スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> ブラックリストを消してもらう方法はあるの?
Page: 1/35   >>

ブラックリストを消してもらう方法はあるの?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックになって、もうどこからもお金が借りられなかったり、クレジットカードが作れなかったりすると、「どうにかしてブラックリストから名前を削除してもらえないだろうか?」なんて思ってしまいます。

まあ、以前にも書いたように、ブラックリスト自体存在しないのですが、あるところには実際にあるとか言われていますからね。

一般的にブラックリストと言われているものは「個人信用情報機関」の各個人のクレジットカードやローン契約に関する情報に「事故あり」と記載されることです。

この個人信用情報には、金融事故を起こした人だけが登録されるわけではなく、クレジットカードやローン契約をしたすべての人の情報が登録されています。

だから、銀行や信販会社、消費者金融などが金融商品の申し込み依頼を受けた際に、この情報機関の個人情報を参照するわけです。

「それじゃあ、個人のプライバシーの問題は?」と思われるでしょうが、申し込みをする際に、「参照してもいいですよ」ということに同意しているはずなんですよ。



私も含めて、そこまでしっかり読んでいる人は少ないかと思いますが・・・

ただ、この項目に同意しない限り、申し込みはできませんから、「どうしても個人信用情報を見られるのは嫌だ」という方は、クレジットカードやローンの申し込みを一切しない、という選択しかありません。

・・・と、ちょっと話が反れてしまいましたが。

ということで、「事故情報」がいわゆるブラックリストということになるので、なんとかして合法的にこれを消すことはできないものか?なんて思うんですよね。

時々裏技で「ブラックリストの情報消します」なんていうものがありますが、ひどいものになると「自己破産しても、10年経てば消えますよ」なんて書いてあるだけとか。

これは馬鹿にしてますけど、こんなものにまでひっかかってしまう危険性もあります。

結局は、消費者金融系のみの債務整理をした場合、5年から7年、自己破産や銀行系で借りていた借金を整理した場合は10年経たないと消えない、というのが実際のところ。

スポンサーリンク



債務整理をしてブラックリストに載ってしまったのではなく、ごくたまに個人信用情報の記載が間違っている場合があるようです。

その場合は、当然事故情報は手続きさえ踏めば、消してもらうことは可能です。

あっ、本当に存在するのでは?と言われている銀行や迷惑をかけた信販会社間で作られるブラックリストは、多分一生消えないみたいです

だから、迷惑をかけた銀行と債務整理後にお付き合いすることは、ほぼ不可能だということ。

考えてみてください。

債務整理した時に債権者として交渉した時の記録というのは、優良顧客を選ぶためには真っ先にチェックすべき項目ですよね。

自分が逆の立場でも、そうすると思います。

ならば、何年経っても記録を抹消することは無いと考えるのが妥当です。

 

特に、大手銀行や有名クレジットカード会社では、事故情報を共有しているという話もあるので、一度金融事故を起こしたら(特に自己破産)、「何年経っても審査に落とされる」ということも。

そんな時は、自分で蒔いた種と思って諦めるしか無いですが、過去の事故歴よりも今の信用履歴を重視する、という金融業者もあるので、そう悲観することは無いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> デビットカードでクレヒス(信用履歴)は作れる?

デビットカードでクレヒス(信用履歴)は作れる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも作れるカードとしてデビットカードを紹介しているところもありますが(ここでも、そういったニュアンスで紹介することもあります)、本当は、自分の銀行口座に預けてある現金の範囲内でしか使えないカード、ということです。

 

原則として即日引き落としなので、「あっ、来週クレジットカードの引き落としがあるんだけど、残高が足りない。どうしよう?」ということにならないのと、使いすぎる心配がないため、特に信用履歴に問題が無くても所持する人も増えています。

 

一番多いのが、クレジットカードと併用して使っている方。

 

ネットなどで利用する場合、個人情報が漏れるのを恐れて、口座には極力使う分だけの金額しか入れないようにして、デビットカードを登録している、というケースも。

 

ネットショッピングにデビットカードを使う

 

あとは、普段持ち歩くのはデビットカードで、大きい金額の買い物をする場合だけクレジットカードを持って行く、という方もいらっしゃいます。

 

だから、今や「ブラックや訳ありの人たちが持つカード」ではなく、「使いみちで選べるカード」ということになりますね。

 

現に、私がデビットカードを作った時には、ほとんどVISAしか使えなかったのに、今では、JCBやマスターカードも使え、大手都市銀行からも発行されているくらいですから。

 

一時は、ブラックの方が大挙してデビットカードを所持するようになり、その中にはルールも守れない人も存在して、「あそこのガソリンスタンドでは後払いにしてもらった」とかの情報が出回っていることも。

 

悪質になると、「◯◯ガソリンでデビットカードを使うと一ヶ月後に引き落としになるから、2,3回入れても大丈夫」なんていう人も。

 

「何が大丈夫なんだ?」と思いましたが、入れるだけ入れて残高不足で引き落とせないケースが急増したらしいです。

 

ひどい話ですよね。

 

そのせいかどうか、今では、ほとんどのガソリンスタンドでデビットカードは利用できないそうですよ。

 

ブラックである私たちにとっては、とてもありがたいカードなのに、そんな恩知らずな使い方をするなんて・・・

 

その時は、「突然デビットカードが姿を消すこともあり得るかもしれない」なんて絶望的な気持ちになりましたが、やっと、少し市民権を得てきた感じがして嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな便利なデビットカードですが、「もしかしたら、残高不足にならないようにして、なるべく現金ではなくカード払いにすることで、もしかしたらクレヒスも付くのでは?」なんて淡い期待を持っていたのですが、やはりならないようです。

 

信用履歴というのは、お金の貸し借り、つまり本当のクレジットカードのように、カード会社が一時的にお金を貸す、という状態が生まれなければ載ることはありません。

 

結局は、銀行口座から自分のお金を出して、現金で支払うのとなんら変わりませんから。

 

ただし、「悪いことをすればブラックリストに載る可能性はある」ということです。

 

どういうことかというと。

 

◯月々の支払いにデビットカードを登録している場合、残高不足で引き落としできない状況が続けば、「延滞」として履歴に記載されることがある。

 

◯携帯料金などの支払いにデビットカードを登録している場合も同様で、スマホ本体のローン支払い分が無くても、引き落とし日に引き落とせない事態が何度か続くと、信用履歴だけでなく、携帯会社のブラックリストにも登録されるかもしれない。

 

確かに、残高不足で引き落とせないことがあれば、カード会社が立て替えることもあり得るわけで、信用履歴に傷が付くのもわかります。

 

もし債務整理してブラックの状態であるにも関わらず、さらに事故歴が付いてしまったら?なんて考えたら、怖いだけじゃ済みませんから。

 

最悪の場合、喪明けをしても、新たな事故歴が邪魔をして、クレジットカードやローンの審査に延々受からない、なんていうことも考えられます。

 

デビットカードといえども、せっかく手に入れた貴重なカードですので、残高不足にならないように慎重に利用したいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 自社ローンの審査に落ちることもある?

自社ローンの審査に落ちることもある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

車や家電など、値段の高い商品を購入する時、ローン払いは助かりますよね。

 

特に、前から買い換えようと思っていた場合は良いのですが、急に壊れて使えなくなった場合、分割払いができないと困ります。

 

とは言え、私達のように債務整理をした場合、ブラックとして信用情報に事故情報が載っているので、ローンを組むことはできません。

 

他にも、クレジットカードやローンの支払を滞納したことが原因で、信販ローンを断られる場合もあるでしょう。

 

だけど、どうしても一括では支払えない場合、どうしたら良いのでしょう?

 

今のところ、私が経験したように、懇意にしている車の整備工場で、昔ながらの「ツケ払い」にしておいてもらい、お金ができたら何回かに分けて支払う、という方法もあります。

 

車の整備工場-債務整理体験談

 

それでも、田舎ルールというか、「同じ区内の人だから信用する」という暗黙のルールがなければ成り立たないですよね。

 

まあ、都心に近い住宅街のような場所でも、下町みたいに、古くからやっている車の修理工場で車の販売もしている、なんていうお店なら、何度か行って顔見知りになれば、無理を聞いてくれることもあるでしょうが。

 

たいていは、そういった環境では無いでしょうから、そうなると、自社ローンを取り扱っている中古車店や家電店が頼りになってくるのです。

 

前にも書いたように、この自社ローンを取り扱う店にも二通りあって、「信販ローンに通らない顧客のニーズに合わせて」というお店もあれば、「顧客のニーズに合わせるという目的はあるけど、できれば売れ残りの人気の無い車を売りつけたい」というお店もあります。

 

どちらも、「お客様のことを思って」ということは共通しますが、できれば後者のようなショップは避けたいところ。

 

中には、事故車ということを隠して販売する、なんていうところもあるようですから、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

では、自社ローンなら、誰でも審査には受かるものなのでしょうか?

 

信販会社のローン審査と違うところは、貸金業者では無いため個人信用情報を参照しない、という点です。

 

だから、過去に自己破産した経歴があっても、審査に受かることは可能です。

 

ただ、お店によっては、「信用情報は参照しないけれど、自己破産後少なくとも5年以上は経っている方」という条件付きのところもあります。

 

また、「安定した定期収入があること」という条件を抱えているお店では、あまりにも月々の収入にアップダウンがあると、年収的にはクリアしても審査に落とされることもあるようです。

 

あとは、保証人を立ててください、というお店も多いのですが、立てられない場合は、その場で断られるケースも。

 

やはり、月々の支払いが発生するローン契約であることには変わりは無いので、自社ローンと言えども審査に落とされることはある、ということ。

 

逆に、ほとんど条件が無く、誰でもすんなり審査に通るようなお店の方が、「要注意」ということも言えます。

 

ローンが支払えなくなる、ということを前提にして、契約時に法外な保証料を請求されることもあるようですから。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど