スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系?
Page: 1/37   >>

喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系?

JUGEMテーマ:借金返済

 

喪明け後=債務整理後5〜10年経って、個人信用情報に事故歴が無くなった後、というのは、すでにご存知ですね。

 

そう、晴れてクレジットカードが持てるかもしれない時がやってきたわけですが・・・

 

だからと言って、すぐにクレジットカードやローンの審査に受かるというわけではないのです。

 

むしろ、苦労に苦労を重ね、やっとの思いで最初の一枚をゲットする、という方が多いです。

 

信用情報を開示してみるとわかるのですが、喪明けになっても、事故情報だけ綺麗に消してくれるのではなく、今までのクレジットカード履歴が無かったことになる、ということ。

 

つまり、30代40代以上の、ある程度社会的地位も会社でのポジションも高い人だとしても、何らかの理由でブラックになってしまうと、まったくクレジットカードの利用やローンの利用欄が真っ白になるんですよ。

 

よっぽど現金払いが好きで、クレジットカードの利用を嫌う人では無い限り、今や不自然ではないか?という状態になってしまうのです。

 

金融業者じゃなくても、「金融関係でトラブルを起こした」というのは一目瞭然でしょう。

 

ましてや、日常的に信用情報を参照している部門の方ですから、もしかしたらちらっと見ただけでもわかると思います。

 

となると、「年収はそこそこあるのに、喪明け後はどんなに審査に受かりやすいと言われるクレジットカードでも、ことごとく落とされてしまうのです。」という経験談があるのもうなづけます。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、なんらかの事情で、カード会社が事故情報を削除するのを忘れていた、なんていうケースまであるようですから、喪明け後にまずすることは、「信用情報の開示」なんですよね。

 

今は、ネット上で開示することも可能ですから(1,000円ほどの手数料はかかります)、「もうそろそろかな?」と思ったら開示してみましょう。

 

その上でもう申し込んでも大丈夫、となっても「さて、どのクレジットカードに申し込んだらいいのか?」迷ってしまいます。

 

ネットで検索しても、「ショッピング系のクレジットカードが審査に通りやすい」だったり「ガソリンスタンド系やコンビニ系、あるいは家電量販店系が良いと思うよ。」などなど、結構たくさん出てくるんです。

 

本当なら、自分が一番よく利用する商業施設のクレジットカードが使いやすいわけですが、「どこなら審査に受かりやすいの?」ということしか頭に無くなってしまうのは仕方のないこと。

 

ただ、クレジットカードの審査については、カード会社によって基準がマチマチで、中身も不透明ですから、「ここが一番受かりやすい」なんていうところは無いのです。

 

強いていうならば、私も含めて、債務整理後と言ってもお金が無いことから、どうしても年会費無料のクレジットカードに申し込むと思うのですが、もしかしたら、年会費有料のクレジットカードの方が受かりやすいかもしれない、ということ。

 

それも、債務整理時にどこに迷惑をかけたか?によって違うのですが、比較的審査が甘いと言われているショッピング系クレジットカードでも、そのグループの中に整理したカード会社が入っていたら、まず審査には受からないと言われています。

 

債務整理後成功して年収が1,000万円近くになった方でも、「アルバイトやパートでも受かる」という評判のクレジットカードの審査に見事に落ちてしまった、という話もあるくらいですから。

 

アルバイトやパートでも受かるクレジットカード

 

逆に、こういった方は、債務整理後の実績を評価してくれる外資系のクレジットカードで、一般の方々が敬遠しがちな年会費有料のカードの方が受かりやすいみたいです。

 

実際に、その後某有名外資系クレジットカードのプラチナカードに申し込んで、すぐに可決したそうです。

 

まあ、この方くらいの年収が無いとプラチナカードはさすがにダメだと思いますが、年会費2万円くらいの外資系クレジットカードに申し込んだごくごく普通のサラリーマンの方が、一発で可決した、という体験談もあります。

 

だからと言って、「年会費有料のクレジットカードに申し込めば誰でも受かる」とは言いませんが、敷居が高いと思って敬遠していたものが、意外とそうではなかった、というケースはよくあること。

 

属性によりますが、もしかしたらこちらの方が審査に受かる可能性が高い、ということもあるのです。

 

このように、喪明け後のクレジットカード申し込みには、ある程度戦略というか、「自分にとって、どんなクレジットカードが審査に受かりやすいか?」を考えてから申し込む必要がありそうです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> イオンデビットカードはブラックでは受からない?

イオンデビットカードはブラックでは受からない?

JUGEMテーマ:クレジットカード


デビットカードも、今やさまざまな種類のものが登場するようになりました。

一時は、ブラックでも持てるクレジットカードとして話題になり、支払いを滞納したり債務整理後にカードを持てなくなった人がこぞって持つようになったので、モラル違反が問題になったりしましたよね。

デビットカードは即時引き落としが原則で、口座にお金が無かったり残高不足の時には利用できない仕組みになっているのですが、時々例外も現れるのです。

特にガソリンスタンドが多かったのですが、お店によっては、「VISA(JCB,Master)カード扱い」ということで、決まった日にまとめて決済するところもあります。

ガソリンスタンド-債務整理日記

そうなると、銀行口座にあるお金が不足していても、その場では商品あるいはガソリンが手に入るということ。

それを悪用して、デビットカードを利用して、その後の支払いは踏み倒しなんていう人も出てきました。

まあ、踏み倒す人はごくわずかなのでしょうが、即日引き落とされるはずのお金が引き落とされなかったがために、すでに支払いが終わっていると勘違いして、入金を怠る人も。

結果、楽天銀行などでは、引き落とし日に現金が無かったり足りなかったりした場合、3週間をメドに延滞損害金がかかることになりました。

また、月払いに対応していた会社も、「デビットカードは対象外」とするところも増え、結局は、「デビットカード会員が、自分で自分の首を絞める」ことになってしまったんですよね。

そんな中、「残高不足でも10万円まではバックアップしますよ」というデビットカードが現れたのです。

 

スポンサードリンク

 


イオンデビットカードなのですが、最初は一部の地域だけしか使えなかったのが、今では全国展開しています。

「ということは、10万円のショッピング枠が付いたデビットカード?」と、ブラックでクレジットカードが持てない私たちにとっては、「救世主が現れた?」と思ってしまいます。

だって、ショッピング枠が付いていれば、今手元にお金が無くても、欲しいものが買えるのですから。

・・・と思ったら。

このバックアップしシステムがあるがために、通常のクレジットカードのような与信が行われるということ。

考えてみたら当たり前なんですけどね。

だから、デビットカード申請時には、CICなどの信用情報を参照するのは当然のこと。

ネットの情報でも、イオンデビットカードに申し込みをした人が、CICとJICCの情報を開示したところ、両方に記録が記載されていたんだそうです。

となると、ブラック、特に債務整理後事故情報が消えない人にとっては、高嶺の花ということですね。

それに、バックアップシステムを仮に8万円受けたとして、毎月10日の締め日に全額引き落とされるのです。

 

その日に残高不足なら翌日2日に引き落とされるのですが、いずれにしても「分割払い」にはできないので、クレジットカードのリボ払いのように利用してしまったら、あとが怖いですよね。

審査については、やはりデビットカードという性質上、そんなに厳しいものではないということです。

例えば、週に3日くらいしか働いていないパート勤務で、まだ働き始めて数ヶ月というケースでも受かった、という人もいらっしゃいます。

「バックアップシステムを意識的に利用していくと、クレヒス(信用履歴)にはなるのか?」という疑問もありますが、信用情報に記録が記載されている以上なるのでは?という意見が多いですね。

「なるかならないか?」に関しては、カード会社が判断するものなので、一概には言えませんが。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 夫がブラックでも妻はクレジットカードを作れるの?家族会員は?

夫がブラックでも妻はクレジットカードを作れるの?家族会員は?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

夫が債務整理をしてブラックなんですが、主婦の私でもクレジットカードは作れますか?」というご質問がありました。

 

家族がブラックになっても、たとえご主人がブラックでも、原則的には家族はクレジットカードが作れるはずです。

 

と言いますのは、クレジットカード会社が審査の時に参照する「個人信用情報」は、各個人ごとに作られているからです。

 

もっと言えば、個人の情報は見られるけど、その家族の情報までは見られないということ。

 

ただし、専業主婦で自分の収入がない場合は、世帯主である旦那さんの個人情報をチェックされても仕方がないですよね。

 

仕方が無いと言いますか、申込者に収入がないわけですから、自ずと夫の信用情報はチェックされるということになります。

 

その場合、旦那さんがブラックだとまず審査に通るのは無理でしょう。

 

夫がブラックでも妻はクレジットカードを作れるの?

 

だから、奥様が働いている場合住宅ローンなんかも奥様の名前で借りて、なんていうケースもあるみたいです。

 

フルタイムで働いている場合は、そんなことも可能ですよね。

 

あとは、奥様のクレジットカードを利用して家族会員になる方法はどうなんでしょう?

 

ブラックでもどうしてもクレジットカードが必要な場合の、非常手段とでもいいましょうか。

 

まあ、この方法は、クレジットカード会社によって使えたり使えなかったりしますし、正当な方法かどうかと言えば、グレーな感じではあります。  

 

スポンサーリンク

 

 

調べてみたら、判断は2つに分かれるみたいです。

 

○もともとクレジットカードは所有者のもので、家族会員は自分カードが持てると言っても、引き落としはカード所有者の口座からになる。

よって家族会員についてはあまり言及されない

 

○いや、ブラックということを隠して家族会員になるという行為は、違法とは言わないまでもクレジットカード規約に反している

 

後者は、ルール違反も甚だしいというところでしょうか?

 

もし持てたとしても。結局は自分の口座から引き落としはされないから履歴は付かないし、いくら使っても、いわゆる「クレヒス」にはならないというデメリットもあります。

 

また、何かの折にブラックであることがバレると、クレジットカードを返還するだけでなく、もともと所有ていた奥様のカードまで没収される恐れもあります。

 

前者の「問題ない」という考え方をしている専門家の方もいらっしゃるみたいですが、そこは「君子危うきに近寄らず」で、ブラックになった上家族にも迷惑をかけられない、と考えるのであれば、やめておいた方が良いでしょう。

 

夫婦間ならまだ良いのですが、子どもの家族会員になる場合、「どうして?」と疑われそうですし、せっかくカードを持てるようにまで成長した子どもの足を引っ張ることにもなりかねません。

 

子どもの年齢にもよりますが、「どうしてもクレジットカードが必要だけど、ブラックで持てないので、他に方法が無い」という場合のみ、という感じでしょうか?

 

自営業の場合だと、「夫婦ともに自己破産」ということも考えられるので、ありえないことではないのですが、おすすめできない方法ではあります。

 

やはり、ゼロになった状態から地道に信用を築いていって、早く自分のクレジットカードを作れるようになる、ということしかないですね。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど