スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 年金収入だけでお金を借りることはできる?
Page: 1/4   >>

年金収入だけでお金を借りることはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

この間、「無職ではお金を借りることができない」という記事の中で、「年金生活者や生活保護受給者の方も同じです。」と書いたのですが、それは規約によります。

 

生活保護を受けている人が借金をするのは、禁じられているようですが、年金受給者の場合、キャッシングやカードローンの会社が認めていれば問題は無いわけです。

 

要するに、規約上「月々安定した収入がある方」と書かれていても、年金受給者でもOKの金融業者もある、ということ。

 

それを「年金収入だけでは審査に受からないだろう」という考えから、勤務先などを偽って書いて申し込んではダメですよ、という話なんです。

 

今や、老後破産も他人事ではなく、年を取っているからこそ必要なお金もありますよね。

 

世間では「年金生活者になってまでお金を借りるのはいかがなものか?」と思うでしょうが、病気になったり、住んでいる家が老朽化して修理にお金がかかったりするのは、よくあることです。

 

本当は、若い頃からコツコツ貯めていたお金でやっと家を建てて、子どもたちを一人前にし、老体に鞭打って定年後まで働いても、残った貯金はごくわずか、なんていうことも。

 

そんな時には、生活福祉資金貸付制度も頼れますが、すぐにお金を返せるあてがあるのなら、民間の金融業者から借りる方が、申込みは簡単です。

 

年金収入のみでもお金は借りられる?

 

実際に「年金収入のみの方でも申込みはできます」というカードローン会社もあるので、当たってみても良いでしょう。

 

カードローンは、無担保・保証人なしのところがほとんどで、有名銀行や消費者金融が出している商品なので、その点では信用できますよね。

 

ただ、最近言われているのが、消費者金融以外のカードローンは、総量規制外のため借りられる金額も大きいので、「借り過ぎ」てしまう人が多発しているのだとか。

 

確かに、50万円借りようと思っていても、「審査の結果100万円までご融資できます。」なんて言われたら、「この際だから借りておこう」ということになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

特に年金受給者の場合、この先何があるかわからないのですから。

 

とは言え、「返せるのか?」という不安は常に付きまとうわけです。

 

通常、年金収入のみで生活している方も借りられるカードローンでは、年齢制限として65歳長くても70歳までになっているところがほとんどです。

 

早い話が、ローン返済中に亡くなってしまったら?というリスクがあるためです。

 

借りる方としても、同じ不安を抱えているわけで、この場合どうなるのでしょうか?

 

また、申込み時に年齢制限ギリギリだった場合、返済途中で年齢を超えてしまったら?

 

と思いますよね。

 

年齢を超えてしまっても、月々きちんと支払をしていれば、突然一括返済を迫られることはありません。

 

とは言え、その後は返済をするのみで、新たな借入や枠を増やすなどはできなくなるのです。

 

完済後は自動的に契約終了になるということ。

 

亡くなってしまった場合は、やはり配偶者や子どもが負債を相続することになってしまいますね。

 

ということで、年金収入のみで生活されている方でも、カードローンなどでお金を借りることはできますが、今後のことや返済できる見込みがあるかどうかをよく考えてから、申込みをするようにした方が良いと思います。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 無職でも借金があっても自宅を担保にすればお金は借りられる?

無職でも借金があっても自宅を担保にすればお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

10月の声を聞くと、「もう今年もあと3ヶ月も無いのか?」と年末を意識してしまいます。 お金の居る時期でもありますから、頭が痛い方も多いですよね。

ましてやブラックだったり無職だったりすると、お金を借りることが困難になります。

おまとめローンのところでも触れましたが、無担保ローンでお金が借りられなくなったら「不動産担保ローン」という方法もあります。

ただ、不動産という、今まで汗水たらして築き上げた財産をフイにしてしまう危険性もあることを充分に考えるべきです。

よく、「ブラックになっても、たとえ無職でも担保となる不動産があれば借りられます」なんてことを聞きますが、本当にそうでしょうか?

確かに、持っている不動産の価値が高ければ「自己破産して間もないのにお金が借りられた」なんていう方もいらっしゃるようです。

それでも、その方に「今後お金を貸しても返してもらえる」という信用が無ければ貸さないでしょう。

例えば、自己破産や他の債務整理をしていても、もともとの収入が高い人や安定した収入が得られる人。

「そんな人が自己破産することはないよ」と思われるかもしれませんが、何も生活費が足りなくて借金する人ばかりではないのです。

スポンサーリンク

 


投資やギャンブルで一度に大金を失ってしまう人も多いです。

また、予期せぬ出来事に巻き込まれたり、という。

結局は、ここでも属性が重要になってくるんですよね。

 

要するに、職業や年収、勤続年数やクレジットカードとかローン履歴などが問題になると言うこと。

無職では審査に通る可能性は、非常に薄いでしょう。

いくら「支払いが滞ってしまったら、不動産を取り上げられる」とは言っても、「車乗ったまま融資」のように、即車を取り上げてしまうということとは違うのです。

だから、「もうどこからもお金を貸してもらえないから、仕方なく不動産担保ローンを借りよう」という考え方では、融資してもらうことは難しいと思います。

あちこちの消費者金融から借入をしていて、利息もそれなりに支払っているという方が、「ひとつにまとめられないだろうか?」ということで選ぶのならアリかもしれません。

「おまとめローン」は金利が安くなったり、支払日が1回になるので資金繰りがしやすいなどのメリットがありますが、審査が厳しくなりますよね。

そこで、ある程度価値のある資産をお待ちなら、不動産担保ローンにすれば審査に通りやすくなることも多いのです。



結局、「きちんと返せるあてがある」ということが前提ですから、「最悪不動産を取り上げられるだけで済む」なんて思っているとしたら大間違い。

不動産を取り上げられる=住むところが無くなるわけですから。

自分一人のことならば自業自得で済むかもしれませんが、巻き込まれるご家族のことを思うと、そんなに軽はずみなことはできませんよね。

他のローンやキャッシングの契約以上に真剣に考えて行動すべきでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 価値ある不動産を持っていれば無職でも高齢でもお金は借りられる?

価値ある不動産を持っていれば無職でも高齢でもお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務になってもうどこからも借りられない状態になった時、「何か担保があればお金を貸してくれるかもしれない」と思うでしょう。

持ち家があれば「不動産担保ローン」ですね。

不動産ローンについて下記にまとめてみました。

不動産ローンは高額不動産を担保にする為、比較的有利な金利で300万円〜1億円迄のまとまった金額を長期間借り入れる事が可能

不動産ローンは担保のいらない使途自由ローンの金利よりはずっと低い金利でお金を借りられる

担保を立てるため、ローン会社側は貸し倒れリスクがそう高くないと見なし、低金利で融資を行ってくれる

いざとなったら担保を押さえればいいという発想から、毎月の返済を少なく借り入れ期間を長くすることも可能

と説明されていますが、やはり他のローンに比べて、圧倒的に担保にする「不動産」の価値が審査を左右します。

だから、個人的にはもうどこからも借りられない状態になった多重債務の方でも、担保にする不動産が価値の高いものであれば、比較的審査にも通りやすいということです。

住宅-不動産担保ローン

とは言え、今は中古住宅の価値も土地の売却価格も下がっているところが多いので、なかなか高い評価を受けられるところは少ないと言えるでしょう。

私自身も、駅から遠いということと、土地の価格が大幅に下がった地域であるということで、断られた経験がありますから。

 

逆に、広大な価値ある土地を所有している場合、年齢も無職かどうかも、他で借り入れをしてるかどうかですら関係ないと言われています。

 


スポンサードリンク

 

 

極端な例ですが、後期高齢者の女性が、自分の持っている土地(推定資産価値10億円)に賃貸マンションを建てたいと申し出たら、即大手銀行からの融資が決まったとか。

 

もちろん保証人は必要になりますが、特に資格を問われることは無いでしょうね。

 

まあ、現実的な話ではないですが・・・

 

もし、担保にする不動産に不安があるようでしたら、中古住宅売買会社に一度査定の依頼をしてみれば、ある程度の価値がわかると思います。

すぐに手放すつもりがなくても、自分の家の資産価値を知っておきたい、ということもあるでしょう。

イザという時の心の支えにもなりますしね。

ただ、あまりにも切羽詰っている場合は、任意売却などで不動産を手放してしまう方が早いかもしれません。

一番いけないのは、「今借りるだけ借りておいて、返せなくなったら不動産を売却すれば良い」と安易に考えること。

借金の担保として不動産を取られるのと、自ら任意売却で手放すのとでは、雲泥の差がありますから。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン