦しい時期もありました。

「もう、どこでもいいから、ブラックでもお金をかしてもらえるところはないだろうか?」と必死になって探したり・・・

とは言え、「借金」という重圧が亡くなった分、精神的にはかなり楽になったというのが本当のところ。

正直、任意整理しても残債を返していかなきゃならないですし、多重債務時代に滞納していた税金を月々いくらかづつ支払わなきゃならない。

だから、そんなに生活が楽になったわけではないのですが、私の場合は、「もう借りられない」ということで、逆に「今度はどこから借りよう?」と常に考えていたプレッシャーから開放されたみたいです。

 

アコムやアイフルなどの看板を見るたびに思うこと


街で消費者金融の無人契約機の看板を見る度に、「もう借りなくていいんだ」と安堵している自分が居ます。

スポンサードリンク

 

 

 


実際、「少しでも審査の甘い消費者金融」を捜し求めて、無人契約機のはしごをしたこともありますから。

その頃は、テレビで消費者金融のCMを見るのでさえ苦痛でした。

お金を貸してくれるところなのに、見るのも嫌って。

何か屈折していますよね。

生活はまだ苦しいですが、アルバイトとネットでの副収入でなんとか補填できます。

節約をしながら何とか暮らしていく、という考え方で行けば、「借りては返し」という生活をしていた頃に比べて気分的には楽ですね。

まだまだ「完全な生活の立て直し」までには時間がかかりますが、今が精神的には一番落ち着いているかもしれません。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談