スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> ノーローンは任意整理後でもお金を貸してくれますか?
Page: 1/39   >>

ノーローンは任意整理後でもお金を貸してくれますか?

JUGEMテーマ:借金返済

ノーローンは任意整理後のブラックでも貸してくれますか?」という直球かつ切羽詰まった質問を見かけました。

ノーローンというのは、「契約した最初の1週間は無利息」という条件が、何度借りても当てはまるという、とても有難いローンなのです。

 

ノーローンとは、新生銀行グループに入っている消費者金融会社のことで、新生銀行グループの融資は、様々な付帯サービスがあることが、大きなポイントになっているのです。

 

気をつけなければいけないのは、無利息でない場合のノーローンの金利は、50万円以下で18%、50万円以上で4.9〜18.0%だということ。

 

1週間で返済ができなかった時は、金利18%で融資を受けたものとして、日割りでの利息がつくことになるわけです。

それに、何度か改正があり、今は、一度返済してからでないと借りられないシステムになっています。

多分、多重債務の方なら一度は耳(あるいは目)にしたことがあるでしょう。

通常は、「無利息期間1ヶ月」とうたっていても、1ヶ月経てば契約どおりの利息が付いてきます。

「無利息期間」は、契約者本人1回に付き有効ということがほとんどです。

だから、50万円借りて一度返したとして、もう一度50万円借りても無利息期間は有効になりません。

それが、ノーローンの場合だと、無利息期間の間に一旦50万円を返せば、もう一度借りてもその時点からまた無利息期間が始まるのです。

ということは?

無利息期間内に返せば、ずーっと無利息で借りられてしまうということ。



これを悪用して、1週間の間に他の金融業者からお金を借りて返し、またすぐに借りるということを繰り返している方もいらっしゃいました。

まあ、悪用というと語彙がありますが・・・

一応規約に違反するわけではないので。

これだと、他の金融業者の利息も安くなるんですよね。

 

だから、一時期「大車輪」という呼び名で、多重債務者の間では話題になっていたのです。

ただ、こんな不安定な借り方がいつまでも続けられるわけはなく、結局は返せないパターンになってしまう方も多かったと思います。

だから、今は例え1週間の無利息期間内に全額返済しても、次の月にならないと借りられないようなシステムになっているようです。

スポンサードリンク



「お金が入る予定はあるのだけど、毎月支払いの方が先になってしまいどこからか一時的にお金を借りる必要がある」という方にはぴったりだと思います。

残念ながら、ブラックの方は無理です。

正規の大手金融業者ですから、審査は厳しいと思われます。

特に厳しいと言うより、個人信用情報を参照するわけですから、事故情報があるだけで却下されるのは仕方のないこと。

どうしても、審査が甘いと言われると「ブラックでも借りられる?」と思ってしまいますが、原則として「どこからもお金は借りられない」と思っていて間違いないですから。

たまに例外と思われるようなケースがあるので、「もしかしたら?」と期待してしまうのはわかるのですが、そういった気持を持ち続けている限り、悪徳業者に付け込まれる危険性が出てきます。

 

いつも書いていますが、闇金融から借りてしまったら、もう取り返しがつかないですよ。

本当は、一番苦しい時だけでも無利息でお金を貸してくれるところがあれば良いのですが、やはりそれは虫が良すぎるということでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> ブラックでもフクホーやアルコシステムならお金を貸してくれる?

ブラックでもフクホーやアルコシステムならお金を貸してくれる?

JUGEMテーマ:借金地獄


ブラックでもお金を貸してくれるところを教えてください」という質問、最近富に多くなったような気がします。

やはり不況で職を無くした方に以外にも、震災や自然災害で被災された方もいらっしゃるようです。

大きな災害被害に遭うと、家はもとより仕事さえも失ってしまうケースが多いです。

やむなくブラックになってしまった方にとっては、「債務整理後は、一切ローンも組めなければクレジットカードも持てない状況」というのは辛すぎますよね。

だから、「ブラックでも貸してくれる正規の金融業者は本当にないのか?」とあちこち探してみました。

パソコンで中小の消費者金融を探す

そしたら、あったんです。

「ブラックでも貸してくれる金融業者は必ずある」というサイトが。

債務整理をしてブラックになってしまった方にとっては、のどから手が出るほど欲しい情報ですよね。

コンテンツもなかなかしっかりしていて、闇金融の手口みたいなものも書いてありました。

「カラ貸し」というのがあって、実際には借りていないお金を、借り手に要求するというもの。

これって、一般の方だと絶対に引っかからないと思うのですが、悲しいかな、多重債務に陥っていると、どこからいくら借りたのかさえわからなくなることがあるんです。

まあ、この場合は、わかっていたとしても、半ば脅迫されて支払いを要求される、ということになるみたいです。

しかも、元金の何倍もの利息を付けられて。

中には、お金を返したいのに、返済さえさせてくれない金融業者もあるみたいですね。

返済用の口座が使えなくなっていたり、ということが実際にあるようです。

とにかく、こういった闇金融は、個人情報を握っていることをいいことに、したい放題ということ。

ブラックでもどうしてもお金を借りたい」という弱みに付け込んできますから、要注意です。

特に、契約書類の中に「印鑑証明」があったら、断った方が良いでしょう。

「印鑑証明」を渡してしまったら、それを盾に返済を迫られますからね。

その上、契約書類の作成などしているわけがないので、訴えても証拠がないと言うことになりかねません。

ということは、債務整理ですらできない状況になってしまいますよね。

だから、正規の金融業者で借りましょう、と書かれているのですが・・・

「ブラックでも借りられる正規の金融業者はこちら」のところをクリックしても、リンク切れでした。

つまり、私が何度か書いているように、少し前までは存在していた中小の消費者金融も、かなり少なくなっているのが現状のようです。


スポンサードリンク

 


正規の金融業者と言っても、利息は29%くらいで、返済の遅延さえなければ問題はないという消費者金融はあったと思うのですが、グレーゾーン金利が廃止されて以降、そのままでは営業できなくなってしまったのでしょう。

となると、やはりブラックでもお金を貸してくれるところは「闇金融」しか無いというのも、まんざらうそではないかもしれません。

それでも、まだブラックでも貸してくれる正規の金融業者は皆無ではないとは思うのですが、信用できそうな業者ほど、審査も厳しくなるようですね。

ネットで比較的評判が良いと思われる中小の消費者金融は、フクホーとアルコシステムなどでしょうか。

 

あとは、こことか↓

 

エイワはブラックでも貸してくれる?



ただ、大手よりも柔軟な審査というだけで、ブラックでも貸してくれる保証は無いのです。

だけど、「自己破産した人でも借りられた」という体験談があるのは確かだということ。

やはり、借りる方の属性次第ということになるのでしょうね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> ブラックリストでも新車を買う方法はある?

ブラックリストでも新車を買う方法はある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

 

ブラックリストでも新車を買う方法はある?

 

まず、ブラックリストとは?ということですが、このブログでも何度か書いていますので、整理してみましょう。

 

平たく言えば、ブラックリストとはキャッシング関係では注意が必要な人物と見なされている人のことです。

 

キャッシュカードを利用して返済を遅らせた人、キャッシングの支払日に間に合わなかった人などが該当するということ。

 

ブラックリストには、破産や債務整理をした事がある人も含むので、私のように債務整理後であれば該当するのです。

 

キャッシングカード発行やローン利用の手続きには、全ての金融会社がまず信用力の審査を行うのですが、この時、ブラックリストを確認して、リストに入っていない客であることを調べます。

 

ブラックリスト入りしてお金が借りられない

 

ブラックリストは各金融会社ごとにデータとして一括管理されているとも言われています。

 

誰がブラックリスト扱いかは、各社によって異なるのですが、一般的にはクレジットカードを新規に申し込む際や、キャッシングを利用する際に、名前や生年月日、住所などで検索すれば一目瞭然。

 

キャッシングの利用履歴が、データとして参照できるのです。

 

ローンやキャッシングの利用や返済に関する情報は、金融会社は互いに確認できるようにしているとも言われているので、仮に1社で支払いを滞納すればブラックリストに載り、ほとんどの金融会社でキャッシングなどが利用できなくなるのが怖いところ。

 

※金融業者間で、個人信用情報とは他に、金融事故情報を共有しているため。

 

だから、一度でもブラックリスト入りした人は、喪明け後に、自社ローンを扱っている中古車店で、かなり年季の入った車を購入するしか無いのです。

 

自社ローンについては、あれこれ言われていますが、他でローンが組めない人にとっては有り難いシステムです。

 

スポンサーリンク

 

 

とは言え、「頻繁に使う車だからこそ、新車を購入したい」という方もいらっしゃるでしょう。

 

「借金して債務整理までした人が新車に乗るなんて」と批判されるのはわかりますが、廃車寸前のオンボロ車にばかり乗っていると、本当に修理費が馬鹿にならないんです。

 

どんなに気を使って乗っていても、必ずお金の無いときに限って、どこかが壊れます。

 

その度に修理費として5万円から10万円くらい持っていかれることを考えれば、燃費も良く、自動車税や保険的にも優遇されている新車を購入する方が、コストがかからないという考え方もあるのです。

 

環境にも優しいですしね。

 

実際に、ブラックでも新車をローン審査に通ったという方の経験談も読んだのですが、

 

○まずは身の程にあった中古車を購入する

 

○高くても、修理や車検はディーラーで行い、支払いは迅速に済ませる

 

○欲しい新車があれば、「購入を考えている」アピールをする

 

○車の名義を家族のものにする。

 

○保証人を付けるとかの努力をするのです。

 

○車の所有者名をディーラーや信販会社の名前のまま「所有権留保」の状態でローンを組む

 

など、長期に渡ってディーラーと信頼関係を築き、「車検費用などの支払は怠らない」ことをわかってもらえれば、新車のローン審査に受かることも夢ではない、ということ。

 

考えてみれば、ブラックになって、金融関係の信頼を失ったのですから、一から築き上げる努力をすれば、難関と言われる新車のローンに通ることだって可能なんですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる