スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後の最悪のシナリオとは?
Page: 1/26   >>

債務整理後の最悪のシナリオとは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 
多重債務の方にとっては、債務整理後の生活はどうなるのだろう?とものすごく不安ですよね。

債務整理後の生活については何度か書いていますが、多重債務時代に最悪のシナリオを描いていた方にとっては、「案外普通の生活なんだ」と思えるでしょう。

逆に、「自己破産さえすれば、借金が無くなって楽に暮らせる」と思っていた方は「こんなに大変だったのか?」と感じるかもしれません。

結局は本人の気持ちの持ちようということ。

私の場合は、「債務整理したら借金は軽くなるかもしれないけど、債務整理後の生活はどん底になるのではないか」と思っていました。

借金でどん底の生活を想像する

まあ、「もしかしたら、少しは生活が楽になるかな」という淡い期待が、まったくなかったと言えば嘘になりますが・・・

債務整理をして、一番最初に思ったのが、「案外普通の生活ができるんだ」ということでした。

それは、弁護士さんに債務整理の依頼をしたからで、自分ですべての手続きをしていたら、そんなことは言っていられなかったのでしょうが・・・

それでも、債権者から裁判を起こされたりはしましたが。

まあ、細かいことを挙げればきりが無いですが、とにかく表面上は、今までどおりの生活ができることにびっくりしたのを覚えています。

ただ、自分の心の中での葛藤と言いますか、「借金を約束どおりに返せなかったダメ人間」という思いが、ずっと付きまとっていましたね。

今もそれは続いていて一生続くと思いますが・・・

あとは、債務整理直後に夫が失業状態だったということもあり、多重債務時代と同じように「お金に困った」状態が続いていたこと。

結局、債務整理しても立ち直れないのは、「お金の問題」と「心の問題」をいかに上手く処理できるか、にかかっていると思います。

お金の問題に関しては、働いてお金を得るしかないのですが、失業してすぐに職を得るということが困難な時代ですよね。

スポンサードリンク

 


だから、オークションなどで、少しでも即金の収入を得ることも大切なことだと思います。

そして、少しでもお金が入ってきたら、自分への投資に充てられると良いでしょう。

生活費もままならない時に難しいのですが、前に進むためには、自己投資は必要だと思います。

求職者支援制度を使えば、条件付きですが、無料で職業訓練が受けられ、給付金ももらえるのです。

 

ビジネス書を購入して、勉強するのもいいですね。

 

とにかく、使えるものは使って、「半歩でも前に進む」ことを心がけたいものです。

私のように、ネットで副収入を得ることも可能ですが、やはりある程度の知識は必要です。

私も、まだまだですが、一緒に頑張りましょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?

自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産すると◯◯できないという都市伝説のような話が蔓延しています。

確かに、破産者に対して社会的制裁はいろいろあります。

賃貸契約についても、すんなりいかない場合も多いでしょう。

それでも、自己破産した場合、持ち家なら売却して債権者にそのお金を渡さなければならないので(当然のことですが)、賃貸契約ができないと住む所もなくなってしまいます。

よく言われるのが、賃貸契約自体は問題なくできるけれど、保証人が立てられなくて保証会社に依頼した場合、審査に受からないのではないか?ということ。

そのことが原因で、「破産したら賃貸契約もできなくなる」と言った間違った情報が流れるわけです。

では、実際に保証会社の審査に落ちたり、入居を断られたケースはあるのでしょうか?



それは保証会社によるのです。

もし、保証会社がジャックスやオリコ、セディナといった信販系の会社なら、個人信用情報を参照すると思われるので、審査に落ちる確率が非常に高いでしょう。

ローンやクレジットカードの審査と同じと考えられるからです。

ただし、自己破産していても免責から5年〜10年経っていて、個人信用情報から事故情報が消えてからなら、受かる可能性は高いです。

信販系の保証会社以外では、家賃等専門の保証会社があります。

他のクレジットカードやローンは取り扱っていないということですね。

この場合は、原則として個人信用情報を参照しないので、入居審査に受かる可能性は高くなります。

家賃系保証会社は、不動産屋と深く関わっていることが多いので、審査基準に関しても信販会社とは違ってきます。

クレジットカードやローンの場合の審査基準より「家賃を支払っていけるのか?」あるいは「借り主の人柄は信用できるのか?」を重視するでしょう。

だから、今まで家賃の滞納はしてなかったか?勤務先はちゃんとした会社か?というところを見るのではないかと思います。

スポンサードリンク

 


中には、書類がきちんと揃っていて、信頼できる人だと認められれば、ほとんど審査なしで通ることも多いということもあるようです。

ということから、信販系の保証会社よりも家賃系保証会社が付いている物件を選ぶ方が良いということになります。

いずれにしても、100%入居審査に受かる保証はありませんが、逆に古くて辺鄙な物件であれば、借りられる可能性も非常に高くなると思うので、その辺は妥協するという考え方もありますね。

 

現に、駅から非常に遠く、古い物件を借りた知人の場合、すんなり入居審査に受かっています。

 

というより、審査自体無かったのではないか?というくらい、スムーズに事が運んだみたいですよ。

 

借り手があまり居ないので」と言われ、恐る恐る暮らし始めたらしいですが、交通の便が悪い以外は特に難があるわけではなく、むしろ、周りに何も無いので広々して住みやすい、と言うのです。

 

虫の襲撃には遭うそうですが・・・

 

まあ、「ものは考えよう」ということです。

また、保証会社に頼らないで、自分で保証人を頼むことができれば、金融関係の審査はほとんど無いと思うので、一番良いということ。

とにかく、物件の選り好みを最小限に抑え、信販系の保証会社に依頼しなければ、自己破産していてもほぼ問題なく賃貸物件は借りられるのです。

自己破産すると家も借りられなくて苦労する、と思い込んでいては何も進みませんよ。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後の生活の実態

自己破産後の生活の実態

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をしたい、自己破産しかないのだけれど、その後の生活を考えるとどうしても踏み切れないという方が多いと思います。
 

自己破産後の生活とは本当はどのようなものなのでしょうか?
 
自己破産後の生活は悲惨なもの。

家も車も家具も財産すべて取り上げられ、職場にも居られなくなり、生活自体できなくなってしまう。



選挙権すら無くなってしまうかも。

家族はもとより、親戚にまでその影響は及び、みんなローンが組めなくなったりする。

などなど。

自己破産後の生活については、ありとあらゆるネガティブな情報が行き交っていますね、

すべてが嘘とは言いませんが、ほとんどが当たっていないと言えるでしょう。

まず、家と車は例外をのぞいて取り上げられてしまいます

これは合っていますね。

だけど、家はともかく、車に関しては、売ってもほとんどお金にならないような古い中古車の場合は、おとがめ無しということも多いです。

取りに行く費用がかかるだけ損、という考えですね。

ただ、それもローン支払い中の車だったりすると、また話は違ってきますので、「古いから大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

他の家財道具に関しては、20万円以上の価値のあるものは取り上げられることになっています。

これも、いちいち家に人が来て、「これはいくら」なんて鑑定されるわけではないので、まず取りあげられることはないのですが、明らかに高価なものを隠し持っていたりすれば、問題になると思います。

と言いますか、そもそも裁判所に提出する申立書に嘘の記述をすること自体に、問題がりますよね。

とは言え、よっぽど高価なものじゃない限り、中古品で20万円以上の価値のあるものは少ないと思うので、そう心配しなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 


自己破産すると、家族や親戚もローンが組めなくなる

というのは、ほとんど当たっていないということです。

個人信用情報はあくまでも、個人について記述してあるものなので、例え同居している家族でも、家族の履歴までは調べないし調べられないと思います。

ただ、審査が厳しいと言われている住宅ローンに関しては、同居している家族が自己破産していた場合に、断られるというケースもあるようですが、真偽のほどはわかりません。

選挙権については、まったくの嘘で、住民票や戸籍に載ることもなく、選挙権が無くなることもありません。

だから、自己破産しても、表向きは「普通の生活」が続けられると思って良いでしょう。

と言っても、ローンが組めなかったりクレジットカードが持てないのは痛いですが・・・

あとは、借金が無くなっても、一度破綻した生活は、なかなか元には戻らないということでしょうか。

それと、「破産者になった」とか「借金を返せなかったダメな人間」と自分自身で思い込んでしまう、というのが一番つらいことなのかもしれません。
 

もちろん、債権者や周囲の人に迷惑をかけたことは忘れてはいけないのですが、いつまでも引きずっていては、前を向いて歩けないですよね。

 

とことん反省をしたら、今度は脇目も振らずに前進あるのみ、と心に決める必要があるのです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい