ブラックで入院費が払えなくても利用できる医療施設はあります

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理をしたら、ブラックになったら、「もうお金を借りる事はできなくなる」ということはよくわかっているのです。

 

だけど、ブラックになってもどうしてもお金が必要になることがあるんですよ。

 

私も多重債務におちいっていた時、借金は返せないし公共料金も支払えず、ただただその日1日をどうして暮らすか?しか考えていませんでした。

 

当然お金は借りられませんから、仕事が無い時にはアルバイトに精を出していました。

 

ただ、アルバイトの口も無い時の方が多かったですからね。

 

そんな時、運悪くインフルエンザにかかってしまったのです。

 

もともと気管支に持病を抱えていた上に、日頃ろくな物を食べていないからか、症状は重く、体は動くはずはありません。

 

それでも、小さな子どもが居ましたから、具合が悪いのを隠して働いていたら? とうとう倒れてしまったのです。

 

救急搬送-債務整理体験談

 

近所の方が救急車を呼んでくれて、そのまま病院へ行き、事なきを得たのですが、「入院しましょう」というお医者さんの言葉に動揺しました。

 

入院費が払えない」と。

 

でも、そんなことは言えませんから、とりあえずひと晩だけということで入院しました。

 

高熱の中でも入院費のことばかり考えていましたね。

 

と同時にお金が無い惨めさも噛み締めていました。

 

肺炎も併発していて、本当に動けない状態だったのですが、お医者さんには「もうすっかり良くなりました」なんてアピールし、すぐにでも退院できるようにしていたのですが・・・

 

お医者さんを騙せるはずもなく、「無理している」ということはバレていたのでしょう。

 

もしかしたら、お金に困っているということまでバレていたかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

結局3日間の入院になってしまいました。

 

入院費は5万円

 

もともとお金が無いところに持ってきて、この5万円の出費は痛かったです。

 

当然支払えないですから、「ブラックでも貸してくれるところ」なんて、性懲りもなくまた検索したり。

 

この時は、結局、夫の上司からお金を借りるということで何とか乗り切ったのですが・・・

 

こういった場合、生活福祉資金の緊急小口資金貸付に頼るという方法もあるのですが、その時は考えが及ばなかったです。

 

病院などでも相談はできるようですが、なかなか「支払えない」とは言いがたいと思います。

 

ブラックの人でも、「どうしてもお金を借りなければならない時」というのはあると思うのですが、そんな場合のセーフティネットのようなものは、あまり見当たらないですね。

 

「自分の蒔いた種は自分でなんとかしなさい」ということなのでしょう。

 

追記:病気になってもお金が無くて病院にも行けない時には、「無料低額診療事業」を行っている病院に行くという選択肢もあります。

 

無料低額診療に取り組んでいる事業所や医療施設

 

低所得でお医者さんにかかれない人のために、医療機関が無料または低額料金で、診療を行っている事業なのです。

 

「具合が悪くなってもお金が無いから病院にも行けない」と諦める前に、こういった医療施設をあたってみてはいかがでしょうか?

自己破産後に賃貸契約するにはコツがいる?

JUGEMテーマ:借金地獄


引越しは気分も新たに新生活をはじめるというイメージがありますが、自己破産した場合の引越しはわけが違います。

自己破産して、家を無くしてしまうということ。

これは、相当な心の傷になってしまいます。

「自分が蒔いた種」とか「自業自得」なのはよくわかっていても、今まで築き上げてきたものが、ガラガラッと音を立てて一気に崩れ去るような気がするものです。

家を持つなんていうことは、多分一生に一度のこと。

その日を夢見て、それこそ雨の日も風の日も、暑い日も嵐の日も、一生懸命働いてきたんです。

家が完成した時の喜びは、なにものにも変えがたいものでしょう。

そんな汗と涙の結晶が無くなってしまうわけですから。

それでも、頑張って、たとえはいつくばってでも少しでも前に進まないと、足はどんどん底なし沼へと引っ張られてしまいます。

任意売却で家を売ったとしても、たいていの場合は、買主の方から期限を切られますので、売買契約が済めば、割とすぐに出て行かないといけないことになるんですよね。

借金で家を追われ引っ越しする

賃貸と言っても、イマドキのおしゃれなマンションなんかに住めるわけは無いですから、安アパートを探すことに。

と言っても、単身ならすぐにでも見つかるのでしょうが、家族が居るとそうは行かないですから。

子どもや、ましてや親まで居るとなると、いくらなんでも6畳一間というわけにはいかないです。

それなりの広さがあって、しかも安いとなると、なかなか見つからないものなんですよね。

そして、「やっと見つかった」と思っても、今度は賃貸契約にも難が。

今は、どんなに壊れかけたようなアパートでも、大家さんが直々に管理しているところは少ないです。

ほとんどが不動産屋さん経由なので、それなりに書類の提出は必要になるのです。

保証人も必須というところが多いので、困るんですよね。


スポンサードリンク

 


それでも、下手に保証協会のようなところを利用してしまうと、そこが信販会社も兼ねている場合は、「個人信用情報」を参照されてしまう可能性があります。

そうなったら、断られる可能性が大ですから、路頭に迷わないためにも、保証人は自分で見つけて立てられることをお勧めします。

このご時世、借金の保証人じゃなくても保証人にはなりたくないと思う人がほとんどですので、結構見つけるのも大変なんですけどね。

あっ、「保証人紹介」みたいな業者は、いろいろとトラブルも耳にしますので、止めておいた方が良いでしょう。

最初に保証金と称して数万円預けるのですが、なかなか決まらなくて、こちらがしびれを切らして解約しても、お金は返ってこないことが多いようです。

保証人の件以外で、「自己破産者だから」という理由で、賃貸契約を拒否されることは原則として無いので、そう悲観的になることはないと思いますよ。 

 

追記:保証人についてですが、保証人に関してのトラブルがあったり、今どき保証人になりたがらないという風潮があるので、今は「保証会社の保証が受けられる人」という条件を付けている賃貸物件も増えています。

なので、賃貸契約をするのも一苦労だと思いますが、諦めずに探せば保証会社を通さずに契約できるところもありますし、事情を話して納得してもらえば、契約できることもあるのです。

要は、「諦めない」ということですね。

 

借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?

JUGEMテーマ:借金返済
 

借金地獄からようやく抜け出した後に来る恐ろしいこととは?なんて、ちょっとおどろおどろしいタイトルですが、まあ、体験談として書いておこうかな、と。

 

債務整理して、特に自己破産の場合は免責が下りた途端に、ホッと肩の荷がおりたような気がしてしまいますね。

だけど、「借金が無くなった」だけで、生活再建はスタートしたばかりということなんです。

多重債務で精神的に追い込まれていると、最終的に決断した「債務整理」の手続きが終わっただけで、「借金地獄」から開放されたように思いますが・・・

なかなかどうして、債務整理しただけでは、お金の無い生活からは逃れられません。

だからと言って「債務整理はするな」と言っているわけではないですよ。

私も、多重債務時代から振り返れば、債務整理をした後は、ホッとしましたし、その後の平穏な生活を考えれば「債務整理をして良かった」と思えますから。

ただ、「債務整理」をするだけで、「生活が立て直せる」と思ったら大間違いということ。

借金が無くなったと言っても、マイナスからゼロになっただけですから、そこから這い上がらなくてはなりません。

今までは「借金返済の恐怖」と戦っていましたが、多重債務で、本当に「もうどこからも借りられない」状態になる前までは、普通にキャッシングとかできていたわけです。



それが、キャッシングはおろか、ローンも組めない状態で生活しなければならないのです。

借金を踏み倒したんだから当たり前」「自業自得」などいろいろな声が聞こえてきそうですが、その通りなんですよね。

だけど、いくら自業自得でも債務整理後も生きていかなくてはならない。

そうなった時に、「現金のみ」での生活、しかも一度破綻しているわけですから、債務整理した後にお金が残っているわけが無い

もしも残っていても、自己破産だとすべて取り上げられてしまう・・・などなど。

債務整理した後の問題は本当にたくさんあります。

あとは、税金や年金の滞納分を支払わなくてはならないとか。

債務整理後でも借りられるお金として、「生活福祉資金」がありますが、申請しても通らないこともあるとか。

スポンサードリンク



ただ、焦って「ブラックでもお金を貸します」とか「債務整理していても融資OK」などと言う金融業者からお金を借りてしまっては、多重債務になる前よりも事態は悪くなってしまいます。

公的資金は、生活保護も含めて検討してみる方が良いでしょう。

債務整理や自己破産は、借金に対しての法的な保護ということになりますが、その後の生活まで面倒をみてくれることは無いです。

むしろ、「借金を合法的に棒引きにできて感謝する」くらいの気持ちで居ないといけないですよね。

債務整理後も苦しい生活は続きますが、ここをどうくぐり抜けるか?でその後の生活が立て直せるかどうかが決まります。

今は借金を抱えていなくても生活が困難な時代。

 

「来年、消費税が10%になってしまったら、どうやって暮らしていけばいいの?」と不安になっている方。

 

「いや、その前から、生活費に困っていて、いつ生活保護を受けなきゃいけなくなるか、ハラハラしている」という方もいらっしゃるでしょう。

とにかく、自力でなんとかお金を作る習慣を付けたいものです。