スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> 債務整理後にクレカを作る裏技は?
Page: 1/39   >>

債務整理後にクレカを作る裏技は?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりできる?」ということについては、ネット上ではさまざまな情報が流れています。

絶対にできない

◯いや、条件さえ合えばできる

◯自己破産だとダメだけど、任意整理ならOK

◯いやいや、どんなブラックでもお金を貸してくれるところはある

などなど。。。

いったいどれを信じれば?」と思いますよね。

 



通常、債務整理、特に自己破産をした場合は、やはり最短でも7年、最長では免責後10年間はクレジットカードを作ったりローンを組むことはできません。

「じゃあ、現金のみでの生活をすればいい」と単純に考えていると、イザそういった生活を強いられた場合、困難を極めることになりそうです。

「現金のみの生活をする」というのは、現代生活においては、かえって生活に余裕がある方じゃないと難しいのです。

だいたいが、「生活が苦しいから借金を繰り返していた」という人が、いきなり現金のみでの生活をするというのは、思っている以上に苦しいこと。

とは言え、「借金を帳消しにする」なんていう温情をかけられたわけですから、「その他のことは我慢して当たり前」ということなんですね。

まあ、そういったことも含めての「借金体質リハビリ」と言うことにもなるのでしょうが・・・



それでも、日々生活していれば、どうしても「予定外の出費」はあるもの。

独り身ならまだ何とかなっても、家族が居れば、お金がないと生死にかかわることもあるのです

例えば、猛暑の時期にエアコンが故障したり、真冬に暖房器具が使えなくなる、など。

また、病気になって働けなくなったり、家族が病気になっても治療費が払えないなど。

たいてい、そういった「緊急でお金が必要なこと」というのは、お金が最もない時に重なるものです。

「こんな時に、たとえ小額でもキャッシングができたら」とか「クレジットカードで分割払いができれば」というのは、やはりいつも思ってしまうんですよね。

結局のところ、債務整理直後にすぐに持てるのは「VISA(JCB)デビットカード」だけですから、これで何とかしのぐとして、正式なクレジットカード取得に関しては、数年じっと我慢するということになってしまいます。

で、ここからが問題なのですが、数年待ったからと言って、すぐにどこの会社のクレジットカードでも申し込めるということはないということ。

スポンサードリンク



やはり「ブラック」でなくなっても金融業者にとっては「グレー」な存在なんでしょうね。

と言いますか、ブラックでなくなると、一気にホワイトになってしまいますから、信用されない要素が高くなるということなんです。

だから、皆さんなるべく審査の緩い、そして債務整理前に利用していなかった金融業者を選んでクレジットカードの申し込みをする、ということをされています。

それと、大手銀行の銀行口座が生きているようなら、積極的に給与振込みや公共料金の引き落とし、定期積み立てなどを利用し、こまめに一定の金額を預ける努力は欠かせません。

こうして、信用を築いていくことで、系列のクレジットカード会社にも信用されるということなんですね。

やはり、失った信用は、自分でまた一から築き上げていくしかない ということです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> ACマスターカードの審査に受かるコツ。ブラックでは受からない?

ACマスターカードの審査に受かるコツ。ブラックでは受からない?

JUGEMテーマ:クレジットカード


ブラックでもクレジットカードが持ちたい」というのは、一般の方々から見れば「身勝手な」願いでしょう。

でも、ブラックの方々にとっては、切実な思いなのです。

そもそも「ブラックリスト」というものは存在しないと言われていますが、大手金融機関には、長期滞納者や金融事故者についてのリストは保有していて、これはほぼ永久に消えないのでは?と言われています。

まあ、銀行内部の人が漏らすわけはなく、憶測に過ぎないのですが・・・

それでも、ローンを組んでいた銀行で、債務整理後にまたローンが組めたという事例がほとんどないことから、信憑性は高いですね。

だって、一般のお店ですら「ブラックリスト」は存在するのですから、金融業者に存在しないわけがないでしょう。

金融業者

ちょっと違うかもしれませんが・・・

一般的に言われる「ブラックリスト」というのは、「個人信用情報機関」の自分のクレジットカードやローン履歴の欄に「金融事故」として記されるということ。

だから、「この人は危ないよ」という個人名がずらずらっと書かれたリスト、というのは存在しないというのが定説なのです。

ただし、この事故歴は5年から10年経てば消えるので、この「個人信用情報機関」の「ブラックリスト」については、ある程度の年数が経てば「消える」と思って良いでしょう。

消えたかどうか、というのは「個人情報開示」を申し込めば、誰でも自分の情報を見ることはできます。

実際問題として、ここで「ブラックリスト」から消えたとしても、「クレジットカード履歴が真っ白」(俗にいうホワイト)というとても不自然な状態になりますので、すぐにクレジットカードを作ることは難しい、と言われています。

よく、「ブラックでもアコムACマスターカードなら作れますか?」という質問を見かけるのですが、いくら消費者金融の審査が他のところと比べて緩いとはいえ、大手の消費者金融のカードは無理でしょう。

スポンサードリンク


ただ、いわゆる「喪明け」の方がアコムACマスターカードを作れた、という事例はあるようです。

その辺は審査が柔軟なのかもしれませんね。

話を戻しますが、ブラックになったからこそ「クレジットカードが持ちたい」という気持が余計に強くなるのです。

普通にカードが使えていた時には、こんなにも不便なものだとは思っていませんでした。

なおかつ、クレジットカードを所持していないことで、信用されなかったり。

クレジット=信用なんだな、ということがつくづくわかります。

ただ、いつも書いているように、「VISA(JCB,master)デビットカード」を一枚持っていれば、一括払いであれば「クレジットカードの代わり」にはなります。

「デビットカード」は、自分の口座に入っているお金の範囲でしか使えないので、審査は不要

当然ブラックでも作れます。

私の場合は債務整理以前から持っていて、ブラックになってから作ったわけではないので絶対とは言い切れませんが、審査がないので作れると思います。

今や、ブラックの方々には必須のカードと言えますね。

それに、一時は、「一部後払いができる」ことを良いことに、乱暴な使い方をする人が増えたため、廃ってしまうのか?と思いましたが、最近では逆に参入する銀行も増え、種類も多くなってきました。

VISAだけでなく、JCBやマスターカードも使えるようになったのは嬉しい限り。

このデビットカードの履歴を、信用履歴として評価してくれるようになれば、言うことないのですが。

 

追記:アコムACマスターカードについて調べていたら、「利用できる枠を低くして、発行する割合が増えているようだ」という審査に受かるコツ的な情報がありました。

 

例えば、「ショッピング枠10万でキャッシング枠5万」とか。

 

「アコムACマスターカードの最低利用額が10万円なので、年収が30万円あれば審査に受かる可能性はある。」なんていう情報まで飛び交っています。

 

他の消費者金融系クレジットカードでも、同じような現象があるようです。

 

これは、総量規制以降の自衛策として、限度額を超えないように貸し付けるためか?あるいは、「よりたくさんの顧客を呼び込むため」なのか?

 

つまり、そのために「審査が甘い」と評判が立つほど、審査に通る確率が高くなった、ということ。

 

だけど、蓋をかけてみると、そこまで審査がゆるくは無いですよ。

 

確かに、「年収の金額よりも、毎月決まった定期収入がある」ことを重要視するようですが、さすがに30万の年収では生活していけませんから。

 

その上、借金をしてしまったら、もう自分で自分の首を締めるようなものです。

 

収入以外の項目での審査もありますし、在籍確認がほぼ必ずあるということからも、チェックは結構厳しいかと。

 

喪明け後は、「少しでもいいから貸して欲しい」という気持ちが強いですから、「なるべく審査が甘いところを選ぶ」のは当たり前ですが、そこばかり考えて、「本当に返済できるのか?」ということがおろそかになってはいけません。

 

一番、気を引き締めなければいけない時期でもあるので。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> 苗字も住所も本籍地も変わったらクレジットカード審査に通る?

苗字も住所も本籍地も変わったらクレジットカード審査に通る?

JUGEMテーマ:債務整理

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後、それも自己破産後のローンやクレジットカードの取得はできると思いますか?

二度と出来ないと思っている方も多いかと思いますが、数年経てば、またできるようになります。

ただ、困難がつきまとうのは確かです。

特に審査が厳しいと言われる「住宅ローン」については、自己破産後10年以上経ってからというのが原則という感じですね。

また、住宅ローン申請の前に、クレジットカード履歴を作っておく方が良いでしょう。

自己破産後のクレジットカード取得については、「キャッシング枠ゼロ」なら、数年で取得できたと言う方の例もあるので、やはりこの方法が確実かもしれません。

ただ、クレジットカードの申込者の勤続年数や勤務先などによって違ってきますので、「誰でも」と言うわけには行かないでしょう。

債務整理後にクレジットカードの審査を受ける場合、あらかじめ「個人信用情報機関」の「金融事故情報」が抹消されたかどうか、ということを調べる必要があります。

この抹消についても、「いつ抹消されるか」という明確な答えがありませんので、自己破産後5年以上経ってから問い合わせて見ることをお勧めします。

この「個人信用情報」については、必要な手続きをすれば、誰でも開示できるようになっています。

今のところ、主な個人信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター (KSC)、株式会社 日本信用情報機構 (JICC)、株式会社 シーアイシー (CIC)の3つとされています。

スポンサードリンク

 


自己破産後、割とすぐにクレジットカードの審査が通った、という方の例で、自己破産後に結婚されて苗字も住所も本籍地も変わったというケースがあります。

この場合は、クレジットカード会社で「別人」として扱われる可能性がある、ということですが、このことを悪用してクレジットカードを作る、なんていうことはしないでくださいね。

結婚して苗字と名前が変わればクレジットカードは作れる?

と言いますか、クレジットカードを作るための結婚なんていうことになると犯罪になってしまいますから。

そんなことまでする人は居ないとは思いますが・・・

ただまあ、自己破産後結婚した人がたまたまクレジットカードを作れた例があるだけで、データベース化されていますので、住所や苗字が変わっただけでは、ブラックリストに載った情報まで消えるとは思えません。

債務整理後のローンやクレジットカードの取得に「裏ワザ」は通用しないということですね。

今後、あまりにも債務整理者が増えていけば、もしかしたら合法の「ブラック可の消費者金融」ができるかもしれません。

その場合は、今の収入や勤務先についての審査が、より厳しくなると思われます。

結局は、勤務先をコロコロ変えるようなことは避け、収入を増やして、「信用できる人」という実績を作るしかないでしょう。

ブラックでも取得できるVISA(JCB,MASTER)デビットカードでの取引履歴が、評価されるようになれば嬉しいのですが、それは贅沢と言うものですね。

 

追記:裏ワザは通用しないのですが、唯一考えられるのが、携帯電話のローン審査に通って信用履歴を作ること、なのです。

 

携帯電話やスマホの審査は、審査が緩いということではないのですが、他のローン審査とは違う独自の方法なので、信用情報をあまり重要視しないこともある、ということ。

 

なので、携帯やスマホを買い換える時に、運良く審査に受かったら、月々の支払いを滞納すること無く続けることで、信用履歴が積み上げられる、可能性が高いんですよ。

 

これなら、審査にさえ受かれば、難なくできることですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる