カードローンならブラックでも大丈夫なの?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

カードローンの審査は柔軟?

今、キャッシングやクレジットカードの審査に比べて、カードローンの審査が柔軟であるという噂が流れていて、ブラックでも大丈夫なのでは?なんていう話まであります。

どこまで本当なのでしょうか?

そもそも、カードローンとうたって募集を行っている金融業者もあれば、キャッシングは短期融資で長期融資がカードローンと区別しているところもあります。

また、カードローン専用口座を設けている金融業者もあるので、混同しがちですよね。

調べてみると、もともとキャッシングとカードローンは同じような意味合いで使われていたそうです。

どちらも「お金を借りる」ことには変わりがないわけで、借りる側にすれば「どっちでもいい」ということになります。

だけど、クレジットカードに付随しているキャッシングだと、カード一枚でATMからすぐに現金が引き出せるのは、ものすごく簡単で魅力的なのですが、たいていの場合、次の月にショッピング枠で利用した金額と合算して引き落としになります。

それって、結構困りますよね。

悩む女子学生

来月まとまったお金が入っていることがわかっている場合はいいけど、そんな都合の良いことはあまり無く、できれば「分割で返していきたい」と思うでしょう。

 

従来のカードローンは?

昔は、クレジットカードにカードローンも付いていたケースも多かったのですが、今は別々のサービスか、あるいは新たに審査を受ける形になることも多いです。

いずれにしても、キャッシングとカードローンの使い方を間違ってしまう、なんていうことにもなりかねません。

その結果登場したのが、カードローン専用サービスということなのでしょう。

今では、みずほ銀行や東京スター銀行などの銀行系カードローンやアコムやアイフルなどの消費者金融系カードローンサービスが主流になっています。

中には、「クレジットカードで審査に落ちた方でもOK」などと広告を出しているところもあるので、なんとなく審査が柔軟なの?と思ったり。

調べてみると、「キャッシングやクレジットカードよりも、カードローンの審査のほうが厳しい」というのが通説だということ。

 

カードローンの審査柔軟説はどこから来たのか?

 

さっき書いた広告によるものも大きいですが、アコムやアイフルなど消費者金融が出しているカードローンは、審査に通りやすいという話から来ているようです。

スポンサードリンク

 


いわゆる審査通過率が高い、ということですね。

とは言え、ブラックでも可なんてとんでもない誤解で、滞納を繰り返している人や債務整理後の事故情報が解除されていない人は審査に受かる可能性はほとんど無いでしょう。

ちなみに、アコムに関しては、「与信システムが独自の方法を適用しているので、銀行のカードローン審査に落ちた人でも通過実績あり」となっています。

その辺のところを履き違えて「ブラックでも可」という噂が流れているのかもしれません。

 

カードローン審査にも例外はある

 

ただ、世の中には例外はあるもので、いわゆる属性が良ければ、ブラックとされる人でもカードローンの審査に受かったという例はあるのです。

例えば、公務員の方で、勤務年数も長く、収入もそれなりで持ち家、なんていう場合、債務整理後数年しか経っていなくても審査に受かっているケースもあります。

 

「過去の事故情報よりも、現在の勤続年数や収入、もしローン審査に通っている場合、今現在延滞履歴は無いか?」ということを、最も重視するという金融業者も増えていることは確かです。

まあ、クレジットカードやキャッシングでも同じことが言えますから、特にカードローンだからということにはならないですね。

逆に「ブラックの方でも可」と明記してある金融業者があったら、疑ってかかる方が良いでしょう。

 

自己破産後に苗字も住所も本籍地も変わったらクレジットカード審査に通る?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理、それも自己破産後のローンやクレジットカードの取得はできると思いますか?

二度と出来ないと思っている方も多いかと思いますが、数年経てば、またできるようになります。

ただ、困難がつきまとうのは確かです。

特に審査が厳しいと言われる「住宅ローン」については、自己破産後10年以上経ってからというのが原則という感じですね。

また、住宅ローン申請の前に、クレジットカード履歴を作っておく方が良いでしょう。

自己破産後のクレジットカード取得については、「キャッシング枠ゼロ」なら、数年で取得できたと言う方の例もあるので、やはりこの方法が確実かもしれません。

ただ、クレジットカードの申込者の勤続年数や勤務先などによって違ってきますので、「誰でも」と言うわけには行かないでしょう。

債務整理後にクレジットカードの審査を受ける場合、あらかじめ「個人信用情報機関」の「金融事故情報」が抹消されたかどうか、ということを調べる必要があります。

この抹消についても、「いつ抹消されるか」という明確な答えがありませんので、自己破産後5年以上経ってから問い合わせて見ることをお勧めします。

この「個人信用情報」については、必要な手続きをすれば、誰でも開示できるようになっています。

今のところ、主な個人信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター (KSC)、株式会社 日本信用情報機構 (JICC)、株式会社 シーアイシー (CIC)の3つとされています。

スポンサードリンク

 


自己破産後、割とすぐにクレジットカードの審査が通った、という方の例で、自己破産後に結婚されて苗字も住所も本籍地も変わったというケースがあります。

この場合は、クレジットカード会社で「別人」として扱われる可能性がある、ということですが、このことを悪用してクレジットカードを作る、なんていうことはしないでくださいね。

結婚して苗字と名前が変わればクレジットカードは作れる?

と言いますか、クレジットカードを作るための結婚なんていうことになると犯罪になってしまいますから。

そんなことまでする人は居ないとは思いますが・・・

ただまあ、自己破産後結婚した人がたまたまクレジットカードを作れた例があるだけで、データベース化されていますので、住所や苗字が変わっただけでは、ブラックリストに載った情報まで消えるとは思えません。

債務整理後のローンやクレジットカードの取得に「裏ワザ」は通用しないということですね。

今後、あまりにも債務整理者が増えていけば、もしかしたら合法の「ブラック可の消費者金融」ができるかもしれません。

その場合は、今の収入や勤務先についての審査が、より厳しくなると思われます。

結局は、勤務先をコロコロ変えるようなことは避け、収入を増やして、「信用できる人」という実績を作るしかないでしょう。

ブラックでも取得できるVISA(JCB,MASTER)デビットカードでの取引履歴が、評価されるようになれば嬉しいのですが、それは贅沢と言うものですね。

 

追記:裏ワザは通用しないのですが、唯一考えられるのが、携帯電話のローン審査に通って信用履歴を作ること、なのです。

 

携帯電話やスマホの審査は、審査が緩いということではないのですが、他のローン審査とは違う独自の方法なので、信用情報をあまり重要視しないこともある、ということ。

 

なので、携帯やスマホを買い換える時に、運良く審査に受かったら、月々の支払いを滞納すること無く続けることで、信用履歴が積み上げられる、可能性が高いんですよ。

 

これなら、審査にさえ受かれば、難なくできることですよね。

ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できる?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもネットで買い物したいけど、どうしたらいいの?」というご質問をいただきました。

ただ、ネットでの買い物は、銀行振込にも対応しているところが多いので、ブラックでも問題無く利用できると思います。



それでもわざわざ質問されるということは、多分クレジットカード払いのお店が多いからなのかもしれませんね。

ネット通販は、少し前なら後払いで商品が届いてから安心して支払える、という方式を取っているお店もありました。

お客さんの側にたって考えれば、「本当に届くのだろうか?」と不安ですから。

商品を確認してからお金を支払う、というのが一番安心できますよね。

ただ、それだとお店側にはかなりのリスクが伴います。

現に、こういったシステムを悪用して、いろいろな商品を注文しまくって、そのまま引っ越してしまうなんていう人も居ましたから。

今では後払いのお店は少なくなっているはずです。

オークションなどでもよく利用されているのが、双方にリスクがない「代引き」という方法は、一見良いと思うのですが、どうしても手数料が発生してしまいます。

商品以外のお金はなるべくなら支払いたくないですから、これも選びたくない。

ということで、クレジットカード払いが主流になっているんですよね。

買う方にとっても、クレジットカード番号を入力するだけなので、手間はあまりかからず、お店にとっても取りはぐれがないですから。

中には、クレジットカード払いのみというところも少なからずあります。

となると、クレジットカードが持てないブラックには辛いものがありますよね。

多分、ブラックになってなお、ブランド品や高価な洋服を買おうとは思わないでしょうが、今や家電でさえ、ネット通販で購入する方が安い場合が多いのです。

 

ネットだと実物を見られないというデメリットもありますが、最安値の店舗がすぐに見つかるなどメリットも大きいです。

 

中には、「ヤマダ電機など実際のお店で実物を確認してからネットで購入する」なんていう方もいらっしゃいます。

少しでもお金を浮かそうと思う方なら、ネット通販されているかも。

スポンサーリンク


ということで、そんな場合は、VISAデビットカードを利用しましょう。

 

今はJCBやマスターカードも対応しているデビットカードもあるので、より使いやすくなっています。

一部のお店では、クレジットカードとしてデビットカードの利用を認めていないところもあるようですが、まだ大部分のお店では使えているようですので、まずはデビットカードを取得することです。

もちろん、通常のクレジットカードではないので、分割払いにはできません

分割払い可能なお店でも一括払いにしかできない、ということになります。

どうしても分割で支払いたいという時には、「自社ローン」を取り扱っているお店を探すしか無いでしょう。

 

よく、「ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できる?」という質問を見かけるのですが、信販会社を通して契約するローンには変わりはないので、審査に通るのは無理だと思います。

 

テレビで大々的に宣伝しているので、どうしても「ローン審査も甘いのでは?」と思ってしまうんでしょうね。

 

ヤフオクなどでは、「自社ローン取り扱っています」という業者もあるようですが、中には悪徳業者も含まれるようなので注意が必要です。

 

ローン契約をするわけですから、条件や契約内容など、充分に確かめて納得できてから購入されることを、おすすめします。