スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理して5年経てばお金が借りられるというのは本当?
Page: 1/31   >>

債務整理して5年経てばお金が借りられるというのは本当?

JUGEMテーマ:借金返済


任意整理して5年経つのにお金が借りられない」という相談をしている方がいましたが、債務整理後の借り入れについては、はっきりと「何年で」ということは決まっていないです。

通常は、債務整理が終わってから5年から10年でいわゆる「ブラックリスト」からはずれるので、クレジットカードやローンの申請ができるようになるというだけです。

この「ブラックリスト」については、再三書いていますが、「ブラックリスト」という名前のものは存在しません。

ブラックリストって何?

その代わり、「信用情報機関」というものがあって、銀行や信販会社などの金融業者が個人のローンに関わる今までの履歴を調べることができるのです。

通常、クレジットカードやローンの申請書の内容だけでは、今までどこからローンを借りていたのか、クレジットカードの支払い状況は?などの詳しいことはわからないですよね。

だから、「信用情報機関」に問い合わせて調べるわけです。

 

これを「開示する」と言います。

債務整理をした場合は、この「信用情報機関」に「事故履歴」として記載されてしまうため、「ブラック」と認識されて、もうどこからも借りられなくなる、ということになります。

スポンサードリンク

 


あと、借金返済を滞納した場合にも事故履歴が残る場合もあります。

金融事故を起こした」と明確に書かれている方に、誰もお金を貸したりローン契約をしようとは思わないですから。

ただ、この「事故履歴」は一生付いて回るわけではなく、5年から10年経てば抹消されるのです。

だから、「ブラックでも借りられる」とか「自己破産しても貸してくれる審査の甘い消費者金融」とか探して、怪しい金融業者から借りるよりも、数年待った方が良いということです。

とは言え、5年から10年というのはひとつの目安であって、きっちり決まっているわけではないですし、たとえ「金融事故履歴」が消えたとしても、すぐにお金が借りられるという保証はありません。

やはり、債務整理した人間に対しては社会も厳しいわけです。

これは、仕方のないことなのですが・・・

なので、最初はキャッシング枠ゼロでクレジットカードを申請し、運良くクレジットカードが取得できるようになったら、買い物などで実績を作っていく、という方法が良いのかな、と思います。

いわゆるクレヒス(クレジットヒストリー)ですね。

申し込む先も、やはり「審査が甘い」と噂されている、ショッピング系やコンビニ系などのクレジットカードの方が良いかもしれません。

いずれにしても、「信用をマイナスからもう一度築き直す」わけですから、険しい道のりにはなるでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産しても中古車を楽に買う方法は?

自己破産しても中古車を楽に買う方法は?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後のローンについては、もう何度も書いていて「耳にタコができる」なんて言われそう。

だけど、ここが一番重要なところで同時に困ることでもあるのですよ。

債務整理を依頼してから個人信用情報の「金融事故歴」が消えるまでは、一切のローンは組めないのはおわかりですね。

金融事故履歴が消えるのは5年から10年後ということですが、自己破産の場合には免責がおりてから数えますので、実際にはもっと長くなります。

本当は、一生ローンやクレジットカードが使えなくても、何ら文句は言えない身なのですが、生活していく上では、困ったことに遭遇する場合も多々ありますよね。

家電製品が突然壊れたりした場合、数万で買える商品ですら、購入できなかったりします。

債務整理後は洗濯機が壊れても買えない

だって、債務整理後の生活はやはり苦しいですから。

特に自営で事業がだめになって債務整理をされた方なら、本当に何もないところからのリスタートになりますよね。

本来なら、もう一度事業をやり直すための資金を借りて、ということになるのですが、それは許されないのです。

そうなると、「裸一貫」で、それこそ「工事現場の仕事」など重労働をしながら、事業資金を貯めていくしかありません。

若ければそれも出来るでしょうが、ある程度の年齢になるとそれもできませんから、パートのような仕事でとりあえずは「命を繋ぐだけ」ということになってしまいます。

そんな時に、生活費以外の出費があると、生活自体が立ち行かなくなんですよね。

家電もそうですが、もっと困るのが車です。

スポンサードリンク

 


田舎に暮らしていると、車がないと生きていけない状況ですから、オンボロの車を修理しながら乗っていくことになります。

 

だって、会社に勤めるのも、パートに出るのにも、条件として「車で通勤できる方」だったりするのですから。

だから、消耗も激しく、すぐに動かなくなってしまうんですよ。

そうなると、もう新しい車を購入するしかないのですが、どんなに年代物の中古車にせよ、ローンなしで購入できる金額ではありません。

うちの場合は、何とか中古車屋さんの好意で、代車落ちの車をものすごく安く譲ってもらえましたが、なかなかそういうこともないですよね。

これも何度か書いたのですが、自社ローンという信販会社を通さない独自のローンが組める中古車店もありますので、ネットなどで調べられると良いでしょう。

いくら独自のローンと言っても、ブラックでも借りられるかどうかは、お店の判断によりますから、まずは相談ということになるでしょうね。

中には、足元を見て、ものすごく高い金利をふっかけられる場合もあるようですので(ある程度高いのは仕方がないとしても)、金利や支払い条件をしっかりと確認してから契約されることをおすすめします。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 個人信用情報にはどんなことが書かれているの?実はあんなことまで

個人信用情報にはどんなことが書かれているの?実はあんなことまで

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックというのは俗称ということはよくわかるのですが、では一体どういった人がそう呼ばれるのか?意外と正確に答えられる人は少ないでしょう。

ブラックというのは、一般的には「個人信用情報機関」の自分の個人情報にマイナスの情報が付いた場合にそう呼ばれることが多いです。

クレジットカードやローンなどの支払いを滞納したり、債務整理をした場合。

また、申し込みブラックという観点で言えば、「短期間にローンやクレジットカードの申し込みを何件も行ったりしていないか?」ということです。



では、この「個人信用情報には一体どんなことが書かれているのか?」知りたいですよね。

本当は、一度開示してみれば明らかなのですが、ブラックであることがわかっていると、どうしても見たくないというのが先に立ってしまいます。

自分で自分の信用情報を見ることは、何ら恥ずかしいことではないですし、「開示した」という情報が残ることもありません。

だから、「ブラックになったことがある」ということに関係なく、本当は一度は開示してみた方が良いのかもしれませんね。

万が一、間違った情報が記載されている可能性もありますし、自分自身も忘れていたような滞納情報があるかもしれません。

 


調べる女性-債務整理体験談


第一、クレジットカードやローンの申込時には、第三者である銀行や信販会社が参照するわけですから、その前に確認しておくのは悪いことではありません。

では、各金融機関は個人信用情報のどこを調べるのでしょうか?

非常に気になるところですよね。

それによって、クレジットカードの審査に通ったり落ちたりするわけですから。

結局、「何のために信用調査するのか?」ということを考えればわかるでしょう。

◯貸したお金を返す能力があるのか?

◯クレジットカードで購入した商品代金を、滞り無く支払えるのか?


これに尽きます。

となると、その人が過去に借りたお金や組んだローンについて。

また、今現在所有しているクレジットカードの数や限度額。

一番重要なのが、延滞情報や事故情報ということになります。

早い話が、延滞情報や事故情報があったらアウトと思っていた方が良いでしょう。

この延滞情報の中でも、意外と盲点なのが、携帯電話やスマートフォンの分割代金です。

スポンサーリンク



比較的高価な携帯やスマホでは、本体価格を分割払いにして、毎月の通話料と一緒に請求されたりします。

通話料を滞納しただけなら、携帯会社が共有しているブラックリストに載る可能性はあっても、個人信用情報機関に載ることはないのですが、本体価格の分割払いについては、しっかりと掲載されるのです。

 

れっきとしたローン契約ですから。

つまり、携帯やスマホの通話料を滞納しているだけでも、クレジットカードの審査に落ちる可能性はある、ということなんですね。

iPhoneなどのスマホを無理して購入すると、その後の支払いが続かないなんていうことがありますので、注意が必要です。

まあ、個人信用情報機関に載る、載らないに関係なく、滞納自体してはいけないことなので、滞りなく支払うのは、社会人として当然だということ。

 

それに、携帯滞納については、スマホなどの新規契約や更新手続きの時に、慎重にチェックされるそうですから、最悪の場合「契約できなくなる」なんていうこともあり得ます。

 

多重債務になると、支払いに優先順位を付けて「これはまだ大丈夫」などと思いがちですが、「後で困るのは自分」ということを、忘れないようにしたいものです。

事情があって、支払いが滞ってしまうという人も、今は増えていますよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン