スポンサーリンク
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 250億円ものお金が入ってきても不幸になる?
Page: 1/8   >>

250億円ものお金が入ってきても不幸になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済とか多重債務の記事を書いていると、ついつい目に行ってしまうのが「宝くじ高額当選者のその後」なんていう記事。

 

こういうのって、「あぶく銭を手にしても幸せにはなれませんよ。」「他人のお金を当てにするより、堅実に働きましょう。」という意味合いを込めてか、不幸になるケースが圧倒的に多いですよね。

 

この記事も、「ロトくじで30億円当選したけど、その後失踪。数年後には変わり果てた姿で発見されました。」なんて悲惨なものばかり。

 

中でも、250億円もの大金をジャックポットで当てた人の「その後」は、まさに波乱万丈そのもの。

 

建設会社の社長をされていたそうなので、もしかしたら、高額当選しなくても、それなりに余裕のある生活ができていたのでは?と思うのですが・・・

 

建設会社社長が250億円の高額当選

 

高額当選と言っても、日本の宝くじで5億当選というのとは桁が違いますからね。

 

そりゃあ、生活は変わるし、お金の使い方だって派手になるというもの。

 

これだけあればたいていのものは買えてしまいますから。

 

今までやりたいことも我慢して、一代で社長まで上り詰めたのだったら、タガが外れるように遊び回ってしまうのもわかります。

 

ただ、飲酒運転や脅迫容疑で逮捕までされるとなると、もういくらお金があっても人生破滅ですよね。

 

その上、奥さんには愛想を尽かされて離婚し、毎日のように数十万単位でお小遣いをあげていた孫娘は、薬物に溺れてしまった、という。

 

ご本人は?と言えば、その孫娘の恋人宅で亡くなっていたそうです。

 

なんだか悲しいですよね。

 

多少脚色はしてあるとしても、ここまで不幸になるというのは。

この方も、宝くじを購入する時は、無欲だったのかもしれませんよ。

お金お金・・・」とガツガツしていたら、こんな大金は舞い込んでこないでしょうから。

なにげなく購入した宝くじが、とんでもない大金を連れてきたということですね。

多分、今までもちゃんとした暮らしをされていた方なんだろうなーという気もします。

だからこそ、使いみちを間違ってしまい、人に道に外れるようなことをしてしまったのかな?と。

 

まあ、25億円でもピンと来ないし、2億5千万でも使い道に困ってしまう私にとっては、「じゃあどんな使い方をすればよかったの?」と言われても途方にくれてしまいます。

 

スポンサーリンク

 


金額が金額だけに、もし多額な借金でもあれば別だけど、使い道は本当に悩みますよね。

借金返済と言っても、個人が抱える金額としては、まあ億単位が限度でしょう。

万が一数億円の借金があったとしても、あと数百億残るわけですものね。

こうなると、親戚や知人、はたまた一度も会ったことの無いような人まで、お金目当てで集まってきてしまった可能性があります。

 

それで人間不信におちいったというのも、十分に考えられますよね。

お金って、無くては生活していけないし精神的にも追い詰められるけど、反対にあり過ぎても困るもの。

 

ほどほどがいいのかな?

 

今の私には、「ほどほど」という生活にさえ手が届いていないのですが、精神が壊れてしまわない程度の大金は、一度でいいから手にしてみたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法
Home >> すぐにお金を作る方法 >> たった1日で5,000万円手に入れるには?

たった1日で5,000万円手に入れるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済に追われていると、どうしても一攫千金ばかり求めてしまいます。

 

だいたい、欲しいものというのは、手に入れようと追いかければ追いかけるほど逃げてしまうもので、借金まみれになって「どこかでお金を貸してくれないか?」とか「宝くじで高額当選しないものか?」なんて思ってるうちは、一銭だって手に入らないものです。

 

なんて、悟ったことを言っていますが、少し生活に余裕ができたら、「この売場で一等出ました!」なんていうところを探して、せっとし宝くじを買ったりしてるんですけどね。

 

まあ、これはもはや「夢を買う」ということで、趣味みたいなものです。

 

本当に100万円でも当選した日には、喜ぶより先に「大丈夫か?何か悪いことが起きるのではないか?」と心配になるでしょう。

 

宝くじで大金を当てる-債務整理体験談

 

それが、1億円ともなれば、もう怖くて思考能力が無くなってしまいそう。

 

そう言えば、10年以上前のテレビドラマで、南野陽子さん出演の「一攫千金夢家族」というのがありました。

 

なかなか面白かったですよ。

 

普通の主婦3人組が、宝くじを集団購入するのですが、それがなんと、見事に一等1億円当選してしまうのです!

 

南野陽子さんの家族は割りと普通の家庭で、子供一人にサラリーマンの夫、生活にはそんなに不自由はしていない感じだけど、やっぱり不満はあるし、自由にできるお金は欲しいと思っている。

 

だけど、竹内郁子さん演じる主婦の家庭は、夫がギャンブル好きで日々の生活費にも苦労しているんですよね。

 

で、少し年の離れた若い主婦役の阿部美穂子さん宅は、エリートサラリーマンの夫と二人暮らしなんだけど、夫の潔癖症が嫌で嫌で、常々離婚したいと言っている。

 

そんな3人に降ってわいたような1億円というお金を、一体どうするのか?

 

お金をどうやって分けるのか?

 

コメディータッチなので、そんなに生々しい感じは無かったですが、大金を目の前にすると、やっぱり人間の本質というものが浮き彫りになるんですよね。

 

お金が無いと困るけど、大金が入っただけでは問題は解決しない。」ということがよーくわかります。

 

面白かったのは、食べるものを買うにも困っていた竹内都子さん宅が、大金を手にして買ったものの中に、豪華な噴水(だったかな?)があったこと。

 

結局は、あまり必要としないようなものを買ってしまう、というのはよくありそうで・・・

 

とは言え、3人で割ってもひとり3,333万円というのは、非常に羨ましい限りです。

 

スポンサーリンク

 

 

このドラマでは、さまざまな障害があって、なかなか換金できなかったけど、普通は、当選者発表の日から、一夜にして大金が手に入るわけですから。

 

まあ、そうそうないことなので、ドラマになるんですけどね。

 

一夜にして大金が・・・と言えば、外国の話ですが、「フリマで買った安物の指輪が本物のダイヤで、しかも19世紀の貴重な宝石ということで、5,000万円の価値があった」ということも。

 

このダイヤ、昔のものなので色がくすんでいて、いかにもおもちゃのダイヤという感じだったのだそうですが、たまたま宝石商が見て、価値に気がついたのだとか。

 

すぐにオークションに出品したら、約5,000万円で売れたそうですよ。

 

うーん、こんな棚ぼたならぬ「ガラクタだと思ったらすごいお宝だった」ということもあるんですね。

 

なんて、書いていたら、「明日までに2万円どうしても必要」ということが未だにある私にしたら、羨ましいを通り越して虚しくなってきました。

 

だけど、上を見たらキリがないし、毎日一生懸命生きていれば、もしかしたら、この数百分の一くらいでも良いことがあるはず。

 

そう思って生きていきたいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 「審査が早いカードローン」と検索する人は?

「審査が早いカードローン」と検索する人は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金を借りたいと思って検索する人が入力する、今最も多いキーワードが「審査が早い」だそうです。

 

それだけ切羽詰った方が多いと言うことですよね。

 

多重債務だった頃を思い出して、「わかります、わかります」と頷いてしまいました。

 

多重債務になると、やはり「もうこれ以上は借りられない」「借りてはいけない」と思っていますから、本当にギリギリまで「何とか」しようとするものです。

 

だから、支払日の前日か前々日あたりになって、ものすごくあせるわけです。

 

焦っている女性-債務整理体験談

 

本当は、その時点で消費者金融や信販会社に連絡すれば良いのですが・・・

 

なかなかできませんよね。

 

それに・・・

 

ではいつまでにお支払いいただけますか?」って言われても、答えられないし。

 

というこうことで、「審査が早くて、即日借りられる」消費者金融をネットで探すわけなんですね。

 

早いところでは、30分くらい。

 

本当に早いと、10分くらいのところも。

 

土日だと、遅くなるところも多いですから、やはり「すぐに」対応してくれるところは貴重なわけです。

 

とここまで書いていて、総量規制後は「審査の早いカードローン」で検索している人が増えていることがわかりました。

 

銀行系カードローンなら、規制外ですから。

 

即日融資」をうたっているところも多いです。

 

実際には、どこのカードローンが審査が早いのでしょうか?

 

皮肉にも、その総量規制に引っかかる消費者金融が担当している銀行が早いということ。

 

あくまでも銀行からお金を借りるわけですが、提携している消費者金融が実質的な借り入れ業務などを行っているというわけです。

 

確かに、銀行からお金を借りるというと、対個人ではなく法人というイメージがあり、個人的にお金を借りることは難しいと思ってしまいますものね。

 

スポンサーリンク

 

 

なのにどうしてカードローンだと借りられるの?と思っていましたが、個人向け融資に長けている消費者金融の強みを、ここで発揮している、ということでしょう。

 

まあ、私達「すぐにお金を借りたい」と思っている側にとってみれば、「どこから借りる」ということよりも、「すぐに貸してくれる」とか「金利が安い」ということの方が問題なので、こだわらないかなー。

 

そんなカードローンの中でも審査が特に早いと言われているのが、ある大手老舗銀行2社です。

 

限度額が500万円など大きいのが特徴の割には、審査が最短で30分というのは画期的ですね。

 

もっとも、限度額いっぱいまで借りようとしたら、いくらなんでも「即日融資」というわけにはいかないのでしょうが。

 

それに、消費者金融が審査を行うと言っても、それぞれの銀行に合わせた審査基準で行われますので、「審査が甘い」とはとても言えないでしょう。

 

事実、保証会社である消費者金融の審査に受かった人が、提携する銀行のカードローン審査には落ちたというケースは多いです。

 

ただ、クレジットカード審査に落ちた人がカードローンの審査に受かったり、というケースもあるので、独自の審査基準が設けられているのか?とは思いますが。

 

とにかく、「どこからもお金が借りられなくて」という多重債務にどっぷり漬かった人が、カードローンの審査に受かるのは至難の業なのではないでしょうか?



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法