スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産で国保の支払いが免除になる?
Page: 1/26   >>

自己破産で国保の支払いが免除になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になって、「もう自己破産しかない」と思っても、その後の生活が想像もつかないので、なかなか判断できないのではないでしょうか?

いや、本当は自己破産以外にも債務整理する道はありますし、最後の手段なのですが、「生死に関わる状態」になったら自己破産を選択した方が良いと思います。

例えば、本当に「明日食べるものも無い状態」で借金が月に10万円以上あるとか。

収入が20万円以下とかなら、もうこの状態でアラームランプがピコピコ鳴っているでしょう。

まあ、経験上言えるのですが、ここまでになるとすでに「お金が無い」というか「生活が成り立ってない」ということに気がつかない、または麻痺している状態なので、意外と冷静でいられるのです。

そうなったらもう重症なんですけどね。



それでもなんとか家族のことやら今後のことが考えられるようになって、自己破産を決意したとします。

「あー、これでやっと借金から解放される」という安心感と共に、なんとも言えない敗北感と孤独感と罪悪感が襲ってくるのです。

これは、ある程度の良識を持ち合わせた人にとっては避けられない物、特に罪悪感は債務整理後の生活が軌道に乗ってからもというか、多分一生つきまとうものでしょう。

話をお金の面に絞って言えば、借金からは解放されますが、税金や年金、公共料金からは逃れられないのです。

特に、タイトルに書いた国保、国民健康保険料については、私も長い間滞納分の支払いに四苦八苦されられることに。

もともと高いですから、1回分でも滞納しようものなら、次回は数万円、そのでも払えなければ次は10万円近くなることもあります。

一年近く放置しようものなら数十万円になることも。

そうなると、自己破産後じゃなくても支払えないですよね。

国保の督促状が来てもそのまま放置しておくと、催告書なるものが送られてきます。

ここには「○月○日までに一括で支払わないと、資産差し押さえの可能性もあります。」という恐ろしい文章が書いてありますので、みんなここでやっと重い腰をあげるわけです。

まあ、私もそうでしたが...

スポンサードリンク

 


ちなみに、国民健康保険料を支払わないと、保険証が送られてこなくなりますから、病院に行っても自己負担になります。

通常は、実際にかかった金額の3割負担ですから、相当な金額になりますよね。

だからって、病気になってもお医者さんにもかからなければ、最悪の場合命にも関わりますから。

そうなる前に、お住まいの市役所に相談に行ってください。

窓口で「全額すぐには支払えないけれど、支払う気持ちはある」ということが伝われば、「短期保険証」を出してくれます。

たいていは1ヶ月間有効のものなので、1ヶ月ごとに市役所に行って更新してもらうことになります。

面倒だな、なんて思わないでください。

滞納期間が長かったりすると、短期保険証も拒否され「被保険者資格証明書」なるものが発行されるのですが、この場合、病院で診療を受けてもとりあえず全額負担になり、後で申請して初めて自己負担分以外の金額が戻ってくるのです。

戻ってくるとはいえ、病院では一度高額な診療費を支払うことになるので、かなりの負担ですよね。

それに、市役所で相談する際、収入が少ない場合など国民健康保険料の減額措置や分割払いにも応じてもらえますので、結局は自分のためになるのです。

役場に足を向けるのは面倒だし、お金が無いという相談は気が重いものですが、なるべく早く相談することを心がけたほうが良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産したら個人事業主は仕事を続けられない?

自己破産したら個人事業主は仕事を続けられない?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産したら何もかも取り上げられてしまう。

自己破産したら、もう終わり

家も車も家電製品も家具も、今まで汗水たらして働いてきたのは何だったんだろう?

そりゃあ、借金をした方が悪い。

その借金を返せなかったのはもっと悪い。

だから、この世の終わりになっても仕方が無い。

なんていう、世の中をはかなんだような気持ちになるのは、本当のことだと思います。

私も、自己破産は免れたにせよ、債務整理はしたわけですから、同じような気持ちにはなりました。

だけど、ここで気持ちが落ち込んでしまったら、何も始まりません。

特に自営の場合仕事を続けながらも債務整理はできますが、結局仕事がうまくいかなくて破産に至るケースがほとんどです。

となると、破産して何もかも無くなってしまう上に仕事も無くなるということに。

まずは食べていかなければならないので、それこそ工事現場で働くか配達や掃除など、割合仕事の数がたくさんある業種でアルバイトをすることになるでしょう。

それでも、自営の仕事は続けたいというのが本当のところ。

破産はしても、家業は潰したくないという気持ちもあると思います。

もしかしたら、何代も続いた店舗を営業されていたなんていうケースもあるかもしれません。



「何が何でもお店を再建させるんだ」という気持ちがあれば、不可能ではないと思いますよ。

現に、私の知り合いは、自己破産後に会社を起こして、その後支店を作るまでに成功しましたから。

とは言え、何もかも無くした債務整理後は、動くに動けない状態になるのが普通です。

本当に、米びつにお米が一粒も無くなることも。

1円玉や5円玉があまりにも溜まってしまうので、整理を兼ねて貯金箱に入れておいたのですが、そそれすら貴重な生活費になることもありました。

だから、まずはお金を何とかして作らなければなりません。

スポンサードリンク



今は、いくら自己破産したと言ってもすべて取られるわけではなく、20万円以下の生活必需品等は残っているので、その中でも少しでもお金になるものはリサイクルショップに持って行くなどしてお金に変えることです。

いつも書いているように、ネットオークションを利用するのも良いでしょう。

普通の人にはガラクタにしか見えないようなものでも、マニアが欲しがるものなら結構なお金になることもあります。

 

我が家でも、着古したダウンを出品したところ、今は会社自体が無くなってしまった、ある有名メーカーのものだったということで、高値が付いてびっくりということもありました。

 

おかげで、その冬は防寒具が無くて寒かったですけど、懐は、ほんの少しだけ暖かくなりましたよ。

それでもどうしてもお金を借りなければならないこともあると思いますが、「ブラックでも融資可能」というような金融業者にはくれぐれもご用心を。

敷居は高いかもしれませんが、生活福祉資金貸付制度を利用するなど考えた方が良いですね。

とにかく、自己破産をしたからと言って自営業を止めなければならないことは無いのですから、「いつか再建させるんだというPRIDEだけは捨てないようにしたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後に300万円借りる方法はある?

自己破産後に300万円借りる方法はある?

JUGEMテーマ:借金返済


自己破産後に300万円以上借りる方法について聞かれました。

びっくりしますよね。

だけど、自営業の方だと、確かに運転資金が借りられないことには、身動きが取れない状態になってしまいます。

運転資金ともなると、100万円以下ではどうしようもないでしょうから。

それでも、一度自己破産を選択してしまうと、運転資金はおろか、生活費でさえも借入することは難しくなります。

唯一借りられるとすれば、国民金融公庫(今は日本政策金融公庫)くらいでしょうか。

厳密に言えば、そこでも「自己破産していてもOK」と明確にうたっているわけではないのですが(むしろその逆)、一部自己破産していても受けられる融資もあるようです。(自己破産直後はNG)

とは言え、事業計画書やその他の書類内容によっては、断られることが多いので、とても「簡単に借りられる」というわけには行かないでしょう。

ダメと言っている若い女性

言わば「将来性があるかどうか?」「この事業計画で果たして資金が返せるのか?」というテストを受けるようなもの。

試験に落ちれば、お金を貸してくれることはありません。

だけど、考えてみれば一度事業に失敗しているわけですから、今後の事業計画をきちんとたてるためにも必要なことではあると思います。

自己破産しても落ち込んでばかりはいられない。チャレンジするぞ!」という方には向いていると言えます。

スポンサードリンク

 


ただし、「期間限定の貸付制度」などもあるので、いつでも借りられるということはないようです。

本当は、民間の金融業者でも、「自己破産した人でもチャレンジ精神のある人を応援する制度」などというものがあれば良いのですが、なかなかそうは行かないでしょうね。

自己破産した人はもちろん、債務整理した時点で、言わば金融業者からは「白い目」で見られるのは確かですから。

金融業界の掟を破った」ということですから、仕方のない事ですね。

いずれにしても、いきなり大金を借りるというのは敷居も高いしリスクも大きいですから、一度廃業して、会社員として、またパート社員などになって働きながら再起を目指す、という方法もあります。

働きながら、コツコツと貯めた資金で再チャレンジする、ということですね。

時間はかかりますが、今のところは、これが一番現実的なのかもしれません。

または、副業として即金性のあるオークションなどでお金を作り、そのお金を投資して少しづつ増やしていく、という方法もあります。

 

いずれにしても、強い意志があれば、またやり直せるということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい