スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> イオンデビットカード審査落ちの原因は?JCBとIVSAの違いは?
Page: 1/39   >>

イオンデビットカード審査落ちの原因は?JCBとIVSAの違いは?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

以前も書いた「イオンデビットカード」ですが、Q&Aサイトに「ブラックですが、イオンデビットカードの審査に落ちました」という書き込みがありました。

まあ、イオンの申し込みサイトにも「イオンデビットカードは入会にあたり個人信用情報機関を利用した審査を実施いたします。」という但し書きがありますから、審査に関しては、クレジットカードに準ずるということなのだと思います。

質問者の方にしてみたら、「デビットカードなら、実質無審査で持てます」という情報があるのになぜ?というところなのでしょう。

イオンデビットカードが無審査じゃないのには理由があって、「残高不足でも10万円まではバックアップできます」というサービスが付帯しているからなのです。

「うん?なら、デビットカードではなく、クレジットカードなのでは?」と不思議に思う方もいらっしゃるでしょうが、あくまでもデビットカードの新しい形ということ。

確かに、ブラックになると、カードの類は、デビットカードかポイントカードのようなものしか持てません。

クレジットカード

私が便利に使っている「WAONカード」も、いちいちお店の端末機で現金チャージしないと使えないです。

「イオンのクレジットカードを持っていれば便利なのになあ」と何度思ったことか。

そのままポイントカードとしても使えますからね。

他の銀行発行のデビットカードではチャージはできないのです。

だから、「イオンデビットカード」ができた、ということを聞いて、すぐにでも取得したいと思ったんですよ。

しかも、銀行口座に入れてあるお金が足りない場合は、10万円までショッピング枠として使える、というのですから、願ったり叶ったりで。

「明日お給料日だけど、今日は5%オフの日だから、少し足が出るけど買い物できる」なんていうことも可能なのね!なんて。

しかしぬか喜びでした。

◯デビットカード申請時にはCICとJICCなどの信用情報機関の情報を参照する

◯バックアップサービスを利用した場合、毎月10日の締め日に全額引き落とされる


ということを読んで、「はー。ブラックではダメだ」とため息をつきました。

スポンサードリンク

 


それでも、「もしかしたら、普通のクレジットカードよりはハードルが低いんじゃないの?」と思うのですが、冒頭に書いたように「審査に落ちました」という方が実際にいらっしゃると、気持ちが萎えますよね。

もちろん、債務整理後数年経って事故歴が消えた状態の方なら、審査に受かる可能性はあるかと思いますが、その辺は、まだ不透明なんですよ。

喪明け後に受かりやすいクレジットカードとして、イオンや楽天などのショッピング系カードを挙げている方も居るので、大丈夫かもしれませんが。

今のところは、与信では問題ないけれど、なんらかの理由でクレジットカードを持たない人や、二枚目以降のカードなのでデビットカードを選ぶ人が対象なのかな?

そのうち、デビットカードでも、何年も使って実績を作れば、このようなバックアップサービスを後から付帯してくれる、ということになれば嬉しいですよね。

 

とは言え、お金に対する信頼を壊した身としては、あまり強くは言えないのですが・・・

 

海外では、デビットカードの利用実績があれば、正規のクレジットカードが取得できるところもあるそうなので、少しは期待できるかな?と思っています。

 

結局は、私達次第ということになりますけど。

 

追記:イオンデビットカードにも、JCBとVISAの二種類があり、本文で書いた「バックアップサービス」が付いているのは、VISAの方になります。

 

JCBの方はバックアップサービスは付いていないので、VISAの18才からに対して15才から申し込めるのが特徴です。

 

本人確認の書類やイオン口座の開設は必要になりますが、原則として無審査なので、誰でも申し込めるということになりますね。

 

ただまあ、それなら、今持っているデビットカードでいいのかな?という気もします。

 

だけど、去年の消費税増税前に、「加盟店でイオンデビットカードを使って買い物した場合、20%割引になる」というキャンペーンを実施していました。

 

使えるのは、一週間程度でしたが、一回5万円までで、合計50万円の買い物に使える、ということで、かなり得をした方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

残念ながら、私は間に合わなかったのですが.....

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できる?

ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

よく、「ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できる?」という質問を見かけるのですが、信販会社を通して契約するローンには変わりはないので、審査に通るのは無理です。

 

テレビで大々的に宣伝しているので、どうしても「ローン審査も甘いのでは?」と思ってしまうんでしょうね。

 

しかし、あの社長自らCMに出演するという戦略もそうですが(今は社長ではないそうです)、特に今必要で無い家電製品ですら「買いたい」と思わせるセールストークは、さすがと言わざるを得ません。

 

ついフラフラっと買ってしまうのもわかります。

 

ブラックである私達にとっては、「家電が壊れた時に、何とか安く、できればローンで手に入れたい」ということしか無いのですが。

 

ヤフオクなどでは、「自社ローン取り扱っています」という業者もあるようですが、中には悪徳業者も含まれるようなので注意が必要です。

 

ローン契約をするわけですから、条件や契約内容など、充分に確かめて納得できてから購入されることを、おすすめします。

 

ブラックでもネットで買い物したいけど、どうしたらいいの?」というご質問をいただきました。

ただ、ネットでの買い物は、銀行振込にも対応しているところが多いので、ブラックでも問題無く利用できると思います。



それでもわざわざ質問されるということは、多分クレジットカード払いのお店が多いからなのかもしれませんね。

ネット通販は、少し前なら後払いで商品が届いてから安心して支払える、という方式を取っているお店もありました。

お客さんの側にたって考えれば、「本当に届くのだろうか?」と不安ですから。

商品を確認してからお金を支払う、というのが一番安心できますよね。

ただ、それだとお店側にはかなりのリスクが伴います。

現に、こういったシステムを悪用して、いろいろな商品を注文しまくって、そのまま引っ越してしまうなんていう人も居ましたから。

今では後払いのお店は少なくなっているはずです。

オークションなどでもよく利用されているのが、双方にリスクがない「代引き」という方法は、一見良いと思うのですが、どうしても手数料が発生してしまいます。

商品以外のお金はなるべくなら支払いたくないですから、これも選びたくない。

ということで、クレジットカード払いが主流になっているんですよね。

買う方にとっても、クレジットカード番号を入力するだけなので、手間はあまりかからず、お店にとっても取りはぐれがないですから。

中には、クレジットカード払いのみというところも少なからずあります。

となると、クレジットカードが持てないブラックには辛いものがありますよね。

 

スポンサーリンク

 


多分、ブラックになってなお、ブランド品や高価な洋服を買おうとは思わないでしょうが、今や家電でさえ、ネット通販で購入する方が安い場合が多いのです。

 

ネットだと実物を見られないというデメリットもありますが、最安値の店舗がすぐに見つかるなどメリットも大きいです。

 

中には、「ヤマダ電機など実際のお店で実物を確認してからネットで購入する」なんていう方もいらっしゃいます。

少しでもお金を浮かそうと思う方なら、ネット通販されているかも。
 

ということで、そんな場合は、VISAデビットカードを利用しましょう。

 

今はJCBやマスターカードも対応しているデビットカードもあるので、より使いやすくなっています。

一部のお店では、クレジットカードとしてデビットカードの利用を認めていないところもあるようですが、まだ大部分のお店では使えているようですので、まずはデビットカードを取得することです。

もちろん、通常のクレジットカードではないので、分割払いにはできません

分割払い可能なお店でも一括払いにしかできない、ということになります。

どうしても分割で支払いたいという時には、「自社ローン」を取り扱っているお店を探すしか無いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> バンドルカードのポチッとチャージに審査があるって本当?

バンドルカードのポチッとチャージに審査があるって本当?

JUGEMテーマ:借金返済

 

バンドルカードは、「誰でも作れるVISAカード」とか「無審査で後払いOKのカードがある」と言うことで、ブラックの方たちにもかなり有名になってきました。

 

ただ、バンドルカード自体は、普通のブリペイドカードなんですよ。

 

そう、VISAが使えるので、VISA付きデビットカードと同じです。

 

事前にカードにチャージしておかないと使えないので、今までとなんら変わりません。

 

では、なぜバンドルカードが人気なのか?

 

ポチッとチャージ」というシステムがあるからです。

 

バンドルカードのポチッとチャージ

 

「目の前の商品が欲しいけど、今はお金が無いから諦めよう」という時に、3,000円から2万円までの金額分「前借り」ができる、ということ。

 

もう、これは、ブラックでお金が借りられない人にしたら、「待ってました!」と飛びつきたくなるでしょう。

 

しかも、バンドルカードは、スマホのアプリですから、ダウンロードして登録すれば、即利用可能なのです。

 

ネットショッピングで利用するのなら、本当に今すぐにでも、お金が無くても買い物ができるなんて、夢のようですよね。

 

ただし、使った分の請求は、翌月末までに支払わなければいけませんし、ポチッとチャージすると、10,000円までは500円、20,000円まで使うと800円の手数料が上乗せされます。

 

まあ、これも考えようで、上乗せされると思うか?「たった数百円の手数料を払えば、自分のお金を使わずに20,000円も買い物ができる」と考えるか?でしょう。

 

ちなみに、キャッシングの利息と比べたら、やはりポチッとチャージの手数料の方が割高なんですよ。

 

そこは、「手間がかからない」「手軽に申し込める」「すぐに使える」で相殺されるような気がしますけど。

 

使わなければ基本料金は無料ですし(残高アリで120日利用しなければ月100円かかる)、カードを発行(300円)してもらえば、VISAを取り扱っているお店ならどこでも使える、というのは、嬉しいですね。

 

とは言え、最近は、「ポチッとチャージの審査に受からない」という人もチラホラ見かけます。

 

「審査に落ちた」と言っても、通知が来るわけではなく、単に使えなくなる、ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

通常は

 

○前月に使ったチャージ分の支払いがまだ終わっていない

まだ支払期限が来てなくても、新たにチャージするためには前月分の支払いは済ませる必要があります。

 

○支払期限を過ぎても、まだ精算してないチャージ分がある

これは、もうルール違反なので仕方が無いですね

 

という理由で、チャージがストップされるのですが、これ以外にも「審査落ち?」と思われる「使えない状況」がある、ということ。

 

公式に発表されているのが

 

○ひとりで複数のアカウントを持っている

 

○海外経由の電話番号を使用している

 

○未成年で保護者の同意が無い

 

ですが、その他「現金化を目的としている」ようなことがあれば、審査に落ちるようです。

 

後払いシステムを悪用するようなことが無いか、ポチッとチャージの申し込みごとに審査が行われているのは確かです。

 

それと、「後払い」「誰でも持てるクレジットカード」ということが話題になり、滞納したり悪用するケースも増えてきたようなので、新規申し込みの時点で、審査に通らなかった人も居るとか。

 

今のところ、「債務整理の過去がある」ことが断られるケースは無いようですが、審査が厳しくなれば、「過去に債務整理した方お断り」のようになってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、規約を守って有効に使いたいものです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる