スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産後は審査の甘いクレジットカードしか受からない?
Page: 1/33   >>

自己破産後は審査の甘いクレジットカードしか受からない?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む」というのは、いわば、債務整理した方全体の常識のようにもなっていますね。

もちろん、自己破産直後ということではなく、いわゆる喪明け以降の話になります。

ただ、「審査の甘いクレジットカード」という概念があいまいなんですよ。

はっきり申し上げて「自己破産後でも大丈夫なクレジットカードはこれです」なんて言えるものはありません。

自己破産しても、免責後年月が経てば、またクレジットカードを取得することは可能ですが、それは5年から10年以上経って、個人信用情報から「金融事故情報」が抹消された後ということです。

抹消されれば「ブラック」ではなく「ホワイト」ということになりますから、クレジットカード取得の申し込みをすることは可能です。

ただ、「可能」というだけで、「クレジットカードの審査に通る」ということではありません。

その時点でクレジットカード取得の申請をしても、その時はすでに「自己破産者」としては扱われないので、「ブラックや自己破産者でも取得できるクレジットカード会社」を探す必要はありませんよね。

ブラックでも借りられる金融業者を探す

それでも、各クレジットカード会社によって、個人信用情報の参考の仕方が違ったり、他にも審査基準がいろいろと設けられているので、一概には「審査が甘い」ということは言えないようです。

確かに、一度自己破産を経験していれば、まず大手クレジットカード会社の審査には受からないでしょう。

私も多分、次に申し込むときには、審査が甘いと言われているショッピング系のクレジットカードなどに申し込みをすると思います。

でも、「ホワイトになる」ということは、クレジットカードやローンの履歴がゼロになるということ。

となると、今時30代、40代以上になって一度もクレジットカードを持ったことがない方、というのは非常に少ないですよね。

だから、「過去に金融事故を起こした」ということが、金融業者から見れば丸わかり、とも言えるのです。

スポンサードリンク

 


いずれにせよ、「ブラックでも申し込みOK」とか「自己破産していても融資可能」ということを全面に押し出している金融業者は、避けたほうが良いということ。

一昔前なら、「自己破産者の方が、借金を現在抱えている多重債務者よりは返済能力があるから」と言う理由で、積極的に融資している金融業者もあったようです。

今は、「少しでも返済能力に欠ける」と思われる要素があれば、「お金を貸したくない」と思われますから、正規の金融業者からは借りられないと思った方が良いでしょう。

それでも、現在の年収が高かったり、給与振込みの口座に指定していたり、などの条件が重なれば、自己破産後5年くらいでもクレジットカードを取得できている方もいらっしゃいます。

債務整理して間もない私たちにとって大切なのは、少しでも収入を増やすことと、もし幸運にもクレジットカードが持てたら、なるべくカード払いにして遅延無く支払いをすること。

クレジットカードの「良い履歴」を作ることに専念するのです。

結局「失った信用」をもう一度取り戻すわけですから、相当な努力は必要ということですね。

こういった方法などで、少しでもお金を作り、徐々に増やしていく。

そのお金で無理の無い投資をしながら、現金収入を貯金し、徐々に信用を得られるようにしていく、というのが理想でしょう。

思うようにはなかなか行かないものですが、一歩づつ確実に「少しでも前に進めば」と考えるしか無いですね。

 

追記:「多重債務者よりも債務整理した人の方がお金を借りやすい」というところは少なくなりましたが、中小の消費者金融は話は別です。

 

多重債務の場合、総量規制より「世帯収入の1/3までしか貸せない」と定められているので、そもそも消費者金融からは借りにくくなっています。

 

逆に問題なく審査に受かるような人は、大手から借りますから。

 

となると、喪明け後の顧客にも積極的にお金を貸そう、という動きは、以前よりも活発になっていると思われます。

 

ただ、注意してほしいのは、「中には闇金融もどきの悪徳業者が混ざっている」ということ。

 

また、大手消費者金融ほどの知名度が無いことを逆手に取って、評判の良い街金ほど「なりすまし」の被害にあっているのです。

 

似たようなホームページを作り、正規の消費者金融と同じ名前を名乗り、「申込みはこちら」をクリックすると、闇金融のサイトに繋がっていた、なんていうこともあるほど。

 

他からはお金を借りられない層を真っ先に狙うのは、悪徳業者ですから、十分に注意したいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> ブラックになった人が自動車ローン審査に通るコツは?

ブラックになった人が自動車ローン審査に通るコツは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになった人」というのは、今回の記事では債務整理をした人を指しています。

 

ですが、滞納などで個人信用情報に傷がついてしまった方も当てはまるかな?

 

ブラックになるとローンが組めない、ということは再三書いていますが、やっぱり車が必要な地域に住んでいると、一番困るのが、車が壊れた時に次の車を買うのにローンが組めないこと。

 

それと同様に、車検の際にもローンが組めないというのは、毎月ギリギリの生活をしている者にとっては、困るんですよ。

 

車検は二年に一度だし、計画的に貯金もしているのですが、どうしても突発的な出費にその貯金を使ってしまうことが多いのです。

 

それに、「貯金がほぼ無くなってしまう」ことの恐怖もありますよね。

 

貯金通帳を見て青くなる

 

とは言え、多重債務経験者としては、分割払いにすれば利息が発生することのリスクも重々承知しているので、できれば、なるべく早い期間で返してしまいたい、とは思っています。

 

そう。昔みたいに、「月々の支払金額をなるべく少なくしよう」ではなく、「一括払いは無理だけど、数回に分けて一番利息がかからない方法にしたい」という気持ちに変化してきているのは事実。

 

だけど、2,3回払いにしてもらうにしても、ローン審査に通らなければ分割払いはできません。

 

唯一できるとすれば、「懇意にしている中古車店や自動車修理工場で、個別の信頼を得る形での分割払いにしてもらう」ということ。

 

言ってみれば、飲み屋さんの「付け払い」のような形ですね。

 

多分、この方法が一番安心かもしれません。

 

他には自社ローンもありますが、業者によって対応がマチマチなので、よーく吟味してから利用する必要があります。

 

では、一般的な自動車ローン審査に受かるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、喪明けを待つこと。

 

なんて、言ってしまえばそれで終わってしまいますよね。

 

喪明けというのは、個人信用情報から「事故情報」である「異動」という文字が消えたことを確認した時点のことを言うのですが、自分で開示してみる目安はどれくらいでしょうか?

 

この間「元ローン担当者が教える自動車ローン事情」という記事を見たのですが、一般的に、債務整理後(自己破産を除く)車のローンが組めるまでは4年かかるということです。

 

「ええ?5年じゃなくて4年?」と思いますが、業界では4年が一般的らしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

ただし、個人信用情報から異動の文字が消えるのに数ヶ月かかる場合があるので、プラス1年は様子を見たほうが良いという考え方が主流になっている、ということ。

 

※クレジット会社によっては、破産宣告を受けた日から数えるところと、審査機関に登録されてからカウントされるところがあるため

 

自己破産の場合は、やはり長くて7年ということですが、こちらも1年は余裕を持って考えた方が良いため、8年くらいで申し込むということになります。

 

喪明け後にクレジットカードやローンの審査を申し込む時に、一番してはいけないことが、「もうこのくらいで大丈夫かな?」と思って、手当たり次第に申し込んで行くこと。

 

審査に受からないからって、2社も3社も立て続けに申し込んでしまうと、審査に受からないばかりか、その履歴が数ヶ月は残ってしまうので、結局「何度申し込んでも審査に落ちてしまう」結果につながるのです。

 

ではどうすれば良いか?ですが、まずは、安定した収入を得るために頑張ること。

 

そして、できるだけ自分の属性に合ったクレジットカードで、巷で「受かりやすい」と評判のところのカードを取得する。

 

運良く手に入れることが出来たら、少額であろうが、日頃のお買い物にはなるべくそのカードを利用するようにして、ひたすら履歴を積むのです。

 

信用情報が真っ白なままで申し込むのとは、雲泥の差が出るそうですよ。

 

追記:「ブラックになった人が車のローン審査に通るコツ」として、中古車店店長が、「中古車店によっても、審査に受かるかどうかが違ってきます。」とのこと。

 

どういうことかと言うと、「例えば、A社のローンを組みたいと思っていても、その中古車店が、A社のローンをあまり取り扱っていなかったら、喪明け後に申し込んだとしても、過去に債務整理したことを疑われ、審査に落とされることが多いのです。」

 

「A社のローン販売に力を入れていて、取引実績のある中古車店を選べば、信販会社にすればお得意様なので、審査も緩くなります。」

 

「実際に、ある中古車店でローン審査に落ちた人が、次の店では、保証人の必要も無く、頭金も通常通りという好条件で、ローン審査に受かったことがあります。」

 

もちろん、申込者本人の現在の収入なども重要になってきますが、ここまで結果が違ってくるとなると、まずは車種選びよりも中古車店選び、ということになりますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産したら家族カードはどうなるの?

自己破産したら家族カードはどうなるの?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理や自己破産をすれば、当然今まで使用していたクレジットカードは利用できなくなります。

特に自己破産では、「このカードはよく使うから残しておいて」なんていうことは、一切できないのです。

当たり前のことですが。

では一緒に住んでいる家族のクレジットカードはどうなるのでしょうか?

これについては、カードが家族名義だったら、なんら問題なく使えるでしょう。

問題は、本人が家族会員になっていた場合。

ややこしいのですが、例えば旦那さんが自己破産をして、奥さん名義のクレジットカードの家族会員になっていた場合ですね。

その場合はどうなるのでしょうか?

債務整理を依頼する時には、当然利用しているクレジットカードはすべて提出しなければなりませんので、家族カードと言えども使えなくなります。



新規に作成する場合でも同じ事ですね。

ただ、たまたま家族カードの存在を忘れていてそのままにしていたら、数年後更新済みの新しいカードが送られてきた、なんていう体験談を見つけました。

そのまま使い続けるのは問題があるかと思いますが、もしかしたらそのまま使うことは可能かも。

それでも、何かの理由で破産がバレれば、クレジットカードを取り上げられるどころか、家族まで使えなくなる可能性もありますから、良く考えないと大変なことになってしまいます。

スポンサードリンク



私としては、いわゆる喪明け後(個人信用情報から事故歴が消えてから)に、本人名義でのクレジットカードがなかなか作れない時に利用するのがよいのかな、と思います。

それなら堂々と利用できますから。

「だけど喪明け後は自分名義のクレジットカードが作れるのに、なんで家族カード?」と思われるかもしれません。

それだけ、一度ブラックになってしまうとクレジットカードの取得は難しいということなんですね。

 

「債務整理後10年過ぎて、信用情報を取り寄せても、事故情報は消えているのに、どうしてもクレジットカードの審査に受からないんです」という方もいらっしゃいます。

 

しかも、年収300万円以上で、勤続年数も数年経っていても、落ちることも。

 

そんな時に、どうしてもクレジットカードが必要となれば、家族カードという選択肢もあると思います。

ただし、家族カードをいくら利用しても、クレヒスにはなりませんので、あくまでも自分のカードが作れるまでの繋ぎと考える方が良いでしょう。

一度金融ブラックの烙印を押されてしまうと、新たなクレジットカード取得への道は遠いということになります。

それでも、めげずに頑張りたいですね。

こんな方法もありますから、収入を少しでも増やしながら、信用回復に勤めましょう。

 

追記:喪明け後、どうしてもクレジットカードの審査に通らない人には、新たな選択肢がありましたね。

 

デポジット型ライフカードです。

 

保証金が10万円以上と、ちょっとまとまった金額が必要になりますが、晴れて「自分名義のクレジットカード」が持てるという点では、良いと思いませんか?

 

ただし、誰でも審査に受かるというわけではないようです。
 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン