スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> カーリースは自社ローンでもできる?
Page: 1/33   >>

カーリースは自社ローンでもできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自社ローンで中古車のカーリースができます」という情報を見つけました。

 

というか、以前からあったのでしょうが、私の検索網には引っかからなかっただけかな?

 

とにかく、多重債務になって借金を抱えていたり、自己破産して車を取り上げられてしまったりした方にとって、「車をどうしよう?」というのは悩みの種なのです。

 

しかも、うちのように、仕事に使っている場合は。

 

あっ、その上、田舎で車が無いと病院や買い物にも行けないような地域に住んでいますから、なおさらです。

 

車本体もそうですが、車検費用や税金、自動車保険などなど、お金がかかるのも頭の痛いところ。

 

自社ローンで中古車のカーリース

 

ブラックでもカーリースはできる?

そんな悩みを解決するのが、カーリースなのかな?と思い、一時期必死で調べたことがあるんですよね。

 

だけど、リース契約というのが、そもそも信販会社と契約を結ぶもので、ローンが組めないようなブラックと呼ばれる身では無理だったのです。

 

当然、個人信用情報は参照されますから、その時点でアウト。

 

私が調べた時は、まだ、カーリースというのは、法人向けが主流だったということもあり、個人でしかもブラックでは難しいという結論に至ったのでした。

 

まあ、「新車が半額で乗れる」というシステムが人気で、こちらは完全に個人向けだったのですが、何しろ新車ですから、高くて手が出ません。

 

もちろん通常のローン審査もありますから、お話にならないんですけど。(お話にならないのは、ローン契約さえできない私の方なのですが)

 

自社ローンも使える?

 

中古車のカーリースがあったら。」「しかも自社ローンできたら」と思っていたのですが、今は、そういったサービスもあるみたいですね。

 

ただ、実際に使ってみたわけではないので、おすすめできるサービスかどうかはわかりませんが、探している方にとっては嬉しい情報かも。

 

何しろ、税金や車検費用が込みとなったプランですから、あの悪夢のような「今月車検だけど10万円くらいかかる費用はどうしよう?」という悩みが無くなるわけです。

 

自動車税も上がりましたから、同じ時期に重なると出費が大変なことになります。

 

しかも、ブラックだと、車検費用をローンにするということもできないですから。

 

スポンサーリンク

 

ということで、中古車リースで自社ローン可(実際には破産しているような方でも柔軟な対応ができますよということ)の会社のホームページをのぞいてみました。

 

まず、1年目と2年目がカーリースという形になり、3年目から自分の所有になるということ。

 

うーん、中古車だと、走行距離にもよりますが、3年も乗ると結構ガタが来ますからね。

 

3年目に自分のものになってもなー、という考え方もあるでしょう。

 

次に、月々の支払いですが、車検と税金込みで2万円〜3万円の費用になる車が多かったです。

 

車種は選べるそうですが、あまり数は多く無さそう。

 

それとも、お店に行けばあるのかもしれませんが・・・

 

結局どっちがお得なの?

 

月々2万で年間24万円ですから、車体価格込みだとお得なのかな?

 

でも、車検は2年に一回だし。

 

あっ、税金は毎年だけど、故障したらやっぱり修理費用は自分持ちなんですよね?

 

なんて思ったら、微妙な気もしてきました。

 

ただ、試みとしては悪くないかな?というのと、そのお店に気に入った車種があって、「今すぐにでも乗りたい」ということであれば、とりあえず問い合わせてみても良いのでは?

 

ただし、自社ローンの制度自体、まだ確立されていない部分もあり、中古車店によってもマチマチで、中には悪徳業者も混ざっています。

 

なんて考えると、下手に手を出さない方がいいかな?と思ってしまいますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 任意整理後すぐにはクレジットカードが作れない理由は?

任意整理後すぐにはクレジットカードが作れない理由は?

JUGEMテーマ:借金返済
 

「任意整理後に、債務を完済したのにクレジットカードが作れない」というのはどうしてなのでしょうか?

 

債務整理の中でも、自己破産の場合は「借金を棒引きにしてくれる」ということがあるので、その後のローンについては組めなくなっても仕方がないという考えはあります。

例えすべての資産を取られても、文句は言えないですから。

だけど、任意整理や個人再生など、たとえ少なくなったとは言え借金を返済していく債務整理については、「支払いが終われば、ブラックでなくなるのでは?」と思ってしまう傾向にあります。

私もそうでしたからお気持ちはわからないもないですが、やはり債務整理した事実は同じです。

クレジットカードやローンに関する契約に違反したことには変わりないということ。

きっちり支払い期日にお金を返し、口座振替の場合は不足がないように入金しておく、ということを怠ったということには変わりはないです。

まあ、怠ったというよりは、「支払いが不可能になった」というべきなのでしょうが。

だから、任意整理や個人再生で借金の支払いが終わっても、「ブラック」である事実は消えないのです。

個人信用情報機関に事故履歴が記載されている、5年から10年の間はクレジットカードは原則作れないということになります。

任意整理の場合だけを考えれば、やはり自己破産よりはペナルティーは軽いと思いますけどね。

実際に、銀行での「ブラック顧客」としての扱いも、自己破産よりは緩くなると考えても良いでしょう。



自己破産で、さらにその銀行で住宅ローンでも組んでいようものなら、口座すら凍結されることも。

また、もう一生その銀行とはお付き合いさせてもらえない、と考えた方が良いと言われています。

そのくらい厳しいんですよね。

当たり前ですが。

スポンサードリンク



だからと言って、任意整理だから「借金完済したから、すぐにクレジットカードが取得できる」というほど甘くはないです。

債務整理した、という事実は、やはり社会的信用を無くすことでもあるのです。

だけど、「どうせ債務整理したんだから」とか思ってしまっては、自分の人生を自ら潰すことになってしまいます。

自己破産しても、数年後には成功されている方もたくさんいらっしゃるわけですから、「どん底から這い上がる」チャンスは、誰にでも用意されているのです。

私もこれからですが、少しづつ収入を増やす努力はしています。

結局、「個人信用情報」の事故歴が抹消されたとしても、その後の収入や勤続先などの情報によって立ち直る速さも違ってくると思うんですよね。

正社員の口がなかったとしても、アルバイトとして働きながら、少しでも収入を増やしていくしかないんだと思います。

一歩づつ確実に歩くことによって、お金に対する信用も回復するということです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後に住宅ローンを組む裏技ってある?

債務整理後に住宅ローンを組む裏技ってある?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をしても将来住宅ローンは組めるのだろうか?

若い方ほど不安になりますよね。

一生賃貸と決めてしまうのも楽だけど、やはり家族のことを考えると、一度はマイホームが欲しいというのは、債務整理をした後でも同じだと思います。

債務整理後の住宅ローンについては、本当のところどうなっているのでしょうか?

債務整理後数年経って個人信用情報の事故履歴が消えたら、クレジットカードの取得も可能になります。

ただまあ、「可能」というだけで、債務整理後のクレジットカード取得については、いろいろな壁が立ちはだかっていると言えるでしょう。

ましてや住宅ローンなんて組めるの?と不安になりますよね。

頑張ってお金を貯めたとしても、車くらいはもしかしたら買えるかもしれませんが、家をローンなしで購入するのは、よっぽどのことがない限り難しいです。



では、債務整理したら一生賃貸?

いえいえ、実際に債務整理後に住宅ローンが組めている例はありますよ。

ある程度以上の年齢になっていて、債務整理時に自分の家を任意整理などで失った方にとっては、「もう住宅ローンは一生組めない」と諦める気持が強くなっているでしょう。

実際、住宅ローンは最低でも20年くらいは組みますから、債務整理後5年から10年は一切のローンが組めない身となれば、その後20年のローンなんて無理と思ってしまいますよね。

ただ、住宅ローンは、何も新築の家を持つ場合だけに適応されるものではないですから、任意整理などで家を失わないで済んだ方がその後リフォームをする、という場合に使うこともあります。

そんな時でもやはり5年から10年は待たないといけないのですが、「そんなに待てない」という場合は、やはりご家族の名義でローンを組んでもらう、ということになるでしょうね。

スポンサーリンク



聞いた話によると、債務整理で住宅ローンを支払い中の自宅を手放した場合、住宅ローンも破綻したわけですから、今後その系列の金融機関との取引はできないようです。

金融機関にも拠るんでしょうが、住宅ローンに限らず、その銀行の系列金融機関との取引はほとんどできない、と思った方が良いでしょう。

今は顧客情報はすべてデータベース化されていますから、保存するのも楽ですし。

いずれにしても、債務整理後数年経って、もしクレジットカードの審査に通ったとしたら、ある程度「クレジットカードの履歴(クレヒス)」を作るためにも、せっせと利用して滞りなく支払いをする、という期間を作ることに専念することをおすすめします。

給料振込や公共料金の口座振替、定期預金など、利用できるものは利用して、滞りなく支払いをする。

こんな簡単なことでも、するのとしないのとでは雲泥の差があるのです。

その上で、住宅ローンの申し込みをすれば、審査にも通りやすいということなんです。

何事もやはり「手順を踏んでから」ということになりますので、あせらず地道に、無くしてしまった信用を取り戻すしかないということですね。

 

追記:来年の10月に消費税が10%に上がるのに伴って、住宅ローン減税を3年延長する、という法案が決まりそうです。

 

住宅のように、価格の高い買い物をしようと思っている人は、当然、消費税が上がる前に購入すべきではないか?と思うのでしょうが、焦りは禁物です。

 

ローン破綻してしまうと、大切な家を失うだけでなく、家族に不自由な思いをさせたり、生活を立て直すことすら困難になるのですから。

 

こんな時代だからこそ、慎重に考えたいですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン