スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 債務整理後アイフルやアコムならお金を借りられますか?
Page: 1/37   >>

債務整理後アイフルやアコムならお金を借りられますか?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の借り入れについては、頭を抱えている方も多いかと思います。

まず、債務整理後まだ間もない方について。

この場合は、まずどこからもお金は借りられないでしょう。

というか、借りてはいけないですよね。

まあ、それを承知でどうしてもお金が必要なので、「どこか貸してくれるところはないか?」探すわけですが。

100%ダメということではないのですが、街金と言われるところで借りるか、公的資金に頼るしか無さそうです。

街金の場合はヤミ金融との区別がつきにくいので、注意が必要というか、できれば借りないほうが良いと思います。

公的資金では、生活福祉資金貸付制度がありますが、いろいろな条件があるので、よく制度を理解してから利用されると良いでしょう。

生活福祉資金はおまとめローンには利用できない?  

次に、債務整理後数年経っている方について。

自己破産も含めて、債務整理後5年以上経っていれば、新たにクレジットカードの所有やキャッシングができる可能性はあります。

個人信用情報機関に問い合わせて、自分の履歴を開示してもらってください。

三ヶ所ありますが、できればすべての機関で開示して、事故履歴が消えていれば、新たにクレジットカードやキャッシング、ローンの申し込みができるチャンスを得たことになります。

ただし、何度も書いているように、「喪明け」後は今までの信用履歴がすべて真っ白になってしまうので、金融機関にとってはとても不自然に写ると思います。

つまり、「現代において、クレジットカードの一枚も持ったことがなく、分割で商品を購入したこともない人」というのは何か金融事故を起こした可能性があると思われても仕方がないということ。

二十代ならまだしも、それが四十代ともなると、「私はブラックです」と言っているようなものです。

だから、よっぽど信用に足る実績が無いと、新たなクレジットカードの取得やキャッシングは無理なのです。

では信用に足る実績って?

ズバリ、年収がある程度以上とか勤め先が安定した有名企業である、または公務員など。

パート勤務や自営業者の方は受かりにくいのかな?と思います。



世間的に「安定したお給料をもらっている」と認知されているような人じゃないと、なかなかすんなりとは審査に通らないでしょう。

いや、そんな人でも「ブラックだった過去」を疑われれば、審査に落ちることもあるのです。

「じゃあ、中小企業に勤めている私は一生作れないじゃない」と悲観してしまいますが、捨てる神あれば拾う神ありで、審査の敷居が低いクレジットカードに申し込んでみる、ということが考えられます。

いわゆる、巷で「審査の甘い」と言われているクレジットカード会社ですね。

ショッピング系とかコンビニ系、またガソリンスタンド系列。

それか、消費者金融系のカードとか。

スポンサードリンク

 


よく聞かれるのが、「アイフルやアコムだったらお金を貸してくれる?」ということなのですが、一時は大甘だった消費者金融も、今は厳しくなっています。

名の知れた大手の消費者金融では、債務整理後に借りるのは難しいでしょう。

特に、アコムは三菱東京UFJ銀行プロミスは三井住友銀行と提携しているので、親銀行で住宅ローンを組んでいて自己破産した場合などは、まず無理だと思います。

アイフルに関しては、銀行の傘下ではないですが(多分、今大手ではここだけだと思います)、大手消費者金融なので、それなりに審査は厳しいのではないか?と考えられます。

 

ネットでの情報では、「債務整理後にアコムでカードが作れた」なんていう体験談を目にすることもあるのですが、多分、属性が良い場合のみなのかな?と。

まあ、いきなり銀行系や信販系のクレジットカードに申し込むよりは、可能性は高いと思いますが、もし債務整理時に迷惑をかけたところであれば、喪明け後も審査に受かるのは難しいかと。

結局、いくら信用情報から事故履歴が消えたとしても、社内でのデータは半永久的に残っているということですから。

前途多難ではありますが、可能性が少しでもあるのであればそれでOKと前を向くしか無いでしょう。

 

債務整理を決心した時から、困難な道を歩く覚悟はできているはず。

 

まあ、そんなことを言っている私が一番、債務整理後に音を上げていたのですが。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> デビットカードで格安スマホは契約できる?急に使えなくなるケースも

デビットカードで格安スマホは契約できる?急に使えなくなるケースも

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになってしまうと、携帯電話(あっ、今だとスマホですね)の契約をするのも一苦労なんです。

 

どうしてかというと、クレジットカードが持てないから。

 

まあ、持てない理由については、再三書いていますが、多重債務であちこちから借金をしまくっていたり、債務整理をしてしまうと、「個人信用情報」に事故情報が載るんですよね。

 

クレジットカードを申請した場合、まずこの「個人信用情報」を参照しますから、事故情報が乗っているだけでアウト。

 

ブラックだとクレジットカードが持てない-債務整理体験談

 

他のローンについても同じ、というわけです。

 

持てるのは、デビットカードオンリー。

 

契約できないことは無いんだけど、クレジットカードが無いと一手間と二手間もかかったり。

 

会社によっては、断られることも多いです。

 

ただ、ここに来てデビットカードの便利さが見直されることも多く、結構メジャーな銀行でも発行するようになりました。

 

「もう、デビットカードは、ブラックでクレジットカードが持てない人のためのカードではないんですよ。」

 

「今や、お金を借りないで、自分の銀行口座にあるお金だけでカード払いをする、というのがトレンドなんです。」

 

なんて、そこまでは行ってないですけど、個人情報の流出や不正利用などが横行する中、決まった金額までしか使えないデビットカードは安心という考え方も。

 

リボ払いにしてついつい使いすぎてしまう」ということも無いですから。

 

とは言え、クレジットカードを取得できているということは、金融に関する信用を得ているという証明にもなるので、スマホの契約時にも求められることが多いのは確かです。

 

だけど、今や携帯電話会社も、いわゆるキャリアと呼ばれる大手だけでなく、格安SIMや格安スマホを取り扱う会社も増えてきました。

 

実は私も、キャリアでの契約期間が切れるため、次は格安スマホにしようかな?と思っていたんですよ。

 

で、調べたところ、クレジットカード無しで契約できるところも結構あったんです。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、「店頭で申し込んだら断られた」というケースもあるようなので、公式サイト経由で申し込んでからの方が良さそうですよ。

 

確かに、ヤマダ電機などの店頭で、「申込みお願いします」と言って、書類を提出し、「では30分ほどお時間いただけますか?」と言われて時間を潰してまた行ったら・・・

 

「残念ですが、デビットカードでの取扱はできません。」なんて言われたらショックですものね。

 

今のところ、ホームページ上でも、はっきりと「デビットカードの取扱できます。」と書かれているところがあまり無いため、「とりあえずネットで申し込んでみる」というのが無難なようです。

 

ネットで調べてみると、「楽天JCBデビットで大丈夫でした。」とか「三菱東京UFJ VISAデビットカード、JNB VISAデビットカードで無事通過しました。」なんていう報告も。

 

だからと言って、不安要素が無いわけではなく、「今まで使えていたのに、急に却下されるようになった」という感じで、いきなりデビットカードの取扱を中止する会社もあるそうなんです。

 

多分、何かトラブルがあったのでしょう。

 

「誰でも持てるカード」なので、中には無茶をする人も居るんだと思います。

 

現に、「ガソリンスタンドでは後払いにできる」と悪用する人まで現れ、今では利用できないところが多いですから。

 

なので、いつ情勢が変わるか?は利用者次第ということになります。

 

デビットカードは、私達でも使える便利なカードなのですから、きちんとルールを守って利用したいものです。

 

追記:実は、私もデビットカードで無事に格安スマホの契約ができたんです。

ネットで調べたら、「できた」という人と「断られた」という人が居て、「どっちなんだ?」とダメ元で申し込んでみました。

ヤマダ電機やケーズデンキなどの電気店で申し込んだ方が、審査に受かりやすいという情報も得て、わざわざ行って申し込んだんですよね。

そのおかげで審査に受かったかどうかはわかりませんが、なんとか最初の1年が過ぎて、支払いの遅れも無くホッとしていたのですが・・・

更新時に、「デビットカードは使えません」ということになってしまいました。

契約そのものは生きているので使い続けることはできるのですが、仕方なく口座振替にしてもらいました。

うーん、やっぱり、基本はクレジットカードだったのかな?

軽くショックですが、めげずに頑張りたいと思います。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系?

喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系?

JUGEMテーマ:借金返済

 

喪明け後=債務整理後5〜10年経って、個人信用情報に事故歴が無くなった後、というのは、すでにご存知ですね。

 

そう、晴れてクレジットカードが持てるかもしれない時がやってきたわけですが・・・

 

だからと言って、すぐにクレジットカードやローンの審査に受かるというわけではないのです。

 

むしろ、苦労に苦労を重ね、やっとの思いで最初の一枚をゲットする、という方が多いです。

 

信用情報を開示してみるとわかるのですが、喪明けになっても、事故情報だけ綺麗に消してくれるのではなく、今までのクレジットカード履歴が無かったことになる、ということ。

 

つまり、30代40代以上の、ある程度社会的地位も会社でのポジションも高い人だとしても、何らかの理由でブラックになってしまうと、まったくクレジットカードの利用やローンの利用欄が真っ白になるんですよ。

 

よっぽど現金払いが好きで、クレジットカードの利用を嫌う人では無い限り、今や不自然ではないか?という状態になってしまうのです。

 

金融業者じゃなくても、「金融関係でトラブルを起こした」というのは一目瞭然でしょう。

 

ましてや、日常的に信用情報を参照している部門の方ですから、もしかしたらちらっと見ただけでもわかると思います。

 

となると、「年収はそこそこあるのに、喪明け後はどんなに審査に受かりやすいと言われるクレジットカードでも、ことごとく落とされてしまうのです。」という経験談があるのもうなづけます。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、なんらかの事情で、カード会社が事故情報を削除するのを忘れていた、なんていうケースまであるようですから、喪明け後にまずすることは、「信用情報の開示」なんですよね。

 

今は、ネット上で開示することも可能ですから(1,000円ほどの手数料はかかります)、「もうそろそろかな?」と思ったら開示してみましょう。

 

その上でもう申し込んでも大丈夫、となっても「さて、どのクレジットカードに申し込んだらいいのか?」迷ってしまいます。

 

ネットで検索しても、「ショッピング系のクレジットカードが審査に通りやすい」だったり「ガソリンスタンド系やコンビニ系、あるいは家電量販店系が良いと思うよ。」などなど、結構たくさん出てくるんです。

 

本当なら、自分が一番よく利用する商業施設のクレジットカードが使いやすいわけですが、「どこなら審査に受かりやすいの?」ということしか頭に無くなってしまうのは仕方のないこと。

 

ただ、クレジットカードの審査については、カード会社によって基準がマチマチで、中身も不透明ですから、「ここが一番受かりやすい」なんていうところは無いのです。

 

強いていうならば、私も含めて、債務整理後と言ってもお金が無いことから、どうしても年会費無料のクレジットカードに申し込むと思うのですが、もしかしたら、年会費有料のクレジットカードの方が受かりやすいかもしれない、ということ。

 

それも、債務整理時にどこに迷惑をかけたか?によって違うのですが、比較的審査が甘いと言われているショッピング系クレジットカードでも、そのグループの中に整理したカード会社が入っていたら、まず審査には受からないと言われています。

 

債務整理後成功して年収が1,000万円近くになった方でも、「アルバイトやパートでも受かる」という評判のクレジットカードの審査に見事に落ちてしまった、という話もあるくらいですから。

 

アルバイトやパートでも受かるクレジットカード

 

逆に、こういった方は、債務整理後の実績を評価してくれる外資系のクレジットカードで、一般の方々が敬遠しがちな年会費有料のカードの方が受かりやすいみたいです。

 

実際に、その後某有名外資系クレジットカードのプラチナカードに申し込んで、すぐに可決したそうです。

 

まあ、この方くらいの年収が無いとプラチナカードはさすがにダメだと思いますが、年会費2万円くらいの外資系クレジットカードに申し込んだごくごく普通のサラリーマンの方が、一発で可決した、という体験談もあります。

 

だからと言って、「年会費有料のクレジットカードに申し込めば誰でも受かる」とは言いませんが、敷居が高いと思って敬遠していたものが、意外とそうではなかった、というケースはよくあること。

 

属性によりますが、もしかしたらこちらの方が審査に受かる可能性が高い、ということもあるのです。

 

このように、喪明け後のクレジットカード申し込みには、ある程度戦略というか、「自分にとって、どんなクレジットカードが審査に受かりやすいか?」を考えてから申し込む必要がありそうです。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど