スポンサーリンク
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> ブラックでもデビットカードで車の購入ができる?
Page: 1/9   >>

ブラックでもデビットカードで車の購入ができる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

車検の時期になると思うのですが、オンボロの修理費ばかりかかる車に乗っていると、「車検費用プラス数万円で、車が購入できるのでは?」と。

 

ただ、実際は、そんなに甘いものではなく、どんなに安い中古車でも、税金や手数料などはかかるので、10万円以下になることはほとんど無いです。

 

お金を貯めて、目を皿のようにしてオークションサイトや中古車販売情報などで探したのですが、結局は支払い総額30万円くらいで落ち付くのかな?

 

そうなると、「クレジットカードが使えれば、もう少し程度の良い車が買えて、しかも後で分割払いにもできるのでは?」なんて虫の良いことを考えてしまいます。

 

まあ、「ブラックでも」ということを前提に話をすると、クレジットカード自体持っていないのですが、とりあえず、喪明け後に審査の甘いクレジットカードだけはなんとか取得したものの、車のローン審査には受かる自信がない、なんていうケースですね。

 

そもそも、車の代金を支払うのにクレジットカードは使えるのか?というところから考えなければいけません。

 

ディーラーで新車を購入する場合は、提携するクレジットカードもあるので、まず問題無く使えるのでは?と思いましたが・・・

 

カーディーラー-債務整理体験談

 

クレジットカードを利用すると、手数料が5%ほどかかってしまうので(提携カードの場合は低い)、意外と敬遠されることが多いのだとか。

 

これは、各ディーラーによって違うと思いますし、提携するクレジットカードの入会キャンペーンをしている時や、積極的に使って欲しい店もあるでしょう。

 

その場合は別ですが、車の本体価格って、新車だと車体価格だけで100万円は下らないですから、その5%も手数料を持っていかれるのは痛いと思いますよ。

 

よって、「提携ローンを勧められることが多い」ということに。

 

考えてみたら、新車をディーラーで一括払いする人は、相当お金に余裕のあるわけで、ほとんどはローンを利用するでしょう。

 

となると、提携ローンよりも、わざわざ利息が高くつくクレジットカードを選択する意味も無くなりますから。

 

スポンサーリンク

 

 

では、中古車店ではどうでしょう?

 

新車よりは比較的クレジットカードが使える割合は多くなるようです。

 

それでも、「提携ローンを使うように勧められる」のには変わりはないとのこと。

 

車体価格が安くても、手数料が高いのは同じですから。

 

それと、クレジットカード払いでは、すぐに現金が入ってこないことが多く、中古車をオークションで仕入れている会社だと支払に困ることもあるのです。

 

核心部分に入りますが、では、ブラックの人でも持てるデビットカードで車は買えるのでしょうか?

 

もちろん、「分割払い」の夢ははかなく消えてしまいますが、ポイントが付くというメリットはあります。

 

楽天銀行のJCBデビットカードだと、1%のポイントが付くので、10万円だと1,000円お得になる計算です。

 

「ローンが使えないのなら、少しでもお得に買いたい」というのが人情ですから、デビットカードは使えないの?と考えることもあるでしょう。

 

手数料もクレジットカードより低めということなので、こちらの方が可能性は高いのでは?と思うのですが・・・

 

やはり、「クレジットカードと同じ扱い。または、お店によってはデビットカード自体使えないこともある。」ということ。

 

うーん、そうなると、結局ローンの審査に受からない場合、自社ローンを利用するか、「いつもニコニコ現金払い」にするかしか無い、ということですね。

 

ちなみに、楽天で車を購入するとポイントが付くそうです。

 

新車が主流ですが、市場には中古車店も入っているので、現金払いと割り切ってしまったのなら、こちらで購入するのもアリですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> ブラックでもカーリースの契約はできる?

ブラックでもカーリースの契約はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務で、もうこれ以上ローンが組めなかったり、ブラックでそもそもローン契約自体ができなくなった方が車を所有するのは至難の業ですね。

特に、自己破産だと、所有する車も取られると思ったほうが良いでしょう。

中古車で、10年落ちと言われるくらい年式が古い場合は、逃れられることもありますが、そういった自動車に長く乗り続けていると、結局買い換えなければ走らない、なんていうことにもなってしまいます。

ローンを組めなくなった人が、車のローンをいかにして組むか?というのは、結構深刻な問題なのです。

「車を持たなければ良い」というのは簡単に言えるのですが、交通事情が極端に悪い土地に住んでいる人にとって、車は足そのもので、無くなったら、仕事にも行けないし買い物にもお医者さんにもいけないのですから。

 

だから、高齢者の方も、なかなか免許の返納ができないんですよ。

ブラックでもカーリースはできる?

そこで、「ローンが組めなかったらカーリースはどうだろう?」という淡い期待を持ちつつ調べてみました。

  • カーリースなら、車を所有するわけではなく借りるだけですから、もしかしたら大丈夫なのでは?
  • カーリースの契約時に、個人信用情報を参照するの?
  • 結果、ブラックで申し込みしても、審査に受かるの?

というようなことですね。

まず、最初の「借りるだけだから大丈夫?」という件ですが、「リース」という名前であっても、実質契約内容はローンと変わらないということです。

2番目の「個人信用情報」についても、ローンと同じなので、しっかりと参照されるんですね。

ということは、自己破産だけでなく、任意整理や自己再生などで債務整理された場合も、個人信用情報に事故情報が載っている期間(今は5年ほどと言われています)は、リース契約もできない、ということになります。

スポンサードリンク

 


うーん、もう結論が出てしまいましたが、一般的な車のローンと同じように、「喪明け後」を待ってからでないと、契約ではないというわけです。

調べてみて相当落胆したのですが、まあ想定内かな?

カーリースに注目したのは、車検の時期が近づいてきたこともあって、「車って、車体価格も高いけど、諸費用もかなりかかるよね。」という悩みが大きくなってきたからなんです。

カーリースだと、車体代金、車検代や税金、自賠責保険代など、すべて込の価格を、月々支払うことで、車をリースできる仕組みですよね。

3年とか5年縛りという制約はあるけど、その後は買い取っても良いし、会社に返却しても良いということになるので、気は楽かな?と思ったんですよ。

まあ、考え方によっては、「お金を3年も5年も払い続けるのに、支払い後に所有権が残らない」ことに不安を持つ方もいらっしゃるでしょうが・・・

その分、「新車を安く乗れる」「月々の支払だけで、税金や車検、点検などの心配をしなくて済む」と考えるのか?ということなのですが、人それぞれですよね。

早い話が、多重債務やブラックになっている人にとっては、まとまったお金を用意するのが大変なんです。

だからって、もう懲りたはずの借金をまた抱えることになるのはいかがなものか?とは思うのですが、「背に腹は代えられない」ということで、月々の支払いができる方法を探すわけです。

となると、やっぱり自社ローンしか無いのかもしれないですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> 多重債務でも車のローンを通す方法がある?

多重債務でも車のローンを通す方法がある?

JUGEMテーマ:借金地獄


最初に断っておきますが、債務整理などでブラックになってしまった場合は、車のローンを組むのは困難です。

唯一方法があるとしたら自社ローン(独自ローン)を利用する、ということになりますが、このことに関しては何度か書いていますので、今は割愛します。

ここでは、過去にローンの延滞などで信用情報に事故履歴が載ってしまった方や他社借入が多い方が、どのようにしたら車のローンに通りやすいのか?について書いていきます。

多重債務の頃もそうですが、自動車のローンって、会社によってかなり差があるという風には考えていました。

確か、多重債務スレスレの頃(借り入れが2,3社だった頃)に、すんなりと新車のローンに通ったことがあるのです。

今思えばどうやって審査に通ったのか?というくらいで、ちょうど転職して新しい仕事に就いたばかりで、収入もそんなに多くなかったのです。

しかも、他社借入全額合わせて100万円はすでに突破していました。

考えてみたら、その時の営業マンの方が、割合ひんぱんにわが家を訪れていた、ということ。

車のローン 営業マン

よく「ローン契約する時には人柄も見る」と言いますが、「この人達はきちんとローンを返せる人たちか?」ということを自分の目で見て判断していたのだと思います。

その時は持ち家で、そこそこきれいにしていましたから、そういったところもチェックされていたのでしょう。

200万円ほどの新車を最低の金利でローン契約することができました。

もちろん、その時のローンはすべて返しましたけどね。

結局は人柄?なんていうオチではないのですが、「そういうところも審査ではしっかり見られてますよ」ということ。

では、実際に過去にローン延滞があって、信用情報機関に事故歴がしっかりと付いているCさんが車のローンに受かるにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

 


「事故歴があるのならローンには受からないでしょう」というのが一般的な考え方ですが、実際には「金融機関の系列が違うと、信用情報を参照しない」ということもあるみたいです。

例えば、銀行系列のローンで延滞を繰り返して事故履歴が付いてしまった場合、キャッシング系の会社では、この履歴がバレないこともあるとか。

これは、個人信用情報機関が3ヶ所あって、それぞれデータを載せる系列が違うために生まれるのですが、そういうことって、意外と知らないですよね。

なので、もしキャッシング系でローンの延滞などの過去があった場合は、銀行系でローンを組むとか、最初が肝心ということです。

キャッシング系でも系列があるので、早い話が、消費者金融系でも同じ系列の会社は避けるとかしただけでも、審査に受かる確率はアップすると言われています。

 

ただし、事故情報のみを共有している信販会社などもあるので、油断は禁物ですが・・・

一番いけないのは、最初に審査に落ちた時点で、「じゃあこっちは?」とか次々に審査を受けること。

そんなことしたら、「ここがダメだったからこっちでローンを申し込んだんだな」ということがバレバレになるので、もうどこの審査も受からなくなってしまいます。

あと、収入が少ない場合は、「ローンの支払い回数を最大にする」という方法も。

月々の支払金額が少なくなることで負担も減り、審査も通りやすいと言われています。(ローン会社によっては違う場合もアリ)

ただし、月々の支払金額は少なくなりますが、総支払額は利子が付いてかなりの金額になってしまいますので、審査が通ったら短くするという方法もあります。

その辺は、臨機応変に、ということでしょうか?



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど