スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?
Page: 1/31   >>

自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後、すぐにはローンも組めないしクレジットカードも作れないことは、もうおわかりですよね。

自己破産後のクレジットカード取得というのは、免責後のことです。

しかも、5年から10年経って「個人信用情報」から「事故歴」が消えた後の話。

債務整理中や自己破産の免責前でも、お金が必要になることはよくわかっています。

それについては、常にアンテナを張って、皆さんに情報を提供しようとは思ってるのですが、なかなか「これだ」というのがないのが悲しいところ。

とにかく、少しでも可能性のありそうな情報に関しては、これからも載せていこうとは思っていますが、現状ではほぼ不可能ではないかと思います。

だけど、「ブラックでもお金を借りられるところ」とか「今日すぐにでもお金が必要」なんていうことで、ネット検索されている方の切羽詰まったお気持ちはよくわかります。

私も、数年前までは、ちょうどそんな感じでした。

生活するのに必要最低限のお金もないのに、自分を含めた家族の病気のこともあり、「こんな時に人間は最後の手段にでるのだろうか」とまで思いつめたことがあります。

債務整理、ましてや自己破産までしたら「お金を借りる」ということ自体、二度と考えてはいけないことなのでしょうが、本当に「少しでもお金を貸してくれたら」と思うことは多々あるのです。

まあ、この話題はこれくらいにして。

自己破産して事故歴が消えた後(いわゆる喪明け)、「晴れてクレジットカードの取得ができる」とワクワクした気分になるはずです。

だけど、実際にクレジットカードを取得しようとすると、なかなか難しいようですね。

以前も書きましたが、属性(収入や勤務先、勤続年数など)が良い方の場合は、事故歴が消えてすぐに、ある程度すんなりとクレジットカードが作れたという事例が多いようです。

喪明け後に晴れてクレジットカードを取得

だけど、一般的なサラリーマンの方やこの不況であえいでいる自営業者の場合、せいぜい300万円前後の年収の方が多いですよね。

そうなると、自己破産だと、だいたい免責後10年経ったくらいの頃、審査が甘いと言われているクレジットカード会社に申し込みをし、利用限度額10万、キャッシング枠ゼロでの申し込みで、やっと審査に通るというケースが多いということ。

それでも、まだ審査に通るだけでも喜ばしいことで、中には10年以上経っているのに、まだ一度もクレジットカードの審査に通っていないという方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク


ここでも個人差と言いますか、現在の収入面での格差が出てしまうということですね。

 

特に、外資系のクレジットカード会社では、過去の事故歴よりも、今の収入などの属性や信用履歴を重要視すると言われています。

 

確かに、合理性を優先するアメリカなどでは、「今現在の社会的信用」を重んじする、ということはよくわかります。

 

日本はどうしても、「過去に何かあれば、烙印を押す」というか、「過去のデータから判断する」ようなところがありますから。

 

どちらが正解ということは無いのでしょうが、少なくとも、ブラックになって身としては、外資系クレジットカード会社のような柔軟な対応は望ましい、ということ。

ひとつ言えることは、ブラック明け後、試しに申し込んでみたら審査に落ちた場合、あせって次々と「ダメモトで」なんて申し込みを繰り返さないことです。

ひとつのクレジットカード会社に申し込んで審査に落ちたら、できれば半年は空けてから次の申し込みをした方が良いでしょう。

ブラックが明けたのに、また申し込みブラックの烙印を押されてしまうと、元も子もないですから。

その分、少なくとも半年は、実際に取得できる期間が延びてしまうんですよ。

債務整理後、特に自己破産後のクレジットカード取得は、くれぐれも慎重に、ということですね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> ノーローンでなら債務整理後でも融資してくれますか?

ノーローンでなら債務整理後でも融資してくれますか?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ノーローンというのは、「なんどでも1週間無利息」で有名な金融業者です。

多重債務に陥った方が利息の分だけでも節約しようと、この無利息期間をうまく使っていた時代もあります。

まあ、総量規制以前の話ですが・・・

例えば、ノーローンで10万円借りたとします。

1週間は利息が付かないので、その1週間のうちに他の消費者金融から借り入れをして全額返済するのです。

そうすると、また借りられるようになるので、今度はノーローンで借りた10万円をその消費者金融への返済に回す。

当然消費者金融の方は通常の金利がかかりますが、たった1週間しか借り入れをしないために、たいした利息にはならないのです。

ものすごい綱渡りなのですが、昔は一定の収入さえあれば、消費者金融での借り入れは楽勝だったため、1週間のみの借り入れのために数社から借り入れるなんていう人も居ました。

消費者金融でも「最初の1週間は無利息」というキャンペーンをしていることもあったので、うまくすればほとんど利息を取られること無く1ヶ月くらい過ごすことができたんですよね。

さすがに、今はやっている人は居ないでしょう。

 

というか、現実的に不可能になりました。

 

なぜなら・・・
 

 

ノーローンの規則が変わり、1週間の無利息期間について、全額返済しても同じ月では行えないシステムにしたためと、総量規制以降消費者金融での借り入れが厳しくなったからです。

借り入れの例を10万円にしましたが、たいていの人は50万円くらいで回していたと思います。

本来なら利息だけでも数千円取られるものが、数百円で収まることもあるので、手間がかかっても借り換えを繰り返したのでしょう。

今考えると、綱渡りというよりは、もう「危険な賭け」な感じがしますが、多重債務者の自衛策としては止むを得ないといったところでしょうか?

そんな感じで、多重債務者にとってもありがたい金融業者なので、どうしても審査も緩いと思われがちです。

でも、調べたところ、そうでもないですね。

大手の金融業者ですから、審査も他の消費者金融となんら変わるところはないと思います。

ただ、他社借入れ件数が多くても借りられたというケースは多いようです。

 

 

スポンサードリンク

 


やはり属性次第だと思いますが、年収400万円以上、勤務年数5年以上という方が、他社借り入れ件数5社で借入金額150万なのに審査に受かったという書き込みがありました。

だからと言って、同じ条件の人がすべて受かるというものでもありませんが、ひとつの目安にはなりますね。

で、肝心の債務整理後、ここではブラックでもということではなく喪明け後ということで調べてみました。

任意整理完済後3年で借り入れできたという例はあるようですが、特にそういう人に積極的に融資しているということではないようです。

結局は属性次第、信頼できる人物かどうかが決め手になるのでしょう。

ブラック明けの審査に関しては、属性関係なく門前払いというところも多いようなので、そういった点では良いのかもしれません。

最終的には「どこでならクレジットカードが作れるか?」とか「融資してくれる?」と考えるよりも、少しでも自分の金融における信用度を築き上げていく方が大事ということだということですね。

 

例えば、運良く携帯電話のローン審査に通ったり、クレジットカードの審査に受かった場合、ありがたく使わせていただくのはもちろんのこと、引き落とし時に口座が残高不足にならないように、余裕を持って入金しておく事を怠ってはいけません。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後はハウスカードが作りやすい?

債務整理後はハウスカードが作りやすい?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務の頃は、「債務整理をしたら2度とクレジットカードは持てなくなる」と思っていましたし、「持てなくなって当たり前」とも。

それほど、「債務整理後の生活」について悲観していました。

ただ、実際に債務整理をした後は、「生活は依然として苦しい」のは確かですが、思ったほど「悲惨な状況」ではありません。

割合「おだやか」に時が過ぎる感じがあります。

債務整理後は穏やかに時が過ぎる?

それは、やはり「借金返済」という心のつかえが無くなったからでしょう。

だけど、「生活が苦しい」のは多重債務時代とさほど変わりません。

なぜなら、債務整理するにも費用がかかりますし、債務整理する直前までの生活の破綻が尾を引くからです。

多重債務時代は、借金返済にほとんどの収入が流れてしまっていましたから、生活費は足りない、住宅ローンは払えない、税金や公共料金の滞納も日常茶飯事でした。

だから、債務整理した後に、そういった「ツケ」がやってくるのです。

税金は借金ではないので、債務整理をしたからといって逃れられません。

だからと言って、もうどこからも借りられないのが現状です。

債務整理の後に借り入れをするとなると、やはり「生活福祉資金」くらいしか思いつきません。

以前は「ブラックでも即日融資可能」とか「審査の甘いカード」などの情報が飛び交っていましたが、今は危なくて、利用できないですよね。

一部、ちゃんとした消費者金融も存在するようですが、「闇金」との区別が付きにくいと思います。

正式に、債務整理の後にカードを作ったりお金を借りたりできるのは、最低でも5年はかかるでしょう。

実際には「そんなに待てない」んですけどね。

なんて言っている場合ではありません。

5年以上待ったとしても、喪明け後はクレジットカードが作りにくいのですから。

スポンサードリンク

 


そんな喪明け後に作りやすいカードとして、アコムACマスターカードやマジカルクラブカード、楽天カード、アメリカンエキスプレスカードなどの名前を見かけるのですが、その他にもあるのです。

コスモ・ザ・カード・ハウスエポスカードです。

両方共、自社サービスのみに使える「ハウスカード」があるということ。

 

そもそも、「ハウスカード」というのは、家族会員カードのことではなく、カードを発行している起業や提携グループのみでしか使えないクレジットカードのことです。

VISAやJCBが付いていないので、コスモでガソリンを入れるときとか、丸井系列で買い物する時しか使えないのが特徴ですが、使用範囲が狭い分、審査は比較的柔軟だと言われています。

この辺は、携帯電話の契約とも似ているかもしれません。

いずれにしても、審査はしっかりあるし、誰でも受かるというものではないけれど、少しでも受かりやすい要素があるのなら、トライしてみたいですね。

そして、審査に受かった暁には、大切に使い、コツコツと信用履歴(クレヒス)を積み上げて行けば、徐々に他のクレジットカード審査にも受かるようになる、と言うわけ。

何事も、順序を踏むことが大切なんだと思いますよ。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン