スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 喪明け後にクレヒスを作るには?デビットカードでは作れない?
Page: 1/36   >>

喪明け後にクレヒスを作るには?デビットカードでは作れない?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

まず、クレヒスを作るどころか、ブラックではクレジットカードを持つことすらできません。

 

クレヒスとは、クレジットカードヒストリー(信用履歴)の略なのですが、履歴も何も、信用が根っこから崩れてしまった身としては、土台から作るしか無いのです。

 

だけど、自分で壊してしまった信用は、自分で築き上げるしかありません。

 

ではどうやって?

 

考えられるのが、ブラックでも持てると言われているデビットカードで作ること。

 

デビットカードというのは、自分の銀行口座に預けてある現金の範囲内でしか使えないカード、ということ。

 

デビットカードは口座にお金が無いと使えない

 

だから、過去の信用情報は関係ないので、たとえ自己破産直後でも作れます

 

いや、作れるはずです。

 

一部では、「大手銀行発行のデビットカードに申し込もうとしたら、却下された」という情報もあるので、絶対に作れるとは言い切れないのですが・・・

 

多分、この場合の審査というのは、「銀行開設のための審査に落ちた」ということではないか?と言われています。

 

で、このデビットカード、原則として即日引き落としなので、使いすぎる心配がないため、特に信用履歴に問題が無くても所持する人も増えているとか。

 

あとは、ネット利用なので個人情報が漏れるのを恐れて、ネットでの利用にはデビットカードを登録している、というケースも多いです。

 

私自身も、任意整理後は「あー、もうクレジットカードの類は二度と持てないのか」と悲観して、それでも「現金第一主義」に徹しようと、現金のみの生活をしていましたが、デビットカードの存在を知ってからは楽になりましたね。

 

債務整理後の生活が苦しい時には、所持金ギリギリの金額で買い物をしていたため、買い物に行く前にATMに行ってお金をおろす、なんてバカなことをしていました。

 

行く手間や手数料を考えると、本当に無駄なことをしていたな、と思います。

 

スポンサーリンク

 

 

デビットカードなら、VISAやJCBが使えるお店ならほとんど利用できますから。

 

小銭でお財布があふれることも無いし。(一時は小銭しか無かったですが)

 

だけど、こんなに便利なデビットカードでも、

 

◯分割払いはできない

 

◯クレヒスは付かない

 

というデメリットがあるのです。

 

最初はデメリットとすら感じなかったのですが、「分割払いができないのは仕方がないとして、これだけ使っているのだから、せめて利用履歴でも付けばなー」なんて思うように。

 

身勝手を承知で言わせてもらえば、「デビットカードで口座引き落としができないことが無いように、常に口座にある程度の金額を入れておいて、頻繁に使うようにしていれば、クレヒスが付いて、将来的には本物のクレジットカードが持てるようになればいいのに」と思ったりするんですよ。

 

だけど、もともと信用情報を参照しないのですから、利用履歴が登録されるわけは無く、夢は儚く消えるのみ。

 

なんて、メリットだけでも相当あるので、それほど落胆しているわけではないのですが・・・

 

そうなると、喪明け後に頑張ってクレヒスを作るしか無いです。

 

クレジットカードを作ること自体が難関ではあるのですが、スマホのローン契約や、比較的審査が柔軟と言われるクレジットカード取得にチャレンジして、少しづつでも積んでいくというのが、正統派のやり方でしょう。

 

あと、幸運にもクレジットカードが持てたら、奥さんや子どもたちに家族会員になってもらうという方法もあります。

 

子どもたちと言ってもバイトしている子なら、極力クレジットカードを使ってもらって、親の口座から引き落とされたとしても、後で現金を徴収した方が、教育上もよろしいかと思います。

 

それでも、クレヒス自体は、しっかりと親のクレジットカードに付きますから。

 

まあ、喜んで協力してくれるかどうか、は微妙ですけど。

 

そんな感じで、コツコツと築き上げるしか無いですよね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 多重債務者にやさしい消費者金融はどこ?

多重債務者にやさしい消費者金融はどこ?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務者にとって消費者金融は、「最後の頼みの綱」でもあるんです。

 

今だと、大手の消費者金融ではなかなか借りられないから、中小の消費者金融に変わりつつあるんですけど。

 

「まだ何とかなる」状態の多重債務の方にとって、消費者金融との付き合い方は、大事ですよね。

 

消費者金融と一概に言っても、借りる人の環境や、対応に出た人の判断でも違ってきますが、調べたところ、「プロミス」の対応が良かったという方が結構居るみたいです。(実際に借りた時期は最近のものもあれば、数年前のことも)

 

少し前に特定調停でブラックになった経歴があるのに貸してくれた、とか、返済が滞ってしまったけど、相談したら、利率を下げてくれた・・・など。

 

もちろん、消費者金融ですから、悪い評判もあるのですが、総合して判断すると、こちらが返そうという気持ちがあれば、柔軟に対処してくれる可能性があります。

 

だからと言って、同じような対応をしてくれなかった、と怒るのはお門違いですよ。

 

怒る-債務整理体験談

 

個人によって、条件やその時の借入状況も違いますから。

 

消費者金融の味方をするわけではないのですが、「柔軟な対応」をしてくれるのは、信販会社よりも消費者金融の確率の方が高かったような気がします。

 

多重債務でも、すでにかなりの額を借りている人や、債務整理でも自己破産された方は、まずダメだとは思いますが・・・

 

ある消費者金融で借りていた人が任意整理をして、無利息で月々いくら返すということで同意したのに、途中で返せなくなったら、お金がない時は月に1,000円でもいいからという返済方法に代えてくれた、なんていうエピソードもあるみたいです。

 

あくまでも、例であり、すべての人にあてはまることではないのですが・・・

 

うちは○○○でお世話になりましたし。

 

とにかく、当時は頼りになる消費者金融だったんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

一部では、自己破産直後の人でさえお金が借りられた、という実績もあったくらいですから。

 

ただし、消費者金融によっては、返済が怠ると毎日のように電話がかかってくるところもあるので、その辺も覚悟しないといけないですね。

 

それに、総量規制後は、消費者金融自体の経営も厳しくなっていますから、少し前のようには行かないです。

 

とにかく、収入の1/3までしか借りられができない、という明確な線引きが行われたわけですから。

 

それでも、「借金の返済ができないから、また他のところで借りる」という選択をする位なら、今借りているところで、ダメモトで相談してみる方が良いと思いますよ。

 

少しでも増資してくれるようであれば、他のところから借りている借金を返して、件数をなるべく少なくする、というのが一番です。

 

さきほども書きましたが、今は「中小の消費者金融」がその役目を担っているようですが、中には悪徳業者も含まれますから、注意が必要です。

 

街金と呼ばれるところもありますが、本当にピンからキリまで。

 

中には、債務整理後の借り入れに関しても、とても親切に対応してくれるところもあるようですけど。

 

もし、そこでも借りられないようなら、やはり債務整理を考えるしかないでしょう。
 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> デビットカードで格安スマホは契約できる?

デビットカードで格安スマホは契約できる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになってしまうと、携帯電話(あっ、今だとスマホですね)の契約をするのも一苦労なんです。

 

どうしてかというと、クレジットカードが持てないから。

 

まあ、持てない理由については、再三書いていますが、多重債務であちこちから借金をしまくっていたり、債務整理をしてしまうと、「個人信用情報」に事故情報が載るんですよね。

 

クレジットカードを申請した場合、まずこの「個人信用情報」を参照しますから、事故情報が乗っているだけでアウト。

 

ブラックだとクレジットカードが持てない-債務整理体験談

 

他のローンについても同じ、というわけです。

 

持てるのは、デビットカードオンリー。

 

契約できないことは無いんだけど、クレジットカードが無いと一手間と二手間もかかったり。

 

会社によっては、断られることも多いです。

 

ただ、ここに来てデビットカードの便利さが見直されることも多く、結構メジャーな銀行でも発行するようになりました。

 

「もう、デビットカードは、ブラックでクレジットカードが持てない人のためのカードではないんですよ。」

 

「今や、お金を借りないで、自分の銀行口座にあるお金だけでカード払いをする、というのがトレンドなんです。」

 

なんて、そこまでは行ってないですけど、個人情報の流出や不正利用などが横行する中、決まった金額までしか使えないデビットカードは安心という考え方も。

 

リボ払いにしてついつい使いすぎてしまう」ということも無いですから。

 

とは言え、クレジットカードを取得できているということは、金融に関する信用を得ているという証明にもなるので、スマホの契約時にも求められることが多いのは確かです。

 

だけど、今や携帯電話会社も、いわゆるキャリアと呼ばれる大手だけでなく、格安SIMや格安スマホを取り扱う会社も増えてきました。

 

実は私も、キャリアでの契約期間が切れるため、次は格安スマホにしようかな?と思っていたんですよ。

 

で、調べたところ、クレジットカード無しで契約できるところも結構あったんです。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、「店頭で申し込んだら断られた」というケースもあるようなので、公式サイト経由で申し込んでからの方が良さそうですよ。

 

確かに、ヤマダ電機などの店頭で、「申込みお願いします」と言って、書類を提出し、「では30分ほどお時間いただけますか?」と言われて時間を潰してまた行ったら・・・

 

「残念ですが、デビットカードでの取扱はできません。」なんて言われたらショックですものね。

 

今のところ、ホームページ上でも、はっきりと「デビットカードの取扱できます。」と書かれているところがあまり無いため、「とりあえずネットで申し込んでみる」というのが無難なようです。

 

ネットで調べてみると、「楽天JCBデビットで大丈夫でした。」とか「三菱東京UFJ VISAデビットカード、JNB VISAデビットカードで無事通過しました。」なんていう報告も。

 

だからと言って、不安要素が無いわけではなく、「今まで使えていたのに、急に却下されるようになった」という感じで、いきなりデビットカードの取扱を中止する会社もあるそうなんです。

 

多分、何かトラブルがあったのでしょう。

 

「誰でも持てるカード」なので、中には無茶をする人も居るんだと思います。

 

現に、「ガソリンスタンドでは後払いにできる」と悪用する人まで現れ、今では利用できないところが多いですから。

 

なので、いつ情勢が変わるか?は利用者次第ということになります。

 

デビットカードは、私達でも使える便利なカードなのですから、きちんとルールを守って利用したいものです。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど