スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む?
Page: 1/32   >>

自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む」というのは、いわば、債務整理した方全体の常識のようにもなっていますね。

もちろん、自己破産直後ということではなく、いわゆる喪明け以降の話になります。

ただ、「審査の甘いクレジットカード」という概念があいまいなんですよ。

はっきり申し上げて「自己破産後でも大丈夫なクレジットカードはこれです」なんて言えるものはありません。

自己破産しても、免責後年月が経てば、またクレジットカードを取得することは可能ですが、それは5年から10年以上経って、個人信用情報から「金融事故情報」が抹消された後ということです。

抹消されれば「ブラック」ではなく「ホワイト」ということになりますから、クレジットカード取得の申し込みをすることは可能です。

ただ、「可能」というだけで、「クレジットカードの審査に通る」ということではありません。

その時点でクレジットカード取得の申請をしても、その時はすでに「自己破産者」としては扱われないので、「ブラックや自己破産者でも取得できるクレジットカード会社」を探す必要はありませんよね。

ブラックでも借りられる金融業者を探す

それでも、各クレジットカード会社によって、個人信用情報の参考の仕方が違ったり、他にも審査基準がいろいろと設けられているので、一概には「審査が甘い」ということは言えないようです。

確かに、一度自己破産を経験していれば、まず大手クレジットカード会社の審査には受からないでしょう。

私も多分、次に申し込むときには、審査が甘いと言われているショッピング系のクレジットカードなどに申し込みをすると思います。

でも、「ホワイトになる」ということは、クレジットカードやローンの履歴がゼロになるということ。

となると、今時30代、40代以上になって一度もクレジットカードを持ったことがない方、というのは非常に少ないですよね。

だから、「過去に金融事故を起こした」ということが、金融業者から見れば丸わかり、とも言えるのです。

スポンサードリンク

 


いずれにせよ、「ブラックでも申し込みOK」とか「自己破産していても融資可能」ということを全面に押し出している金融業者は、避けたほうが良いということ。

一昔前なら、「自己破産者の方が、借金を現在抱えている多重債務者よりは返済能力があるから」と言う理由で、積極的に融資している金融業者もあったようです。

今は、「少しでも返済能力に欠ける」と思われる要素があれば、「お金を貸したくない」と思われますから、正規の金融業者からは借りられないと思った方が良いでしょう。

それでも、現在の年収が高かったり、給与振込みの口座に指定していたり、などの条件が重なれば、自己破産後5年くらいでもクレジットカードを取得できている方もいらっしゃいます。

債務整理して間もない私たちにとって大切なのは、少しでも収入を増やすことと、もし幸運にもクレジットカードが持てたら、なるべくカード払いにして遅延無く支払いをすること。

クレジットカードの「良い履歴」を作ることに専念するのです。

結局「失った信用」をもう一度取り戻すわけですから、相当な努力は必要ということですね。

こういった方法などで、少しでもお金を作り、徐々に増やしていく。

そのお金で無理の無い投資をしながら、現金収入を貯金し、徐々に信用を得られるようにしていく、というのが理想でしょう。

思うようにはなかなか行かないものですが、一歩づつ確実に「少しでも前に進めば」と考えるしか無いですね。

 

追記:「多重債務者よりも債務整理した人の方がお金を借りやすい」というところは少なくなりましたが、中小の消費者金融は話は別です。

 

多重債務の場合、総量規制より「世帯収入の1/3までしか貸せない」と定められているので、そもそも消費者金融からは借りにくくなっています。

 

逆に問題なく審査に受かるような人は、大手から借りますから。

 

となると、喪明け後の顧客にも積極的にお金を貸そう、という動きは、以前よりも活発になっていると思われます。

 

ただ、注意してほしいのは、「中には闇金融もどきの悪徳業者が混ざっている」ということ。

 

他からはお金を借りられない層を真っ先に狙うのは、悪徳業者なのですから。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 個人信用情報にはどんなことが書かれているの?実はあんなことまで

個人信用情報にはどんなことが書かれているの?実はあんなことまで

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックというのは俗称ということはよくわかるのですが、では一体どういった人がそう呼ばれるのか?意外と正確に答えられる人は少ないでしょう。

ブラックというのは、一般的には「個人信用情報機関」の自分の個人情報にマイナスの情報が付いた場合にそう呼ばれることが多いです。

クレジットカードやローンなどの支払いを滞納したり、債務整理をした場合。

また、申し込みブラックという観点で言えば、「短期間にローンやクレジットカードの申し込みを何件も行ったりしていないか?」ということです。



では、この「個人信用情報には一体どんなことが書かれているのか?」知りたいですよね。

本当は、一度開示してみれば明らかなのですが、ブラックであることがわかっていると、どうしても見たくないというのが先に立ってしまいます。

自分で自分の信用情報を見ることは、何ら恥ずかしいことではないですし、「開示した」という情報が残ることもありません。

だから、「ブラックになったことがある」ということに関係なく、本当は一度は開示してみた方が良いのかもしれませんね。

万が一、間違った情報が記載されている可能性もありますし、自分自身も忘れていたような滞納情報があるかもしれません。

 


調べる女性-債務整理体験談


第一、クレジットカードやローンの申込時には、第三者である銀行や信販会社が参照するわけですから、その前に確認しておくのは悪いことではありません。

では、各金融機関は個人信用情報のどこを調べるのでしょうか?

非常に気になるところですよね。

それによって、クレジットカードの審査に通ったり落ちたりするわけですから。

結局、「何のために信用調査するのか?」ということを考えればわかるでしょう。

◯貸したお金を返す能力があるのか?

◯クレジットカードで購入した商品代金を、滞り無く支払えるのか?


これに尽きます。

となると、その人が過去に借りたお金や組んだローンについて。

また、今現在所有しているクレジットカードの数や限度額。

一番重要なのが、延滞情報や事故情報ということになります。

早い話が、延滞情報や事故情報があったらアウトと思っていた方が良いでしょう。

この延滞情報の中でも、意外と盲点なのが、携帯電話やスマートフォンの分割代金です。

スポンサーリンク



比較的高価な携帯やスマホでは、本体価格を分割払いにして、毎月の通話料と一緒に請求されたりします。

通話料を滞納しただけなら、携帯会社が共有しているブラックリストに載る可能性はあっても、個人信用情報機関に載ることはないのですが、本体価格の分割払いについては、しっかりと掲載されるのです。

 

れっきとしたローン契約ですから。

つまり、携帯やスマホの通話料を滞納しているだけでも、クレジットカードの審査に落ちる可能性はある、ということなんですね。

iPhoneなどのスマホを無理して購入すると、その後の支払いが続かないなんていうことがありますので、注意が必要です。

まあ、個人信用情報機関に載る、載らないに関係なく、滞納自体してはいけないことなので、滞りなく支払うのは、社会人として当然だということ。

 

それに、携帯滞納については、スマホなどの新規契約や更新手続きの時に、厳重にチェックされるそうですから、最悪の場合「契約できなくなる」なんていうこともあり得ます。

 

多重債務になると、支払いに優先順位を付けて「これはまだ大丈夫」などと思いがちですが、「後で困るのは自分」ということを、忘れないようにしたいものです。

経済的な事情で、支払いが滞ってしまうという人も、今は増えていますよね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産しても住宅ローンに通った人が居る?

自己破産しても住宅ローンに通った人が居る?

JUGEMテーマ:借金返済


自己破産したら、最低でも5年はローンは組めないというのは常識というか当たり前。

車のローンはおろか、家電だってローンを組んで購入することはできないのです。

クレジットカードについても同じ。

普通は5年から10年経てばクレジットカードが取得できることになっていますが、実際には10年以上経たないと無理だとされています。

だけど、時々見かけるんですよね。

自己破産して5年も経ってないけど、クレジットカードの審査に受かった」という方が。

中小の消費者金融からキャッシングできた、というのなら、まだわからなくはないのですが・・・

結構名の知れた会社のクレジットカードが持てたなんて。

もちろん、自己破産して5年も経っていないとすれば、「個人信用情報機関」に事故情報はまだ記載されているはず。

それでも審査に受かったというのは、何か偶然が重なったのか?あるいは、属性がよっぽど良かったのか?ということでしょう。

スポンサードリンク

 


以前も書いたように、「自己破産したらローンも組めないしクレジットカードも持てなくなる」というのは、審査でハネられるからで、法律で決まっているわけではないのです。

だから、ブラックの人にお金を貸したからって、罰せられるわけではない。

とは言え、「金融事故を起こしました」という人に、わざわざお金を貸す人は居ないのは誰が考えてもわかること。

ただ、実際にクレジットカードの審査に受かっている人が居る、ということは、信用情報以外の条件も重視されるようになったのかもしれません。

 

外資系の信販会社は「過去の履歴よりも、現在の収入など社会的なステータスを評価する」と言われていますが、日本でもそんな動きが出てきたのかな?と。

 

反面、「債務整理時に迷惑をかけた銀行系列のところでは、二度とローンは組めない」という法則は生きているようですが・・・

先ほどの自己破産後5年くらいでクレジットカードが持てるようになった方は、いわゆる一流企業といわれる会社にお勤めで勤続年数も5年以上、年収も600万円以上ということ。

クレジットカードを取得してからは、クレヒスを積むために、せっせとクレジットカードを利用し、もちろん延滞は一度も無く、個人信用情報がきれいになってからは枚数も増やし、まんべんなく利用してきたそうです。

取引している銀行には、常にある程度の預金を残し、公共料金の引き落としや給与振込、定期預金、財形貯蓄など常にお金が動くようにしてきたとのこと。

そんな努力の結果、自己破産後10年に満たない年に、住宅ローンの審査にも見事に合格したというわけなんです。

まあ、もともと属性が良かった上に努力されたので、当然と言えば当然の結果なのかもしれません。

それでも、有無を言わず却下されるような時期でも、クレジットカードの審査に受かっている方が居る、というのは、少しは明るい話題になるのではないでしょうか?

自営業の私にとっては、ちょっと羨ましい気もしますが、結局は収入を増やし、自分の信用度を上げる努力をするしかないんですよね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン