スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?
Page: 1/27   >>

借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?

JUGEMテーマ:借金返済
 

借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?なんて、ちょっとおどろおどろしいタイトルですが、まあ、体験談として書いておこうかな、と。

 

債務整理して、特に自己破産の場合は免責が下りた途端に、ホッと肩の荷がおりたような気がしてしまいますね。

だけど、「借金が無くなった」だけで、生活再建はスタートしたばかりということなんです。

多重債務で精神的に追い込まれていると、最終的に決断した「債務整理」の手続きが終わっただけで、「借金地獄」から開放されたように思いますが・・・

なかなかどうして、債務整理しただけでは、お金の無い生活からは逃れられません。

だからと言って「債務整理はするな」と言っているわけではないですよ。

私も、多重債務時代から振り返れば、債務整理をした後は、ホッとしましたし、その後の平穏な生活を考えれば「債務整理をして良かった」と思えますから。

ただ、「債務整理」をするだけで、「生活が立て直せる」と思ったら大間違いということ。

借金が無くなったと言っても、マイナスからゼロになっただけですから、そこから這い上がらなくてはなりません。

今までは「借金返済の恐怖」と戦っていましたが、多重債務で、本当に「もうどこからも借りられない」状態になる前までは、普通にキャッシングとかできていたわけです。



それが、キャッシングはおろか、ローンも組めない状態で生活しなければならないのです。

借金を踏み倒したんだから当たり前」「自業自得」などいろいろな声が聞こえてきそうですが、その通りなんですよね。

だけど、いくら自業自得でも債務整理後も生きていかなくてはならない。

そうなった時に、「現金のみ」での生活、しかも一度破綻しているわけですから、債務整理した後にお金が残っているわけが無い

もしも残っていても、自己破産だとすべて取り上げられてしまう・・・などなど。

債務整理した後の問題は本当にたくさんあります。

あとは、税金や年金の滞納分を支払わなくてはならないとか。

債務整理後でも借りられるお金として、「生活福祉資金」がありますが、申請しても通らないこともあるとか。

スポンサードリンク



ただ、焦って「ブラックでもお金を貸します」とか「債務整理していても融資OK」などと言う金融業者からお金を借りてしまっては、多重債務になる前よりも事態は悪くなってしまいます。

公的資金は、生活保護も含めて検討してみる方が良いでしょう。

債務整理や自己破産は、借金に対しての法的な保護ということになりますが、その後の生活まで面倒をみてくれることは無いです。

むしろ、「借金を合法的に棒引きにできて感謝する」くらいの気持ちで居ないといけないですよね。

債務整理後も苦しい生活は続きますが、ここをどうくぐり抜けるか?でその後の生活が立て直せるかどうかが決まります。

今は借金を抱えていなくても生活が困難な時代。

 

「来年、消費税が10%になってしまったら、どうやって暮らしていけばいいの?」と不安になっている方。

 

「いや、その前から、生活費に困っていて、いつ生活保護を受けなきゃいけなくなるか、ハラハラしている」という方もいらっしゃるでしょう。

とにかく、自力でなんとかお金を作る習慣を付けたいものです。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理してもNHK受信料の取立てはやってくる

債務整理してもNHK受信料の取立てはやってくる

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後でもと言いますが、債務整理はあくまでも借金についてだけですから、当然他の公共料金と同じように、滞納していれば「督促」は来ます。

 

だけど、生活に困って、「明日の食事もままならない」というのに、公共料金はともかく、どうしてNHK受信料を支払わなくてはならないの?と思っていたんです。

 

ただまあ、借金と同じように、こちらも「支払います」と一度契約したからには、ほとんどテレビを見ていなくても、支払う義務はあるのでしょう。

 

多重債務で困っている時には、NHKの受信料まで手が回るはずもなく、仕方なく滞納していました。

 

それでも、支払える時は支払っていたんですよ。

だから、滞納と言っても1万円足らずだったと記憶しています。

 

「そのうち電話がかかってくるかも」と思っていたら、いきなり「集金人」の人が訪問してきましたね。

 

NHK受信料集金人-債務整理体験談

 

その時は、本当に忙しくてテレビもほとんど観ていない状態でしたから、「観ていない」と告げると、「法律で決まっているから」ということを言われ、支払いましたけど。

 

実際、見てるか見てないか?がわかる装置でもあると良いのでは?と思ったり。

 

だけど、本当に生活に困っている世帯のところにも、「取立て」は来るんでしょうね。

 

「一度契約した人は支払う義務がある」ということはわかるのですが、「生活に困っていて、テレビを観るどころではない人」にまで支払いを要求するのはどうかと思います。

 

確かに、物言いは穏やかで「脅される」感じはなかったですが、玄関先で支払いの催促をされてしまうと、大変困るということはありますよね。

 

スポンサードリンク

 

 

うちの場合は、溜まっていた金額が少ないこともあり、そんなにしょっちゅうご訪問ということにはなりませんでしたが、「本当に生活に困っている人」にとっては、かなりのプレッシャーになるはず。

 

特に、債務整理後に失業したりして、かなり生活に困窮している時には、はっきり言って「テレビどころではない」と思います。

ただ、玄関先でそんなことは言いたくないですから。

 

お金があって、テレビも観ているのに、「NHKは観ないから」と言う理由で支払わないのはどうかと思いますが、生活に困窮している人の対応については、もう少し考えてもらいたいですね。

 

東日本大震災の時には、さすがに数ヶ月の免除期間がありましたけど。

他の災害の時も適用されたのでしょうか?

 

NHK受信料を支払わなくて良い方法、なんていう情報もあるみたいですが、こんな情報も必要とされている、ということは、「支払いたくない」と考えている人は多いのでしょうか?

 

わが家では、今は結構見ているので、毎月(2ヶ月に一度?)きちんと支払っていますけどね。

 

あっ、債務整理時にNHKも債権者の中に入れると、滞納分の支払いを免れるようですので、これから債務整理を考えている方は、相談してみた方が良いかもしれません。

 

追記:ニュースで「2021年度以降のNHK受信料を見直しへ」という記事がありました。

「値下げを含めた還元のあり方について結論を出す」(yahooニュースより引用)ということですので、少しは安くなるかもしれませんね。

今後は、契約するかしないかの自由度ももう少し上げてもらいたいものですが、民放とは違いから無理なのかな?

もう少し様子をみたいところです。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後の生活は悲惨?お金が無くて債務整理できない時には?

自己破産後の生活は悲惨?お金が無くて債務整理できない時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 
債務整理をすれば、ブラックになってしまい、生活すべてが一変してしまうのでは?

特に自己破産の場合はもっと悲惨なのでは?

借金がすべて棒引きになる代わりに、何か恐ろしいことが待っているような恐怖感があります。

私も「自己破産しか道はない」と言われた時には、得体のしれない不安感にさいなまされました。

これから、私たちはどうなってしまうのか?」と。

多重債務の時には、「この借金さえ無くなれば、なんとかもう一度生きていけそうな気がする」と思っていたのですが、実際に債務整理を決意するとなると、話は違います。

結局、ギリギリのところで副業がうまく回るようになってきたので、任意整理で少しでも借金を返すことができましたが。

だからと言って、自己破産を選択したら「なにもかも終わり」という考えは持つ必要はないでしょう。

周りには自己破産を余儀なく選択させられた方もいらっしゃいますが、「思ったよりも悲惨ではなかった」ということです。

まあ、その方は、自己破産したにも関わらず、その後、ご自分の会社を立ちあげて成功されていますので、もともとの心構えが違うのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 


ただ、一昔前と違って、自分から言わなければ周囲にもバレることはないようです。

それだけでも、精神的なダメージは大分違いますよね。

自己破産したことが、周囲にすぐにわかってしまうのであれば、今まで住んでいたところには絶対に住めませんし、子どもが学校でいじめられたりしますから。

具体的には、ローンやクレジットカードなどの信用取引が全くできなくなることが一番の制裁ということになるでしょう。

制裁なんて書くと、穏やかではないですが、金銭的な信用を失くしたわけですから、当たり前の措置だと思います。

それでも、法的な決まりというわけではなく、あくまでも、金融関係者に対して「この人物は、金融事故を起こしました」ということを明白にするだけなのですが、厳しいことには違いが無いですね。

今の世の中、どんなに節約して生きていても、現金では足りないシーンが出てきます。

病気になった時や、冠婚葬祭の時、また子どもの教育費など。

教育資金については、奨学金制度を利用すれば、ブラックでも関係なく借りられるようですが、通常の教育ローンは使えません。


最悪、子どもが進学すること自体諦めざるを得ない、なんていうことにもなります。




まあ、今はアルバイトをして学費を稼ぎながら学校へ行く、なんていう子どもも多いですから、もしかしたら、その方が子どものためにはなるかもしれません。

親としては情けないというお気持ちはよくわかりますが、できる限り貯金をして、それでも足りなければ、自分でなんとかさせる位の気持ちで居たほうが良いでしょう。

「反面教師」という言葉もあります。

自己破産と言う選択も、子どものためにも今はこれで良かったんだ、これから親として出来るだけのことをしてあげれば良い、と思うしか無いんですよね。

 

追記:「実際問題として、自己破産してもお金が無ければ生きていくことさえできないのでは?」という質問を見かけました。

 

確かに、多重債務の時って、食べ物を買うお金すら無いのですから、弁護士費用は出せないし、債務整理したところで生きていけない、という方も多いでしょう。

 

私の場合は、アルバイトや副業の臨時収入で、なんとかしのぎましたが、全く働けない人もいらっしゃると思います。

 

そんな時には、とりあえず自己破産をしてから、生活保護の申請をするのがベストですね。

 

スムーズに行かないことも多いですが、法テラスで相談するなどして、とにかく今の泥沼から抜け出す努力をすることを第一に考えることが大切です。

 


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい