スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> お金が無く切羽詰まって子どもの学資保険に手を出すようになったら終わり?
Page: 1/36   >>

お金が無く切羽詰まって子どもの学資保険に手を出すようになったら終わり?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってしまったら、とよく言いますが、本人は意外と気が付いていないものなのです。

 

借りては返すの繰り返し。

 

借りても返す当てなどないんでしょ、と思われますが、借りた時は当たり前ですが、ちゃんと返すつもりで借りるんですね。

 

サラリーマンの方だと、お給料が決まっていますから、これ以上は返せないなというのがはっきりしますが、自営業だと、頑張って業績を伸ばせば何とかなると思ってしまうんです。

 

まあ、考えてみれば、業績が悪いから借りるんですけど、過去の栄光にすがるというのかな?

 

サラリーマンで月収100万という方はなかなか居ないでしょうが、自営なら、少し業績が良ければ月商100万円にはなります。

 

なので、ついつい業績の良かった頃に、頑張れば近づけるのではないか?と思ってしまうわけです。

 

それも、失敗したところを自分自身で冷静に分析し、どこを改善すれば良くなるのか?がわかった上での頑張りなら良いのですが、どうしても支払いに追われてしまうと、ただがむしゃらに仕事を取りに行くということになってしまいます。

 

商売に焦りは禁物ですから、余計に顧客を逃してしまう、という悪循環に。

 

しかも、時代は確実に不況という波に飲み込まれていますから、今まで通りの頑張りではどうにもならないんですよね。

 

サラリーマンの方でも副業を持てば、なんとか返せるのではないか?と思うかもしれません。

 

副業で成功したサラリーマン

 

今はネットで副業をしている方も多いですが、普通に昼間働いて、夜だけでお給料と同じだけ稼いでいる方も、実際にいらっしゃいます。

 

そんな情報とかを見たりすると、収入さえ増えれば簡単に返せると信じてしまうのです。

 

もう1ヶ所仕事を増やせば、合計いくらになるとか。

 

取らぬ狸の皮算用」とでも言いましょうか・・・

 

だけど、自分で「まだ大丈夫」と言い聞かせるかのように、何となく「返せる」と思ってしまう。

 

数十万円の借金で「もうダメだ」と思って、容易に自己破産を考える人も居る中で、「頑張ろう」とすることは決して悪いことではないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、やはり「債務整理」を考えるひとつの目安が、「借金を返すために借金をするようになったら・・・」ということでしょうね。

 

だんだん、いろいろなお金に手を付けるようになりますから。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんのために貯めた学資保険とか。

 

子どもが生まれた時に入った学資保険って、小学生になっていれば、すでに10年以上も払い続けているんですよね。

 

「子どもが教育を受けられないと困るから、将来のために」とコツコツ払い続けてきた尊いお金。

 

そんな大事なものですら、切羽詰まって解約したりします。

 

「まだ小学生だから、そのうち家計に余裕ができたらまた加入すればいい」と思うでしょうが、途中からだと掛け金も大きくなって、結局進学する時に慌てることになるのです。

 

教育ローンも組めれば良いですが、大学進学の場合、全額ローンだと厳しいですから。

 

かといって、奨学金を借りられても、子どもが苦労して返すことになってしまいます。

 

奨学金が返せなくて自己破産に追い込まれる若者が問題になっていますよね。

 

「将来の不安を無くすために奨学金で教育を受けたのに、その奨学金のために生活自体が脅かされる」というのは、仕組みとしてどうなんだろうか?と。

 

いえ、教育ローンや奨学金は上手く利用すればありがたいシステムなのですが、せっかく積み立ててきた学資保険を使ってしまうと、そこに頼るしか無くなる、というのが問題なんですよ。

 

それに、借りた分全額返すのではなく、家の経済状況、成績や出席日数などを考慮して、一部免除されるような仕組みにならないのだろうか?とか。

 

とにかく、学資ローンに手を付けるようになったら、お子さんの将来のためにも、債務整理を決断すべきなのではないでしょうか?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産しても病気と闘いながら立ち直った体験談

自己破産しても病気と闘いながら立ち直った体験談

JUGEMテーマ:借金返済


ある女優さんの手記を読みましたが、自己破産後10年間の闘病生活を経て、離婚や再婚を経験されて、今では幸せな生活をされているそうです。

テレビでお見かけすることはあまり無いですが、それでも、優しい旦那様と可愛いお孫さんたちに囲まれて生活されていると聞くと、他人事とは思えないことから「本当に良かったなー」と。

こんな話を書くと、「芸能人だから立ち直れたんでしょう?収入が違うから」と思われますよね。

実は私もそう思っていたのですが、芸能人だからこそ、借金の金額も半端な額では無いんですよ。

億単位ということもよく聞きますから。

自己破産から立ち直った女優
つまり、入ってくるお金が、私達とは桁違いだけど、抱えている借金の金額も桁違いだということ。

 

まあ、一般人と比べるのも無理があるのですが、「自己破産から立ち直る」という意味では、共通する部分も多いのではないか?と思うんです。

債務整理をする、ましてや自己破産をした場合、最初は「借金を返さなくて良くなった」という安堵感が先に来るのですが、やはりどうしても「自分は自己破産をしたダメな人間なんだ」と思ってしまいます。

確かに、債務整理や自己破産というのは褒められることではありません。

ただ、やはり肝心なのは、「債務整理後の生活」なんですよね。

スポンサードリンク

 


私もまだまだ借金体質のリハビリ中ですが、「金銭感覚」の部分では「ダメ人間だった」ということを自覚しつつ、それ以外の自分は否定しない、ということが大切です。

以前も書きましたが、私の周りでも、自己破産後また会社を興して、今は順調に社長業をされている方もいらっしゃいます。

また、そこまで行かなくても、自己破産後数年経って、住宅ローンの審査に通った方も。

 

真面目に働いて、コツコツ頭金を貯め、住宅ローンを借りる予定の銀行では、定期預金や公共料金引き落としなどして、優良顧客になったそうです。

債務整理をすると、どうしても気持が前向きにならないことが多いですが、「人生をリセットする」つもりで頑張るしかないんですよね。

クレジットカードについても、私自身「もう一生持てなくても仕方がない」と思っていましたが、今は「もう一度作って、今度はしっかりとお金の管理をして上手に使いたい」と思うようになりました。

債務整理後にクレジットカードを作るのは難しいとされていますが、債務整理後5年以上経てば、作れる可能性は出てきます。

これについては個人差がありますので、「絶対に何年経てば」ということは言えないのですが、最初は「キャッシング枠ゼロ」で申し込んで、徐々に履歴を作っていく方法が良いようです。

一歩一歩立ち止まらずに進んでいけば、必ず「立ち直れる日」が来ると信じています。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?

自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしたい、自己破産しかないのだけれど、その後の生活を考えるとどうしても踏み切れないという方が多いと思います。

 

自己破産後の生活とは本当はどのようなものなのでしょうか?

自己破産後の生活は悲惨なもの。

家も車も家具も財産すべて取り上げられ、職場にも居られなくなり、生活自体できなくなってしまう。



選挙権すら無くなってしまうかも。

家族はもとより、親戚にまでその影響は及び、みんなローンが組めなくなったりクレジットカードが持てなくなる。

などなど。

自己破産後の生活については、ありとあらゆるネガティブな情報が行き交っていますね、

すべてが嘘とは言いませんが、ほとんどが当たっていないと言えるでしょう。

まず、家と車は例外をのぞいて取り上げられてしまいます

これは合っていますね。

だけど、家はともかく、車に関しては、売ってもほとんどお金にならないような古い中古車の場合は、おとがめ無しということも多いです。

取りに行く費用がかかるだけ損、という考えですね。

ただ、それもローン支払い中の車だったりすると、また話は違ってきますので、「古いから大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

他の家財道具に関しては、20万円以上の価値のあるものは取り上げられることになっています。

これも、いちいち家に人が来て、「これはいくら」なんて鑑定されるわけではないので、まず取りあげられることはないのですが、明らかに高価なものを隠し持っていたりすれば、問題になると思います。

と言いますか、そもそも裁判所に提出する申立書に嘘の記述をすること自体に、問題がりますよね。

とは言え、よっぽど高価なものじゃない限り、中古品で20万円以上の価値のあるものは少ないと思うので、そう心配しなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 

 


自己破産すると、家族や親戚もローンが組めなくなる

というのは、ほぼ間違いということ。

個人信用情報はあくまでも、個人について記述してあるものなので、例え同居している家族でも、家族の履歴までは調べないし調べられないと思います。

ただ、審査が厳しいと言われている住宅ローンに関しては、同居している家族が自己破産していた場合に、断られるというケースもあるようですが、真偽のほどはわかりません。

選挙権については、まったくの嘘で、住民票や戸籍に載ることもなく、選挙権が無くなることもありません。

だから、自己破産しても、表向きは「普通の生活」が続けられると思って良いでしょう。

と言っても、ローンが組めなかったりクレジットカードが持てないのは痛いですが・・・

あとは、借金が無くなっても、一度破綻した生活は、なかなか元には戻らないということでしょうか。

それと、「破産者になった」とか「借金を返せなかったダメな人間」と自分自身で思い込んでしまう、というのが一番つらいことなのかもしれません。
 

もちろん、債権者や周囲の人に迷惑をかけたことは忘れてはいけないのですが、いつまでも引きずっていては、前を向いて歩けないですよね。

 

とことん反省をしたら、今度は脇目も振らずに前進あるのみ、と心に決める必要があるのです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode